手帳なわたし

手帳オタクな私。若い時からその時々の生活のスタイルに合わせて手帳を選び、使い方を工夫してきました。私の今の究極をご紹介。

野帳な日々

2018-04-20 | 手帳&ノート(仕事関係)・書き方





新しい職場での仕事が始まり、

その職場になれるために、

まんじゅう顔、かなりのメモ魔になっています(笑)。


今回は、

わたしと同じように、

この職場に転勤してこられた方が何人もいらっしゃるのですごくラッキー。


きちんと研修日があって、

その方々に混じって、

職場の様々な施設、設備、モノ、人など、

あらゆる情報を事細かに知る機会があったんです。


こういう環境で仕事をスタートできることは

これまでにはなかったことでした。

感謝!



施設関係は、

あちこち移動して説明を聞くので、

みなさん、メモをとるのに四苦八苦されている様子でした。


皆さんのお使いなのは、当然のごとく普通ノート(大学ノート)でしたから。

立って書くのは難しいですよね〜。



わたしは今回、「測量野帳」を用意。

ちょっとおしゃれな色をチョイスしてみました。

気分が違いますからね。




やはり、野外で使うようになってるだけあって、

表紙の硬さが、ちょうど立ってボールペンを走らせるのにはもってこい。

それはそれは書きやすかったです。







ウエストポーチにいつもボールペンと一緒に入れておいて、

サッと出してさっと書く。


ほんの数時間の研修でしたが、

もう野帳の中身はびっしりデス。



家で使っている「毎日ノート」みたいに、

あらゆる情報の投げ込み型ノートにしました。

内容で分けない。

すべてのことをここに放り込むような感覚で書き込む。

ただ、

朝、出勤する前に、野帳にその日にちをシャチハタで押していきますので、




「時系列」管理になります。

内容では分けず、ただただ時系列管理。

そして、

こんなことまで・・・と思うことも、今回全部文字化。


お茶の置いてある位置まで!?

自分には絶対関係ないと思われることまで!


とにかく、

すべてを文字化し、

徹底してやったことで、

その職場のことがかなり鮮明にわかるようになりました。

これ、すごい!


聞いた時は、「ふんふん、わかった」と思ってても、

少し経ったら、「どうだったっけ?」って思うこともありますからね。

また、関係ないと思っても、

それを知っておくって、実はすごく大事だったりするんですね〜。


「書く」「文字にする」って大事だと改めて思いました。



野帳を使っていたわたし。

他の人たちからは珍しかったようで。

お隣の同僚が、

「まあ、小さい文字でびっしり〜〜」とわたしのノートを覗き込まれました。

とても興味があったみたいです。

その方、「わたしなんて、こんな大きなノートにこんなに大きな文字ですよ〜」



すかさずわたし、

「もともと小さな文字を書くのが得意なんですよ〜」

「でも、最近は自分の書いた文字を読めなくなっちゃってて」

「老眼鏡で自分の書いた文字を読んでます(笑)」


同年代の老眼仲間、

そんな話でも盛り上がったお茶のひとときでした。





それぞれ、ポチッとして応援していただけると嬉しいです。
ブログを書く励みになります!


↓にほんブログ村   ↓人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ       
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Yearly Plan、わたしは今年も... | トップ | 通勤、その道のりをどう楽しむ? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
活きる使い途 (sweetpotato)
2018-04-20 07:41:09
まさに野帳の特徴を活かした使い方ですね!
うちでも、子ども達がアルバイトを始めた頃に使い、その使い勝手の良さを発見してました。
表紙の色(緑)がおしゃれじゃないって言ってましたけどね(^^;
まんじゅう顔さんは色々な野帳をお持ちだから、お仕事中のエッセンスになって良いですね!
新しい職場でも頑張ってくださいね♪
これはいいですね! (とむすけ)
2018-04-20 09:40:17
耳が痛い…私、まさにメモ取るの苦手というか、マメにメモしなかった事で、後でアレレ??ってなるのです…面倒でもあるのですが、わかりやすく書こうきれいに書こうとしてメモが追いつかなくなるというか。
でも野帳で投げ込み式になんでもメモる!とすれば迷わずに出来そう。
お仕事始めたり新しく覚える事があったらまんじゅう顔さん方式で行くことにします!
素敵なヒント、ありがとうございます
子どもさんたちも! (まんじゅう顔)
2018-04-20 20:50:03
sweetpotatoさんちの子どもさんたちは、アルバイトの時に使っておられたんですね〜。
どんな風に使っておられたのかしら〜。
興味あるわ〜〜。
確かに緑のあの表紙は、ちょっとださいかな?(笑)
わたしもあの色だけだったら、ちょっと??かもデス。
実際はいろんな野帳が出ていますから、綺麗な表紙のもので、楽しく使えたらいいですね。

職場では、大学ノートが主流。
わたしは野帳で頑張ります!
一緒です! (まんじゅう顔)
2018-04-20 20:58:24
とむすけさんの感じ、すごくよくわかります。
わたしもまさにとむすけさんと同じで、「きれいに書こう」という意識が強くて、メモが苦手でした。
そこは、もう意識を変えるしかありません。
「情報をちゃんとゲットする」、そのことに集中しようと思って、文字の綺麗さ、わかりやすさなどを考えず、「とにかく書く」に徹すれば、メモはどんどんできますし、後から「あれ?」ってことがほんと、なくなります。
「放り込みノート」と思えばいいですね!
好みの色です (もも)
2018-04-20 21:20:56
こんにちは。新しい職場、お疲れ様です。

私もこのようなメモの取り方が好きです。記憶をたどりやすいのですよね。

そして、同じ色の野帳を使用しています。この色好みです。増え続けるID、パスをメモしており、必要なときに引き出しから出してまた保管。今後もこの1冊で足りると思われるので、耐久性のある表紙の野帳にしておいて良かったです。

野帳はコンパクトなのでプライベートで使用していますが、職場では使用したことがありませんでした。今年度は使ってみたくなりました!まずは、明るい色やコラボの野帳があるか、近々お店をみてきますね。
こんばんは! (まんじゅう顔)
2018-04-20 21:31:16
ももさんも、野帳愛用者さんなんですね?
この色は、本当に素敵!
わたしも大好きです。
いろんな色のをたくさん持ってるのですけど、最初の1冊は迷わずこの色にしましたもん。
ももさんも時系列で、こうやってメモをとっておられるんですね。これが一番ですよね!

職場で野帳を使用したのは、わたしもこれが初めて。
実は紙面が狭いので、おおらかな気分で書けないじれったさはありますが、ウエストポーチに入れて、どこででもさっと出せて書けるという点では、バッチリで、今のわたしの仕事スタイルにはちょうどいいかなと思っています。

コメントを投稿

手帳&ノート(仕事関係)・書き方」カテゴリの最新記事