赤いジダンのブログ

鳥やら虫やらのブログです。

Aleutian Tern

2019年06月02日 21時21分30秒 | 

アラスカ、アリューシャン列島、サハリンなどで繁殖し、フィリピン、インドネシアなどで越冬。春秋の移動時期に日本近海を通過するコシジロアジサシ。

先日、ジオロケータを付けた6個体の移動経路についての調査論文を紹介してもらった。

調査期間は2010年から2013年。

秋の渡りは日本海側、春の渡りは太平洋側を通過していることなどが示されている。

なにぶん英文でしかも長文なのでいちいち訳すのは大変なのでgoogle翻訳の力を借りてざっくり読んだだけだが・・・(^^;)

繁殖地と越冬地の位置関係からしても相当数が日本近海を渡っているはず。

図鑑には迷鳥や稀な旅鳥などと書かれているが陸に住む日本人にとって稀なだけで海の上では渡り時期の普通種なんだろうなぁ。

 

春の航路なら見るチャンスはあるだろうが問題は遠くに飛んでるのを識別できるかがポイントだろう。

 

今まで何度か観察機会に恵まれたが、流木が浮いてるとワクワクする。

次列風切羽縁の暗色斑が特徴的。

コメント (4)

OB会

2019年05月08日 19時40分09秒 | その他

2年ぶりに高校時代のサッカー部OB会があった。

今回で3回目。

1回目は5分で肉離れ離脱だったが2回目は何とか最後まで出来た。

3回目となる今回ちょっとは活躍できるくらいにしたい。

そう思って毎晩ジョギングして準備してきた。

が、頑張り過ぎたわけでもないのに何故かふくらはぎを痛めてしまった。

全く情けない。

整骨院に通って痛みはとれたのでできるかなと思ったが当日アップの時点で再発。

人数は11人ぴったりだったので抜けるわけにもいかず、結局立ってるだけのゴールキーパーをやることになった。

痛い足を引きずりながらも3本くらいはセーブしたものの3点取られて敗戦。

やはりもう無理の利かないお年頃。

やるからには常に体を動かしておかないと、と思う今日この頃。

 

 

コメント (6)

海鳥

2019年04月30日 23時01分05秒 | 

陸からスコープで数キロ先の飛んでるウミスズメとカンムリウミスズメを識別する際、まず何羽で飛んでいるかを自然に見る癖がついた。

ウミスズメは群れで飛ぶことが多い。時に20羽を越す群れになることもある。

それに対してカンムリウミスズメは自分の記憶する限り多くて3羽。(もしかしたら1度くらい4羽があったも・・)

1~2羽が最も多いと思う。

なのでまぁ4~5羽以上で飛んでいたらまずはウミスズメだろうと当たりをつける。

 

次に顔。

遠くても比較的わかることが多い。

この写真↑のようにウミスズメは下面の白い部分が頬に(首に向かって)食い込んでいるように見える。

 

それに対しカンムリは白い部分は食い込まず白と黒の境目は比較的直線的。↓

(飛んでる適当な写真が見つからなかったので浮いてる写真で・・・(^^;) )

これは結構遠くてもわかることが多い。

 

最近のバードウオッチングは圧倒的に撮影主体の人が多いが、識別にちょっとでも興味のある人は是非スコープ担いで海に出かけて欲しい物だ。(撮影は厳しいが・・・)

城ヶ島では毎年1~6月の第4日曜日、8:00-11:00に定例観察会を実施している。

何度か通ううちにだんだんわかるようになってくるので興味と根気のある人は是非。

通えば時に激レアに出会うことも・・・。

 

かれこれ自分もここに通い始めて12年目になる。

ここでライフリストが何種増えた事か。

海鳥はやっぱ止められない。

 

 

因みに今回の写真はすべて陸からではないので悪しからずご了承ください。

コメント (4)

今日の海

2019年04月28日 15時59分00秒 | 

最近腰が重くなかなか参加できていない定例観察会。

久しぶりに今日参加してきた。

1年ぶり、いや2年ぶりかも・・・

鳥のほうは低調だったが真っ白い富士山を眺めながら快晴の海はやっぱり気分がいい。

 

富士山をバックにカンムリウミスズメとウミスズメ。(メンバーのiさん作)

紙ねんど製らしい。ほぼ原寸大??

