『 HARD & LOOSE 』 れいめい塾 津市久居

塾頭の『れいめい塾発 25時』
三重県津市久居にある学習塾『れいめい塾』の塾頭のブログです。

11月30日

2007年11月30日 02時06分23秒 | Weblog

午前1時30分、今日の最後の生徒・梨紗が帰った。
梨紗もまた郁のひきつくような微熱を帯びたのかもしれぬ。
俺は期末試験の向こう側を見据えてキーボードを叩いている。
目の前にあるのは2005年度の全国私立高校入試問題の国語の下駄本。
愛光・青山学院・郁文館・市川・茨城・江戸川学園・大阪星光・海城・開成・関西学院・共立女子・慶応義塾・甲陽学院・國學院・・・
出題された慣用句と漢字を片っ端に打ち込んでいる。
里恵が授業を開始した4月以降、郁の文章読解には改善の兆しが見られない。
漢字や慣用句に対する認識が甘いからだ。
これは郁に限ったことではない。
国語の点数が安定しない輩には共通しているネックだ。
とりあえずは過去の公立入試の頻出漢字や慣用句から始めるべきだろうが、それは各自に任せるつもりだ。
俺の狙いは一段と難度が上がる私立高校の出題をこの時期に強引に押し込むこと。

揶揄する
含蓄に富む
恭しい
口に糊する
老婆心
便宜を図る
一矢を報いる(ちなみに一矢は”いちや”ではない)
誦んずる(ちなみに”あんずる”ではない)

このあたりのレベルだ。
勝負所は高田か三重・・・。
とりあえずはどちらかを潰さないと郁の「約束の地」は姿を現さないのだ。


亜里の社会と数学が返却される。
社会が90点(平均点は56点)、数学は91点(平均点は不明)・・・。
まずまずの滑り出しである。

某会社の若手が登場。
少しばかり疲れているような・・・。
塾の話というよりは「仕事とはなんぞや」めいた話になる。
営業マンである以上はノルマがある。
その数字に一喜一憂するとは分かっていても、数字が届かないことが続くとへたれてしまう。
自分が売っている商品に自信がないと悩みが膨らむ。
お客さんが商品の欠点をあげつらうと、抗弁すべきなのにお客さんの意見についつい従ってしまう。
これが営業スタイルならまだしも、持ち前の気のよさゆえの反応ともなると難しい。
まあ、・・・落ち込んだときはいつでもええけ来んさい。

亜里が英語で崩れた・・・68点。
平均点が40点あたりとはいえ、これは厳しい。
理科が88点、国語が91点と予想通りの展開となるがやはり英語・・・。
ただ、夏前とは違ってトンチンカンなミスは陰を潜めた。
いわゆるイージーミス、when を whe とか、can run を can ran とかの類だ。
間違え方は進歩した・・・しかし点数に反映してはいない。
これが辛いところだ。
ともかく計428点、これで英語が85点あたりならイメージ通りだったんだが・・・。
依然として腹筋が続くことになる。
コメント

11月29日

2007年11月29日 02時54分07秒 | Weblog

仕切り直しの現役、先週と一転して年長さん達を追う展開。
高3では、春華(宇治山田高)が163点、彩加(津西)が142点、健介(津東)が131点。
瞭と慎也(ともに津高)が不在の高2では、祐(津高)が136点、理恵(津高)が121点。
点数だけで見れば、再び年長さん達が現役を突き放つ展開。
なお、佳央理(津東3年)は着外、奈々子は参考点だ。

英語の解説後、津への最終電車に乗る奈々子を久居駅まで、さらに伊勢の春華を送って国道23号線を南下する。
奥さんから貰ったお金でバカボンドの27巻とリアルの7巻を購入して塾に戻る。
時刻は午前1時過ぎ・・・れいと中3の里歩が勉強している。
嬉野中の試験は昨日で終了。
郁と亜里は二人だけで理恵の国語・・・一昨年の鈴鹿高校。
郁は実力を遺憾なく発揮、30点ほどの点数を取っちまい理恵の顰蹙を買っている。
亜里は金曜日の高校生の現代文を今週で撤退、高校入試に没頭することになる。

