赤いジダンのブログ

鳥やら虫やらのブログです。

葦原

2017年12月21日 23時18分45秒 | 

先日ちょっと葦原を覗いて来た。

結構風が強く寒い。

期待した猛禽は種類が少なくミサゴとチュウヒくらいしか目に入らなかった。

撮るものないのでミサゴを撮っていたらなにやら大きめの鳥が2羽飛んでいるのが目に入った。

そして池に着水。

ヒシクイだった。

ガン類は今年全然見てなかったのでイヤーリスト+1はラッキー。

 

最後に灰色のタカでも見て帰ろうと思ったが暗くなるまで待つのも面倒臭くなったのでこれを撮って撤収した。

俗にいう「大陸型チュウヒ」ってやつかな?

多分メスad。

ところでそもそも大陸型ってどういう意味なんだろう。

亜種ではないし・・・

本来あまり冬でも日本に渡来せず通年大陸で生活をする個体群ってこと??

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強の成果は? | トップ | 迎春 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nori)
2017-12-23 14:34:10
ヒシクイさすがですね!
水面の青がすごいです。
大陸型チュウヒですか。
灰色みが目立つんでしたっけ?
たしかに大陸型って… 通年大陸にいるんでしょうか…。
Unknown (ジダン)
2017-12-24 00:35:02
noriさん、ヒシクイはラッキーでした。
ネットをいろいろ見てたら数日前に見られていたようですね。
チュウヒは変異が多くてどうも苦手です。
たまたま今回のは図鑑に同じのが載っていたので・・(^^;)
Unknown (moto8)
2017-12-25 08:24:05
予期せぬヒシクイ良かったですね!
こういうのは独り占めだし、うれしいですよね。
ハイチュウは飛びませんでしたか。
このタイプのチュウヒは近年日本でも北の方で繁殖が確認されているようです。
しかし広い芦原は気分がいいですよね。
Unknown (ジダン)
2017-12-27 11:10:10
moto8さん、ほんと予期せぬ鳥が出ると嬉しいものです。
オオヒシクイほどの大きさにもなれば猛禽天国にいても襲われにくいでしょうね。
ハイチュウは日没近くまで粘れば出たと思いますが諦めました。
昼間の餌捕りポイントでもわかれば今度そこを狙います。
Unknown (つばさ2号)
2017-12-28 20:32:12
こんばんは
晩秋までは時々葦原へ行きますが、さすがに
この時期になると足が向きません(寒い^^)。
タカ類やコミミは見たいですけど!

鳥は好きですが、昔1羽のメジロを十年飼って
いて遊び相手の友達感覚だったせいか、近く
に来ないと物足りないのです^^。
Unknown (ジダン)
2017-12-29 11:35:25
つばさ2号さん、冬の葦原は吹き曝しで寒いですよね。
でも待った鳥が出てくれると寒さも吹き飛びます。
コミミなんかは運がいいと目の前を飛んでくれたりします。
目の前に来ると結構迫力ありますよ~
こんにちは (41793310)
2017-12-31 11:36:06
昨年、ヒシクイを見に出かけましたが、見事にフラれたことを思い出しました・笑
大陸型チュウヒ、図鑑では目にしますが
意味を良く理解できていませんでした。
冬枯れの葦原、猛禽たちの飛ぶ姿を見に行きたくなりました。
今年は色々ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!
Unknown (ジダン)
2017-12-31 12:44:48
41793310さん、大陸型チュウヒって自分でもネーミングの由来がよくわからないんです。
普通のチュウヒも多くは北米大陸やユーラシア大陸で繁殖するので・・・
黒化型、褐色型などにしてもらった方が個人的にはスッキリするんですけどね~。(^^)

2017年もあっという間でした。
年とともに月日の流れが速いです。
来年は今年以上に有意義な年にしたいですね。
4さんも良いお年をお迎えください。

コメントを投稿