 

今日は全体的に鳥が遠く3~4km先のやつばっかり。

唯一浮いていて近かったウトウも1kmくらいの距離だったろうか。

なのでこんな写真を撮ったりしながらワイワイとやってきた。

 

さて、明日の船はどうなるか。

コメント (4)

微妙・・・

2019年04月21日 20時00分09秒 | 

先週カメラを落として保護フィルターを割ってしまい、保護フィルターのリングが外れなかったのでNikonショップ行って外してもらった。

マウントのゆがみ等も出ている可能性があるので点検しますか?と言われたが検査だけで5,000円以上かかるらしく、とりあえず一週間様子を見てみることにした。

幸いレンズは無事でAFも機能してるし・・。

 

そして今日撮った写真を恐る恐るパソコンで見てみたが・・・。

 

なんかシャキッとしないというか、カッチリ撮れてない感じは否めない。

でも撮れていると言えば撮れてる。

ん~~、微妙なところ。

もうしばらく様子見るか。

 

コメント (2)

またしても

2019年04月14日 21時40分23秒 | 

今日MFの森から田んぼに移動しノビタキを探そうとしていたら・・・、またやってしまった!!

 

ストラップからカメラが落下。

地面にレンズからガシャン!!

 

前回はアルミの接続金物が磨滅でちぎれて落下したが、今回は金具同士が外れた模様。

 

壊れても文句言えないくらいの値段で買ったとは言え外れちゃいけない部分でしょ、ここはっ!!

 

普段歩くときはレンズキャップはしないのだが今日はたまたまつけっぱなしにしていたので幸いにもキャップが緩衝材になってくれたようで、レンズキャップが落下の衝撃でめり込み保護フィルターを押し割る格好になった。

もしレンズキャップがなければレンズ本体まで割れていただろう。

 

でも光軸が少しずれたりしてる可能性あり・・・・

フィルターのリングがゆがんだのかいくら力を入れても保護フィルターを外せないので試し撮りが出来ない。

無事であってくれることを祈るのみ。

 

今日見たこの鳥は幸運の青い鳥ではなかったようだ。

 

コメント (6)

そろそろスギ花粉も終わり

2019年04月05日 22時02分33秒 | 

4月に入りニュースや天気予報でも「スギ花粉はピークを過ぎ、これからはヒノキが・・・」と。

自分は今のところヒノキはないのでスギが終わればひと段落。

それにしても今年はひどかった。

夜、鼻づまりで眠れず、朝、花水とくしゃみで目覚めていたのが今は嘘のように快眠&爽やかな目覚め。

生きている間に花粉症の特効薬は出来るのだろうか。

せめてヒノキ花粉だけは発症しないで欲しいもの。

 

 

さて、暖かくなってこちらもそろそろ終わりの時期か?

最初は行かなくてもいいかな、と思っていたけど場所を聞いてこれは行かないと・・・と。

何といってもここは毎年元旦に鳥見をするいわば第2のMFなので見そびれたら後で後悔するような気がして。(^^;)

 

狙いを定めて、

 

エイっと、

 

見事ガの幼虫らしきをゲット。

渡る前に動物性たんぱく質は重要!!

