非国民通信

ノーモア・コイズミ

大学院は修羅の道

2010-05-25 22:56:58 | ニュース

講師の「細切れ雇用」で、大学は教育できるのか?(日経BP)

 1コマいくらで、いくつ取れるか。大学の講師は究極の細切れ雇用にさらされている。

 「もう専任講師の道は諦めた」

 そう話すのは、第二外国語の非常勤講師、立石誠司さん(仮名、44歳)だ。誠司さんは早稲田大学を卒業後、大学院に進み外国文学を学んだ。修士課程で2年、博士課程は6年在籍して、所定の単位を取り学位(博士号)を取得せずに博士課程を修了する「満期退学」した時は31歳だった。

(中略)

 大学の職場環境は、年を追うごとに悪くなる。誠司さんは、週に3コマも授業のあった理系の大学での授業は3年前に打ち切られた。そこで6年教えていた間、入学生が年々減少していたため、大学間の競争と少子化の影響を肌で感じた。

 ある大学では、数年前に突然、報酬が時給計算に変更され、1コマ90分だった授業が70分に短縮され、その分の収入が減った。補修授業がなくなった大学もあった。全てコスト削減によるものだった。誠司さんの収入は年100万円減った。学会に納める数千円の会費さえも負担を感じる。

 私の専攻はロシア文学だったわけですけれど、博士号を取得した先輩方は皆、路頭に迷っていましたね。引用元で取り上げられている人にしても第二外国語の講師であって、本来の専門であるはずの文学の講師ではない辺り、現状をよく表しているように思います。私も文学の知識を生かせる職に就いた先輩は見たことがありませんが、語学を生かした仕事(たとえば「外国人芸能人招聘業」とか)に就いた先輩は少数ながらいますので。語学はあくまで文学研究の前提知識に過ぎないわけですけれど、文学研究者にとっては語学くらいしか売り物がないのです。

 そのような状況下、博士課程を修了したとしても、専任講師として就職するチャンスが少なく、非常勤講師として働かざるを得なくなる。関西圏・首都圏大学非常勤講師組合などが2005年度に実施した、第3回「大学非常勤講師の実態調査」(回答数1011人)によると、主に大学の非常勤講師を職業とする「専業非常勤講師」の平均値を見ると、年齢は45.3歳で3.1校で勤務。年収は306万円の一方、44%の人が年収250万円未満だ。半数の非常勤講師が「雇い止め」の経験があるという。

(中略)

 さらに、国立大学の元理事は、こう話す。

 「大規模大学以外の大学の経営は厳しい。特に、国立大学は毎年1%の運営費交付金を削られ、人件費に手をつけるしかなくなった。定年退職した教員の後任は補充せず、専任講師の講座は徐々に非常勤に置き換えた。非常勤の単価も3割カットした。事務職は派遣社員で賄っている状態で、正職員採用にしないよう3年経ったら入れ替える」

 前にも書いたかも知れませんが、私の指導教官が定年を迎え退官記念パーティが開かれた時のことです。そこに招かれていた講師の方が、退官する先生の思い出を語るスピーチの最中に「自分も今期限りで契約を打ち切り、これでお別れなのですが~」と恨み言めいたことを満座の前で口にしていたのを今でもはっきり覚えています。引用記事の引用しなかった部分でも触れられていますが、大学のポストは「コネ」が重要、力のある教授のツテがあれば講師の口は回ってくるものの、その教授が定年を迎えた途端に大学側から切り捨てられてしまう、そうした現実もあるわけです。ちなみに雇い止めされた講師の後任は元より、退官した教授の後任すらも補充されませんでした。

 まぁ大学に限らず、経費削減となると真っ先に手をつけられるのが人件費です。営利企業であれば売上を増やすなどの前向きな対応も可能なのでしょうけれど(もっとも大半の企業は成長よりも経費削減による利益確保を是としているようですが)、大学の本分は利益を伸ばすことではありません。金儲けを考えないのであれば、削られた交付金の分だけ「削りやすいところ」が削られることになる、そうした中で人件費が削られ、教授も講師も事務員も圧迫されているわけです。ムダを削る、みたいな発想の元では必然的に、「人」が蔑ろにされる環境(人からコンクリートへ?)が作られていきます。

