いつか来た道 迷い道、いつの日か。(ノД`)・゜・。

Welcome to Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

ハートが強いなと思ったレフェリー

2018年06月20日 | 日記
昨日の代表戦は、初っ端から躊躇なくレッドカードで驚いたのですが、エリア内でのファールに対するカード発効の厳格化が、この大会では特に決められていたのかも知れません。

ですが、いきなりのレッドカードには、正直たまげました。(; ・`д・´)

その後の時間の使い方が、いつもの代表の試合を見ているような気がして心配でした。最少得点差を守り切れるほど余裕も無いと思ってましたので、時間の使い方を間違ってるような。

失点前のファールの判定では、VAR導入で疑惑の判定は減りはしても無くならないものだとつくづく思いました。レフェリーの裁量権の範疇と言っても、分かってはいても現実は厳しいとも思います。

この試合、選手はもちろんですがレフェリーも相当ハートが強いと思わせられた試合になりました。それと無駄ににやけてないのが良かったです。(-_-;)

終盤のびっくりバックパスにもたまげましたが、大迫選手が阻止してくれて命拾いしました。本当に、サッカーはエキサイティングな競技で最後まで気が抜けません。

まだまだ続くこの大会を テレビの前から一所懸命応援しながら楽しみたいと思います。それでは!