非国民通信

ノーモア・コイズミ

新卒扱いが新卒扱いされる保証はありません

2010-08-18 23:00:18 | ニュース

卒業後数年は新卒扱いに…日本学術会議提言へ(読売新聞)

 日本学術会議の検討委員会(委員長=北原和夫・国際基督教大教授)は、深刻な大学生の就職難が大学教育にも影響を与えているとして、地方の大学生が大都市で“就活”する際の宿泊・交通費の補助制度など緊急的な対策も含んだ提言をまとめた。

 17日に文部科学省に提出する。企業側が、卒業して数年の「若年既卒者」を新卒と同様に扱うことや、早い時期からの就業体験も提唱。学業との両立のためのルール作りも提案している。文科省は、産業界の協力も得て、提言を現状改善につなげる考えだ。

 提言は大学教育の質の向上を目的としたものだが、就職活動に労力と時間を取られ、それが学業にも悪影響を与えているとして、就業問題の解決策に踏み込む異例の内容となった。

 具体的には、大学側に、卒業後3年程度は就職先の仲介や相談といった就職支援体制をとることを求め、企業側には、若年既卒者も新卒者と同枠で採用対象とするよう求めた。さらに、平日は学業に集中し、就職活動は週末や長期休暇期間に集中させるルール作りなど、大学と企業側が協力しての対策にも言及している。

 5日発表の文科省の学校基本調査では、大学を今春卒業したが就職も進学もしなかった「進路未定者」が5年ぶりに10万人を突破した。今回の提言では、「新卒優先」の日本の労働市場の構造が大学生の就職問題を一層過酷なものにしていると指摘している。

 ちょっと前にも同様の提言があったように記憶していますが、また出てきたようです。しかし、これが問題を解決できるのかどうかには色々と疑問を感じざるを得ません。何でも「新卒優先の日本の労働市場の構造が大学生の就職問題を一層過酷なものにしていると指摘している」そうですが、この辺はどうでしょう? 確かに日本ではマトモな企業へ就職する機会が新卒時に集中しているわけです。新卒時を逃すとマトモな企業へは入れなくなる、だから在学中になんとしても就職を決めるしかない――このような環境は確かに大学生の就職問題を一層過酷なものにしているのでしょう。

 ただ、同時に新卒者向けに用意される椅子の数もまた多い、既卒者にチャンスがない分だけ、新卒者にはチャンスが多めに提供されてもいるはずです。既卒者と競う必要のない、その年度の新卒者だけの特別枠が用意されているのも新卒採用ならではです。これが本当に「卒業後数年は新卒扱い」になったとすると、既卒者にはチャンスが増える、新卒で就職できなかった人にも再挑戦の機会が出てくる一方で、新卒で就職するつもりの人からすれば競合相手が増えることになります。これもまた、大学生の就職問題を一層過酷なものにする要因となり得ますが……

 そもそも文科省が提言を受けて「卒業後数年は新卒扱いに」と決めたところで、採用を決める企業側が「本当に」新卒扱いとするかは甚だ疑わしいところです。建前上は男女差別禁止、年齢による差別も禁止ですけれど、実質的に男子禁制もしくは女子禁制、採用は若年層だけというケースが極めて多いのではないでしょうか。ですから建前上は既卒者も「新卒扱い」ということで応募を受け付けはするけれど、実際は最初から落とすつもりでいる、結果として選考に残るのは正真正銘の新卒対象者だけになると考えるのが妥当ではないかと推測されます。

 他にも色々と突っ込みたいところはあって、たとえば「平日は学業に集中し、就職活動は週末や長期休暇期間に集中させる」などとも提言されているわけですが、大学生たるもの平日は学部のカリキュラムに沿った勉強、週末や長期休暇期間は自身の趣味に走った勉強をすべきではないかという気もします。「提言は大学教育の質の向上を目的としたもの」との触れ込みながら、これでは要するに「卒業に必要な単位を取らせつつ、いかに滞りなく就職させるか」というレベルに止まってはいないでしょうかね。

 むしろ文科省に働きかける、国内全域に向けたルール作りを視野に入れるというのなら、「いかに競争を抑制するか」を考えて欲しいところです。特定の大学だけが不毛な競争から降りたところで、別の大学が就職活動に没頭するとなると前者が敗れて後者の一人勝ちを許してしまうだけ、個別の大学の努力で競争を抑制することは極めて難しいですけれど、文科省が全体に枠をはめるのなら多少の意義はあるでしょう。どれだけ学生が面接スキルに磨きをかけたところで、それで採用が増えるわけでもない、どれだけ競争したところで上位100人に入れるのは100名までです。競争は参加者の負担を増すだけで合格者の数を増やしてはくれません。ならば競争の負担を低減する、競争を抑制することこそ、所轄官庁に求められる役割だと思います。

