『 HARD & LOOSE 』 れいめい塾 津市久居

塾頭の『れいめい塾発 25時』
三重県津市久居にある学習塾『れいめい塾』の塾頭のブログです。

三重県立看護大学の見学

2018年07月06日 13時54分07秒 | 大学受験

三重県立看護大学・・・県立だからといって県内の生徒さんだけでなく、出身は全国に及ぶ。ただ、公立の場合は入学時の納入金は県外の生徒さんのほぼ2倍。しかし授業料は同じだ。

雨のなか、駐車場から歩く。奥さんが怒らない限り、傘はささないと決めている。

今回の見学会は松田先生のグループ「私塾の会」が主催。秋の鈴鹿での公立高校の説明会や高田模試などを実施、鈴鹿地区を中心に精力的に活動されている。・・・ということで、鈴鹿の先生たちが多いのかと思っていたら、伊勢の中川先生(小俣・なかがわゼミ主催)おるやん! さらには中西先生(二見・中西塾塾頭)や市村先生(小俣・ジュクゴヤ塾頭)も・・・松田先生に聞くと18名参加・・・「いやあ、こんなに来てもらうとは思ってなかった」とご満悦。たぶん看護が依然として女の子たちに人気な学部であることに加え、公立ということで関心があるんだろう。

とても豪勢なテーブルに座り、広報の方の話を拝聴する。「小さいからこそ面倒見がいい」・・・これが一番伝えたかったことかな。

県内就職率は100%、看護師の資格に加えて保健師に助産師の資格も取れる。これもまた人気の秘訣。ただ、三重大学の看護に比べるとカリキュラムがタイトなようで、大学生活を謳歌する余裕はなかなかないと聞く。

ウチの塾からは花衣(14期生・大阪日赤)がここの卒業生。看護師・保健師・助産師の資格を取ったときに、俺はついつい三沢を思い出し、「三冠帝冠」と表現した記憶がある。

講義室・・・築20年とは思えんな。

図書館の2階にある国公立では初めて・・・と思われる「看護博物館」

明治時代の産婆さんの資格証など、かなりマニアックなものが展示されている。

最後は食堂で昼食・・・これは日替わり定食で450円。

昼食で座ったテーブルには中川先生の仲良しグループ・・・数年前に伊勢高の説明会に出向いた際にお会いした面々、隣の先生から「毎日先生のブログを見てますよ」と言われて恐縮する。

村田先生の奥さん、こんな駄文を毎日読んでいただいて感謝します。これからもよろしくお願いします。

 

夏には高2と高3対象のオープンキャンパス、冬には高2と高1対象のオープンキャンパスを開催。入学して後の「こんなところとは思わなかった」というミスマッチを防ぐために、大学側もできるだけ早い時期から県立看護大学の様子を知る機会を設けている。食っぱぐれがないから看護ではなく、真摯な姿勢でリアルな看護と向かい合ってほしい。そして関心がある生徒は、なるべくこのような機会を利用してほしいと思う。

 

コメント

この一瞬

2018年03月07日 10時49分43秒 | 大学受験

午前3時半、大西君(岡山大安寺れいめい塾塾頭)に起こされる。それからはセンター以後についての話し合いだ。

大西君はセンター以後に実施される新試験をリアルタイムに語れる日本有数の論客である。だんだんとその全容が明らかになっているが、「でもね、浪人や大検の生徒をどうするかについては全く聞こえてこない。まずは1年目となる新高1を整えてからのことになるんでしょうがね」

明け方まで話し込み大西君、真ん中の部屋のロフトに沈没。俺は家に帰り、大阪へ追っかけのCDを取りに行くれい(18期生)を駅まで送り、それから実家。

親父を送り出し三重大へ。

この一瞬・・・1年ぶりだ。

新たな高3を迎えるにあたり、俺はこの一瞬を眼に焼き付ける。

 

今年度に背負った浪人の重荷の半分は片付いた。

塾に戻って大西君を起こす。電気が点いてる高校生の部屋・・・。

今から大西君と食事。そろそろ森下と龍神が姿を見せるはず。大西君は昼食後、岡山へ戻る。

コメント

積み上げてきたものが拳に宿る

2018年02月25日 08時13分54秒 | 大学受験

なぜか結佳(津3年)は受験日当日に缶コーヒー持参で塾に現れ、それから入試に向かう。私立大学は津会場や名古屋会場、そのいずれの日も来てくれた。起きている時は缶コーヒーを受けとり、スラムに沈んでいる時は真ん中の部屋の机にメモとともに置いてあった。

早く起きてたつもりだったが、今日も寝ているうちに来たのだろう。

少し温くなっている。かなり早い時間に来たようだ。

 

あと2時間ほどで始まる。

結佳、がんばれ。

そして各地で二次試験で臨む塾生たち、がんばれ。

コメント (1)

終わりは始まり

2017年02月25日 16時24分02秒 | 大学受験

午前6時出発のつもりが覚醒6時46分、アカンがな。慌てて階段を駆け下りてプリウスに乗り込む。

ちょっとだけ飛ばして名古屋大学南、午前7時から開いてる喫茶店『ミウラ』に落ち着く。

モーニングは名古屋らしからぬオーソドックス・・・

これで400円。しかし名古屋くんだりまで来て山口県の入試問題を解いてるのもちょっと切ない。

まだまだ人は少なかったが幟が立てられ、テレビ局のクルーの姿もある。

樹(津3年)はまだ来てないだろうが、三重大学の面々もいる。名古屋高速に入る。

途中渋滞・・・これが鈴鹿亀山間ではなくて四日市鈴鹿間・・・警察車両が側道を走って行ったので事故渋滞か。結局は試験が始まり静まり返っている三重大学に到着。

 

午後4時、真ん中の部屋で社会の採点をしてると喧騒・・・三重大学の高3、第一陣が戻って来た。丈一郎(津東3年)から国語の出来を聞く・・・古典が簡単だったが漢文が若干難しかったとか。洸太(高田数理3年)、「交流とか、全く出ないと思ってたとこが出たんですよ」

 後期を目指し、再び始まる。

コメント

28期生たち

2017年02月24日 18時19分45秒 | 大学受験

午後2時・・・樹(津3年)。

中川駅まで送る。

そして実家でポーチの状況を確認してから塾へ。中2の結菜と中1の美羽が勉強している。

午後4時・・・

旅立ち組の最期・・・理志(津西3年)だ。

身体がだるくなりスラヌに沈む。1時間ちょっとで人の気配・・・中学生が教室を埋め尽くしつつある。

慌てて高校生の部屋へ。

淳嵩(浪人)と丈一郎(津東3年)と洸太(高田数理3年)と崚馬(松阪3年)と馨五(津3年)・・・

 

明日、始まる。

 

コメント (1)

1992.10.27ケーキ投げ大会!

お知らせ

津・松阪地区で高校入試における内申でお悩みの方は、無料相談承ります。
メールまたはお電話で、れいめい塾まで『内申の件で』とご連絡ください。