非国民通信

ノーモア・コイズミ

善良な市民

2011-05-01 22:58:37 | 非国民通信社社説

 戒厳令の布かれた後、僕は巻煙草をくわへたまま、菊池と雑談を交換してゐた。尤も雑談とは云ふものの、地震以外の話の出た訣ではない。その内に僕は大火の原因は○○○○○○○○さうだと云つた。すると菊池は眉を挙げながら、「嘘だよ、君」と一喝した。僕は勿論さう云はれて見れば、「ぢや嘘だらう」と云ふ外はなかつた。しかし次手にもう一度、何でも○○○○はボルシエヴイツキの手先ださうだと云つた。菊池は今度は眉を挙げると、「嘘さ、君、そんなことは」と叱りつけた。僕は又「へええ、それも嘘か」と忽ち自説(?)を撤回した。

 再び僕の所見によれば、善良なる市民と云ふものはボルシエヴイツキと○○○○との陰謀の存在を信ずるものである。もし万一信じられぬ場合は、少くとも信じてゐるらしい顔つきを装はねばならぬものである。けれども野蛮なる菊池寛は信じもしなければ信じる真似もしない。これは完全に善良なる市民の資格を放棄したと見るべきである。善良なる市民たると同時に勇敢なる自警団の一員たる僕は菊池の為に惜まざるを得ない。

  これは芥川龍之介が関東大震災の際に書き残したものです。芥川が皮肉を込めて「善良な市民」と呼んだ人々が震災の混乱に乗じて朝鮮人や共産主義者の虐殺に走ったことは夙に知られるところですが、関東大震災を上回る巨大地震を経た後の日本の状況はどうでしょう。朝鮮人虐殺の再現を夢見て、ここぞとばかりにネット上でデマを広めようとする動きも当初は散見されましたが、幸いにして所詮はネット上で虚しい頑張りを見せる連中が出ただけのことでした。では、「善良な市民」はいなかったのでしょうか。この「善良な市民」が単にレイシストを指すに過ぎないのであれば話は簡単です。しかるに「善良な市民」とは「善」の仮面を被っているからこそ「善良な市民」なのです。排外主義を焚きつけるための流言の拡散に失敗してネットの片隅に息を潜めているような人々ではなく、もっと大々的に活動している人々こそ「善良な市民」と呼ぶにふさわしいように思います。

 「善良な市民」とは芥川が明言したように、まず陰謀の存在を信じるものです。陰謀よりも好んで用いられるところでは、利権や既得権益云々でも良いでしょう。何はともあれ、陰謀なり利権なりの存在によって真実が隠され危機がもたらされていると、そう信じることが善良なる市民と云ふものです。付け加えるなら少くとも信じてゐるらしい顔つきを装はねばならぬもの、すなわち陰謀の存在を信じている人と肩を並べ、陰謀を信じている人の行動に水を差さないこと、それが善良な市民の資格と言えます。

 付け加えるなら、自らが「善」であることを信じて疑わないことも善良な市民の条件です。そして混乱に乗じて、自分たちが嫌っているもの、もしくは「悪」と考えている対象を攻撃します。ただ、それが純然たる攻撃でありながらも、あくまで自分たちの行為は「正当な防衛行動」であって、他者への加害となっている可能性を考えようとすらしないのも善良な市民の特徴と言えるでしょう。そして、こうした加害を「防衛」に置き換えるための大義名分として自らに迫り来る脅威の存在が強調されるところですが、実際のところ善良な市民の語る脅威とは思い込みに過ぎない、ただ世間一般で幅広く、「それは我々を脅かすものだ」という意識が共有されているだけだったりします。そして脅威だと思い込んでいる相手に対する「正当な防衛行動」のために善良な市民は立ち上がるわけです。

559■真実

助けてください 福島県南相馬市の 女子高校生です

(中略)

親友は今も放射能の恐怖と 戦ってます
だけどもう、諦めてました
まだ16なのに 死を覚悟してるんです じわじわと死を感じててるんです
もし助かったとしても この先放射能の恐怖と 隣り合せなんです
政治家も国家も マスコミも専門家も 原発上層部も全てが敵です 嘘つきです

(中略)

政治家はお給料でも 貯金でも叩いて助けて下さい
彼らの贅沢をやめて 被災者を生きさせて下さい

 上は、奈良県で開かれたイベントで読み上げられたという「福島の女子高生」からの手紙なんだそうです(引用元/改行が多すぎて読みづらいので少し詰め直しました)。少なからず怪文書じみたところがないでもありませんが(「女子高生」というアピールがあざとい……)、まぁ子供らしい文章と言えば子供らしい文章でもあります。「お給料でも貯金でも叩いて」「贅沢をやめて」という辺りはいかにも俗論をなぞった感があって辟易させられますけれど、子供の考えることだったらこんなものでしょう。

