天に星、地に花、人に愛

30代後半にして一児の母となった、三十路サラリーウーマンの徒然日記。

フリーター漂流に思ふ

2005-02-08 23:34:56 | キャリア・雇用
今の会社に入る前、大手メーカー関連会社の人材サービス会社に勤務していた。派遣と業務請負がメインの会社だった。親会社の工場(主にライン作業)で業務を請負い、出稼ぎの労働者に働いて貰っていた。その仕事に関るまで、“出稼ぎ=地方で農業に従事するお父さんの冬場の仕事”と考えていた。しかし、実態は全く違った。北海道、東北地方、沖縄。そんな遠い所から、関東に働きに来るのは、20代が中心。中には高校を卒業してすぐの子もいた。親元を離れ、遠い地方で借り上げの寮に入り生活する。4勤2休(4日勤務して2日休む。そのサイクルを、日勤・夜勤交互に繰り返す)の工場での仕事。成果など認められる事も無い。そんな彼らと接した事が、私が産業カウンセラーを目指そうと考えたきっかけだった。“彼らの想いをきちんと聴くという技術をもって聴いてあげたい。”そう思った。彼らと接すれば接するほど、彼らの将来が不安だった。仕事を離れた所で、今の契約が終わったら地元に帰って働く事を勧めた事もあった。彼らの立場は“期間労働者”。
その頃、ある大手企業の工場労働者採用に長蛇の列ができるという話を聞いた事があった。その企業は、期間契約社員として工場労働者を採用する。勤務形態は3勤3休。目標のある若者がそこに集まっていたそうだ。同じ工場労働者としての勤務でも、何か別の目標があって“手段としての非常用雇用の工場労働者”と“出稼ぎで工場労働者として働く”事が目的とでは、その将来は大きく違う。
フリーターという働き方。若者の中では認知されてはいるようだが、社会で認められているわけではない。その事に、早く気付いて欲しい。20代のうちは良い。フリーターという働き方を選択した結果、30代以降にその身に降りかかる現実に気付いて欲しい。
そして、生産調整の容易さという理由で請け負業者を利用する企業。フリーターを集め、請負社員として雇用する請負会社。そこに足を運ばないと仕事が無いという、若年層の雇用状況。
もうすぐ団塊の世代が次々と退職時期を迎える。若年層を正規雇用し、“育てる”事を怠ったツケは企業にもまわってくる。人材という知的資産は“育てる努力”から産まれる。人材を人財にする努力のできる企業体質の復活を望む。
NHK「フリーター漂流」

最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先見の明ですね (i-demo)
2005-02-09 10:01:02
 TBありがとうございました。

 いい番組という評判を聞いたので、見たら、確かに通常のフリーター像と異なる姿が描かれていて驚きました。

 そういうことに以前から気付いておられたというのもすごいですね。

 なんだか理念なしにいろんな問題を先送りにしている間に、日本という国がどんどん変わってきている感じがします。

フリーターの将来悲惨やで (厚焼き玉子)
2005-02-10 20:18:16
 フリーターを採用している側の論理のみ強調して

いたが、職種を3日間で変更と告げられた時、若いフリーター達の悲しさがひしひしと伝わって来た。

将来、彼、彼女たちが年齢を積み重ねていった時の、状況を想像すると恐ろしい気がする。

とてもじゃないが、わしは納得できん。

 採用側のみのメッリトを得意げにコメントしていた、

採用側企業の中年担当者の厚顔無恥、自分勝手論ぶりには、本当に怒りを覚えましたで。

フリーターをロボットと勘違いしてんのんと違うか、若者の将来はどうなってもええんか?

 フリーター側としては、なんとしても手に職を持ち、

間違っても派遣会社なんか相手にしたら、

あきまへんのや。

 

  怒りの 定年後数年の おっさん です。





解決策は (田村昶三)
2005-02-10 21:53:51
TBありがとうございます。

現実は1500万人の非正規雇用者と3500万人の

正規社員の綱引きではないでしょうか。

被雇用者はどうしても弱い立場です。



5000万人を正規社員にして、労働時間の長短

にする。賃率は全員同じにする以外には解決

できないと思います。



労働成果の正しい評価制度の確立も急がれます。

成果主義の賃金制度が無茶苦茶ですよね
ありがとうございます (reichan)
2005-02-12 00:13:03
みなさん、コメントありがとうございます。この問題は、本当に難しく、奥の深い問題ですね。非正規雇用はなくなることはないでしょう。ただ、人材サービス会社には、人をただのリソースとして横流しするのではなく、その人材サービス会社ならではの付加価値(教育)をつける努力をして欲しいと感じます。派遣会社だから、請負会社だから、人を供給すれば良く教育には関係ないというスタンスではなく。。。
両方とも (JOHNY)
2005-02-12 05:35:08
 こんにちわ。しっかり書かれているBLOGですね。

 さて、人材もしくは人財、これどちらも企業からの目線ではないでしょうか。

当事者としての労働者、生活者としての人としてはどちらも承服しがたい気がします。漠然とですが。



財のほうがよりいいのでしょうけれど。

偽装請負で働くぐらいなら (ポリテク生)
2006-03-11 23:02:29
自殺しますよ。そうだろう給料の半分搾取されて

働けというほうが無理。

今、必死で資格取得に励み。ちゃんとした会社に

正社員(最低でも契約社員)に就職します。

日研総業速く倒産してくれ