手帳なわたし

手帳オタクな私。若い時からその時々の生活のスタイルに合わせて手帳を選び、使い方を工夫してきました。私の今の究極をご紹介。

【ノート】究極?アート? 〜「 shirusu bnbg (学研ステイフル ) 」〜

2018-05-22 | 手帳・紹介




まあ、今はノートも様々。


わたしたちの小さい頃(数十年前ですよ!)は、

ノートといえば、子供の学習ノートか、

大学ノートか、それくらいでしたよね。


今やサイズは様々、

もちろん罫線も幅がいっぱいあって、

ブランクあり、

様々な大きさの方眼もあり、

表紙も凝っていたり、

紙質も信じられないくらいの薄いものから、

高級感あふれるしっかりしたものまで、

多種多様な、

もう工夫の余地がないくらいの種類のノートが出ています。



そんな中でも特別目を引くこの商品。


ノートの名前は、

「shirusu」


gakkenのブランドbngn(「日常を少し楽しくする、高機能・高品質の文房具を」という思いから出来上がったブランド)が、

mtのデザインやNHKの『龍馬伝』のアートディレクションなどを手がけるアートディレクターの居山浩二さんを迎えて

登場したノートシリーズです。


この「shirusu」は、全部で6種類。

どれもA5サイズです。

1冊486円。



わたしがこの度購入したのは、

【muji+koushi・・・自由】

↓帯をつけたままで。
  


帯にはこう書かれています。

「気分に合わせて絵を描いたり、文字をつづったり、何かを貼ったり、

あなたの思いのままに、気の向くままに」

なんか、この言葉だけでも、

気分が解放されますよね〜。

帯をとったら。こんな感じ。

  


表紙の「shirusu」の文字がきれいでしょ。




左ページを無地に、右ページを5mm方眼にしたノートです。




方眼のほうには、

左よりの縦ラインに赤線が1本入ってます。





旅の絵日記や勉強などに(Amazonのオススメ)







まだ、このタイプは序の口。


そのほかの5種類にはもっと面白いものもありますよ。



【mannaka・・・中和】

全体は方眼で、真ん中に大きな円があって、その中は無地。

円グラフ日記やマインドマップに(Amazonのオススメ)



【ten+ten・・・整然】

ドットを規則正しく配置。

勉強、情報のまとめなどに(Amazonのオススメ)



【sen・・・知性】

ベーシックな横罫の上下に均一なドットを配置。

家計簿や趣味の記録などに(Amazonのオススメ)



【naname・・・個性】

三角斜めごとに罫線を引いたノート。

一言日記ややる気ノートなどに(amazonのオススメ)



【mawari・・・創造】

真ん中の部分に縦横斜めの罫線が入ってて、周辺は無地なんです。

コーディネートの記録や勉強などに(Amazonのオススメ)



以上です。


それぞれの簡単な説明でわかります??


ほんと、不思議なノートなんです。

百聞は一見に如かずですから、

よかったら以下のアマゾンの部分をクリックしてみてください。

そこには、【naname】だけでなくて、すべての種類のノートの中身を見ることができますから。


↓アマゾンへ。
学研ステイフル ノート A5 shirusu naname BD04590
学研ステイフル




自分の創造性を再開発したい方、

こんなの欲しかったと思われる方、

手に取ると、思わず「へえ〜〜」って言ってしまいますよ〜〜。


もちろん、B6サイズ大好き人間のわたしとしては、

サイズがA5の1種類であるのは残念。

でも、ある程度の大きさがないとこういうのはダメかもですね。


ただ、

わたし的にはちょっと表紙が柔らかすぎるかな〜なんて思うんですけど。

これも好き好きですね。





それぞれ、ポチッとして応援していただけると嬉しいです。
ブログを書く励みになります!


↓にほんブログ村    ↓人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へにほんブログ村 人気ブログランキング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【ミニボールペン】超極細ボ... | トップ | 怪しい、この時期の手帳や家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

手帳・紹介」カテゴリの最新記事