レコメンデーターNotebook

仕事・生活に必要な情報やレポートのノートとして使用しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほぼ日手帳2009(August 31 2009)

2009-08-31 14:44:04 | KOTOBA+HANASHI
「ほぼ日手帳」に息子の成長をみました。
「人生のピークなんて感じない人生を送りたい。
いともピークでありたい。
この手帳は自分が20才、30才になっても大事にしたい。
そして、この手帳を書いた中2の夏を決して忘れない」
―――読者メール『ほぼ日手帳CLUB』より

ほぼ日手帳2009(http://www.1101.com/store/techo/
コメント

ドラッカー名言カレンダー 2009-8-31

2009-08-31 14:40:54 | Business
マネジメントが変革と継続のバランスを実現する。

【Action point】
変革と継続の実現
変革の担い手となるために、イノベーションのプロセスを組織に汲み込んでください。

『創世の時』
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-33046-8
コメント

ほぼ日手帳2009(August 30 2009)

2009-08-31 14:33:38 | KOTOBA+HANASHI
私たちは、生きている限り、自分を表現する。
それこそ、きょう着るものから、発する言葉、行動や選択まで。
「自分表現などとくにしない」というのもその人の表現で、
私たちは、自分を表現して、その反応をあびて、徐々に自分を確立していく。
時間をかけて、「自分になる」作業というのかな。
―――『おとなの小論文教室。』より

ほぼ日手帳2009(http://www.1101.com/store/techo/
コメント

「その時 歴史が動いた」2009年週めくりカレンダー(8月第4週)

2009-08-29 11:52:19 | KOTOBA+HANASHI
過ぎし世は 夢かうつつか白雲の
空に浮かべる心地こそすれ
飯沼貞吉

---------
飯沼貞吉/いいぬまさだきち(1854-1931)
会津藩(福島県)の白虎隊中二番隊士。会津戦争で新政府軍に敗れ、飯盛山で自刃を図るが、生き残る。その後は、工部省技術教場に入所し、電信技士となる。通信省管理局工務部長となり退官。本人の遺言により、遺髪は会津・飯盛山にある白虎隊らの墓のそばに埋められている。
---------
1868(慶應4)年8月23日
白虎隊、自刃す
・・・・・・・・・・
幕末、幕府への忠誠心から新政府と対立した会津藩士・松平容保は、朝敵の汚名を着せられる。新政府軍が攻め入る中、飯沼貞吉ら年若い少年らで構成された白虎隊は、主君のために命を捨てる覚悟で出陣。しかし敗走し散りぢりになり、空腹と寒さの中で次第に孤立する。敵に背を見せることを武士の恥と信じる少年らは、撤退することなく主君の安否を確かめるべく城に向かう。だが、彼らが見たのは、炎に包まれた城の姿であった。会津軍が敵の進軍を妨げるために城下に火を放ったのだが、主君の最期だと感じた少年たちは自刃。出陣からわずか36時間、武士としての義を貫いた悲劇の最期であった。

新日本カレンダー株式会社(http://www.nkcalendar.co.jp/
コメント

ほぼ日手帳2009(August 29 2009)

2009-08-29 01:02:37 | KOTOBA+HANASHI
僕は、なんだかね、やっぱり
ちやほやされたい。
―――浜野謙太さんが『ザ・グレート・フリー』の中で

ほぼ日手帳2009(http://www.1101.com/store/techo/
コメント

ドラッカー名言カレンダー 2009-8-29

2009-08-29 01:00:35 | Business
仕事ができる組織は仕事を楽しんでいる。

【Action point】
機会志向型組織の特徴
仕事を楽しんでください。

「心の出会い」コンファレンス・ボード『アクロス・ザ・ボード』
リンクなし
コメント

転ばぬ先の睡眠学

2009-08-28 08:28:44 | Health Care+Medical
【カラダを言葉で科学する】
睡眠最貧国ニッポンはリスクだらけ
転ばぬ先の睡眠学~国立精神・神経センター客員研究員・白川修一郎(前編)

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090825/203336/

健康面で重要な役割を担っているにもかかわらず、なぜか日常生活では軽視されがちな睡眠。今回お話をうかがったのは、睡眠を研究されている白川修一郎さん。ビジネスに直接関係ないと思われがちな睡眠だが、実は深い結びつきがありそうだ。

-----
あなたが医者に「夜、眠れません」などと訴えれば、不眠症と診断されますが、これは病名ではなく診断名をつけるための、ラベル的なものです。

-----
眠りすぎはリスクの増加も
「健康被害がない」とされる睡眠時間の範囲は、6時間半から8時間未満です。アメリカのナショナル・スリープ・ファンデーションの報告では、睡眠が9時間を超えると生活面でのリスクが増加するとされています。

