さくら工房の徒然日記

宮城・仙台・塩釜 リフォームと新築現場を実況中継。
スタッフが思いつくまま、気の向くまま。
住まいのあれこれ。

いよいよ冬!といえば?!

2022-11-07 16:30:49 | リフォーム

こんにちは、さくら工房です。

立冬。
いよいよ、冬です。
ますます日暮れが早くなってきます。
夕暮れ時は、車の事故が多くなるとききます。
ライトの点灯は早めに、ですね。
歩行者側も反射板のあるものを身に着けるなど、工夫をしたいですね。


さてさて。
みなさんのなかでもクラシック好き、多いハズ。
これからの季節は年末にむけていわゆるシーズンでもありますよね。
日本ではとくに、なぜか年末=大工、じゃなくて第九 笑

仕事柄?!「だいく」を変換すると「大工」しかでてきません 笑

で、第九のほうです。
なんででしょうねーこれを聞くと年末感満載。
まぁでもいいじゃないですか。
気分があがります。
個人的な感想ですけれど、実際問題第九の第一楽章から第三楽章までは
ぶっちゃけ少々眠くなります 苦笑
なんなら第四楽章からでいいです・・・
でもきっと、そのちょっと眠くなる(失礼!演者がどうこう、という問題ではございませんので、あしからず)1~3楽章を乗り越えるからこそ
第四楽章の「私たちの音楽はこれなのだ、さあ歌おう」が生きてくるんだろうな、と。(たぶん・・・)
とくにクラシックに詳しくなくとも、CMや映画、ドラマで使われたりしていて
耳なじみのメロディがあったりしますよね。
間もなく開幕するサッカーワールドカップでも
オペラ「アイーダ」第二幕 凱旋行進曲 がよくつかわれますよね。

難しく考えなくとも、日常のなかにクラシックって
けっこうあるものかもしれません。

じっくり防音室で楽しむもよし
開放的な場所でBGMにするもよし
もちろん、生演奏を聴きに行くもよし
これからの季節はいずれにしても、なんとなくクラシック日和的な季節な気もします。
湿気を嫌う楽器がほとんどですから、実際、日本の夏場は演奏には厳し環境でしょう。

宮城・仙台のリフォーム・耐震構法・SE構法の家は さくら工房㈱ 
公式HP 施工例ぞくぞく https://www.reform-sakurakobo.com/
スマホはこちら https://2019.reform-sakurakobo.com/

#さくら工房 #見積相談 #リフォーム #リノベーション #戸建て #マンション #間取り #増築 #水まわり #SE構法


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 七五三の季節です。 | トップ | 暖かみのある和室へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