不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

発泡スチロール容器の撤去準備

2018年05月12日 21時47分12秒 | 日記
以前、病気のメダカ「ジャギさま」の薬浴中に、駆除され抜け落ちた?寄生虫が見つかった事から、隔離していた容器にも問題がある可能性も考慮して発泡スチロール容器を廃棄しようと準備を進めているところです。


ウォータークローバー・ムチカとミニホテイアオイと飾り石、水温計も取り払って残るはミナミヌマエビだけになりました。

画像にはないですが、レッドラムズホーンが音を立てて発泡スチロ―ルを食んでいるようでした。そのラムズホーンは、新しく水を張ったプラケース大に、一足早く投入してしまいました。

飾り石に何かやばそうな生物が?二種類くっ付いてました。

この赤茶色の軟体動物がゆっくり動いてるのは分かってたのですが、そのすぐ右に居る黒い点もよく見ると虫っぽく見えるので、ちょっとビックリです。取りあえずは除去しておきましたが、油断も隙も無いって感じです。(-_-;)

こうなると、漂白洗浄と天日乾燥を併用して安全に処分しようと思います。
問題はミナミヌマエビの親エビ&稚エビの救出ですが、一時的にプラケースに隔離観察して水換えを繰り返してから、本水槽に戻すか決めようと思います。

もろとも漂白洗浄するのがベストな選択のはずですが、そこまでドライになれずに悩んでしまいます。(ノД`)・゜・。

きょうの「ジャギさま」

泳ぎが苦手になった為か?ちょっかい出されて逃げる場面を多く見かけました。ストレス回避で隔離するのもありかも知れません。

明日は、発泡スチロール容器の洗浄まで進められればと思います。それでは!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« プラケのデンジソウ | トップ | 古水化と水草枯死に悩む »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事