塾に入ってきた生徒がそこそこ塾に慣れた頃、俺はしばらく好きにさせてみる。
好きなことをさせてみて、どんな教科をどんなリズムで勉強するかに目を凝らす。
そのなかでは亜里は異端児だった。
彼女は国語の問題集をひたすらに解き続けた。
夏休みに入る頃、入塾以来初めて見る困惑気な顔で俺に尋ねた。
「先生、古典の読み方を教えてくれませんか」
見ると亜里の手には中1の後期の範囲、今昔物語のプリントが握られていた。
「意味が分からんか?」と俺。
「全然じゃないんですけど、分かりそうで分からない・・・正確に古典を読んでみたいんです」
好きにさせると数学の問題集を進める輩がほとんどだ。
中1の夏休みに中2の問題集をやってる連中なんぞ、ウチの塾には吐いて捨てるほどいる。
しかし黙々と国語の問題集を解き続ける生徒はまれだ。

亜里と過ごしてみて分かったこと・・・本人は意識していないだろうが、他者の感情を逆なでする場面に出くわすことがある。
教室内が特定の温度にある時、例えば俺が怒っていれば教室内は凍てつく。
その極寒の地で亜里の口調には亜里の体温のまま・・・。
教室内が浮き立つ状況では、亜里の口調はその上を行く・・・。
つまり、その場の温度より常に高めの違空間に亜里は漂う。
こりゃ、集団では浮くやろな・・・俺は一人ごちる。
「オマエっていじめられた経験あるやろ」と俺。
「分かりますか。そうなんですよ、小学校からいじめられてきたんですよ」と軽く言い放つ亜里の口調、俺の質問が意図する温度より数段高い。
「なんでやと思う」と、再び温度を下げてみようと俺が尋ねる。
「私って、相手の人との距離感が掴めないんですよ。仲が良くなるとついつい距離を縮めてしまう。相手にすれば許せる距離でなら相手してくれるんでしょうけど、私はその境目が分からなくって前へ前へって出ちゃうんですよ。いつしか許せる境界を超えちゃって、相手にすれば来てほしくない距離まで来られて・・・だから、うざいなあって思われると思うんですよ」
「・・・お見事」
「何がですか」
「いやあ、それほどまで自分がいじめられる経験を客観的に説明できるなんてね・・・感心したよ」

俺はさっそく高校生の現代文の授業に亜里を入れることにした。
その当時の現代文の担当、大西君(立命館大学院美学)は呆れた顔・・・確かに中2になったばかりの亜里が大学受験センターを解くという構図、想像すらできない光景ではあった。
ちょうどその年、瞭や慎也や祐や理恵たち20期生が、鳴り物入りで津高に進学した年である。
「ウチの塾にも遂に新人類が姿を現した!」と揶揄される、こ奴ら20期生達を迎え撃つ2歳年下の22期生の亜里・・・場面設定は俺の頭の中ですでにセットアップされていた。
怖いもの知らずのこの20期生たちに後輩から追われる怖さを教えてやろうという意地の悪さがあったのも事実。

またぞろ塾先の気まぐれか・・・そんな空気のなかで亜里を交えた現代文の授業が始まった。
しかし、その空気を当然のごとく亜里は読めない。
亜里はただ、与えられた過去のセンター試験をひたすらに解く。
その結果、センター試験の現代文100点満点を9割ゲットして亜里がトップ!
何かの間違いだろうと安穏としていた高校生達も、翌週も一敗地にまみれては言い訳することもできない。
ところが、高校生が素直に亜里に解き方を聞いている姿には笑っちまった。
しかし笑う反面、俺は後輩に恥ずかしげもなく問題の説き方を尋ねた高校生たちを評価している。
勉強に学年は関係はない・・・その認めたくない自分を節操なく認めてしまっている・・・そんな20期生の謙虚さ、今でも誇りに思っている。
その節操のなさがあるからだろう・・・瞭は国公立医学部、慎也は京都大学、祐は東京大学と・・・当初の志望は未だぶれてはいない。
その下克上、それからしばらく続くことになる。
勉強にプライドはいらない。
やっかいなプライドゆえに伸びるものも伸びない。