また、自殺や死亡のリスクが高まることも考えられます。とくに女性の場合、睡眠時間が9時間を超えると、死亡リスクが上がるという報告もあります。

9時間を超える睡眠が必要なのは、睡眠の質が悪化しているからです。顕在化しない疾病やリスクを抱えているから長時間寝る必要があると考えられます。

実際、強いストレスがかかったとき、不眠が最初に起こりますが、ストレスが続くと、睡眠時間が逆に長くなります。身体は、睡眠を長くすることで眠りの質の悪さをカバーしようとするのです。不眠と過眠は表裏の関係と思ったほうがいいでしょう。

-----
昼夜逆転だと回復しづらい心身機能
寝ようとしても、体温が上がり身体が活性化した状態で寝ることになるので、質の悪い睡眠しかとれません。しかも、自律神経が休息していないときに寝ようとするわけですから、生体リズムに齟齬が生じてしまいます。


日経ビジネスオンライン
コメント

新しい時代の、新しい資本主義をつくる

2009-08-28 08:22:08 | Society
【cisco ~日本経済、企業、再起への道標~ 社会を変革する強い個人・組織とは"】
人の持つ無限の能力に投資する次世代の資本主義
新しい時代の、新しい資本主義をつくる

http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/0i0h/103575/

米倉 誠一郎氏(一橋大学 イノベーション研究センター センター長・教授)
「3年、5年経ったら経済は元に戻る」という発想は、捨てた方がいい。今回の金融危機を契機に新しい時代が始まり、それに対応する新しい資本主義の構築が求められていると僕は考えています。
例えば、各メーカーが数千億円の投資をしたテレビ用などの薄型パネルは、価格競争が激しく、ほとんど利益が出ない状態です。消費者としては大歓迎だと思うかもしれませんが、一方で僕たちは生産者・雇用者でもあります。消費者が安さを求めるほど工場は海外に移転し、雇用も給与も減退して結果的に自分たちの家計も苦しくなる。これでは日本経済は縮小する一方です。
この流れを断ち切り、新しい資本主義を目指す。そのためには、もっと思考しなければなりません。参考になるモデルがどこかにあるわけではありません。自分たちで考え、試行錯誤しながら創っていかなければならないのです。


日経ビジネスオンライン
コメント

医療保険改革は政治改革の「鬼門」

2009-08-28 08:09:11 | Political
●古森義久:オバマ人気、急降下の理由
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090825/176276/

米国のバラク・オバマ大統領の人気が顕著に下がってきた。オバマ政権が今年1月に登場して以来、現状は同政権にとっての最も深刻な局面だといえよう。政治とは分からないものである。あれほどの高い人気、高い支持率を誇ったオバマ大統領にも、これほどの退潮があるとは、まったく予想をくつがえす展開だといえる。

そのオバマ人気の低落の最大の原因は同大統領が全力とも呼べるほどの熱意をこめて推進する医療保険改革への国民一般からの反対が広がったことが明白である。

医療保険改革は一貫して政治改革の「鬼門」だった
国民皆保険というのは、そもそも同じ民主党のビル・クリントン政権が発足当時の1993年、大統領夫人だったヒラリー・クリントン女史が必死になって、推進しようとした政治目標だった。政府の資金を投入して、国民すべてのための医療保険制度を作ろうというのは、米国のリベラル派の悲願ともいえる政策である。「大きな政府」の究極ともいえる制度づくりとされる。

nikkei BPnet(日経BPネット)

---------------
アメリカ人も変化することが嫌いなのか?
コメント

「まずは総論賛成」の文化を徹底

2009-08-28 07:53:16 | Management+Communication
【社長が語る「人材」の戦略】
◆会社の方向性を共有するために「まずは総論賛成」の文化を徹底
 エイトレント 中塚克敏社長

http://member.diamond.jp/series/jinzai/10010/


「まずは総論賛成」、そしてその中で個々の役割や義務がある。この意識の徹底が出発点です。

 エイトレントの営業マンを「エイトマン」と呼んでいます。エイトマンたちは、それぞれがお客様のニーズに最大限対応するために、自由にプラスアルファの提案を行なえます。

 たとえば、お客様から臨時の事務所に設置するデスクや椅子のレンタルの要望を受けた際に、そのオフィスに訪問し、他に足りないもの、たとえばコピー機などのレンタルも提供できますよ、といったように個々の裁量で営業を行なうことができるんです。


ダイヤモンド・オンライン
コメント