不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

デスっているミジンコ水槽1

2018年06月02日 21時58分23秒 | 日記
ミジンコ水槽でのミナミヌマエビの死亡が続いているようです。(-_-;)

普段は、ミジンコへの餌やりするだけで底床の観察までしていないので、ごくたまに見てみると最近では連続でミナミヌマエビが、複数匹沈んでいました。

水換えもせず餌やりしているのに何故か臭わない、良い飼育水が出来てると思い込んいでたのですが、ミナミヌマエビにとって過酷な環境に変化していたようです。


底床の泥には、ケンミジンコやミズミミズも多数いるので、メダカ稚魚に必要なインフゾリア類も多く居ると思うのですが、ミナミヌマエビが死ぬ環境と言うのがメダカにとって無害とは思えないので、大幅な水換えをしなくてはならないようです。

今年生まれのブラックパンダメダカ幼魚

一足早く?ミジンコ水槽2へと退避した格好になったブラックパンダ幼魚ですが、結局孵化したのはこの幼魚1匹だけだったので、だいぶ前から水質が悪化してたのかも知れないです。

きょうのジャギさま

ポックス病疑惑は、間違いだったようで本当にあれは寄生虫病の一種だったのか?今も一部に後遺症が残るだけで、ポックス病特有のコブは消えてしまっています。

何か疑わしい場合の寄生虫駆除のトリートメントは、必要不可欠だったような気がします。タイミングが遅きに失したものの、このタフな「ジャギさま」は生命を取り留めたので薬浴の重要性を知る教訓になりました。

いろいろ上手く行かない事は多くありますが、明日も適当に片付け等進めてみたいと思います。それでは!