集団ストーカー対策ブログ

集団ストーカー被害を受けています。見知らぬ人たちの嫌がらせ行為によるダメージを和らげるためのアイデアを紹介します。

音送信による睡眠妨害と業務妨害に対抗する

2020年07月02日 | 対策
加害組織は音送信攻撃でターゲットの睡眠を妨害することがある。
特に翌日に顧客との打ち合わせなどの予定を控えているときに、ターゲットを睡眠不足にして翌日の仕事に影響を与えようとすることが多い。

先日も深夜に水漏れ音に擬態した音と悪寒の感覚の送信攻撃があった。
そこでパルス変調したマイクロ波と広帯域ノイズを組み合わせた妨害電波を発生させると、攻撃の勢いを弱めることができた。
何とか睡眠を確保して翌日の予定をこなすことができた。

加害組織が攻撃に使用する電波の周波数は幅広い範囲に渡るため、こちらも複数の周波数の妨害電波を組み合わせて照射すると、妨害効果を高めることができる。

他のテクノロジー犯罪被害者の方々のブログでは様々な周波数の電波による妨害方法が紹介されている。
加害組織は被害者ごとに異なる周波数の電波を用いて攻撃しているため、対策に有効な周波数も被害者ごとに異なると考えられる。

最近は在宅勤務で自宅で作業しているが、加害組織は近隣のリフォーム工事の音に擬態した音送信攻撃によって仕事を妨害してくる。
仕事の都合で取引先や他の事業所の同僚とのやり取りが増えているので、加害組織は警戒しているのだろう。
だが幅広い周波数の妨害電波を照射してやれば加害組織の攻撃を妨害することができる。

この記事についてブログを書く
« 痙攣や痛み感覚送信攻撃を妨... | トップ | レーダーセンサーで自転車に... »
最新の画像もっと見る

対策」カテゴリの最新記事