見出し画像

手帳なわたし

あちこち頭の中で旅をする!!?〜OZ magazine ひとり東京さんぽ2020 (スターツ出版)〜




毎年、「東京国際キルトフェスティバル」に参加するために、

わたしの友人が上京します。

もう数年になりますか・・・。


1泊2日ですから、1日はフェスへ。そしてもう1日は東京観光へ・・・。

毎年、どこに泊まり、どこを拠点に動くか、

色々考えるのはこちらに住むわたしの役目。

これがまたとても楽しい。


このわたし、

すでに関東にきて二十数年が経ちますが、

場末に住んでるために、

都心へは未だお上りさん気分です。

都心へ出ると、

ロス・インディオス&シルビアの『別れても好きな人』が、

頭の中で響いて、

「別れた人に会った。別れた渋谷で会った・・・」

「歩きたいのよ、高輪〜」と歌いながら、

「ああ、これこその渋谷」

「そうそう高輪」と、そこに行っては喜んでる。

余談ですが、

シルビアさん、早く亡くなって悲しい・・・。

そして、関西にいた頃は確か、

大阪に出ると、『大阪ラブソティ』でしたっけね。

わたし、もうこの曲大好きで、

カラオケでは必ず歌うのですが、

この度、上沼恵美子さんの歌声を聴き直して、泣きました(笑)。

彼女、上手いですね〜。

めちゃ上手い。

歌手顔負け。

改めて、上沼さんの才能に脱帽しました!

余談ですけど・・・。


とにかく、

有名どころに行くのがただただ楽しい。

根っからのミーハーです。



一緒に動く、その友人、

わたしと趣味がとても近いのも嬉しいところ。

文具や手帳も大好きと来てる。

もちろんコーヒーなども好き。

お酒も好き(笑)。


さて、今年はどこへ・・・と思い始めていたら、

ちょうど『OZ magazine ひとり東京さんぽ』の2020版が出るから、

あまりにタイミング良すぎ。


↓アマゾンへはこちらから。
 



これまでも随分お世話になりました。


ちなみに、これまで彼女とうろちょろさんぽしたのは、

「恵比寿〜代官山〜中目黒」 イタリアン料理

「東京〜銀座」 トルコ料理

「東京〜日本橋」 日本料理

「渋谷〜表参道」 スペイン料理

「飯田橋〜神楽坂」 日本料理。

別のことで上京した時は、

「築地〜蔵前」にも行ったかな。

ほぼ、その時々、出版される『OZ magazine』を参考にさんぽしました。


今回、出た『ひとり東京さんぽ』で注目したのは、

「清澄白河〜門前仲町」と、

「千駄ヶ谷〜北参道」。


「清澄白河」ってコーヒーのメッカになってて、

前、一人で行った時も結構楽しかったし、

今回のOZでも、「午後からスタート、コーヒー、ビール、時々アートなゆったりさんぽ」

と紹介されてて、その言葉に引っ張られる。


もう一つの「千駄ヶ谷〜北参道」は、

今が旬の地域。

「ダガヤサンドウ」って言われてるんですって!




入れないけれど、

新国立競技場も完成し、外からその雄姿も目にすることができるし、

アパレルやデザイン系など、クリエイティブな人が集うエリアになってる。

さんぽをしながら、ショップ巡りも楽しそう。

今回宿泊するホテルからもそんなに遠くないので、

今回はこの「ダガヤサンドウ」に行くかな・・・・。


「フェス」参加後の夜は、麻布十番に行くつもり。

すでにアジアン料理のレストランも予約しました。


タイムテーブルと、

食事の場所と、歩く地域と、寄りたいお店と・・・・。

グーグルマップをみながら、

そのルートをシュミレーション。

すでにわたしの頭の中は、

イメージの中で旅をしてます!



今年もこの「オバさん二人東京さんぽ」から、

わたしのさんぽMAPはスタートです。

これ、愛用してます『OZ magazine よりみちノート』。


 
 

わたしの持ってるのは、一番最初にでた分で、

今は売ってないようですね。

せっかくだから使い切りたいと思ってます。

今年はどれだけ書き込むことができるでしょうか。







↓二つのランキングに参加しています。
それぞれポチッと押して応援してくださると嬉しいです。
励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ             

                           PVアクセスランキング にほんブログ村 


コメント一覧

ちかこーん
上沼恵美子さん,
紅白の審査員コメントでも仰っていたけど,
総合司会,審査員ときたから,
次はやっぱり歌手として出場?!
あまりちゃんと歌声を聴いたことがなかったけど
このブログを見て聴いてみたくなりました♡
れお
まんじゅう顔さん。

遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

上沼恵美子さん。好きですよ!
取り上げて下さってありがとうございます。
上沼さん。天才ですよね。早口で喋っても絶対に聞き取れるし、カミません。それに鋭いし。

漫才は結構好きで、海原やすよ。ともこ。も好きです。
海原だから上沼さんの一門ですかね?
特に東京をけなすネタが好き。私は関東人ですが面白過ぎてもっとけなして欲しいと思います。
テンダラーとかコッコも好きです。

主婦日記2020は始まりましたが羽仁もと子案家計簿はまだ真っ白。予算立てで、思考停止です。
仕事用にはとある企業に勤めている方から貰った手帳を使っていますが、なかなか便利です。なんとマンスリーが無いのです。最初はなんじゃコリャと思いましたが
無くても平気です。

スターウォーズも観てきました。えぇ55割で。
子供達の評価はコテンパンでしたが私達は良かったです。

どうぞお身体大切に。
お祈りしています。
sweetpotato66
そうか、東京を歩くときはシルビアさん…なんですね。
私は横浜に行くと、ブルーライト横浜を歌っちゃいそうになります(笑)
横須賀に行った時は「これっきり♪これっきり♪」って、本当に歌いました😅
今年もご友人との東京巡りを楽しんでくださいね!レポも期待しています!
ポテト姫
 なるほど。東京に泊まって、ブラブラ歩く…のも楽しそうですネ。(^^) 茨城からだと、東京は「日帰りコース」なので、なかなかそういう機会が無いです。でも、昔、コンサートに行くため、友人とホテルに泊まったことがありました。あと、息子の受験のお付き合いで、2回ほど泊まったことも。息子が試験を受けている間は、私は1人でブラブラ。(^_^*) 1回目は、リニューアルした東京駅を見て、皇居周辺を。2回目は、「世界ラン展」を見てから「都電荒川線」に乗って、その後、ネットで知り合った音楽関係の方と、初対面しながらお茶を。
 東京ドームでの「世界ラン展」は、あまりの人の多さに辟易し、そそくさと出てきてしまいました。♪( ´θ`)
 昔、伯母が千歳烏山に住んでたので、母とよく歩いたけど、自分1人で歩くと、より印象が強くなりますね。(^^;
 そうそう、上沼さんは、子どもの頃、「のど自慢荒らし」だったそうで、本来は歌手になりたかったそうですネ。天童よしみ、野口五郎も、「ちびっ子のど自慢」などの常連さんだったらしいです。^_−☆
まんじゅう顔
ちかこーんさん、そうですね。
彼女、紅白の司会もされましたね。
関西をキーに活躍されてますが、全国区で知られてる芸人さんです。
もともと、歌手志望だったということ。
わたしもYouTubeで聞きましたが、若い時は特別うまいです。
まんじゅう顔
お、れおさんは、結構よくご存知ですね。
わたしはあまり漫才を見ないので、実はあまり知りませんが、それでも海原やすよ〜は知ってます。
上沼さんは天才だとわたしも思います。毒舌ですけど、歯切れがいいし。
上沼さんには申し訳ないけど、「漫才師が歌手をちょこっとやってる」「その歌が大ヒットした」くらいにしか思ってなかったのですが、実際歌声を聞いて、びっくりしました。子供の頃は「のど自慢荒らし」だったとウイキペディアに書かれていて、なるほどって思いました。

