非国民通信

ノーモア・コイズミ

なんともお寒いスポーツ界

2008-01-07 22:51:05 | ニュース

清原、視線の先は格闘技…大みそか秋山KO負けに怒り(夕刊フジ)

 復活の舞台はどこになる? 左ヒザ手術からの復活に賭けるオリックス・清原が4日、自主トレ先のハワイに出発した。

 そんな清原の心を燃え上がらせたのが、大みそかに行われた格闘技イベントで三崎和雄にKO負けした親友の秋山成勲の姿。「すごくショッキングだった。ああいう時こそ、セコンドに入ってあげたかった。あれだけの大ブーイングの中でやっている姿。(鼻の)骨が折れる姿を見て、完全に戦闘モードに入った。オレもああいう舞台に立てるように、ハワイでしっかりヒザを鍛えたい」と、改めて気合が注入されたという。

 また、三崎がKOしたキックが、秋山が両手両足をついたときに放った反則である可能性が出てきたことに、清原の怒りは大爆発。「あの日は悔しくて、朝4時まで眠れなかった。三崎はリングに残って秋山に説教したが、ボクも言われた気がする。オレはいつ戦おうかな? あいつの顔面オレが蹴ってやろうかな」と、今にも秋山に代わってリングに立ちそうな勢いでまくしたてた。

 “Say no to racism”を掲げているのはFIFAですが、それは自らの社会的影響力を自覚した上での振る舞いでもあるでしょう。ブラッター会長などが足を引っ張る場面はあるものの、反レイシズムの姿勢は一貫しています。影響力の大きいスポーツを通じて社会に対して声を上げていくのも社会的責任の一つなのです。翻って日本のスポーツ界はどうでしょうか? 眼前の問題を正しく認識することで初めて、その問題に対処するためのスタート地点に立つことができますが、その段階にすら到達できているのかどうか……

 冒頭に引用した清原に関しては、「野球はどうした?」という印象がないでもありませんが、その清原が言及している秋山と三崎の試合は、間違いなく日本のスポーツ界の立ち位置を露わにするものでした。

 ここは格闘技ブログではありませんので、日頃格闘技を見ない方のために秋山選手を巡る今日までの経緯をざっと説明いたします。

2006年末、K-1主催の大会で秋山選手と桜庭選手が対戦、秋山が勝利
→試合中に桜庭が「(秋山選手の体が)滑る」と抗議
→試合前と試合後にレフェリーが秋山選手の体を触ってボディチェック
→特に滑るとは認められなかったため、その時点では秋山勝利が確定

後日、控え室撮影用のビデオテープをチェックした結果、
カメラの前で秋山が保湿クリームを塗っている場面が発見される(関係者が同席)
→秋山に対し「失格処分」と「ファイトマネー全額没収」の処分が下される
→その6日後、「無期限出場停止」という追加処分が下される

 基本的にK-1は倒れた相手選手の後頭部を殴るなどの反則行為には非常に寛大なのですが、秋山選手の場合に限り、例外的に「超法規的な」ペナルティが下されました。当時のK-1の公式サイトに記載された規則では、身体への塗布一切が禁じられていたわけですが、その罰則は以下の通りです。

第2項  塗布していることが確認された場合は、直ちに「警告」が宣告される。さらに、罰金としてファイトマネーの10%が没収される。

 つまりここでK-1運営側はルールを破っている、自らが定めたルールを無視して秋山を罰しています。これは喩えるならば、万引き犯に懲役20年と罰金300万円を課すようなものです(共に刑法が定める上限をオーバー)。しかもそれだけでは飽き足りず、6日後、何か新たな事実が見つかったわけでもないにもかかわらず追加処分が発表されました。これは当初の処分に「ファンが納得しなかった」という理由で下された二重の処分であり、これも喩えるならば、一度判決が下って刑が確定した受刑者に対し、何ら新たな事実が見つかったわけでもないにかかわらず「世論が納得していない」という理由で刑を重くするようなもの、甚だしいルール無視であり、この遵法意識の低さには呆れるほかありません。

