手帳なわたし

手帳オタクな私。若い時からその時々の生活のスタイルに合わせて手帳を選び、使い方を工夫してきました。私の今の究極をご紹介。

「Natural Kitchen」の雑貨で、 多肉ちゃんの仕立て直しをボチボチと。

2018-04-06 | 庭仕事



「紙ゴミ」の成敗に続いて、

ウエルカムな家にするための見直しシリーズは続いています。


お客様の目線で、

まずはお庭から。

春のお花は今が盛り。

チューリップやムスカリがどんどん咲いていき、

パンジーやビオラはこの世の春を謳歌しています。

  


  



気になっているのは、伸び放題の多肉ちゃんなんです。

そろそろこちらも成敗時期かな?(笑)





多肉ちゃん、

冬の間にきれいに色づいてたんですけど、

春になって、

やや色にシャープさがなくなってきています。


多肉ちゃんって、

仕立て直した時は、本当にかわいいんですよ〜。

お弁当箱にご飯やおかずを詰めるように、

ぎゅっと詰め込むと、

行儀よく可愛く収まってくれます。


素人でも割合様になるんです。


おしゃれに仕立てられたのを園芸店などでご覧になることもあるでしょう。



けれど、

時間が経つと

あっちこっちを向いてワイルドに成長していきます。

これも多肉ちゃんの楽しいところ。


けれど、我慢の限度もありますしね。

1年か2年に一度は思い切って仕立て直してやったほうがいいんです。



自己流ですが、こんな風に枝をカットして、

2、3日カット部分を乾燥させます。





そして、植えていくのです。

この時役に立つのが、ピンセットや割り箸。

差し込みたいところに、割り箸で先に穴をあけておくと、

くきを折ることなく簡単に差し込めます。


わたしはまず、カゴ二つとジョウロの置き物に植え替え。

これらは、今まで多肉ちゃんに使ってきたのを再利用。


多肉ちゃんを植える鉢やカゴ、箱などは、

100均で十分。

十分長持ちします。


わたしのお気に入りはNatural Kitchenです。

ここのはどんなものでも

格好よく使えますよ〜〜。



さて、作り方ですが、

あみカゴの場合は、隙間だらけなので、土がおさまりません。

そこで水苔を濡らして、まず底や側に敷き詰めます。

そこに多肉用の土や肥料を入れて、

後は好き勝手に植え込みます。

  



こんなブリキの入れ物は、

底に穴を開けることをお勧めします。





最初は乾燥気味に育て、

根付いてきたらお水をあげます。




でもあまり神経質になる必要はなく、

だいたい枯れることなく根付きます。


梅雨に当たりっぱなしにならないようにして、

乾燥気味に育てるのが味噌。

過保護になると、逆によくありません。


我が家の玄関は、ほとんど多肉ちゃんの世界。

多肉ちゃんは好き嫌いが分かれる植物ですから、

玄関に立たれた時の、その人の反応ですぐそれがわかります。

大好きな方は、

しゃがみこんでご覧になりますよ〜。

そんな人、わたしも大好きになっちゃいます〜。





それぞれ、ポチッとして応援していただけると嬉しいです。
ブログを書く励みになります!


↓にほんブログ村   ↓人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ       
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« シュレッダー三昧の春 | トップ | 手芸にも使える?「半透明」... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ベリー)
2018-04-06 10:14:37
素敵な多肉ちゃんですね。

私は多肉に限らず、お花全般すぐに枯らしちゃうんです。
まともに育った試しがありません。

最近はかわいい多肉ちゃんを見ても
また枯らしちゃうんだろうなあと思い
買うのをためらってしまいます。

上手に育てられる方がうらやましいです。
可愛いです! (Lico)
2018-04-06 12:43:58
多肉植物可愛くて大好きなんですけど、ニョキニョキ伸びちゃうと、何だか異次元の植物みたいになっちゃうんですよね(^o^;)
今までどうして良いか判らず、庭に異次元空間ができつつあったので今回の記事を参考に適芯&植え替えしてみます!
まんじゅうがおさんのお庭可愛い感じがビンビンですね!
こんにちは! (まんじゅう顔)
2018-04-06 16:37:55
ベリーさん、ありがとうございます。
ベリーさんも多肉ちゃんを育てられた経験がおありなんですね?
多肉ちゃんは、雨の当たらない屋外のほうが育てやすいです。
時間がたつと、どうしても一部が枯れたり、徒長したりして、見た目が悪くなりますが、その時は遠慮なく仕立て直したり、挿し芽をしたりして増やすと楽しいですよ。
絶対大丈夫。
もしお好きでしたら、もう一度挑戦してみてくださいね!
こんにちは! (まんじゅう顔)
2018-04-06 16:44:07
Licoさんの「異次元の植物みたい」という表現、バッチリです。
ほんと不思議ちゃんになりますよね〜。
あの雰囲気が苦手と言われる方も。
わたしはあれはあれで面白いと思うのですが、程度というものがありますもんね!(笑)
是非是非遠慮なく、摘芯や植え替え、挿し芽などしてみてください。
どんどん増えていきますよ〜。
わたしは、ぽろぽろ落ちた葉?の部分を、捨てずに植木鉢に植えた木の足元とか、そこらへんの土に撒いておきます。
うまくいくと、そこからまた新しい芽が出てきます。その生命力は半端ないです。

我が家は、大きな花壇を作れるスペースがないので、もっぱらテラコッタで花を植えています。今は春の盛りです〜。

コメントを投稿

庭仕事」カテゴリの最新記事