中年親父があらゆる分野のニュースの感想を独自視点で綴るブログ

このブログでは、今世の中で何が評判なのか、オススメの体調管理の方法などもご紹介。
料理好きの妻の簡単レシピも公開予定。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これからの年金ってどうなる?

2017-02-03 13:25:29 | 日記


今回は私達の年代になるとすぐそこまで迫っている年金ってについて考えてみたいと思います。

政府は今後、年金の支給時期を70歳にまで延ばすと言われています。

もし、政府の目論見通りにそうなると、今後多くの高齢者がかなりの生活苦を強いられる事になります。

この10年間で少子高齢化は更に進み、年金制度を支える働き手は益々減っていきます。年金の支給時期を少しでも遅らせる事により、年金制度の破綻を少しでも先延ばしにしようとする愚策だと思います。

政府は今働き方改革と称して高齢者に生き甲斐を与えるという名目で企業に定年退職の年齢を引き上げるなどの取り組みをしています。

確かに、高齢者の退職年齢を引き上げるのは、メリットもあると思います。しかし、その裏には年金受給の時期を引き伸ばそうと言う意図が在ることも忘れてはいけない!

私の会社は、基本的には60才が定年です。ただ定年前に一定の手続きをすれば5年は延長が出来ます。

ただ、給与はガクッと下がります。約三割減だったと思います。今までと同じ仕事をして三割減と言うのは納得出来ないですね。

高齢者にやる気や生き甲斐を与えると言うなら、それなりの報酬、せめて今までと同じ給与を支払わないと延長しようと言う人はいないのではないでしょうか?

私は数年前から、定年した後の生活の為に色々と準備を進めています。

これからの厳しい社会を生き抜いていく為には、もっと一人一人が自立していく事が求められます。

企業で働く事だけを考えていては生き残れない時代がもう目の前まで迫っています。

あなたは、これからの時代を生きていく準備はしていますか?もし、まだならまだ間に合います。

今から勉強していけば何とかなります。希望を持てる未来にする為にも、今から少しずつでも構わないので進んでいきましょう!

そうでないと、毎日菓子パンを食べないといけないような下流老人になるかも知れません。

それだけは避けて通りたいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 恵方巻きって本当に必要なの? | トップ | 日本にとって、これから必要... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事