紅い日々を綴るチラシのうら

  暇になったと見せかけて、
  やること大杉ワロタの毎日。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネギま144時間目ネタバレ感想+その他

2006年07月26日 | ネギま&雑談
 どもども。マガジンを買いに自転車で出かけたら、不覚にも見事にコケました。かなり恥ずかしいです。



ちなみに昨日言っていた弁論文はほぼ完成。マジで泣ける話になってきた。嘘八百だけど


-----


オリコンデイリーランキング、7月25日付、フラゲ分で林原めぐみさんのmeet againは18位でした。

アニメイト効果も期待できると思うので、週間まで楽しみですね。


-----


はい、今日はマガジンの発売日。ということで、ネギまのネタバレ感想を書きます。炙り出しです。それでは、どうぞっ


-----ここから



ネギまを読む前に、涼風を何げなく読んでいたのですが、完全に意表を突かれましたね。


このタイミングで
乳首ですかっ!!油断してました。隣に親がいたので、肝を冷やしましたよ。


つかマガジンで乳首ってアリだったんですね。NGなのかと。何かの本で「ある程度人気が出てくると、そういう部分も担当さんが許してくれる」というのを読んだことがあります。マガジンの人気作品である涼風だからこそできた技かもしれませんね。



あ、あと、絶望先生の麻生大臣には不覚にも吹きました。



======


さて、ネギまの感想に入りましょう。赤松日記の18日に、減ページと書かれていたので、あまり期待していませんでしたが面白かったです。



最初のくーふぇの「いやーあのトリウマ(ry」という台詞にたいして、のどかの「あれはヒポグリフですー・・・」。


なるほど。たしかハリーポッターに出てきましたよね。ヒポグリフ。ここまで真似しちゃっていいものなのか。いや、実際にオーソドックスな生き物なんでしょうけど。



アスナが「フラれたばっかの憧れの人と闘わせるなんて云々」言ってますね。まったく気にしていなかったように見えたんですけど、気のせいだったんでしょうか。と、いうか、アスナのパニクってたんでしょーか。

で、何故後ろでくーふぇがほにゃーって怒ってるんですか?無駄に闘わせられたからでしょうか。それとも、乗りで?


で、現れたロリっ子猛獣使い。こういう方向に目覚めてしまいそうになりました。ぎりぎりで踏みとどまりましたけど。でも、これはツボですね。俺、だんだんヤバイな。まぁ、二次元だから許せるロリさなんでしょうけど。三次元のロリっ子は普通に無理無理。




夕映「修学旅行でアスナさんがいて無限鳥居の罠に捕まったという話を聞いたですよ?」


>えーっと、でもアスナ、ネギ、カモ、ちびせつなの4人は京都の時にまんまと幻術にハマっていましたが・・・・・
       (7月14日の日記より)


俺、ビンゴじゃないっすか。 これは設定ミスじゃなかったんですね。夕映の台詞は後付設定じゃありませんよね?ね?




と、ここで千雨が超現実的なことを言う。「こんな危険なことを、本当にやるのか」ということです。


千雨は一般人代表として、読者の我々が言いたいことをピンポイントに指摘してくれる、良い役です。

漫画を読んでいて「普通の女子中学生はここまでしないよな…」とか思っている読者のツッコミを見事に解消してくれているわけです。

そこで、ネギ救助隊達の決意を読者にも分からせたわけですね。


夕映の「退屈だが平穏な日常。興味深いが危険な非日常…」という台詞。俺がその場に居合わせていたら、「ハルヒ思い出した」とかいうツッコミをしていたと思います。あ、何の関わりもないことですが。これってハルヒネタ?とか思っただけです。


あ、ちなみに振り返ったのどかに萌え萌えでした



で、さっきのロリっ子は肉まん先生の娘ですか。ここでガンドル先生が言っていた「娘に嫌われるかも…」的な台詞の伏線を回収したわけですね。魔法先生にも子供がいて、そこは一般人と同じだ、と。。


登場した高畑先生に攻撃を仕掛けようとする一向ですが、タカミチはそれをヌルーしてくれます。いい人ですね。真の漢です。ボクシングかなんかの亀田とかいう奴、ああいうのは真の漢じゃないんです。つかニート君だろ、あいつ。



