代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

ポスト・グローバル時代の構想 -ケインズのバンコールの復活

2019年01月06日 | 自由貿易批判
 新年あけましておめでとうございます。
 遅れましたが、今年はじめての書き込みをします。
 
 年末の株価下落で、年金基金を運用するGPIFが14兆円の損失を出したと『しんぶん赤旗』で報じられている。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-05/2019010501_03_1.html

 GPIFの資金には限りがある。しかし、日銀マネーには限りがない。日銀は必死になって株価をもたせようと際限なく上場投資信託(ETF)に資金を注ぎ込んで、株を買い支えている。
 日銀の無制限介入という「生命維持装置」でかろうじてもたせている状態・・・。もはや日本経済はサイボーグ状態と言ってよいだろう。生命維持装置を外せば死亡する。
 生命維持装置のスイッチを入れ続けた場合、最後には円の暴落と悪性インフレが待っている。進むも地獄、引くも地獄だ。
 
 最悪なのは、安倍首相が政権を放り出し、野党にでも政権を押し付けたのちに円の暴落が起こり、その政権に責任を押し付けられることだ。この事態を招くのは安倍政権の責任なのだから、ちゃんと自分の任期中に破綻を迎え、自分の責任を認めた上で退陣してもらいたい。

自由貿易体制を終焉させること

 新自由主義のグローバリゼーションはもうじき終わる。カタストロフィの後の経済再建を考えることが、いまやるべきことだろう。

 年末にやっていたTBSの「報道の日2018」はすばらしかった。日米構造協議、日米包括経済協議、そして年次改革要望書と、米国のジャパンハンドラーたちの「日本破壊工作」を詳細に報じていた。
 ついにジャパンハンドラー問題が、マスコミ業界でタブーではなくなったようだ。本当は25年前から全力でこの問題を報じるべきだった。もはや手遅れであるとはいえ、それでも、歴史を総括し、次の時代を切り開くための意味はあろう。
 番組の中で、とくに印象に残ったのは細川連立内閣崩壊の真相である。当時、細川内閣は、アメリカから次の二点を要求されていた。
 
 (1)アメリカからの輸入額に数値目標を設定せよ
 (2)所得税を5兆円減税せよ(⇒ 金持ちを優遇して消費税を増税せよ)

 細川政権は、(2)を受け入れる代わりに、自由市場に反するとして(1)を拒否した。アメリカは(1)を拒否されたことで細川政権を切りにきて、また(2)による「国民福祉税」と銘打った増税政策に、国民が反発し、連立与党の一角だった社会党が離脱し、あえなく細川政権は崩壊に至った。アメリカの干渉がなければ、細川政権がもう少し延命できたはずであり、自民党政権が簡単に復活することもなかっただろう。本当に残念である。

 今更言っても仕方ないが、細川政権は(1)を受け入れて、(2)を拒否するべきだったのだ。アメリカからの貿易黒字なんて、所詮は米国債購入などでアメリカに還流するだけで、まったく国民生活の向上に寄与しない。
 
 日本政府が頑迷なまでに自由貿易に対する原理主義的な信仰を維持し、それを守るために、米国の他のすべての干渉を受け入れ、日本経済がもっていたすべての強みを失ってきたのが、プラザ合意以降の日本経済の流れである。
 
 貿易収支は均衡させるべきなのだ。たとえ、総量規制をしてもである。
 それさえ実施していれば、他のすべての米国からの干渉を跳ねのけることができたのだ。
 元外務官僚の藪中三十二氏は番組の中で、「日本の仕事のやり方、あるいは最終的には生きざままで変えろと、こういうのが向こうの(アメリカの)要求だった」と語っていた。
 「生きざま」の否定を受け入れても、貿易黒字が欲しいというのが日本の外交姿勢だった。 本来、日本の政治かたるもの、貿易黒字を捨てて、「生きざま」を守るべきだったのだ。

ケインズのバンコール構想を復活させる

 自由貿易体制は必ず貿易不均衡を累積させる。不均衡は、貿易摩擦を激化させ、恐慌の原因を生み、ひいては戦争の原因になる。
 第二次世界大戦のカタストロフィの後、イギリスのケインズが提案したのは管理貿易体制だった。国際精算同盟(The International Clearing Union)を設立し、国際的な輸出入を管理する。ケインズ案において、多国間の貿易決済は、すべて金とリンクした帳簿上の国際通貨バンコールで行われる予定であった。

 バンコールは帳簿上の仮想通貨であり、蓄積することはできない。よって貿易黒字のみに価値を追求しようという発想は生まれない。貿易黒字国にも赤字国にもペナルティが課せられ、過度な黒字や赤字を累積させることは不可能にするシステムであった。

 来るべき世界大恐慌の後、新自由主義のグローバルシステムは崩壊する。その後に構築すべきモデルは、貿易不均衡の累積を許さないケインズのバンコール構想なのだ。

 
ジャンル:
経済
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 水道再公営化を切望するイン... | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (12434)
2019-01-07 13:30:42
あけましておめでとうございます。2019年以降は良い時代になることを祈ります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自由貿易批判」カテゴリの最新記事