 文科省の「民間企業の研究活動に関する調査報告」(2009年度)によれば、ポスドク経験者の研究開発者としての採用実績は、「毎年必ず採用している」はわずか0.7%。「ほぼ毎年採用している」(1.7%)、「採用する年もある」(10.9%)を合わせても13.3%に留まる。「全く採用していない」は67.8%に上った。博士課程修了者の過去5年の採用実績は、資本金500億円以上の大企業が積極的だが、その雇用の受け皿も限界がある。ある大手製造業の人事部は「不況でも理系の研究者なら採用するが、新卒で一から育てたい」と話す。文系では、より状況が困難になる。

 これも大学関係に限りませんが、企業は「新卒で一から育てたい」というのがポイントですね。「いつまでも学生気分ではダメだ」みたいな物言いからもわかるように、日本企業は企業社会の外で身につけたものを否定する傾向があります。とりわけ「学校で習ったもの」に関しては全否定したがるのが日本の会社というものなのではないでしょうか。だから大学院で専門的な研究を積み重ねてきた人よりも学部の新卒が歓迎される、他企業でキャリアを積み重ねてきた人の転職は歓迎されるが、大学院や専門学校などで勉強していた人の中途入社は門前払いみたいなことにもなるわけです。

 言うまでもなく学部でも4年間しっかり勉強してきた学生より、勉強は最低限に止めて就職活動に邁進する学生の方が企業からは好まれるものですし、高卒の場合でも商業科や工業科など、職業訓練に近いものを経験してきた生徒が企業から厚遇されているかと言えば甚だ疑わしいところです(就職率は高く見えても、入社後のキャリアは必ずしも……)。結局のところ、日本の会社は会社の「外」で身につけたものを評価したがらない、とりわけ学校で身につけたものを評価したがらないわけです。会社の与える教育を絶対視し、会社の外で得たものは「社会人になる」過程で捨てさせようとする、そうした社会では博士課程修了者など年増に過ぎないのでしょう。高等教育を軽視する社会や政治は、高等教育を軽視する労働環境のたまものでもあります。

 

 ←応援よろしくお願いします


コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 下手なやり方 | トップ | キャリア教育は遅ければ遅い... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
滅び行く大学への哀歌 (不備)
2010-05-26 01:43:46
 業績主義・結果主義が叫ばれたため、確かな業績を挙げる優秀な研究者が増えました。そして専門知識と矜恃の高さから、授業の評判も良く、公共機関での講演等アウトリーチ活動まできちんとしている、しかし専任の職は得られない、という人ばかり。業績を挙げるために必要な学会会費・参加費・旅費や研究に要する諸費用もばかにならず、収入は減り、とワーキングプアそのものですね。加えて、ポスト自体が次々消える。せっかく業績を社会に還元する機会が、どんどん奪われているわけです。
 一方でTVアナウンサーやコメンテーター、元高級官僚、元知事・市長といった人たちに客員ではない「教授」職があてがわれます(客員のときもありますが)。現場を知っている人の体験や指導は確かに学生に役立つこともあるでしょうが、こういう人たちにこそ「非常勤」でお願いするべきです。彼らはTVには出ても、学生指導は基本的にしませんし。学術研究を継続して日本の研究教育過程を進展させ、学生の教育カリキュラムや高等教育・人材育成を担うための専門教育を受けた博士課程修了者たちにこそ、講師で良いからまずは専任職を与えるべきです。コスト計算すりゃ、TVタレント・元高級官僚の教授一人分で、福利厚生含めて専任講師3人ぐらい雇えるはずです。
 大学院はカルチャースクール、学部は就職予備校。全面的にそれを否定はしませんが、では専門家がついにいなくなったら、大学は今度は何として残るのでしょうか。それとも、日本は高等教育すらもコスト至上主義によって「コストに合わず、不要・廃止」と事業仕分けされてしまうのかも知れません。例によって、誰も得をしませんが。
もう、大学はダメだろうなあ (amo*amas*amat)
2010-05-26 17:23:10
大学の非常勤講師は今のところ直接雇用ですが、将来的には派遣社員になるんじゃないかと思っています。あんまり詳しくないんですが、既に高校の講師には派遣社員の人がいますから、法律的にも問題ないような気がします。
求人広告に『講師職、卒研対応できる人大歓迎!』見たいなコピーが出るのも時間の問題ではないでしょうか?それはそれでちょっと見てみたい気もしますが…。
Unknown (非国民通信管理人)
2010-05-26 18:55:23
>不備さん