あれから1年半。
亜里の存在が現代文の授業を活性化したことは事実だ。
高校生が中学生の亜里に勝とうと必死になった。
中学2年生が県下有数の進学校の高校生たちにとり、立ちはだかる高い壁となった。
この影響は大きかった。
亜里の存在が、全ての教科のなかで最も生徒たちの反応が乏しい現代文という教科を、切れば血が出るような授業にしてくれた。
その意味では亜里には感謝している。
俺が亜里にできる恩返しは文系大学の最高峰・一橋大学に亜里を入れることくらいだ。
その亜里が今週の金曜日をもち、隼人の現代文の授業からしばしの休息に入る。
奇妙な言い方だが、高校生達には鬼の居ぬ間に各自実力をつけておいてほしい。
亜里は高校合格発表後、すみやかに復帰する。


午前2時、里歩が帰り支度を始める。
「じゃあ、送っていくよ」と俺。
「いえ、今さっき親を呼びました」
「なんや、オマエを送らなアカンで酒を我慢していたのに」

里歩がお迎えの車に乗り込むのを3階から眺めながら思う。
郁の影響は大きい。
ここ数日、郁は睡眠時間3時間で過ごしている。
郁の存在が里歩にこんな時間まで勉強させたのかもしれない。
もしそうなら・・・津商業を目指す郁が津高を目指す里歩に影響を与えたことになる。
亜里が高校生に与えた影響と同じ。
これこそがウチの塾、れいめい塾なのだ。
結論付けるならば・・・
年上であろうと年下であろうと、刺激に対して素直に順応するタイプは伸びる。
馬鹿に限って自分のスタイルに固執する。
とことん極めつけの馬鹿ならば、そのスタイルで窮地をしのいで行くだろう。
しかし大多数の中途半端な馬鹿どもは、それゆえに、その固定観念ゆえに自分の首を絞めちまう。
ダブル・ワンチャンスを安全牌だと考えている馬鹿だから勝負に負けるのだ。


久居中は今日で終了。
午後から姿を見せたのは東と附属の生徒たち。
明日で全ての中学の試験が終了する。
試験終了後、中3は冬休みに入るまでに正進社『重点の完成』に入る。
問題集としてはなかり難度が高い。
三重教材の営業マンが「この問題集を使いこなせる塾は少ないですね」
ウチの塾は13期生から17期生にかけて使っている。
難しいのは承知だ。
夏休みの英語の中心となったのが、同じ正進社の『夏の完成』・・・これもまた強敵ではあった。
夏休みの時期にあのレベルをさせる附属の英語担当の狙いは理解できない。
難しい問題をさせても生徒の学力との間の乖離は歴然。
あまた英語嫌いを増やすだけのこと。
ただ、中学の文法事項のほぼ全てを終えたこの時期にならこのレベルは対応可能だ。
冬休みが始まるまでの3週間、この『重点の完成』を中心に進める。
それも各自がコピーして使用するのではなく一期一会・・・高校入試で出会った問題集と一期一会の覚悟で問題を解いていく。

橋本ドクターが姿を見せ、パソコンをごそごそいじくっている。
3台あるパソコンのうち、なぜかコピー機と接続できるのが1台だけ。
残りのパソコンはフラッシュメモリーでテクストを移動していた。
これをなんとかしようと橋本ドクター、ごそごそごそ。
俺が和輝(久居農林2年)を教えていると橋本ドクター、Vサイン!
「なんとかコピーに接続できましたよ!」
そこへ中井(13期生・家業の寿司屋手伝い)が登場。
「差し入れです、先生食べてよ」と豪勢な一品・・・ありがたい。
中井のお父さんを橋本ドクター、出張治療したこともあり中井がお礼を言っている。
中井持参の寿司の量たるや、試験最終日前日の中学生、今日は授業もないのに塾にいる高校生全員に行き渡り、それでも余っているほど・・・ありがたい。
橋本ドクター、午後11時前の最終に乗り込む春華(宇治山田高3年)を久居駅まで送り、芸濃の奥さんの実家に帰る際に緑の街に住む奈々子(津高2年)を送っていってくれる・・・これまたありがたい。

郁と亜里と里歩の三人は今日から『実力の完成』に入る。
手始めに地理・・・世界地図の白紙に入試頻出の60か国を書き入れていく作業からだ。
コメント (1)