 「病は気から」という言葉もありますが、これは科学的にも概ね正しいと認められるところです。精神的なストレスは神経系を乱し、免疫機能を弱めるなど直接の健康不安要因ともなりますし、あるいはストレスから暴飲暴食や飲酒に喫煙など不健康な生活習慣に陥る人も出てくるわけです。夏の電力不足への対策として電力消費のピークをシフトさせるべく深夜労働の増加が予測されますが、この深夜労働が常態化すると前立腺ガンになる可能性は3.5倍、乳がんになる可能性は1.6倍、心筋梗塞になる可能性は2.8倍に増加すると言われています。これは放射線の影響など遙かに上回るものですけれど、公正を期すために付け加えれば、これは深夜労働に伴うストレスの影響を考慮に入れたデータでもあります。割に合わない深夜労働に追いやられ、昼夜の逆転した生活を強いられた結果として不健康な生活習慣を身につけてしまい、原発の近くで暮らすよりも遙かに高いリスクを負わされる、まぁストレスを甘く見てはいけないということです。

 この辺は原発関係でも普通に考えられることで、現にチェルノブイリの周辺地域でも「俺は被曝した、もうダメなんだ」と悲観して酒浸りの日々を送り、当然のことながら健康を害する人が少なくないと聞きます。「こうなったのも原発のせいだ」と糾弾の矛先を原発に向けるのは簡単ですが、ただ原発事故に遭ったからと酒に溺れなければならないというものではないはずです。もうちょっと前向きに生きる、すなわち健康的に生きることは可能であるように思われますし、それを周囲が支援することは闇雲に原発を罵ることよりもずっと、事故による被害を埋め合わせる結果に繋がるのではないでしょうか。加害者に厳罰を下そうと息巻くことばかりが問題解決の手段ではないですから。

 そこで南相馬市の「女子高校生」のことを考えてみましょう。曰く「放射能の恐怖と戦ってます」「もう諦めてました」「死を覚悟してるんです」「じわじわと死を感じててるんです」「この先放射能の恐怖と隣り合せ」…… 何もそこまで焦らねばならない状況ではないのですが、当人は本気で怯えているようで完全に諦めモードに入っています。将来的には落ち着きを取り戻し、この手紙が厨二病時代の黒歴史と化す可能性もありそうですが、一方で「自分は被曝したからもうダメだ」と勝手に悲観して自暴自棄になり、不健康な生き方に嵌る可能性もあるでしょう。そしてそうなることで、放射線の影響よりもずっと高い確率で健康は損なわれます。

 「政治家も国家もマスコミも専門家も原発上層部も全てが敵です、嘘つきです」と聞く耳を持たない様子です。ではこの「女子高校生」は、いったい誰の言葉に耳を傾けているのでしょうか。「別にそこまで悲観しなくても大丈夫ですよ」と説明する人はすべてが敵であり、嘘つきなのだそうです。その代わりに「福島はもう終わりだ、おまえ達は皆ガンになって死ぬんだ、もう助からないんだ、それもこれも原発のせいだ、東電が悪いのだ……」こういう言葉の方を真に受けているとしたら、自暴自棄になるのも当たり前なのかも知れません。でも自暴自棄になることこそ明らかなリスク要因であって、それこそ避けるべきことなのです。にも関わらず自暴自棄になる人々に向かって「おまえはガンになって死ぬんだ」「原発事故が起こったら何もかも終わりなんだ」と脅しをかけている人はいないでしょうか。こんな時、私は「善良な市民」の存在を思い出さずにはいられません。

 

 ←応援よろしくお願いします


コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 短慮 | トップ | 実は深刻な事態もあれば、過... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シトラス)
2011-05-02 15:09:54
被災地にいる人々はそれこそ震災のショックで恐怖とストレスにさらされているでしょうから、ネガティブな考えしか出てこないのは自然だと思います。
ただ、体感治安もそうですが人はなかなか「正しい情報」だけでは安心できないので、被災者には正しい知識で説得するより、カウンセリングの形を取った方が効果的かもしれませんね。
Unknown (非国民通信管理人)
2011-05-02 18:41:18
>シトラスさん

 とかく恐怖を煽るような言説の方が好んで信じられがちですから、そういう人に聞く耳を持たせるためには、相応の工夫が必要になってしまうところはあるでしょうね。ここで出てきた「女子高生」の場合に必要なのは科学的な「説明」ではなく精神面の「治療」と考えれば、学者ではなくカウンセラーが出なければならないのかも知れません。
Unknown (フルフル)
2011-05-02 19:56:38
私は精神面も勿論そうですが、科学的な証明が何より必要だと思います。

なんだかうつ病と似たようなものを感じます。
どちらも客観的に分かるはっきりした症状が出ないから、最終的には個人が判断するしかない。
病気でもないのに「自分は病気だ!」とのたまう人もいれば、今すぐ休養が必要なのに「医者が適当に言ってるだけだ。甘えだ」と思い込んで取り返しがつかなくなる人も居る。

うつ病に関しては近い未来、脳を調べれば病気か否かが科学的に証明できるようになるらしいですが、放射線に関しても、「検査の結果、あなたの被爆量は~シーベルトですので一切問題ありません」と答えが出ればこんなに恐れる必要もなくなるでしょう。
Unknown (非国民通信管理人)
2011-05-02 23:41:47
>フルフルさん

