Woogie's Footie Seven Days

グランパス、アーセナル、ドラゴンズ、映画、旅行を中心に生活する人間のブログです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

LADDER 49 -炎のメモリアル-

2005年11月29日 | 映画日記
英語ではLADDER49が邦題では「炎のメモリアル」、、、。で、このタイトルを見たときに、昔マガジンで連載してた「め組の大吾」を思い出してしまいました。まぁ、消防士モノという関連だけでしたが。ちなみにこの映画もだいぶん前にアメリカで後悔されてた気が、、、。なんだか最近は、アメリカでの映画を見る環境が妙に恋しかったりもします。


で、内容ですが、もちろん消防士のお話。特に入り組んだ話でもなくて、現場で救出活動をしている中で、一人だけ取り残されてしまったホアキン・フェニックス演じる消防士が、消防士になった日からのいろんな思い出を回想しながら、映画は進んでゆきます。


やっぱり観てみて思うことは、例えば9/11の日に他人を救おうとしてWTCに踏み込んでいったNYFDの人たちそれぞれに、この映画で描かれてたような人生があったと思うと、本当に胸が痛むし、そういう勇敢な人たちの存在が、僕たちの社会を支えているんだと、本当に感じました。彼らはいつ崩れるかも分からないビルの中に、人を助けるというシンプルな目的のために、恐怖を押し殺して飛び込んでいって犠牲になったのかと思うと、本当に心が痛みます。


まぁ、これは9/11とは関係ない映画なのだろうけど、特にアメリカ人にとっては9/11以降、消防士という職業に対しての思い入れは強くなっているのかな、と思ったり。


単純だけど、やっぱりこういう人たちの存在を考える瞬間は必要ですね。僕が普通に生活を送っている一方で、こういう人たちが存在していること。これは忘れちゃいけないと思いました。


あと、映画自体もかなり泣けます、、、。
コメント (9)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« ナショナル・トレジャー | トップ | みんなで白クー »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (パステル)
2005-11-30 01:06:59
TBありがとうございます。

こちらもコメント機能がついているので

良ければ、遊びにきてください。



9/11は決して忘れてはならない事だと思います。

コメントありがとうございます。 (ウギー)
2005-11-30 07:49:11
パステルさん



コメントありがとうございます。そちらにも遊びにいきますね~。
Unknown (chibiaya)
2005-11-30 12:23:03
TBありがとうございます。

消防士とか医者とか救命士とかって、実際に自分がそれに関わる事故とか病気とかしないと、その存在の有り難さって気づかないものですよね。



でもちょっと、本当にあそこまで命懸けて助けてくれるのかな??なんて思ってみたりしてしまった私です…
素直に感動しました (けろにあ)
2005-11-30 20:53:41
はじめまして。

TBありがとうございました。こちらからも送らせていただきました。

ストレートなつくりの作品でしたが、素直に感動しました。

トラボルタ演じるケネディがつらい決断をする時は本当に切なかったです。

元の脚本(9.11前に書かれた)では舞台はN.Y.になっていたようですが、9.11のことを考えて、舞台をボルティモアに変更したそうですよ。



コメントありがとうございます (ウギー)
2005-11-30 22:49:49
chibiayaさん



たしかに、こういう機会がないと考えませんよね、こういう人のありがたさって。





けろにあさん



そうなのですか、知りませんでした。しかしボルチモアって選択がなんとも渋く、古いビルが多そうでなんともいえませんでした。ケネディの決断の場面は本当につらかったですね。
TBありがとうございます。 (ケイ)
2005-11-30 23:49:11
初めまして♪

TBありがとうございます。

こちらも TBさせて頂きますね。

9/11、及び消防士さん達には とても敬意を感じるのですが 映画の作りとしては 少し辛口の感想を載せてしまいました^^



 
はじめまして (maximum)
2005-11-30 23:52:59
TBありがとうございました。

本当に普段命がけでわれわれの命を守っている

人たちがいるということ、また感謝する気持ち

を忘れていました。

そういったことを思い出させてくれたこの映画。



TBさせてもらいます。

コメントありがとうございます (ウギー)
2005-12-01 08:06:40
ケイさん



たしかに映画の作り自体はアメリカぽくって、とっても粗かった気がします、、、。



maximunさん



テーマが本当に明確なので、見ていてメッセージも明確でしたよね。実際にこういうような職業の人の生活を見せられると、こういう人たちの凄さが分かりますよね。
トラバ有難う (m52387177)
2005-12-03 06:47:20
なかなかいい人間ドラマの作品でした

コメントを投稿

映画日記」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

消防士という仕事 ~LADDER49~ (Teddy\'s Note)
帰りの飛行機の話を書いていませんでした。酔っ払って飛行機に乗り込んだものの、何とか、1本だけ映画を見ることができました。見たのは、これまた予告通り、LADDER49。放題「炎のメモリアル」として今年の夏に日本公開だそうです。 若き消防士ジャックをホアキン・フェニッ
『炎のメモリアル』 (けろにあ・みだすのつぶやき)
勇敢に火災現場に飛び込み消火活動・人命救助を行う消防士の姿とその家族の不安や恐怖感をリアルに描いたヒューマンドラマ。 ビル火災現場で崩落事故が起こり自力で脱出できなくなっ
炎のメモリアル (MASAの部屋)
つい数時間前『炎のメモリアル』を見た。 人命救助に命をかける消防士の勇敢な姿を描
第30回 「炎のメモリアル」 ★★ (映画生活(独断と偏見))
 とうとう今日でブログをはじめて1ヶ月{/kaeru_en2/}  更新できない日もありましたがちょうじりあわせて今日で30作目。  はじめた当初はどうなるものかと思いましたが、どうにかこうにか。  コメント&TBしてくれた人のおかげでもあります。感謝です。  励みになり
「炎のメモリアル」 (爽やかに過ごしたい)
監督 ジェイ・ラッセル 脚本 ルイス・コリック 出演 ホアキン・フェニックス ジョン・トラボルタ 助けたい。最後の一秒まで、全力で生きるために。 9・11同時多発テロの現場で英雄的な活躍を繰り広げた消防士たち。 彼らに、心から 捧げたい・・・。 そんな
炎のメモリアル (本音de映画鑑賞記+α)
炎のメモリアル の映画鑑賞記(ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ) 故リバー・フェニックスの弟ホアキン・フェニックス主演。 消防士さんの話。 火災現場に一人取り残された重症の主人公消防士。 彼は薄れ行く意
「炎のメモリアル」見ました。 (自分勝手な趣味の部屋(2号室))
今日2本目「炎のメモリアル」見ました。内容は新米消防士のジョンは、ボルティモア消防署に配属され、現場での消火活動にあたるポンプ隊に加えられた。やがて署長のマイクによる厳しい指導のもと、待ちに待った初出動を命じられたジョンは、そこから着実に仕事を覚え、消防
炎のメモリアル (ももママの心のblog)
人を救うために命をかける消防士のドラマ。迫力ある火事のシーンも臨場感たっぷりに描かれる。 2004年 アメリカ ヒューマンドラマ、アクション 2005年12月5日 VTR 監督 ジェイ・ラッセル 出演 ホアキン・フェニックス(戦争のはじめかた、グラディエーター)、ジョン・
炎のメモリアル (青空のゆくえ)
最近、映画見るよりそれのノベライズを読むのにはまってます。 過去に紹介した三作品のうち2作品が竹書房のノベライズでした。 今日もノベライズです(汗 BOOK REVIEW 『炎のメモリ