11月28日

2007年11月28日 02時16分25秒 | Weblog

一昨日、郁を送ったのは午前3時前。
昨日に塾にやって来た郁に睡眠時間を聞いたら2時間半だったとか。
そして今、午前2時をまわった。
今しがた悠佑を家まで送ってきた。
この時刻に優哉(皇學館高1年)からミッドナイト・コールがあり、娘のれいが帰った。
最後まで残ったのは今夜もまた郁。

一度でいいから400点以上を取らせたいと思いつつ、ここまで来てしまった。
何度も何度も痛烈に叱った。
何度も何度もしつこく罵った。
そのフォローになればと、沙耶加(皇學館大学教育2年)をマンツーマンであてがった。
そんな郁の実質的には最後の試験。
乾坤一擲、オーラスの大逆転!というシナリオ・・・ノーチャンスでドラそばの1メンツを親のリーチに向かって果敢に削ぎ飛ばしていく感覚・・・厳しい。
しかしだ。
今回の郁は郁なりによく頑張った。
いつものように次から次へと新たなる綻びができ、そこから水が漏れていく展開は変わらない。
しかし、その綻びを郁は不器用ながら一つ一つ繕っていった・・・まさしく象の歩み、辟易する。
郁の志望高校は津商業。
進学校へ進学しない郁のような生徒に、俺は異常ともいえる熱っぽさで話すことになる・・・
将来、自分が母親や父親になった時、勉強したくないと駄々をこねる自分の子供に「努力しろ!」と心底自信を持って言えるような親になれと・・・。
そのためには、かつての自分が誰にでも誇れるだけの努力したという自負がないと言えない。
たとえ自分の子供であったとしても、かつて努力から背を向けた親が「努力しろ!」なんぞというセリフ、恥ずかしくて言えるはずもない。
値千金のそのセリフ、恥ずかしげもなく言えたとしてもだ、一片の説得力もなく空虚に響くだけ、・・・己の吐いたセリフが嘘なのを知ってる。
つまりは・・・体よくその場だけを繕う、口先だけの半端な大人にはなってほしくない。
中身がスカスカの大人になってほしくないのだ。
まあ、その意味では今回の郁・・・。
多少なりともできる親の予備軍の補欠くらいにはなったってこと。

郁!
俺特有の回りくどい言い回しだとオマエには理解不能かもしれないが、とりあえずは褒めてんだ。
ただ、数日前にも「先生、三割引って何やったっけ?」なんぞと、天真爛漫な顔して言いやがったな・・・。
ともあれ・・・これで400点に届かなかったら、全ての責任は俺にある。
半人前のオマエが落ち込む必要はねえ。
ただ、・・・家まで送ったエスティマでの車中。
「明日は試験も終わったことだし、休めばいい」
そう言った俺にオマエは言ったよな。
「昼は行かれへんと思うけど、夜には塾に行くよ」
すかさずそう言い放ったオマエ・・・上出来だ。
学力的には先輩達にはまだまだ三馬身ほど及ばないが、少なくとも精神的には「れいめい塾」のレギュラーだ・・・安心してろ。

真ん中の部屋ではアキラが寝ている。
今日の昼ごろには大阪へ発つはず。
さすがに中3が皆帰るまでは待てなかったんだろう。
最後の夜もともに飲もうと目論んでいたのだが・・・。
となると今、塾で機能しているのは郁と俺だけ。
その郁を送ったらお待ちかね、オルハン・パムクと格闘することになる。

そして郁を送った帰り道にファミマに寄る・・・時刻は午前3時20分。
バカボンドの27巻、リアルの7巻は持ち合わせがないので買えない。
そして「初めの一歩」だ。
今まで幕の内一歩の背中を眺め続けた稲垣が遂に己の勝負に臨む。
そんな少年マガジン、52号・・・。
胃が痛くなる。
タバコと氷を買い込み塾に戻る。
・・・本格焼酎『佐藤』とやらを片手に、遥か遠くのトルコのうち捨てられた町、カルスで格闘が始まる。



昼過ぎから試験真っ最中の中学生がやって来る。
そんななかを橋本ドクター、昨日に続いて登場。
昨夜の土産が今日の話題沸騰の崎陽軒のシュウマイ、そして今日がリクルートが発行している『稼げる資格』
さらに里恵がやって来て、年長さん相手に現代文の授業。
そして午後8時前、郁と亜里の嬉野中コンビ登場。
さっそく後期期末の社会が返却されたとか・・・社会、70点。
「平均点は?」と俺。
「60点」
平均より10点上を誉めてやってもいいのだが、400点叩くには1教科平均80点での綱渡りだ。
得意なはずの社会が70点では、親のリーチにさらに初牌の中を切り飛ばすような展開である。

今夜の高校生の英語は河合塾の第一回。
年長さんはれいが167点、絵梨香が182点。
さあて仕切り直しとなった現役組の得点は・・・?

