不適切な表現に該当する恐れがある内容を一部非表示にしています

非国民通信

ノーモア・コイズミ

役所は政府の管轄下

2007-06-15 23:46:50 | ニュース

はっきり見えてきました。わたしたちの「敵」の姿が。(自民党HP)

混み合う社会保険事務所。
その受付の向こう側で、私たちを無視して休憩しながらコーヒーを優雅に飲み続ける職員。
そんな姿に怒りを覚えたこと、ありませんか。
しかしそれは、不正と腐敗の進んだ組織の、ごく表面の部分でしかありませんでした。

大切な年金を流用して、ゴルフボールやマッサージ器などを購入。
仕事の効率を上げよ、と言われて、ウソの実績を捏造して平気な顔。
興味本位で有名人の年金状況を覗き見て、その情報を他人に漏らす。

「仕事の効率化」「個人情報の保護」「国民に奉仕する公僕」。こんな言葉は、今の社会保険庁では死語であり、禁句でもあります。

まじめに、国民のためにサービスをしようとすると、社会保険庁を牛耳っている労働組合は「労働強化だッ」と批判します。
私たち、普通の感覚を持った人間が「サービス」と思うことが、彼らにとっては「職員の労働強化につながる」のだそうです。

わたしたちの「敵」の姿がはっきり見えてきました。いまこそ、混み合う受付で私たちを無視した、自分たちのことしか考えない組織に、メスを入れるときです。 

 例えば産経新聞の記事など、程よくツッコミどころがちりばめてあるとこちらもやり安いのですが、これは自民党のHPにある記事でして、最早どこから突っ込んでいいのかわかりません。まず混み合う受付の向こうで優雅にコーヒーを飲み続ける職員というのは単なるイメージに過ぎませんし、民間企業でも役員クラスはもっと酷いです。そもそも大切な税金を流用して身内の業者に無駄な公共事業を割り振ったりアメリカに貢いだりナントカ還元水を購入したり、構造改革の成果を挙げよと言われて、ウソの実績を捏造して平気な顔の自民党が語るには誠に盗っ人猛々しい。

 この記事では社会保険庁を労働組合が牛耳っていることになっていますが、この辺は日教組批判と同じでしょうか、彼らの「仮想敵」を現実よりも大きく描くことで、あたかもその「脅威」が実在するかのごとき錯覚を与えるわけです。

 一言一句この自民党の妄言を検めていくことは難しいことではありませんが、長くなるのでそれはさておくとしましょう。ただ一つだけ、注目して欲しいのが文中の「わたしたち」という言葉です。この「わたしたち」には何が含まれるのでしょうか? 語る主体である自民党はそこに含まれるでしょうし、彼らが「わたしたち」と語るときにはその場に居合わせた人々、つまり読者もそこに含まれるわけですが、ふむ、年金問題に憤る一般の国民と、政府与党として責任を負うべきトップの座に君臨している自民党が同じ枠に含まれているとしたら奇妙なものです。

 例えばそう、コムスンの親会社であるグッドウィルを例に使いましょうか、グッドウィルのトップが辞任して役員の一人が取締役に就任したとします。その新代表がコムスンを「敵」とか「抵抗勢力」と呼び、被害者面で「コムスンをぶっつぶす」とか「コムスンと戦う」などと言い出したらどうでしょうか? 小泉純一郎以来の自民党はそういうもの、過去に対して責任を負うべき立場にありながら、その過去を自分とは無関係のものであるかのように批判するばかりです。なんと無責任な!

 引用元の最後の連で「みなさん、怒って下さい。その怒りを、自由民主党は糧とします。そして、敢然と戦い抜きます。」と、こう宣言してあります。正直なところ、国民の怒りを自民党議員が共有しているかどうかは大いに疑われるのですが(産まれながらの特権階級である世襲議員達が年金記録の不備で怒りを感じるのでしょうか? 不備以前に年金未納の議員だって多いのに・・・)、ともあれ自民党は国民と一緒になって怒ってみせることを得意としているようです。

 古い自民党、反日、公務員、特定アジア、日教組、フェミニズム、個人主義、ニート、引きこもり、在日、、労働組合、サヨク・・・列挙していけばきりがないほどの仮想敵が作り出され、「わたしたち」を脅かす汚らわしい「敵」として過大に描かれ続けてきました。この「わたしたち」を脅かす「敵」に対する怒り、憎悪を煽り、そして煽られた怒れる人々と一緒になって怒ってみせることで、自民党は共感を獲得してきたのかもしれません。

 引用元の記事で唯一の真実と言えるのは「私たちは戦います。民主党のように、自分たちの支持団体を特別視しません。」という一節です。たしかにそうですね、伝統的な支持基盤であった農村部の切り捨てもそうですし、新しい自民党の支持基盤である貧困層や若者、女性を蔑ろにしている点でこの一節は正しいです。どうしてこれで支持を維持できるのか不思議ではありますが、次々と戦うべき「悪」としての仮想敵を用意してくれるのが自民党、この「悪」に対する義憤がある限り、自民党支持を止められない人もいるのかもしれませんね。

 

