『 HARD & LOOSE 』 れいめい塾 津市久居

塾頭の『れいめい塾発 25時』
三重県津市久居にある学習塾『れいめい塾』の塾頭のブログです。

叔父

2009年04月30日 22時14分44秒 | Weblog
三菱重工に生涯を捧げた叔父だった。
年齢は82歳。
決して早過ぎた死ではないが、俺にとっては早過ぎた・・・痛恨の極みだ。
前に会った時・・・1年前のやはり親族の葬式の席、そこでネタは振ってあった。
三菱重工という会社について分かりやすく説明でききる人を紹介してくれませんか・・・。
最近の塾内のブーム・・・理系の三菱重工志望、この叔父の力を借りようとしていた矢先の死だった。

俺は人一倍器用だったように思う。
木工細工や絵画では何度か賞を頂いた。
しかし、学校とは違い、叔父の評価では俺は話にならなかった。
「オマエはせっかちやな。もっとゆっくりと作業を進めろ。まずは自分の意思を抑えろ。木の気持ちになれ、プラモデルの気持ちになれ、紙の気持ちになれ・・・まずはそれからや」
結局、俺は小さかった頃の夢・・・大工にはなれなかった。
しかし、叔父のアドバイスはそこらここらで生きている。
コメント

目くそ鼻くそ

2009年04月30日 00時17分24秒 | 大学受験
高3のセンターマーク模試が近付いている。
今週の土曜日だ。
それもあり、現行のセンター形式に合わせて、過去の模試を急遽実施することになる。
去年のZ会模試の第一回。
これがなかなか難しい。
去年のメンバーでは瞭(20期生・名古屋大学工学部機械航空1年)が154点、慎也(20期生・浪人)が143点。

この模試1回で俺は英単語のプリントを3枚、計540項目の試験をつくる。
このプリントを作るのに要した時間・・・7時間。
そして結果がアップしてくる。

さつき(津高3年)が点数表を差し出す・・・154点!
思わず、叫び声が漏れる・・・よくやった!・・・俺の声だ。
フロックだ。
しかし、フロックであれ、瞭と同じ点数であることは褒めていい・・・何度も言おう、よくやった!
俺のオフクロよりやつれた顔は大典(三重6年制6年)。
「先生、今日のブログで僕のこと、ボロクソに書いてください」
聞けば1番から3番までの計104点でたった24点!
4番から6番の読解の計96点では64点と健闘・・・つまりはボキャブラリーが増えて読解力もついた証左ではある。
しかし前半での24点はないわ。
「それでも、先生にさっき報告した点数から少し上がりました」
そういや、さっきは76点だとか言ってたっけ。
目くそ鼻くそやな。

大典はキャラが濃い。
本人もそのあたりを分かっているようで、サービス精神の旺盛さも拍車をかけて、見事なほどに己を演じてしまう。
しかし、受験生としての「なりたい自分」とのギャップを本人も承知しているはずだ。
いつまでも場末の芸人では芸がない。
そのあたりの自己分析が急務だ。
大典の「なりたい自分」と、俺の「なってほしい大典」の距離が縮まることを望む。

センター試験まであと265日・・・。
ちなみに高2の香保は112点。
香保のセンター試験まで630日・・・。
大典、焦れ!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 三重情報へ

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

なんやかやと今年度の登場人物の紹介に終始していますが、クリックのほう是が非にでもお願いします。
コメント

鳥肌が立つ

2009年04月29日 22時45分35秒 | Weblog
授業中、電話が鳴る。
なにしろ、叔母が亡くなったこともある。
今日ばかりは授業中だからといってシカトを決め込むわけにはいかない。
「もしもし、れいめい塾です」
「ああ、康ニ君・・・私よ」
絶句・・・叔母の声!
「ええっ・・・」
「なんか、突然に大変なことになちゃって・・・」
俺の驚愕、委細構わず叔母の声が受話器から溢れ出す・・・。

まいった・・・というか、苦笑・・・しちゃ、不謹慎やけどな。
親戚から亡くなったという知らせは俺の家に届いた。
「今日、Sさんが亡くなった」と、親戚は奥さんに告げたらしい。
ところが、叔母が亡くなったのか、叔父が亡くなったのかは聞いていない。
気も動転していたのだろう、とりあえずはその知らせを俺の親父に連絡。
「たぶん、ここ最近体調がすぐれなかった叔母やろな」
そう、親父は奥さんに言ったらしい。
それを奥さんから聞き、俺もまた叔母が亡くなったと思い込んだ。
オフクロと一番仲が良かった叔母の死を、入院中のオフクロにどう伝えるべきか・・・悩んだ。

