猿田日記

レッド・ハッピネスの猿田大先生の日記

PKO参加の自衛隊の重装備化と軍需産業育成の巻

2016-09-19 19:54:34 | 報道/ニュース

此のPKOに参加する自衛隊の重装備化ですが、防衛装備庁の中長期の方針と流布されております。が、此の戯言ですが、自衛隊の自衛隊員の危険如きは知らんわなと成り果てており、要は命より軍需産業育成を優先しており、此の事で成長戦略の目論見もあるとなっております。防衛装備庁は重装備化の目論みですが、片や防衛省は取り敢えずは南スーダンへのPKOは今迄通りの拳銃等で重装備は必要ないとしておりますが、あくまで取り敢えずとなっており、防衛白書を捉えれば此の防衛省の重装備は必要ないも今だけと此れ又捉えておくのが其れ相当となっております。そんな訳で、1年前の戦争法成立でPKOにしても駆け付け警護如きのせんでもよい任務が自衛隊に付与され、憲法改悪絡みの戦争への更なる流れが構築されております。

今日は此処迄

次回を待て

P.S.

蓮舫代表が街頭演説で健全な野党が与党の暴走を止める等を述べております。が、健全な野党なら、辺野古新基地建設に反対をし、TPPも反対し、原発再稼働でも間髪入れずに停止としとかんと話にならずとなっております。更には批判から提案とも述べておりますが、此れもあれな話で、例えば憲法にしても対案を出す流れと成り果ててしまい、此の様な何でも対案の流れは、世間一般には対案云々と流布されております。云々の中には動物の名称と取り敢えずはしときますです。

ロシア下院選で統一ロシアが4分の3超の議席を確保となっております。其れにしても、プーチンさんの人気も衰えずの流れとなっており、国内同様奇妙な其れと成り果てております。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鬼平犯科帳1 第23話「用心棒... | トップ | 旗本退屈男を此れから視聴し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

報道/ニュース」カテゴリの最新記事