非国民通信

ノーモア・コイズミ

結局はごらんの有様

2010-05-06 23:01:42 | ニュース

抑止力論にすがる鳩山首相=「県外移設」公約ではない(時事通信)

 米軍普天間飛行場移設問題で迷走を重ねた末、沖縄県民を前に全面的な県外移設の断念を表明した鳩山由紀夫首相。その理由として首相は、沖縄の海兵隊を日本を守る「抑止力」と位置付け、繰り返し沖縄側に理解を求めた。ただ、こうした論理は当初から米国や外務・防衛当局者が展開していたもの。最終局面で急に海兵隊の抑止力を持ち出し、「県外移設」の約束をほごにした首相の「言葉の軽さ」が改めて浮き彫りとなった。

 「学べば学ぶほど、沖縄の米軍の存在全体の中での海兵隊の役割を考えたとき、すべて連携している。その中で抑止力が維持できるという思いに至った」。一連の沖縄での日程を終えた首相は4日夜、名護市内で記者団にこう語り、在沖縄海兵隊の重要性を強調した。

 昨年の衆院選で普天間移設に関し、「最低でも県外」と訴えた首相だが、同日は「(民主)党の考え方ではなく、私自身の代表としての発言だ」と正式な公約ではなかったと釈明。さらに「当時は(海兵隊の抑止力は)必ずしも沖縄に存在しなければならない理由にはならないと思っていた」と語り、「浅かったと言われればそうかもしれない」と安全保障に関する認識不足をあっさりと認めた。

 さて、選挙前から全く期待はしていませんでしたが、結局はごらんの有様です。まぁ相手のあることですし、前政権時の合意の延長もありますから思い通りの結果を得るのは難しいところもあるでしょうけれど、そこを何とかするのが選ばれた政治家の役割というものです。しかも、「(県外移設は)党の考え方ではなく、私自身の代表としての発言だ」とは、あまりに酷いのではないでしょうか。そう言うからには即刻党代表なんて辞めちまえよと思います。自身の発言に責任を負おうとしない人間はトップにふさわしくありません。

 県外移設ができないにしても、その理由次第で評価も変わります。本来の交渉相手であるはずの米軍側の合意が得られず(どうも鳩山及び民主党は地元住民を交渉相手と見なしているように見えますが)、やむなく今回は県内移設になってしまったというのなら、まだ多少は将来への展望もあったでしょう。しかるに、あくまで「抑止力」として米軍が必要だから県内移設に止めるというのなら、これは要するに日本政府側の意図として県内に基地を残すことを意味しているわけです。県外移設を断念する理由が「抑止力」にあるというのなら、現政権において基地問題の前進は一切の期待が持てないものと心得ておく他ありません。

野党時代の主張を捨てないで

遺志を継ぐ者

与党になるなら取り下げる

本当に実現させる気があったのか

 鳩山並びに民主党が政権交代前と政権交代後で、つまりは野党時代と与党時代で主張を違えるのはこれが初めてではなく、むしろ常態化していると言えるだけに今さら驚くには値しないのですが、今回の「抑止力」を巡る見解の変遷はどう見るべきでしょうか。何らかの脅威があって、「抑止力」が必要になる、米軍基地が抑止力として機能する、だから米軍基地が必要なのだという三段論法に至ったのではなく、むしろ基地を残したいから、そのために「抑止力」があるのだと後から理由付けしているようにも見えます。ともあれ鳩山の野党時代の主張なんて、所詮は当時の与党との違いを演出してみせるためのポーズに過ぎない、与党に回った今になって本性が出てきた、そんなところでしょう。

 

 ←応援よろしくお願いします


コメント (9)   この記事についてブログを書く
« やや普通 | トップ | 「お母さん」ばかりの問題じ... »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とすると (最下層公務員)
2010-05-06 23:55:06
自民党と同じ利権に手が伸びたと言う事でしょうか?
あるいは、ただ単に脱官僚と言いながら官僚のシナリオ以上のものが作れないから、いわれたままになってると言う事でしょうか?
いずれにしても自民党は死んでも、防衛問題も含めて政策は受け継がれましたね。
Unknown (秋原葉月)
2010-05-07 00:17:08
鳩山さん、小泉さんが「公約なんか守れなくてもたいしたことない」と放言したとき、ボロクソに批判してませんでしたっけ?
かつて自公に放った攻撃がことごとくブーメランで返ってきますね

