さくら工房の徒然日記

宮城・仙台・塩釜 リフォームと新築現場を実況中継。
スタッフが思いつくまま、気の向くまま。
住まいのあれこれ。

ガスコンロ?IH?さてどっちにしましょう。

2021-04-23 12:37:51 | リフォーム

こんにちは、さくら工房です。

いいお天気が続いています。

が、一方で乾燥しすぎで・・・火事が増えているとのこと。

火の用心、ですね。

 

火といえば、キッチンの熱源

ガスか電気か、というところは

悩みどころのひとつです。

どちらがイイというものではないと、思います。

それぞれ長所短所あります。

そして、使うかたの好みもあります。

昨今はやりのキャンプでは「火をみると癒される」というお話しもきくように

わたしたしはあの揺れる炎が好きみたいです。

(でももちろん火事の炎は別ですよね)

焚火の火、コンロの火、暖炉の火。

炎が見えたほうがイイという方と、

断然電気のほうが安全で使いやすい、という方と。

様々です。

電気、IH調理器はその清掃性ではガスコンロに負けません。

なにせフラット天板。

お掃除が簡単ということは何にも代えがたいとも言えます。

操作部のパネルが天板にある場合、その素材と仕様はチェックをお忘れなく。

フラットな電子画面タイプのほうが、鍋底などであやまってこすっても安心。

ボタンタイプだと、どうしてもそこだけダメにしてしまいがちです。

 

お魚を焼くいわゆるグリル部分の性能も気になります。

というか、いまどきはもう魚焼きだけにとどまらず

まさにグリルという性能になっていますね。

一番嫌われる庫内の油跳ねも、専用の皿や鍋をセットできるタイプならほとんど気になりませんし、

そもそも庫内も凹凸が少なく拭き掃除がしやすくなってきています。

IHだとお魚がおいしく焼けないでしょ、とよく聞かれますが、

けっしてそんなことはありません。

サンマもしっかり焼き目がついてコンガリと仕上がります。

両面焼きでひっくり返すこともありません。

 

こうした高機能のコンロやIHは少しお値段は張るかもしれませんが、

日々の活躍頻度を考えると決して高価な買い物ではないのかもしれませんね。

とはいってお、お安いに越したことはありません!笑

 

みなさんはどちらがお好みですか?

最近では各社、アプリと連動したレシピで半自動調理ができるものもあります。

すごい時代になってきています。

うまく使うこなしてステキな#おうち時間を過ごせるといいですね。

 

コロナに負けるな!がんばろうニッポン!

宮城・仙台のリフォーム・耐震構法・SE構法の家は さくら工房㈱ 

公式HP 施工例ぞくぞく https://www.reform-sakurakobo.com/

スマホはこちら https://2019.reform-sakurakobo.com/


コメント   この記事についてブログを書く
« 圧巻の塩竈桜。 | トップ | GW期間中の営業についてお知らせ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