そうそう、羽仁もと子の家計簿は、予算立てが難しいですよね。まだまだ大丈夫。頑張ってくださいね。

「スターウォーズ」行かれましたか?わたしたち世代には、このシリーズが終わるということだけでも、感無量ですよね。作品については賛否両論あるようですが・・・。

今年もどうぞよろしくお願いします。お祈りありがとうございます!!!
まんじゅう顔
sweetpotatoさん、そういえば、横浜、横須賀もご当地ソングがありますね〜。「ブルーライト横浜」とか「横須賀ストーリー」とか、「わ、わたしの時代」って感じて、なんだかとっても嬉しい気分。五木ひろしも「横浜たそがれ」を歌ってたり、クールファイブさんたちも長崎の歌を歌ってたり、色々思い出してます。
そうそう、でも東京、わたしはシルビアさんなんですよ〜〜。
まんじゅう顔
ポテト姫さん、そう、このわたしもこんな風に日帰りのところにホテルをとってゆっくりするという方法をとったのは、ここ数年です。
義母を引き取って以来、上京する友達にうちで泊まってもらえない状況になったこともありますが、遠出しなくても家事から離れてゆっくりできるという点でもいいかなと思います。
最近では、鎌倉にも1泊しましたよ〜。
東京は、駅から駅が近くて、路線から路線までもそんなに遠くないので、電車を使わずに、徒歩で歩き回るのにもとってもいいコースがたくさんあります。今はグーグルマップもありますから、おさんぽが好きな方なら、どの場所でも楽しめると思います。
その場合、一つ二つは寄るお店をあらかじめ調べておいて、散歩のルートに入れておくと、ポイントになって歩きやすいです。
ポテト姫さんがされたように、何かのついでのさんぽが一番気楽だと思います。わたしも病院の帰りのぶらぶらが一番多いです。
そうそう、上沼さん、天童よしみさんと競っていたくらいの歌声だったようですね。漫才師としてデビューしようとしていたお姉さんの相方が急にいなくなって、その代役のような形でのデビューになったと聞きました。本当は歌手志望だったとか。若い頃は超可愛いし、アイドルっぽい雰囲気もありました。今は文字通りの大御所で、ご意見番のような存在ですね。
ポテト姫
 そうそう、東京を電車ばかりで移動していると、距離感や位置関係がわからないけど、歩いてみると「こんなに近かったの?」と思うことがありますよね。(^^)
 末息子が高校の頃、PTA行事で「東京大学の見学会」がありました。微妙な大学だと「ウチの子どもには用はない?」などと、色々考えてしまうけど、東大となれば、どうせ入れないから、「堂々と」参加申し込みをしました。(^^; 人気も高く、バスは二台。
 校内や図書館などを見学した後、出口で解散となり、上野駅近くに停めてあるバスまで、自由散策しながら戻ることになりました。(^_^*) 途中、不忍池の周りを歩いたり、ランチをしたりしてブラブラ歩き、上野駅近くまで、簡単に歩けてしまったことに驚きました。(・・;) こんなに近かったの?と。
 歴史的な建物も多く、こんな風に歩くのも楽しい…とその時に思い、受験の時の1人散歩に繋がりました。^_−☆
まんじゅう顔
ポテト姫さん、高校からの「東大ツアー」ってすごいですね〜。
見応えがあったでしょう?
子供達の気持ちもアゲアゲになること間違いなし!
本郷のキャンパス内も見るものたくさんあるし、さらにその周辺も
結構見るものたくさんです。
わたしも御茶ノ水駅から、不忍池を経由して本郷三丁目、東大まで歩いたこともあります。思ったより近いですよね〜。
それまで電車しか使ったことがなくて、「え、こんなに近かったの??」ってびっくりした次第です。
ポテト姫
 あ、東大見学は、あくまで「親だけ」参加する行事で、ほとんど「お母さん方」が参加されてるので、「大人の遠足」的な行事です。(^^; 末息子の通った高校は、それなりの進学校でしたが、東大に入った生徒は未だいない…レベルの学校だったので、参加された皆さん「気楽に」楽しんでました。
 私のブログの「2011年8月」の記事の中に「東大だZ!」というのがあり、その時の模様をレポしてあるので、よかったら覗いてみてください。(^_^*)
 そうそう、その当時、ちょうど大河ドラマで「龍馬伝」をやってた時期で、話題になってた「岩崎邸」が近くにあったので、そちらも見学してきました。^_−☆
まんじゅう顔
そうだったんですね〜。
でもそんな感じだったら、いずれ絶対東大生が誕生する学校だと思いますよ〜。
ブログ拝見しました。
岩崎邸に行かれたのなら、すぐお隣の「無縁坂」は?
わたし、この前のウォーキングで、そこをパスして夫にチェックされました。あの辺りはさだまさしワールドで〜す。
ポテト姫
え? 「無縁坂」って、岩崎邸の近くにあるんですか? (・・;) 知ってれば、行ったのに…。(^^; ♪ 忍ぶ忍ばず〜無縁坂〜…♪ とあるので、上野近辺なんだろな…とは思ってましたが。(^_-) あの歌、合唱団でさんざん歌った割には、どこにあるのか? いまだに不明です。
 末息子の通った高校は、エリア内で「2番手」のランクなんです。(^^) 「1番手」のとこは、東大生も輩出してます。息子は、そこも可能性はあったのですが、息子本人が、「無理して入って、ぶら下がってるなら、常に上の方にいた方がいいから」と、2番手の方を選びました。まあ、校風も彼には「合ってた」かも。^_−☆
まんじゅう顔
ポテト姫さん、無縁坂、旧岩崎邸の北側、東大病院との間ぐらいのあたりにあります。
わたしも「無縁坂」を歌いながら、不忍池を経由して本郷三丁目まで歩いた日、夫に「何故行かなかった!」って笑われたんです。そんなもんですね。
高校選び、その子供にあった学風ってあると思います。
思い返せばわたしの時代の高校入試でも同じような話を聞いたことがありました。力を発揮できる環境って大事です〜〜。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「手帳・さんぽ&旅MAP」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事