話がそれました、高畑先生がアスナにかけた「がんばって」という一言。それは、アスナの告白を退けはしたが、嫌いにはなっていない。それより、今まで以上の信頼関係を深めよう、というような意味合いが込められているのでしょう。


その後、タカミチが夕映とカモに頼んだ伝言も気になります。つか、肉まん先生は良い人だったんですね。感動しました。



=====


場面は変わってネギ先生。なんとか脱出することに性交・・・・げふんげふん、成功します。タカミチ(と肉まん先生)のおかげなのかもしれません。


そして、合流。久々の再開ですね。俺達からすれば1ヶ月ぶりくらいなわけですが、登場人物達にとっては、午前中別れて、午後合流した感じなんでしょうから、それほど長い時間ではなかったと思います。にしても、この喜び方は異常ですね。まるで1ヶ月ぶりの再開みたいに見えます



さらにネギとのどかのそれっぽい会話。これを笑顔で見ていられる夕映は、図書館島での例の事件以来、大きな成長を見せたようです。千雨は相変わらずツンデレですね。ツンツンのツンです。



ここで”仲間”と合流したネギ先生ですが、先週からしつこく言っている通り、時間がありません


カモ君の話によると、「世界樹の深部へと潜る」・・・・・。これは、どういうことなのでしょうか。


ま、まさか、もしかして、先週の日記に俺が書いた

>世界樹の残りカスの魔力でも使うつもりでしょうか?

この予想も大当たりですかっ!?俺凄くね?予言者だ。ノストラダムスの生まれ変わりだ!!


と、ここで今週は終わり。来週はこのタイミングで休載です。この「作者取材のため」っていうの、何処まで本当なんでしょうね。


=======


次に商品情報。

ネギゲーのタイトルが決定した、とのこと。


「ネギま!? 超麻帆良大戦 かっとイ~ン☆契約執行でちゃいますぅ」


だそうで。発売日は10月26日。ダイパーのちょうど1ヶ月後ですね。


・・・・・・えっと、で、何が出るんですか?「で、ちゃいますぅ(=違います)」じゃあ、ないですよね。まさか。



======


さらにオフィシャルファンブックの情報。タイトルはネギパ!


俺は図書館探検部のだけ買う予定だったのですが、「ノベル連載」なんていうコーナーもあって、そういうわけにはいかない仕様みたいですね。いや、図書館探検部しか買いませんが。


だって、15号も出るんですよ?1年以上かけて、7500円とか無理・・・・・


ちなみに、15号ということはキャラソンのあの構成ではないんですね。多分、刹那とかそういう重要な役所は1人で1冊になるんでしょうね。


さらに、一番見たいのが「小林ゆう画伯 "驚異"の描き下ろしイラスト」がつくらしいです。うーん、これは見たい。いや、図書館探検部しか買いませんが。




はい、ネタバレは以上!



------ここまで




はい、では今日はこのへんで。バイバイキーンっ!
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 7/25:ニュース更新 | トップ | タイトルを考えるのは大変だ。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ネギま&雑談」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

楓の ネギま!ニュース+144時間目感想ブログまとめ 「2006年7月26日」 (楓の箱リロLive対戦日記 あれ?購入日記かも)
・ネギま! ニュース●DS用ソフト「ネギま!?(仮)」の正式タイトル&発売日決定!『ネギま!? 超 麻帆良大戦 かっとイ~ン☆契約執行でちゃいますぅ』10月26日発売予定  今回も凄い名前だ●「ネギパ!」15ヶ月連続発売!! [東麻帆良駅 業務日誌]●スティ ...
ネギま!144時間目 「友情!勝利!再会」 (感想と考察) (趣味洋洋2)
今週はアニメ情報ではない、「ネギま!」関連の話が一杯でした。 まずはアシスタントまぎぃさんの日記にて。 先週あたり、各ブログを中心として考察等で話題だった、 「アスナに幻術がなぜ効いたか?」 「時間改変
魔法先生ネギま! 144時間目 友情!勝利!再会 (いけさんフロムFR・NEO RE)
新サイトでのスタートは来週からにしようと思っていましたが、来週のマガジン「ネギま!」が休みになるそうなので、繰上げでツッコミネタバレ感想を再開させようと思います。 先週、感想を休みましたが、内容は夕映っ