さくら工房の徒然日記

宮城・仙台・塩釜 リフォームと新築現場を実況中継。
スタッフが思いつくまま、気の向くまま。
住まいのあれこれ。

おススメの床。

2019-05-04 18:19:10 | リフォーム

こんにちは。

あと残すところ3日。

GWは有意義に過ごせていますか?

普段だと3連休でも「すごい」という感じの日本ですが、

史上初?!の10連休。

いったいどんな結果となりますか。

分散休暇派としては、苦笑い、としかコメントのしようがありません。

 

さてさて。

コツコツと新時代を迎えていますさくら工房。

さすがに現場さんがお休みなので、少しゆったりモード。

強風も収まって、いいお天気につき、フロアのワックスがけが出来ました。

お天気と時間と、両方の都合がつかないと腰のあがらない作業のひとつですね。

さくら工房の事務所の床はメインでブラックウォールナットの無垢材をつかっています。

いわゆる「木の床」。

最近、某住宅メーカーさんで「チークの床の足音~ウォールナットの書斎~」なんていう

TVCMが流れていますが、あのウォールナットです。

くるみの木。

無垢材は節もあるし、湿度や気温によって伸び縮みもあるし、反るし。

でもそれが「アジ」だと感じることが出来るかたには、おすすめの材料のひとつ。

基本的に「座」の暮らし派の自分は、畳をぬかせば圧倒的に無垢材推し。

畳→無垢材→ウール100%のカーペット という感じです。

え~っ、いまどきカーペット?と、たいがい嫌そうな顔をされますが 笑

ウール100%、というのがミソなんです。

夏涼しく、冬暖かい。お値段は張りますが、それだけのことはあります。

足音も軽減されるし、なにより「座」にはもってこい。

ザ和の部屋は畳。

洋の部屋は無垢材に座るスペースだけカーペット、というのがマイベストです。

だって、冬はコタツが欲しいし 笑

どんなにおしゃれだろうが、なんだろうが。

自分のしたい生活っていうものがあるじゃないですか。

おしゃれ~っな空間もいいですけれど、心地いいや快適が大事だと思うんですよ。

 

宮城・仙台のリフォーム・耐震構法・SE構法の家は さくら工房㈱ 

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 青空の後半戦。 | トップ | 五月晴れ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リフォーム」カテゴリの最新記事