 ←何か感じていただけましたら是非


コメント (12)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 私にだって金はない | トップ | 朝三暮四 »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うずら)
2007-06-16 00:37:24
社会保険庁騒動・コムスン騒動の裏
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2007/06/post_9cfc.html
宗主国がらみの要望によって、この国が崩壊の足音をたてていますね
ハゲタカ外資のおっちゃんが会見で牙をむきはじめましたね

Unknown (ベースケ)
2007-06-16 13:54:08
うまい!
今日の記事は、いちいちが座布団一枚過ぎて、凄い。
成程、自民党の手法と言うのは「敵をつくりだし、大袈裟に描いて敵愾心をあおる」ということだったんですね。
確かにそうかも。
同感 (非国民2)
2007-06-16 20:00:53
私の中でも何か変だと思っていたことを、見事に解説をしていただいた感じがします。
そうだったのですね。
よく分かりました。
やっぱり、勉強しないと国民はすぐに騙されてしまいますね。
わたしも座布団を・・・!
Unknown (flagburner)
2007-06-16 20:52:29
trackback ありがとうございます。

>古い自民党、反日、公務員、特定アジア、日教組、フェミニズム、個人主義、ニート、引きこもり、在日、、労働組合、サヨク・・・
よくこれだけ自民党は仮想敵を作れたな、というのが正直な感想です。
わかりません (ドコモダケ)
2007-06-16 21:36:17
それで庶民の味方の政党ってあるのかなぁ?
選挙権をもってるけど、情報力不足でいまいちよくわからないのですよ。
参議院選が近いですけどねぇ・・・
自民党よりはまし!という変な基準で選びたくは無いなぁ・・・
Unknown (TAMO2)
2007-06-16 23:15:56
仮想敵をドンドン作らなければならない組織ってのは、内部的にはもう、瓦解の前夜ってのが歴史の通例でして。その組織が大きければ大きいほど、こっち側(奴らの言う敵)にもチャンスがあるってもんです。

今「未完のレーニン」ってのを読み進めています。なかなか示唆する所、多とします。上のコメントもその本にインスパイアされて書いております。
Unknown (いさを)
2007-06-16 23:31:11
自民党HPのご紹介ありがとうございます。あまりふざけた内容でしたので、餓鬼以下の安倍の言動についての非難、怒り、救い難しとの思いを書き込んでやりました。そしたら、「情報提供ありがとうございました。」だとさ。ほんとに有り難く思えっての!
Unknown (非国民通信管理人)
2007-06-17 00:23:14
>うずらさん

 なるほど、社会保険庁へのバッシングも、解体に向けた足がかりなのかもしれませんね。今後も次々と公共性の高いものが切り崩されていくのでしょうか。

>ベースケさん

 本当ならば格差や貧困、雇用不安と言った現実の問題と戦って欲しいところですが、なぜか政府与党はそんな現実の敵から目をそらすのですよね。その代わりに戦うべき「敵」として呆れるほど色々なものを持ち出しては、それこそが最重要事項であるかのように煽り続けてきました。今回も制度上の欠陥や国民の将来不安から目をそらし、より大きな「敵」を用意しようとしているのかもしれません。

>非国民2さん

 自分のような比較的若い世代に自民党支持が少なくないわけですが、この世代の自民党支持層は決して自民党を積極的に支持しているわけではなく、ただ政府与党が指し示す仮想敵への反発心ばかりが強いような気がするのです。もしかしたら若い世代の自民党支持は「支持」ではなく「共闘」の感覚なのではないかとも考える次第です。

>flagburnerさん

 実はflagburnerさんのブログでこの自民党記事を知りました。こちらからも御礼申し上げます。何ともまぁ、言葉を少し入れ替えるだけでそのまま自民党批判に使える、むしろ自民党批判に使った方が適切な文面と感じたわけですが・・・

>TAMO2さん

 たしかに、本来であれば年金問題で責められるべきは政府与党でもあるはずですし、それ以外にも諸々の閣僚の疑惑に国民の生活の悪化など、そろそろ瓦解の前夜であって欲しいものですね。自民党政治という戦後レジームからの脱却はなるでしょうか。

>いさをさん

 私も試しに書き込みしてみました。メッセージを送信すると「情報提供ありがとうございました。」になるんですね。これはちょっと変な気がします。普通は「御意見ありがとうございました」とかではないでしょうか。もしかしたら、社保庁への怨嗟の声、あるいは誹謗中傷を「情報」として採用するつもりなのかもしれませんね。
Unknown (sato4510)
2007-06-17 14:35:13
うーん、人はそれぞれで、人生色々なんだろうけど
やっぱり、二重構造がわかってない人の意見は腹立ちますね
自民党よりマシで選べよ

政権与党だから
幅広く支持を求めたいんだから
本来の支持者以外の政策もするって
詐欺師だからこそ
にこやかな笑顔、こぎれいな外見を大事にするのが
わからないのかな
政策に対する背景、行動の目的
そういうのがわかってない
経験不足、想像力不足なのかな
Unknown (非国民通信管理人)
2007-06-17 22:28:52
>sato4510さん

 それでも敢えて自民党を支持する人というのは、積極的に自民党を支持する理由を探す代わりに、野党を支持しない理由を積極的に探す傾向があるような気もします。そんなことをしても決して自分のためにはならないのに、一体どうしてなんでしょうねぇ・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事