不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

底砂敷いたら水温上がった?

2017年11月30日 21時43分27秒 | 日記
室内40cm水槽の中に「湧水の砂XL」を敷いたら水温上がった気がします。LED照明の熱を蓄えているような気もしますが、ほんの少し節電に役立ちそうです。

もっとも水槽の置き場所がパソコンの近くで、排熱の影響もあり得るのですが、今日など天気が悪いにもかかわらず、水温22度をキープしてたようなので底砂と照明の関係が原因としか考えられません。

で、2日間「湧水の砂XL」を使ってみて気付いたのは、この砂利はLED照明の下でまるで陽だまりのように❔温かな水景を演出するように見えることでした。

不純物も僅かとは言えそれなりにあって、評判もさほど良いわけでもなさそうで、色味は明らかに茶系と白の明るさが目立つのですが、温かみのある普通っぽい感じが意外とよい感じで、メダカたちがリラックスして漂っているのが良かったです。

寒い季節だからこそ明るい色合いの底砂が良かったのかも知れませんが、定評ある別メーカーの製品と比較して割安感があって、買ってみて意外とよかった!というものなのですが、近いうちにレイアウトをし直すのが楽しみです。

2017年11月30日 木曜日 曇り時々雨
きょうまた見たら、室内40cm水槽の水温が22度もありました。ヒーター点かずにLED照明だけで?それだけ蓄熱するのか不思議に思います。


室内40cm水槽の石巻貝ちゃんも元気そうです。砂利の不純物である取り除ききれなかったような貝殻なども、古くて酸化の進んだ飼育水を中性に近づけるのに有効なのかな?とも思います。

ベランダ水槽221日目の様子

アナカリスが伸び放題で片付けられず、見ていても全く面白みがなくなりました。水作エイトコアも撤去しようか考え中です。ろ過を補強したところで、謎の大量死は防ぎきれるものでなかったようなので、安定を維持する為には生体をむやみに増やさないのが一番いいと思いました。

なるべく早く水槽のレイアウトをやり直したいのですが、本日ポイントの消化でタマミジンコをポチったので、届いてからついでに水槽をいじりたいと思います。それでは!

湧水の砂XLの感想

2017年11月29日 21時56分43秒 | 日記
室内40cm水槽の底砂に、湧水の砂XLを1kg位使ってみました。水換え掃除はせずに、砂利を10回ほど洗ってから手掴みで隅のほうにジャラジャラと撒きました。

青森砂からベアタンクのリバウンドで、近頃は大粒の砂利が使いたくて今度は「湧水の砂XL」を使ってみたのですが、良く言えば自然な感じで大小様々な種々雑多な砂利が混じっていて、別に砂をブレンドする必要もなさそうに思えるほど、粒の大きさがまばらでした。


気になる不純物は、厚手の貝殻とか角の丸くない砂利とコンクリートの極小さい欠片のようなのが、僅かですがありました。念の為に宝探しのように選別除去しておきました。


実際に水槽に撒いてみると、茶色系統の砂利が多く白い砂利と合わさって、結構水槽内が明るくなりました。

以前の大磯砂と比べると、自然な雰囲気は出ていて評価できるのですが、不純物の量は僅かではあるものの、粒の大きさがいろいろあって良くも悪くも普通の底砂という感じでした。

但し想像以上に明るい色合いで、写真に撮っても明るさ次第で実物より渋めに格好良く見えたりしてしまうので、この砂利の率直な感想は「想像以上に明るい色合い」ということになるかと思います。(^_^;)

メダカたちは、なぜかリラックスしてましたので、入れてみてよかったかな?と安心できて、使えないこともなさそうな砂利だと思いました。

有茎水草の重りとして使いたいだけなので、使い続けるうちに水質に悪影響などなければ十分なのですが、無造作な茶系の底砂という意味では使用する価値があると思いました。

無意識・無造作な感じのレイアウトを狙って造れたら良いのかな?なんて思っております。(^^♪

2017年11月29日 水曜日 晴れ
きょうは、暖かくて過ごしやすくて砂利をいじってみました。

水道水で洗った冷たい砂利を水槽に撒いたのに、夕方遅くになって何故か水温22度位とかあって、砂利がLED照明の熱を吸収しているか遠赤外線でも放出しているのか?と思うくらいでした。

大粒の砂利を選んだのは、掃除やリセット等のメンテナンス性を考慮しての事でもありましたが、掃除もなるべくならやりたくないです。と言いますか、40cm水槽は、小さくてプロホースで水を抜いたら終わってしまいそうでもありますね。

ベランダ水槽220日目の様子

アナカリスを束ねて片付けておきたいです。丈夫なのは良いですが、茶色く変色しがちなのが気になります。低水位水槽に適したレイアウトは、どうすればいいのかまだ分かりません。(-_-;)

全ての水槽のレイアウトをいじり直しておきたいのですが、次また暖かい日があったらチャレンジしてみようと思います。それでは!