 そもそもK-1における総合格闘技は常設ではないため、特別ルールと称して試合ごとに細則が変動されるもので、その内容が一定しません。総合格闘技の老舗であるUFCでは頭部へのワセリンの塗布が義務づけられるなど、クリームなどの塗布に関するルールも団体ごとに(K-1の場合は試合ごとに)異なります。撮影用のカメラの前で、関係者と談笑しながら堂々と保湿クリームを塗る秋山の姿から類推できるのは、その試合のルール(いかなるものも塗布禁止)が秋山サイドに周知されていなかったことで、それはK-1運営側の失態です。

 しかし、悪者にされたのは秋山一人でした。制度上の不備は問題にされず、ひとえに秋山個人の罪として、スケープゴートにされたと言えます。自称「ファン」もこぞって秋山を責め立て、差別発言を投げかける、K-1運営側もそのような状態に半ば荷担する形で秋山に罪を押しつけたまま、昨年末の試合へと繋がりました。

 で、どういう訳か秋山が負けてしまいました。まぁ、スポーツにはそう言うこともあります。それはさておき、清原も怒っているのが自称「ファン」の秋山へのブーイングと対戦相手の三崎の試合後の言動です。それはすなわち、

「お前は去年、たくさんの人と子供たちを裏切った。オレは絶対に許さない。でも、今日試合をして、お前の気持ちがオレにも届いた。だから、これからはリングの上でたくさんの人たちと子供たちに、誠意を見せて闘ってほしい」

「柔道最高! 日本人は強いんです! みなさん、10年間愛してくれてありがとうございました。オレはみなさんが大好きです!!」

 ・・・と。どうにも秋山を誹謗する側の一方的な言い分のみに依拠して人を断罪するようなスピーチには、思い上がりの他は何も感じることができないのですが、小物の捨て台詞はこんなものでしょう。それより私が問題視したいのは後半の方です。「日本人は強いんです!」だとか。これ、三崎にとっては毎回の決め台詞でして、他にも似たような決め台詞を持つ日本人選手はいるわけですが、そうは言ってもこの試合、日本人同士の対戦だったのですけれど?

 これがヨーロッパだったら、三崎は今頃檻の中でしょうね。でも日本では、この発言が全く問題視されていないどころか、主催者側も不適切な発言を詫びるどころかむしろ誇っているようで、三崎の発言を紹介すると共に「ファンの期待を背負った一戦は、見事なまでの大団円となった。」などと完全に肯定しています。これはひどい。

 この件は日本において「日本人」という概念がいかに排他的なものとして用いられているかを明らかにします。レイシストにとって日本人とは当のレイシスト本人が認めた場合であって、そうでなければ日本人とは認めない、「日本人」の枠から排斥しようとするわけです。試合会場はレイシストに制圧され、大会主催者もそんなレイシストを追い出さないどころか媚びを売る始末、そしてそれがレイシズムであることを認めない、自分達を正当化する、これが日本のスポーツ界の立ち位置なのでしょう。

 

 ←応援よろしくお願いします


コメント (12)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 死刑制度を巡る言論を読む | トップ | 他人にトイレ掃除させるのが... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
格闘技はよく分かりませんが (タクヤ)
2008-01-08 16:33:38
 人民裁判的傾向が強い国民性なのに、死刑制度が御好き。恐ろしい事です。
 死刑判決が増えているみたいですが、被害者感情を重視し、厳罰傾向が進んでいる事が背景にあるみたいですが、これも又おかしい事です。裁判所は人権保障の最後の砦のはずが、機能していないようです。
 少し話がそれてますが、なんとも変な国民性だなぁ。と感じたのでコメントを入れさせて頂きました。
Unknown (Bill McCreary)
2008-01-08 19:18:41
>日本人は強いんです!
これって、秋山がもと韓国籍だったことを念頭に入れた発言でしょうか・・・。だとしたら(たぶんそうでしょうけど)お話にならない差別発言ですよね。

昔、プロ野球なんかで国籍の野次がありましたが、さすがに最近はだいぶ無くなったと思いますけど、これは、主催者側の見識が問われるところです。今からでも遅くないから、TBSなりK-1には何らかの対応をしてほしいと思います。
Unknown (Unknown)
2008-01-08 20:37:36
秋山は在日ですよ
Unknown (非国民通信管理人)
2008-01-08 23:31:23
>タクヤさん

