さくら工房の徒然日記

宮城・仙台・塩釜 リフォーム現場を実況中継。
スタッフが思いつくまま、気の向くまま。
住まいのあれこれ。

リフォームと「音」。

2018-09-13 16:59:51 | リフォーム

こんにちは。

寒暖差の大きい今日この頃。

みなさん体調を崩したりしていませんか?

なんだかくしゃみをしている方を多いような・・・

くれぐれも気を付けないといけませんね。

 

さてさて。

突然ですが、リフォーム工事ではじめにすることのひとつに

「解体」:かいたい があります。

新築では基本的にはない工事項目ですね。

この解体のときは、

普段耳にしないような「音」そして「ホコリ」が発生します。

TV番組で見たりはしていても、

実際とは大違い!とおっしゃるかたがほとんどです。

とくに、タイルの浴室を解体する際には、

けっこうな「騒音」となりますし、

木の壁や天井を落とすときなどは

「ばきばきーっ」という音とホコリが。

もちろん「養生」という作業によって工事区画を囲っては作業するのですが、

そうはいっても「音」は響いてしまいます。

わたしたちは慣れてしまっているので、ある意味「普通」に感じることも、

初めてのお客様にとっては、ひとつひとつがびっくりの連続でもあります。

そのひとつが解体時の「音」なんです。

「すごい音がしますよ」「けっこう大きな音がでますよ」「うるさく感じると思いますよ」と

事前にご説明はさせては頂くのですが、

それでも予想を超える音に驚かれる方も。

 

寒い暑い、静かうるさい などは、数値で表すことも出来ますが、

それぞれ感じ方によって違うものかと思います。

リフォームではお住まいになりながらの工事の方も多くいらっしゃいます。

音のことも含め、お客様の不安なこと、心配なことを

ひとつひとつお伺いしながら、

わたしたちは日々現場で作業をさせて頂こうと努力をしています。

 

宮城・仙台のリフォーム・耐震構法・SE構法の家は さくら工房㈱ 

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 久々の晴れ! | トップ | 秋はやっぱり、くだもの。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リフォーム」カテゴリの最新記事