いつか来た道 迷い道、いつの日か。(ノД`)・゜・。

Welcome to Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

今日も水換え

2018年06月30日 | 日記
週一回の水換えも、負担なく出来るようになってきました。


週一回バケツ1個凡そ10Lの水換えで済ませてしまうペットの排泄物の処理は、他の生物と比べたらとてもラクなものだと思えるようになりました。季節的にも暑くなってきたことで、水槽いじりも抵抗なく出来るようになってきました。

ベランダ水槽531日目の様子

ついでに今日は、マツモの整理などして水槽内のスペースを空けてみました。マツモの増殖力は凄まじいので、絶やさない程度に残していこうと思いました。次はアナカリスの整理をしなくてはならなそうです。(-_-;)

きょうのジャギさま

本当に元気になりました。琥珀メダカ(それも半ダルマ体型)の丈夫さは特別な気がします。

日が長いといろいろすることが出来て水槽いじりも捗ります。(^_^;)
明日もミジンコボトルの洗浄など、やっていってみたいと思います。それでは!

犠牲を払っている?のかも

2018年06月29日 | 日記
昨日の代表の試合は、様々な感情と思惑が入り混じった、とても複雑で感慨深いものとなりました。

ポゼッションからのカウンターで招くピンチと言うお馴染みのパターンでは、やはり厳しかったのだと思います。なので西野監督の決断は相当胆の座った、下手に真似できない厳しい采配だったとも思います。

この試合に限れば、見たいと思っていた試合展開とは違いましたが、1次リーグ突破と言う目標に沿った合理的な作戦だったと、改めて認識せざるを得ません。楽しく美しいだけでなく、勝負の世界は厳しいのですね。(-_-;)

次のベルギー戦で、代表の真価が発揮されればそれで良いのだとも思います。厳しい試合になることが予想されますが、そんな予想を跳ね返し勝ち上がることを応援しています!

で、表題の「犠牲を払っている?のかも」ですが、最近いろんなことで後悔をしてしまう事も多く、些細な事を気にしすぎて大きな損をしたり。恐れるあまりに、より大きな犠牲を払うこともあるってことに薄々気づかされる機会が増えました。(^_^;)

部屋の片付けでも、勿体なくて捨てられない荷物に場所を取られて、思うように動きが取れなくなったりですね。そうすると、場所だけでなく時間まで犠牲にしていると言える訳で、そこまで行くともう大いなる人生の損失でもあるのだと。

なので無為無策は、多大なる犠牲を払わされる事に繋がる大問題なのかも知れないと、今頃?になって気付き始めたところなのです。

「片付けしないと人生損してる。」そう言い切れないことも無いのかな?と。分かっていても、なかなか上手く進められないですが、明日からもまた適当に頑張りたいと思います。それでは!


飼育水の傾向?

2018年06月28日 | 日記
新入りメダカの隔離水槽の飼育水が、濁ってて水換えしても取れません。(-_-;)

やっぱり、濾過バクテリアが圧倒的に不足しているのですかね。汲み置きの水以外は、水草(マツモ)1本と、他の水槽の飼育水をほんの少し足しただけだったので、当然と言えなくもないのですが。

ベアタンクにしておくのは、正しいと思うものの何故ここまで水が濁るかは、明確な原因も解決策も分かりません。

水道水の傾向と言いますか、水換えの度に白濁りするなどアクアリウムと相性が悪いような感覚は以前からあったので、今回も水道水が原因のような気はしますが、生体購入直後の状態観察も兼ねているので、濾材等を入れるのが面倒くさいというのもあります。

原因は、フィルターを使わないせいかも知れません。とは言え、発泡スチロール容器の繁殖容器は、適度にコケが生えるくらいでエアレーション無しでも白濁りはありません。

薄っすらコケが生えてくるまでの辛抱かも知れないのですが、飼育水の濁りは水質悪化の疑いが拭いきれないので、気掛かりではあります。底床掃除しても全然濁りは取れないので、しばらく様子を見るしかなさそうです。

大きなヒメタニシ1匹を投入してみましたが、水質急変したせいか元気が無くなってしまいました。

後は水草を変えるなどもありかもしれないです。水道水の性質は変えられないので、ちょっとした苦労は付き物のようです。これも合わせて水槽いじりのだいご味とも言えますね。(^_^;)

明日も適当に、いろいろ頑張りたいと思います。それでは!

アナカリスの花が咲いた。

2018年06月27日 | 日記
アナカリス、和名「オオカナダモ」?花が咲くと判ったのは、割と最近のことのような気がします。


カボンバ育成に挫折した今となっては、貴重な花の咲く水生植物となっています。あとは、ミニホテイアオイが花咲くか楽しみです。(^_^;)

貝堆石と石巻貝と「ジャギさま」

石巻貝と貝堆石ってのが若干シュールに思えたのでパチリ。偶然「ジャギさま」も寄っていて可愛らしい写真になりました。そして後ろに隠れて見えるのが、ゼオライトの玉です。

今日もいろいろ失敗などしてしまいましたが、明日からまたより一層頑張れますように、努力していきたいと思います。それでは!

黒っぽいマルコメダカ

2018年06月26日 | 日記
きょうは、メダカの受け入れ準備をしました。(^_^;)


背びれなしメダカです。怪魚っぽさが醸し出されて格好良いと思うのですが、あまり人気ないのか入手するのが難しい気がします。


受け入れは、プラケース中に汲み置いてた水と繁殖容器の飼育水少しと、マツモとミナミヌマエビ6匹、石巻貝とヒメタニシ1匹ずつを道連れとして入れたところに、1回だけ濯いだミジンコも入れておきました。

届いたメダカたちは、非常に元気でいきなりミジンコを食べ尽くしてしまったので、輸送後の負荷を考えるとマズったかなと思いました。まだまだ新入りメダカの導入が苦手です。(-_-;)

あまりきれいすぎてもダメだろうと思い、繁殖容器の飼育水を入れるにも汚れが多くなってしまったので、直ぐに足し水して掃除することになったり。なかなか難しいです。

トリートメント的観察と繁殖を兼ねての隔離水槽で、暫らくはキープしていこうと思います。

とは言っても自分のやり方が何か根本的に間違えているのか餌が違うのか?ウチのメダカと違ってやたら元気が良いので、クロレラ等導入すべきかとも思うのですが大変そうなので手が出ません。

明日からまた、水質の維持等頑張って管理していきたいと思います。それでは!