鳩山さん、5月末決着は絶対に譲らないそうですが・・・おいおい、そこ力むところじゃないでしょ。「最低でも県外」で力まなきゃorz

山岡国対委員長も「(普天間移設問題は)直接国民の生活には影響していかない」と、つい本音を漏らしてしました。
この人の言う「国民」には沖縄県民は入っていないという、典型的沖縄差別です。

鳩山さんの「家庭教師(官僚)」がよくなかったのだという話もありますが、そもそもダメ家庭教師を選択した首脳陣が愚かなのです。

もう自公政権との違いが私にはわかりませんね。取り返しが付かなくなる前に退陣していただきたいです
全くです。 (アダモ)
2010-05-07 10:35:15
 鳩山って確か「命を守りたい」とか演説してませんでしたっけ?こういうニュースを見ると「誰の命だよ」って言いたくなります。少なくとも沖縄県民の命は眼中にないようですね。
Unknown (非国民通信管理人)
2010-05-07 14:15:02
>最下層公務員さん

 そもそも「脱官僚」自体が小泉政権以後の流れの延長ですから、変化と言うより継続が必然だったのでしょう。党が入れ替わっただけで、やることは変わりません。

>秋原葉月さん

 山岡発言の方も酷いですよね。抵抗勢力だの既得権益だのと、何かを悪者に仕立てて自分たちを正当化するのが政治の基本になりつつありますが、現政権は地元住民を悪者にデモしたいんでしょうか。野党時代の主張をことごとく翻すともなれば、政権交代とは単なる権力闘争でしかなかったように見えてきます。

>アダモさん

 きっと「命を守りたい」も個人の意見であって党の公約ではないということなのでしょう。守れなかったらその時は言を翻すだけのことです。
Unknown (HANAKO)
2010-05-07 15:12:40
米軍基地も勿論問題なのですが、沖縄の自衛隊も地味に問題ですよね。何か市民の間で自衛隊に対する期待値が高まっている所もあると思うので。
TB ありがとうございます (flagburner)
2010-05-07 23:03:19
普天間基地移設に関する閣僚の発言のイカれ具合に情けない笑いしか出ない始末です・・・。

>ともあれ鳩山の野党時代の主張なんて、所詮は当時の与党との違いを演出してみせるためのポーズに過ぎない~
これに関して無理やり鳩山(兄)首相を擁護するなら、(衆議院と参議院)選挙で議席を確保して政権を確保しなければ元も子もない、という考えから来てるのかもしれませんね。
根っこの政策面で自民党や公明党との違いがなくても「野党」の党首という役割を演じていた(演じさせられていた)以上、嫌でも政策面での違いを出す必要もあったかもしれませんが・・・。

この辺りについては、選挙制度の問題点とも絡めて議論する必要があるかもしれません。
ただ、これをやると水掛け論にハマるのがオチですが。
Unknown (非国民通信管理人)
2010-05-07 23:36:55
>HANAKOさん

 なにしろ自衛隊は人気の研修先、社会人の「教育者」ですから。なんだかんだいって自衛隊、ひいては軍隊への幻想は高まる一方なのかも知れませんね。

>flagburnerさん

 与党になった今、何を語っているかを見れば野党時代の主張は「野党」との立場上の演技であって真意ではなかったと見た方が良いでしょうね。一方で、野党時代の「演技」に本気で期待してしまった人もいるわけで、まぁ罪の深いことです。
なんか (Bill McCreary)
2010-05-08 01:42:11
鳩山さん、徳之島への移転は断念したみたいですけど、これってやっぱりアメリカ様から「それはまかりならん」っていう指示でも出たんですかね(って、そうですけど)。

前政権からの懸念事項ですので、いろいろ面倒なのはわかりますが、しかしこれではどうにもならんですね。

さて、管理人さんもすでにお読みでしょうが、こちらの記事は面白いですね。いろいろ考えさせられました。
http://d.hatena.ne.jp/kechack/20100506
Unknown (非国民通信管理人)
2010-05-08 13:58:39
>Bill McCrearyさん

 徳之島案はアメリカからも反対を告げられていたと聞きますね。結局、アメリカ側の意向次第なのかも知れません。kechackさんの論考は私も読んだのですが、ちょっと前半部分で右派的な見地を前提としすぎかな、とも思いました。ギブアンドテイクの「テイク」の部分が「抑止力」に該当するのでしょうけれど、「テイク」があるから「ギブ」も考えなければならない(つまり鳩山の立場)ではなく、「ギブ」を正当化するために「テイク」を強調してきたのが実際ではないかと思われますので。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事