 本来なら、そういう用途でスクリーニングというものがあるはずなんですよね。しかるにスクリーニングの有無が差別に使われる一方で、スクリーニングを受ける本人は「問題なし」という診断結果を受け入れようとしないとしたら、これまた厄介な状態です。
Unknown (黒子)
2011-05-03 00:29:20
はじめまして。
いつも興味深く拝見させていただいていますが、注文したい点が一つ。
引用部分の字体が斜体で読みにくいです。もう少し読みやすい字体にしていただけると更にわかりやすいのですが。
時間を老いてでもいいのでゆっくり読んでいただければ幸いです。 (synaps dynamics)
2011-05-03 12:13:52
  民間に、これまで色々な多種さまざまな分野にわたって「権限委譲」をしてきましたが、まぁ、それだけ色々なプラスな面での効果は、あったでしょう。
しかし同時に、「格差」や「職員の人手不足」といった問題にも、事実突き当たることになりました。
前者だと経済での問題、後者はお年よりの介護や赤ちゃんの世話にあたる職員が不足している(給与が足らない・・・・など)など、ありますね。

  先日テレ朝の『ニューステ』で岸博之氏が、わざわざ民間面での成果が上がっている地域だけを、そっくりそのまま抜き出して
「これだけやってるから政府は手厚い援助はいらないんだよ」的なことを申されていましたが、はっきり言ってそんなことはないだろうなという印象を持ちました
その抜き出してょうそうされたほ憂そうでは、『たまたま』民間の自助努力で何とかなっているだけに過ぎないわけであって、ほかの地域ではまだ水や衣料品や医師不足、寝る場所、ですからしばらく住むことになるだろう仮眠施設や、地元経済の面では企業のインフラ面での深刻なダメージがあるといった内容など

まだまだ「官」が支援を徹底して行わなければならない分野は山ほどあるにもかかわらず「民間は~」などと言った氏の態度には怒りを通り越してあきれを覚えました。
けっきょく、意雨間の自分の痛切を押し通したい、飛車医者の、本当に支援を必要とされている人たちのことなんて、まるで考えてないんだと思いましたよ。

  どう思いますか?
氏の態度や氏を出演させたテレ朝について。
すいません、訂正です (synaps dynamics )
2011-05-03 12:23:46
>『けっきょく、意雨間の自分の痛切を押し通したい、飛車医者の、本当に支援を必要とされている人たちのことなんて、まるで考えてないんだと思いましたよ。』
 
 ↑ここを以下の通りで修正します。↓

けっきょく、今までの自分の通説を押し通したい、被災者にとって本当に支援を必要とされている人たちについては何にも言及されていませんでしたね。
あ~だこ~大割れる官ですが、その間の下支えがあるから、その民間の自助努力もなしえることを何で、わからないんですかね。
それこそ、子供に何って教えるんですかってレベルの話ですよ(笑い
解説を (馬鹿な私)
2011-05-03 13:40:27
>僕は菊池の為に惜まざるを得ない。
この意味が、いまいちわからない。どなたか解説お願いします。
Unknown (はぬる)
2011-05-03 16:29:31
私が住んでいる自治体が東北地方では先駆けて安全宣言をしたようですが、そのことに関して某掲示板では、
「何考えているんだ」とか「もっと慎重にやれよ」
といった意見が言われています。
まさにエントリーにある「女子高生」の様相ですね。
もちろん安全宣言がきちんとした検証を通しているものであることが前提ですが(とは言っても山形で放射性物質が検出された話はずっと聞いていない)、
この安全宣言に何やかや言っている方々は、どのような宣言なら納得するんでしょうか…

http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1304391612/l50
Unknown (非国民通信管理人)
2011-05-03 18:53:57
>黒子さん

 環境によっては読みづらい場合もあるかとは存じますが、引用であることを明示する場合の一般的な様式としてイタリックを使用しております。より利便性の高い描き方は検討いたしますが、当面は原稿の書き方にてご了承くださいますようお願いいたします。

>synaps dynamicsさん

 何か特定のものを持ち上げるため(あるいは貶めるため)に都合のいい例だけを持ち出し、そこから外れるものが蔑ろにされることは、残念ながら少なからずありますよね。結局、こういう状況もまた自説を押し売りする好機としか捉えていない人もいるということなのでしょう。

>馬鹿な私さん

 まぁ芥川なりの皮肉でしょう。「善良な市民」のフリをしてみる芥川が、「善良な市民」であれば菊池寛をどう考えるか、それを書いたものだと思います。

>はぬるさん

 結局、現政権の対応を否定したかったり、原発の影響を課題に見せたかったり、色々な思惑があるように思います。安全宣言とは反対に棄権宣言をやっても、やっぱり何やかや言い出す人はいるもので、まぁ世論とは実に扱いにくいものなのでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

非国民通信社社説」カテゴリの最新記事