コメント (2)

11月27日

2007年11月27日 17時18分12秒 | Weblog

午前中から懐かしい話をしながら時間が過ぎる。
いつしか中学生たちが現れ、新しい一日にひとつひとつとピースが埋められていく。
懐かしい話とリアルタイムの話が交錯しながら話は終わり、俺は日常に戻されていく。
なくなりかけていたB4のコピー用紙を買いに走ると携帯が鳴り響く。
「橋本ドクターがいらっしゃいました」
どうやら秋田の結婚式からのご帰還らしい。

橋本ドクター、東京ディズニーランドから秋田の結婚式へ、再び東京へ戻りキッザニアとアンパンマン・ミュージアムへと縦横無尽に親馬鹿ぶりえお発揮。
キッザニアの一般企業を巻き込む戦略にいたくご執心で、来年には関西に日本第2店ができるのを心待ちにしている様子。
そんな好々爺のようなドクター、年長さん達に対しても迫力はない?
絵梨香の志望大学は名古屋工業大学にシフト。
依然瞑想、いや迷走を続ける娘のれいは数学の偏差値が50・・・。
これで前回のマークともども窮地に追い込まれた。
風の音を聴け・・・。


アキラが明日帰る。
明日から一人で優哉のお母さんから貸していただいたオルハン・パムクの『雪』に取り組むことになる。
前から少しずつ読んではきたが、なかなかのめり込めなかった。
手ごわい・・・いわば、孤独を必要とする読書だ。
さてアキラ、今日の風呂は久居の昭和温泉・・・俺の中学の時の同級生の風呂屋だ。
料金は350円・・・じゃあ、昨日の新町湯の300円はなんやねん。
入浴料金って一律やないんかいな。
津の愛宕町の風呂屋も大人200円や・・・これってどうよ。

悠佑が試験前夜に英文法・間接疑問やら関係代名詞の入試問題を解いている。
まだまだずれている。
明日が私立高校の試験日ならともかく、明日は期末試験だ。
前回の中間試験で附属の英語問題は80%までが教科書内から出題されている。
ゆえに試験前日はベタベタの教科書準拠の問題集のまとめの問題を総ざらえすべきなのだ。
とりあえずその指示をする。
ところが、まとめの問題をやっているとカッコ補充の問題が解けない。
教科書の英文は暗記したはずなのに。
となるとやっかいだ。
ここは問題集を数冊、まとめて問題ばかりを暗記するしかない。
しかしだ、・・・悠佑ばかりではないが、なにゆえに附属の生徒達の勉強スタイルは「きれい」あるいは「スマート」なんだろうか。

「きれい」な勉強、「スマート」な勉強つながりから、高3の勉強スタイルに話題がシフトする。
面子はアキラに大森だ。
だらだらと時間を垂れ流すように勉強している気がするのは俺だけではないようだ。
アキラや大森も表現は違えども今年の高3に同様なことを感じている。
ライト感覚で勉強しているから、ついつい声をかけそうになる。
背中の佇まいが他者との対話を大歓迎している。
求められるのは他者との関係を一切絶つような背中・・・「下品」な勉強だ。
緊急課題があるならば、今の自分の全てをそのテーマに叩き込む。
例えば春華の世界史。
本屋で売ってる”今からでも間に合う”系の本を一日に一冊必ず終わらす・・・終わらすまで寝ない。
切れば血が出るような勉強、・・・「下品」な勉強とはそんなイメージだ。
とにかく時間がない。
コメント

11月26日

2007年11月26日 17時52分11秒 | Weblog

ささやかながら奥さんと少し遠出。
伊賀上野城界隈を散策する。
天守閣がある本丸の石垣に立つと目の前に上野高校。
授業中だろう、赤のジャージ姿がサッカーボールを追っかけている。
もしかしたらあのなかに元信がいるのかもしれない。
さてさて成績のほうはどうなっているのか・・・。
春華(宇治山田高3年)はなぜか英語の点数を落としている。
塾でやるのと本番での乖離が大きすぎる。
その反面、代ゼミで国語は160点を突破したそうな。
しかし依然として世界史と生物が弱点であることに変わりはない。
前期の中間が終わったら強引に朝から晩まで世界史と生物・・・それにより他の教科の点数が崩れても仕方ない。