 仕分け人みたいな無知の素人が相手にも理解させやすい成果を上げられる分野であればまだマシですが、私の選考である文学なんてどうにもならない世界ですからね。ムダと見なされて削減されるばかりですよ。「企業で成功した人」なんてのが教授として招かれるなんてことも私の在学中辺りから急増しだした気がするのですが、まぁ研究/教育機関としての大学は瀕死の状態です。

>amo*amas*amatさん

 仮に法律上の問題があっても、黙認されたり、あるいは規制緩和で追認されたりする可能性もありそうですね。大学でも雇われる側は圧倒的に立場が弱い、「代わりはいくらでもいる」状態ですから、講師が今以上の使い捨てになっても何ら不思議ではありませんし。
ロシア文学! (最下層公務員)
2010-05-27 19:36:05
スレッドと関係なくてまたまた申し訳ないです。
ソ連崩壊の前後に旅に行きました。その際、少しロシア語を勉強しました。付け焼き刃ではとても歯の立たない面倒な言語ですね。発音はそれほど難しくはなかったんですが、なにせ活用って言うんですか、あれがどうにも、、、、。

本題の方ですが、ソ連が崩壊した当時、国の体裁も崩壊してしまい、私の行ったシベリアではマフィアが政府の肩代わりをしていた有様でしたね。
社会基盤の現状は今もあまり変わっていない様ですが、すぐにお金に換算できない社会にとって必要なモノに対して、まだロシア人の方が理解してるのかなと思ったりします。
お話しの講師達が受けていた収入って、一帯何処に行ったのでしょうか?
Я не понимаю
私のこのPCはロシア語が打てる様になってるけど、対応表をなくしてこれを打つのに10分ほど掛かっちゃいました。
Unknown (非国民通信管理人)
2010-05-27 23:19:58
>最下層公務員さん

 活用(格変化)の多さが、ロシア語の敷居の高さになっているところはありそうですね。単語の「格」がどうなっているかを丁寧に見ていけば文意は明らかになりやすい、あまり得意でなくても時間をかけて調べていけば割と正確に読解できる言語でもあると思うのですが、会話ともなると手が回りませんでした。

 ロシアではソ連崩壊と共に公共サービスも壊滅的な状態に陥って、「昔の方がマシだった」とばかりに共産党の支持率が盛り返すこともあったようですが、日本もどうなんでしょう、教育も含めて公共サービスが本当に崩壊するまで、その価値に気づかないのかも知れません。
Unknown (princessmia)
2010-05-29 07:25:37
「四年間勉強してきた学生」の道を進んでいる私は就職活動を考えると、とても不安です。企業に迎合したくないです。
Unknown (非国民通信管理人)
2010-05-29 15:17:06
>princessmiaさん

 何かとつらいところですよね。大学で4年間学んできたものを評価するような体制がない、むしろいかに企業に上手に迎合しているかを問われる有様ですから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

NO.1646 「沖縄差別」の次は「障害者差別」!!弱者を踏みつけにして恥じない鳩山政権 (大脇道場)
 裏切りに続く裏切り! 沖縄の次は障害者も! 怒!怒!怒!怒!怒!怒!怒!怒!怒!怒!怒!怒! 何が「いのちを守る政治」か!何が「国...