そんなところに、亡くなったはずの叔母からの電話。
当然にして叔母は幽霊ではなく、叔母の話すところによれば、亡くなったのは叔父・・・。
いやはや・・・鳥肌が立ったのはいつ以来か・・・。

しかし、叔父もまた俺にはよくしてくれた。
一人娘の婿に俺をと画策していた時期があったとか。
・・・となると、俺の義理の父親になったかもしれない人だった。
明日、叔父さんの顔を拝みに行きます。
コメント

あの笑顔を忘れない

2009年04月29日 17時47分12秒 | Weblog
俺のオフクロが遠山病院に入院した。
まあ、病気とは40年来の長い付き合い・・・それなりにしのぎ、うまく付き合ってきたようだが、それでもここ最近は生気に陰りがある。
体重は35kg、・・・痩せ細った身体に点滴の痕が痛々しい。

オフクロの兄弟姉妹は10人くらいだ。
そのなかで最も仲が良かったすぐ下の妹が今日亡くなった。
入院しているオフクロを通夜や葬式に連れて行くわけにもいかない。
では、妹の死をどのように伝えるか、・・・あるいはここはシカトを決め込むか・・・。
通夜は明日の午後6時から、そして葬式は明後日の午前10時だ。
場所は愛知県の布袋。
ゆえに明日の塾は各自の裁量に委ねられる。
分からなければ先輩に聞け。
とびっきりの難問ならば、風間(三重大学医学部3年)に聞け。
ただ、国語は避けるほうが賢明。
遅がけになら里恵(7期生)が来てくれるはず。
疑問を持ち、それを口にできる自分に誇りを持て。
ともかく、明日は塾生には厄介をかける。
俺が二番目に愛した叔母だ、・・・すまない。


去年の中3は実力的には脆弱だった。
塾内平均点、400点を切ったことがしばしばあった。
今年はそうはいかない。
今度の1学期中間試験では再び塾内平均点を440点にするつもり。
俺がいてもいなくても、主役は己自分だ。
どっしり構えて、悠々として急げ。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 三重情報へ

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

クリックのほう、何卒お願いします。
コメント

広告業界氷河期

2009年04月28日 18時17分21秒 | Weblog
昨夜、克典(9期生・ネット系)から久しぶりの連絡。
俺の昨日のブログを読んだ橋本ドクターが気をきかしてくれたのだろう。
克典、いつしか名刺を3枚持つ身分になったそうな。
いろんなところに顔を突っ込んでいるんだろう。
さて本題、イベント会社についてのレクチャーを受ける。
別段、就職活動真っ只中のブーちゃんからのリクエストではない。
俺の純然たる興味だ。
ただ、ブーちゃんから業界内知識なんぞのリクエストがあれば克典を紹介するつもりではいる。

このご時世、広告代理店の大手が最も厳しいらしい。
トヨタの広告は電通からデルファに移った。
あげく義理も筋もそっちのけで大手が中小広告代理店の仕事をかっ攫っている状況だとか。
「文系学生って一度は広告代理店を夢見るでしょ? 先生の言葉を借りれば"文系の麻疹(はしか)”・・・でも、今の状況じゃ絶対に勧められませんよ。広告業界に入って自分は何がやりたいか、その意思が確固たる者じゃないとダメですよ」
「でも、オーナーが大手から独立、それまでの人脈を生かして仕事を取ってるインディーズ系のイベント会社なら目はあるか?」
「まあ、大手よりは・・・でも、労働条件は過酷ですよ。休日もないと覚悟したほうがいいし、給料もめちゃくちゃ安い」
「まあ、そのあたりは覚悟しているようやけどな」

古い塾について克典と話す。
克典が橋本ドクターから化学と数学を教えてもらったのは古い塾。
かつての教え子が、橋本クリニック開業時にはネット上での広告のノウハウをかつての師に教えている。
持ちつ持たれつ・・・。
万が一、ブーちゃんのことで克典に世話になることになったら、俺はどうしよう?
勉強を教えたはずが、高校に落としちゃったしなあ。
人生を語ったつもりでも、その影響があるとも思えんしなあ。
仕方ない・・・今度克典が帰省した時は、ドラゴン・スリーパーをかけさせてやろうか。
克典、それでチャラにしてくれや。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 三重情報へ

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ


ここ2年ほどは広告代理店の氷河期が続くそうです。
CMが作りたいとか、アイドルと親しくなれるから・・・そんな動機じゃ勝負できへんみたい。
就職の正念場は大学3年生。
エントリーが始まるまでの、これから半年が勝負です。
頑張ってください。

クリックのほう、お願いします。
コメント (2)

1992.10.27ケーキ投げ大会!

お知らせ

津・松阪地区で高校入試における内申でお悩みの方は、無料相談承ります。
メールまたはお電話で、れいめい塾まで『内申の件で』とご連絡ください。