さるびの温泉に入った。
確か3週間ぶりの風呂だ。
入浴時に貰ったまっさらなタオルが雑巾みたいになっちまった。
本当は京都まで足を伸ばしたかった。
森下とは昼飯でもと話していた。
しかし期末直前・・・この状況で木津を超えるのはちと厳しい。

昨夜のサプライズ・・・14期生の大輔が姿を見せた。
外食関連、就職1年目だ。
京都の木屋町に関西1号店を出店、そのスタッフの一番の下っ端である。
当然のごとく、1年目でもあり上からは怒られているばかり。
そんな怒られた話ばかりをするわりには楽しそうだ。
森下が驚いたように言う、「よくしゃべるようになったな」
外食産業での接客に関しては大学生の頃からバイトで経験済み。
しかし慣れているとはいえ、会社のコンセプトや店のコンセプトには独自のものもある。
キッチンとホールの間に挟まれるかたちで右往左往。
「でも、勉強と同じなんですよ。いっつも同じことで文句を言われている同期の中途採用の人がいるんですけどね。最初のうちは怒られてばっかりだったのが、最近では周りももう諦めたようで一切のお小言がない状態。当然、その気配はバイトの子たちにも伝わってて、その人を軽くあしらうのが見え見えなんですよ」
「その人は中途採用やけど無能なんか」と俺。
「いや、一品を勧めるのは僕なんかより遥かにうまいんです。その人が担当している客単価は高い。でも、それ以外で致命的なミスをやってしまう」
「そのミスに悔いることなく何度も繰り返す?」
「そうそう」
「ほんまに勉強も同じやで。同じミスを何度も繰り返す・・・そのことに悔しさを感じない生徒は伸びない。何度言っても同じミスをする、それなのにあっけんからんとした態度・・・塾におるよ、そのタイプ。オマエが今の話してくれや。絶対に説得力あるよ」
このリクエストには微笑むばかり・・・やっかいな客をあしらう武器かい!
中学のダチの結婚式で帰省した大輔だが、ほんの挨拶程度だったに違いない塾への訪問が森下と俺を相手にがっぷり四つに組んでいる。
おいおいおい、いつしか日付が変わってるよ。


今日から嬉野中の後期中間がスタート。
明日から附属中学と南郊中。
明後日には久居中と久居東・・・内申のクライマックスである。

今日から1週間、アキラご用達のオークランドは休みだ。
改築だとか・・・。
ちなみにオークランドの入浴料は430円。
「スーパー銭湯のわりには意外と安いんやな」と俺。
「いやあ、あれはスーパー銭湯というよりはパチンコ屋の隣にある単なる銭湯ですよ」
仕方なく津新町にある新町湯に。
ここは俺が学生時代からある普通の銭湯。
別所書店で里恵のシステム英単語を購入、アキラをピックアップするため新町湯に戻る。
「いくらやった?」
「300円!」
「そりゃ安い」
アキラと塾に戻るとさっそく仕事が待っている。
佳央理(津東3年)の昨日の龍谷大学推薦試験の答案作成である。
俺の答案でなら英語は57点以上、国語のほうはアキラが担当して71点。
正直、今の佳央理の実力を考えると上出来ではある。
ただ、英語に関しては去年の試験よりは易しくなっている。
ゆえに受かるかどうかとなると・・・分からない。
ここは受かる落ちるに関係なく、一喜一憂することなく、今まで通りのことを着実にするべきだ。
この試験を見る限り、そこそこには力をつけてきている。
日々の努力に対する真摯な姿勢、それと同時に自分に対する確たる自信・・・まさしく悪魔のように細心に、天使のように大胆に・・・なのだ。
コメント

1992.10.27ケーキ投げ大会!

お知らせ

津・松阪地区で高校入試における内申でお悩みの方は、無料相談承ります。
メールまたはお電話で、れいめい塾まで『内申の件で』とご連絡ください。