さくら工房の徒然日記

宮城・仙台・塩釜 リフォームと新築現場を実況中継。
スタッフが思いつくまま、気の向くまま。
住まいのあれこれ。

春といえば・・・模様替え!

2021-03-06 15:10:56 | リフォーム
春の模様替え。
 
少し暖かくなってくると、模様替えしたくなりませんか?
 
壁紙の張替え
 
畳や障子の張替え
 
そして、以外とお部屋のなかで面積が大きいカーテン類の交換
 
これらを変えるだけでもお部屋の雰囲気は大きくかわります。
 
大きさや形を変えることなく、手軽にイメージチェンジ可能。
 
もちろん、古くなったところを一新することも出来ますし、
 
近頃なにかと話題の抗菌やアレルギー対応素材を選ぶこともできます。
 
 
カーテンを変えよう、と思ったとき、みなさんはどうしますか?
 
ホームセンター、大型家具店、雑貨店、インテリアショップ、ネット通販
 
様々な選択肢があります。
 
さくら工房では建築の一環としてカーテン類ももちろん施工しています。
 
カーテン、と一般的に呼ぶことが多いかと思いますが、
 
いわゆるカーテン、生地の部分は「ドレープ」と呼ばれます。
 
それを吊るしているのがカーテンレール、またはカーテンポール。
 
同じ生地を使って、左右ではなくたくし上げるように製作したものが「シェード」と呼ばれています。
 
そして、それぞれ「シングル」「ダブル」とあり
だいたいはレース+ドレープかシェードという組み合わせです。
 
これに房掛けやタッセルといった小物がついて「カーテン」一式という感じでしょうか。
 
また、窓を彩るものとして「ロールスクリーン」や「ブラインド」もあります。
 
使い方や場所にあわせて選んでみるといいのではないでしょうか。
 
ロールスクリーンは例えばお部屋をスッキリみせたいとき、お勧めです。
 
もちろんロールスクリーンでも「ダブル」づかいが可能です。
 
現地で採寸し、オーダーでカーテンを製作しますので寸法ももちろんピッタリです。
 
※現地で採寸中の職人さん
 
既製品を買ってきたはいいけれど、レールが取付られない・・・
 
カーテンの長さがあわなかった・・・なんていうことありませんか?
 
既製品に比べればややお値段ははりますが、それだけの価値はあるのではないかと思います。
 
#おうち時間 の増えたいま、春の模様替えのひとつとして
 
窓まわりのこと、考えてみてはいかがでしょうか。
 
 
コロナに負けるな!がんばろうニッポン!

宮城・仙台のリフォーム・耐震構法・SE構法の家は さくら工房㈱ 

公式HP 施工例ぞくぞく https://www.reform-sakurakobo.com/

スマホはこちら https://2019.reform-sakurakobo.com/


コメント   この記事についてブログを書く
« 今月のブラックボードはこちら。 | トップ | シックな浴室まわりになりま... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