 まぁ、上には服従、下には横暴が国民性なのでしょうか。何か負い目がある人に対しては徹底的に人権を無視する風潮が目立ちますね。そういう世論の暴走があっても司法は公正でなければならないわけですが、それが「国民」のご機嫌取りに走るようでは……

>Bill McCrearyさん

 対戦相手の三崎は秋山に対する諸々のヘイトスピーチを完全に鵜呑みにしている感じでしたから、間違いなく国籍問題を踏まえた上での発言でしょうね。レイシズムに迎合した方がウケはとれる、そういう判断が働いているのかも知れませんが、これは見識が問われると言いますか、こんな差別発言をキー局が野放しにしているとは恥じるべきことのはずです。
Unknown (村野瀬玲奈)
2008-01-09 01:23:11
格闘技も個々の選手も知りませんでしたが、日本のスポーツ界はひどいところのようですね。というか、日本の社会全体の反映なんでしょう。

秋山選手に深く同情します。

差別的ヘイトスピーチの中に、「差別されるのがイヤなら在日韓国人は日本人に帰化すればいい」なんていうのがありますが、それが120パーセント虚偽だというのがよくわかります。
Unknown (こつじき)
2008-01-09 21:51:24
所詮、興行なので盛り上げるのは必要でしょうけどこういうことを平気で(たとえ無知であっても)するようでは格闘技の世界も外資が席巻するようになってもらいたいものです。
Unknown (非国民通信管理人)
2008-01-09 23:42:22
>村野瀬玲奈さん

 二重国籍を認めない排他的な国籍である日本国籍を、元の国籍を捨ててまで取得したとしても、それでも排除したい人は排除する、決して日本人としては受け容れようとしないわけですよね。国籍の違いによって区別されているのではなく、差別しようとする意図があるからこそ差別があるとうことなのでしょうか。

>こつじきさん

 いやはやまったく、盛り上げるためならレイシズムにも迎合すると言うくらいなら外資に買収されて欧米の人権概念を「押しつけて」もらった方が遙かに良さそう、そんな風にさえ感じますね。
記者会見 (Bill McCreary)
2008-01-23 21:54:58
この試合は無効試合になったみたいで記者会見が開かれましたが、なんか三崎の発言が語られなかったみたいで…。その件についての話が全くなかったかどうかは当方は未確認ですけど、繰り返しますが、三崎がどういうつもりで発言したかはともかく、この件については謝罪が必要でしょう。もう1月も下旬ですけど、本当に遅くないから、TBSとK-1,三崎は、きっちりと対応してほしいと思います。
Unknown (非国民通信管理人)
2008-01-23 23:44:02
>Bill McCrearyさん

 試合ごとにルールの変わる主催団体らしく、この試合では三崎の最後の蹴りがルール違反ということになったわけですが、何でも三崎が勝手に他団体と契約して、それで主催団体との関係がこじれたとか。これがなければ裁定の変更もなかった?

 とは言え、問題は疑わしい蹴りよりも、明白な差別発言の方ですよね。それが全く問題視されていないところに、問題の根深さを感じます。差別発言が禁止されていないなら、それで済まされるのかと、その辺の意識を問いたいです。
Unknown (非国民通信管理人)
2009-02-19 23:53:32
>mma loverさん

 屁理屈をこねて人種差別を正当化するようなコメントは公開しません。悪しからず。ついでに格闘技の常識の一つも学んでからどうぞ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

SAY NO TO RACISM/『拉致問題で歪む日本の民主主義 ~石を投げるなら私に投げよ』/「9条守ろう! ブロガーズ・リンク」 (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2006.7.8.16:30ころ 1) 「SAY NO TO RACISM」 と
スポーツの醍醐味と、レイシズム、マスメディア。「外国人の購読お断り」の北國新聞。ウェルカム、柳沢敦選手!! (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2008.1.9.07:50ころ 秋田豊選手の現役引退で、寂しい思いがしていたと
清原、視線の先には格闘技。 (JAOの趣味日誌)
清原、視線の先は格闘技…大みそか秋山KO負けに怒り(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース 番長こと、オリックス・清原が4日自主トレ先のハワイに出発した。 清原を燃え上がらせたのは、大みそかに行われた格闘技イベントで三崎和雄にKO負 けした親友の秋山成勲の姿、桜...