弁理士『三色眼鏡』の業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設7周年!
今後とも宜しくお願いします。

【農業知財/商標】プレスリリースのタイミング

2018年09月22日 10時18分07秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
雨が降り出しました@湘南地方です。
出張から帰ってまいりました。

さて、今日はこんな記事

(日本経済新聞より引用)
==============================
長野県のブドウ新品種、「クイーンルージュ」と命名

長野県は20日、県が開発した赤いブドウの新品種「ブドウ長果11(系統名)」の商品名を「クイーンルージュ」に決めたと発表した。皮ごと食べられ、種がないことが特徴。甘みも強く、アジアなど海外向けの県産作物の主力にしたい考え。県開発の品種としては初めて海外で商標登録を出願するなど、知的財産保護にも力を入れる。

==============================
(引用終わり)

長野県農政部のリリースはこちら
「シャインマスカット」「ナガノパープル」に並ぶ3本柱として期待されている様子。
「シャインマスカット」といえば苗木の流出が以前話題にもなった(例えばこちらの記事)。
現状国を挙げて農業知財の保護の警鐘を鳴らしており、今回の名称保護についてもそれに沿ったかたちと見て取れる。

参考になるなあ、と思ったのは、
1)出願の仕方 と
2)プレスリリースのタイミング。

1)指定商品を「果実」だけでなく、考えられる加工食品(加工果実、果実飲料)まで広げて保護している。
 また早期審査を活用できるよう、指定商品表記を審査基準に準拠したものにしている。
 早期審査も出願と同時に行っている。



2)プレスリリースが昨日2018年9月20日。
 商標登録されたのが2018年6月29日、公報発行日が2018年7月24日。
 まずは、きっちり登録されてからのリリースである、ということ。
 また異議申立期間は公報発行後2月であるところ、これもほぼ期間が経過した状態でのリリースである、ということ。
 リスクを極小化できている。

それにしてもこの新品種、糖度が22-23度とのこと。どれだけ甘いのか。
お取り寄せして食べてみたいものです。




コメント   この記事についてブログを書く
« 【商標】ファストトラック審査 | トップ | 【著作権】フラダンスの著作権 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

実務関係(商・不)」カテゴリの最新記事