手帳なわたし

手帳オタクな私。若い時からその時々の生活のスタイルに合わせて手帳を選び、使い方を工夫してきました。私の今の究極をご紹介。

【ノート】和紙とドットのコラボレーション〜障子写し・B6ノート(長井紙業・江戸長)〜

2018-06-13 | B6・マス目ノート




何なんだろう・・・。

手に取った時の感じが、

いわゆる昔ながらの「和綴本」のようなノートなんです。

長井紙業株式会社・江戸長

障子写し・B6サイズ




帯を取ったら、こんな感じ。




表紙は、「鳥の子紙」で、

中表紙は、「はした色」の和紙が綴じこまれています。

そして、本文紙には、愛媛県を山地とする「伊予和紙」が使用されています。





そして何と本文紙は、

ご覧のように、

無地でもなく、罫線でもない、

銀鼠色のドットグリッドが8ミリ間隔で入ってるんです。


和紙にドットグリッド??

すごく不思議な感覚を持ちます。


毛筆・筆ペン、万年筆、水性ペンの使用は可能と書かれてます。


ほんとかなあ〜〜と思い、

実際にモンブランで描いてみましたら・・・。




微妙に滲んでる感じですが、大丈夫の範囲内。

裏はこんな風です。




裏に文字は写ってますけど、

抜け通ってる訳ではないです。


B6サイズで50枚。

お値段、225円。


何に使う?

何に使う??

何に使う???



裏写りが少ししますけど、

やはりわたしだったら、ちょうどいい8ミリドットを使って、筆写をするだろうなと思いました。

万年筆の書き心地はなかなかいいですもん。


手元にある満寿屋の原稿用紙がなくなったら、

次はこのノートで筆写を続けるつもりです!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日のお弁当!




・白飯(ごま塩)
・アスパラのベーコン巻き
・卵焼き
・ブロッコリーの塩茹で
・オクラのおかか和え
・こんにゃくのしょうゆ煮
・トマト



ブログを書く励みになります!

↓にほんブログ村    ↓人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へにほんブログ村手帳ランキング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« この時期には「家事本」を! | トップ | 【スケッチブック】図案シリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

B6・マス目ノート」カテゴリの最新記事