ミジンコが殖えない

2017年11月28日 21時55分35秒 | 日記
寒さのせいかミジンコが殖え難くなってきたので、全ペットボトルを居室窓際に移しました。

昼間日が当たると結構暖かい窓際で、ミジンコの活性が上がることに期待しての措置なのですが、毎日餌として出せるほどは増えそうにないのが実情です。まるで観賞用にミジンコのボトルアクアリウムを細々と維持している感覚です。

爆殖させられなくて困ってしまいます。ボトルの洗浄と水換えなども試してみるべきかも知れないですが、面倒くさいですね。(-_-;)

2017年11月28日 火曜日 曇り時々晴れ
ベランダ水槽の枠フタのことで、作り方と材料を考えているのですが、まだ決まりません。近所のホームセンターで探すべきかも、まだ分かりませんが買い物ついでに見てきた方が良いのかも知れません。

ベランダ水槽219日目の様子

底砂とフィルターが詰まってきた為か?エアーリフトの勢いが若干弱くなってきた感じです。


ヒメタニシ?赤ちゃんの動きが何故か活発になってきたような気がします。

明らかにスネールと分かる極々小さな巻貝の仲間は、見つける度に除去するようにしていて、スネール駆除も日常化してきました。(-_-;)

いろいろと上手くいかない事は多いですが、あしたも適当に頑張りたいと思います。それでは!

れきLサイズと湧水の砂XL

2017年11月27日 22時34分30秒 | 日記
室内の40cmベアタンク水槽に敷く予定の砂利は、「れきLサイズ」と「湧水の砂XL」の2種類から選ぶことになりました。


「れきLサイズ」を太鼓鉢に敷いて気が付いたのは、ミナミヌマエビにあげた餌が砂利の隙間に落っこちてしまう事でした。なので、角の丸い生体を傷つけなさそうな砂利なのですが、残念ながら使い道が限られてしまうようでした。

「湧水の砂XL」は、大小さまざまな砂利が混ざっていてやや大きめの砂利が目立つといった感じです。色味は「れきLサイズ」同様に茶色系の砂利が多めというか、黒白赤の目立つ?昔ながらの大磯砂とは色調が違うと思いました。

値段は「湧水の砂XL」が安いと思いますが、水質に影響しないと書いてあった「れき」の小さいサイズを選ぶのもありだと思いました。折角なので、「湧水の砂XL」の利用方法を探ってみようなどと考えています。

粒の大きさは、「れきLサイズ」は明らかに大粒の砂利と言うか小さい小石のようで、「湧水の砂XL」は大小混合のやや大きめの粒が目立つ砂利という感じで、二枚貝の貝殻の欠片と思しき物が少し混ざっているように見えました。

定評あるエイエフジャパンの製品を選ぶのも安全パイかも知れないですが、リーフコープ?の「湧水の砂」がどういうものか?興味もありますので、近いうちに使ってみたいです。(^_^;)

2017年11月27日 月曜日 曇り
きょうは、宅配便のデジタル集荷を依頼して荷物サイズを自分で計ったよりも1サイズ低く発送されて、ちょっぴり助かりましたがビミョーなところで、逆もあり得ると思うと複雑かもです。(-_-;)

ベランダ水槽218日目の様子

どうしたものか、困った60cmメイン水槽です。


ミナミヌマエビ隔離水槽のミジンコは、捕食者が居ないので元気に泳いでいるようです。爆殖してくれたら良いのですが、ペットボトルのミジンコもなかなか殖えません。

まだまだ分からないことだらけではありますが、あしたもテキトーにミジンコの世話などしてみたいと思います。それでは!

物置にカメムシ

2017年11月26日 23時55分06秒 | 日記
この間、物置そばの壁に止まっていた大きな黒いカメムシが、物置の中の扉近くで蹲ってましたので、速攻ビニール袋に入れて屑籠の中で眠ってもらいました。(^_^;)

物置の扉には、隙間らしい隙間が無かったにも拘らず、何故潜り込めたのか不思議でならないのと同時に、間違って居室に入り込まなくて良かったと思いちょっとぞっとしてしまいます。(-_-;)

2017年11月26日 日曜日 晴れ
きょうは、夏のメダカ繁殖グッズを纏めて物置にしまいました。ミジンコのペットボトルは、居室のサッシ近くに移動しました。

ミジンコの増殖が難しくて、ペットボトルの汚れが?思うように殖えない原因の一つかと思えば、洗浄方法も気になって試行錯誤が続きます。

ベランダ水槽217日目の様子

相変わらず手がつけられない状態です。水草のレイアウトなど、いざ自分で作るとなると手間の割には、全然納得の行くものになりません。


ドジョウは、慌ただしく側面ガラスに沿って暴れたり、大人しく餌を探したりしています。


太鼓鉢で隔離中のポックス病?琥珀メダカは、人工飼料も元気に食べています。

あしたは、ちょっと慣れない作業もあり不安もありますが、全力で適当に頑張ってみたいと思います。それでは!