中年親父があらゆる分野のニュースの感想を独自視点で綴るブログ

このブログでは、今世の中で何が評判なのか、オススメの体調管理の方法などもご紹介。
料理好きの妻の簡単レシピも公開予定。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近の安倍総理の国会答弁、「印象操作」という言葉はみっともないですね。

2017-06-06 11:24:51 | 日記

最近の安倍総理の答弁の中で非常に目立つのが、「印象操作」という言葉です。昨日の答弁でもかなりの回数を使ったと思います。これに関しては政権内からも批判が出ているようですね。

 

民進党などの野党側の質問に答えないで持論だけを展開するこの答弁の方法は、ちょっとどうかなって思います。東京では間もなく都議選が始まりますが、そうなればメディアの関心は東京都議選に移ります。

 

長年の政権運営の中で、その事は肌で感じるのだと思います。だからこそ、今のこの時期を何とかのらりくらりとやり過ごせば何とか政権を維持出来ると考えているのだと思います。

 

まあ、これはあくまでも個人の推測ですが、、、もしこの推測が当たっていたとすれば一国を預かる総理としては失格です。いくら今までは安定した政権運営を行っていたとしてもそれは関係のない事です。

 

そして、菅官房長官も、前文科省の事務次官の前川氏が出会い系バーに出入りしていた事を持ち出して、そういういかがわしい所に出入りしていた人間だから信用出来ないという始末です。

 

全く文章の脈絡がなっていないですよね。本当に国民の多くはそうは思っていないと私は思います。本当に無実だと言うなら、もっと正々堂々と論戦に挑むべきだと私は思っています。

 

そうしないと、安倍政権の支持率はますます下がっていくのではないでしょうか?支持率が下がっていくとまた選挙という話になります。しかし、現在の所まだ安倍総理の対抗馬が現れていないという現実があります。

 

また当時の旧民主党時代のように一年足らずで政権が交代していくような不安定な状態になっていくのでしょうか?そうならない為にも性根を据えて答弁して国民の信頼を取り戻して欲しいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これから数年後になくなって... | トップ | JR六甲道駅で爆破予告!い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事