 

次見られるのはいつになるのか・・・。

 

コメント (2)

ゴミ拾い

2019年03月31日 16時32分14秒 | 

毎年恒例のMFゴミ拾い。

いつもは森の中に入るが今日は初めて駐車場裏の水路沿いを攻めてみた。

まあ出るわ出るわ・・・

駐車場の裏だけに不法投棄が多い事・・・。

時間をかけたらいくらでも出そうなほど。

来年はこちらに多く人員を配置するべきかも。

 

ゴミ拾い後、ちょっと鳥見。

ソメイヨシノにヒヨドリやメジロが蜜を舐めに集まっていた。

 

菜の花の向こうではチョウゲンボウがホバ。

晴れの予報だったけどAMは曇り空。

青空バックでなく残念。

 

ゴミ拾いのご褒美

 

三浦半島ではもうオオルリの第一報が。

今年の冬鳥は芳しくなかったので春の渡りに期待しよう。

コメント (10)

まだか・・

2019年03月17日 17時34分10秒 | 

もうそろそろかなと覗いてみたが・・・

実は沢山ついているけど。

うまく週末にタイミングを合わせてはくれないようだ。

まあ毎年のことだが。(^^;)

 

でも今日は普通種ばかりだが種類はそこそこいて35種。

オオタカがよく鳴いていた。

 

 

早く花粉の季節が終わってください。

コメント (4)

花粉が・・・

2019年03月02日 18時48分52秒 | 

先週から一気に飛び始めた花粉。

この時期の鳥見は花粉との戦いでもある。

晴れて暖かいのは嬉しいんだけど・・・

自分も水浴びして花粉を洗い流したい。

 

梅の花にカメラマンが集まっていると思ったらこんなのがいた。

へ~、知らなかった。

ラッキー!!

コメント (10)

寒い

2019年02月11日 18時51分17秒 | 

雪は積もらなかったがとにかく寒い3連休だった。

写真も寒々しいものばかり・・・

 

でもあと1か月もすれば春。

なんか時の流れが最近特に早い。

 

辛うじて撮れた1カット

 

コメント (12)

2019年02月03日 18時36分08秒 | 

家族連れの多い地元の公園。

小さな池にはカルガモ・マガモが合わせて40~50羽いて子供達がパンくずなどを与えている。

人慣れしたカモ達はそのパンくずに群がっている。

そんな池にこんなのがいた。

最初見つけた時顔をうずめて寝ていたが一瞬でこいつとわかった。

 

さすがにパンくずには寄ってこないが、周囲で子供が騒いでも平然と浮かんでいる。

こんな人との距離が近い池にねぇ~。

これが最近のトレンドか??? (笑)

 

しばらくしたらまた見に行ってみよう。

春までいてくれたら嬉しいけどねぇ・・・。

コメント (12)

山鷸

2019年01月26日 23時56分02秒 | 

関東では冬鳥のこの鳥。

夜行性なので基本的には日中観察しづらい鳥のはずだが、ここでは昼間も採餌行動が見られる。

こういう場所が各地に何か所かあるようだが、鳥にとっては日中でも安心して採餌できる最高の場所なんだろう。

バーダーにとってもありがたい場所である。

本来、日没後に塒から飛び立ち数キロ離れた草地などで採餌するらしいので一度夜間地元でも探してみたいものだが職質が怖くて踏み切れないでいる。(^^;)

コメント (6)

個人的北限記録

2019年01月22日 22時13分56秒 | 

埼玉県まで進出しているとは聞いていたが今まで埼玉で見ることはなかった・・・。

今日たまたま会社の戸田事業所に行った時非常階段にいるのを偶然見つけた。

すかさずスマホでカシャ!

埼玉とは言っても戸田はほぼ位置的に東京みたいなものだが。(笑)

でもひとまず個人的には埼玉初記録。

さあ次は是非地元で。

コメント (2)

瑠璃色

2019年01月14日 21時59分46秒 | 

人気が出るのは来年からか。

でもこれくらいの色合いって結構好みだったりする。

 

カシラダカの群れが一斉に草叢に飛び込んだので上を見上げたら案の定、、

 

アイススケート場はセキレイ達が占拠。

 

そろそろカモメを見に行きたいところだが最近特に腰が重くなってしまって・・・

今月中に一度は行きたいのだが。

 

コメント (6)