 

 ←応援よろしくお願いします


コメント (13)   この記事についてブログを書く
« もう何度となく参拝してきた... | トップ | 経済効果を高めるには »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
椅子取りゲームで (Bill McCreary)
2010-08-18 23:57:46
椅子が少ないんだからどうにもならんとはこのことです。椅子を増やすことしか解決はありません。
林芙美子が (介護員)
2010-08-19 00:32:24
生きてたら‥バカヤロて

言われるね?わかんないけど
新卒以外は氏ねって言われているようでさ

馬鹿馬鹿しいたらさ

結局さ、我々は此処まで譲歩してる

努力してる


後は‥
なんて魂胆‥?かも
いくら新卒扱い長引かせてもね

ないんだから

仕事がさ!有っても保々奴隷家畜並!
考え過ぎかもだが、なんかヒトラ~みたいでさ

新卒のエリート探し
日本をハイソな国に、
戦前みたいでやだな
俺達高卒やらは、野垂れ死にか、奴隷の‥辞めた長くなるから
椅子を増やすと (介護員)
2010-08-19 01:45:02
林芙美子の生涯:放浪記の台詞風にレスしてみようか!

椅子を増やしたところで、仕事内容どぉすんのよ、

キヤバクラ イケメンならホストも有るけど

お酒関係だってノルマてものが有るのよ!
例えばの話ししてんだけど
例え椅子増やしたとして
ワーキンでモラハラバワハラ蔓延介護労働
体力ないのに、引っ越し屋なんて宛てられたら
どうすんのよ!
仕事するんだって
叩いても氏なない体力筋肉
頑丈な精神力が居るの

また、したくもない仕事
討つやら引きこもりなっても自己責任呼ばわりよ!
椅子が有っても金だ金だ金が必要なのだ?
上手く表現できませんが。
働くのが怖いなんて言いたくなる環境じゃ
やり切れないやね
定年過ぎても働きたいが
新卒ばかりを求める企業おおかりき!
Unknown (非国民通信管理人)
2010-08-19 18:43:31
>Bill McCrearyさん

 どう頑張ったところで、求人数以上に就職できるわけではないですからね。枠を増やさないことにはどうにもならないのですが……

>介護員さん

 仕事があったとしても、今度は仕事の中身がろくでもない、なんてケースも多いですからね。運良く就職が決まっても幸せにはなれない、悲劇的な労働環境が放置されたままでは求職者も労働者も追い詰められるばかりです。
いまこそ (nakayosi)
2010-08-19 21:24:47
だましてつくらせ、だまして売って、だまして儲ける だまされながら また騙す道しかつくれない

そんな昭和の失敗に社会全体が気付く時なのでしょうね?就職活動を勧める大学に「就職に困らない社会づくりを子どもに教えてください」と言ったら・・・・「先生頭かいてたわ」とは息子の後日談でした(笑)
困ってる人のために生きるのって、金にならないけど楽しいです。若かったらもっと面白いのにと残念でなりません。
久しぶりに落書きゴメン^^
Unknown (非国民通信管理人)
2010-08-19 23:17:02
>nakayosiさん

 しかるに失敗に気づかないどころか、失敗を認めず、それを誤魔化すために嘘の上塗りを重ねているのが実態でしょうか。社会を変える、という発想が今や大学にすら乏しくなってきたようですから……
Unknown (amo)
2010-08-19 23:31:05
卒業生の就職率や就職先は、大学の重要な宣伝材料です。ですから、新卒の就職率が下がるような方針に大学が賛成するとは思えないんですけどね。それよりも、就職留年して欲しいくらいだと思います。学費も取れるし。
Unknown (やまだ)
2010-08-20 01:21:50
大卒の就職率が60%というのは大学や学部の新設を認めすぎ、ニーズもないのに大量の大学生を世に大量生産してきた文部行政の責任です。
でもここで冷静に考えて欲しいのは、Aさんという大学生が株式会社Bという会社の採用試験に落ちたり通ったりするのはそもそもAさんの責任だということです。マクロの問題とミクロの問題は異なります。ダメな学生ほど自分のことを棚に上げてマクロの問題にすり替えます。
そもそも企業は生き残りに必死です。民間企業はボランティアでもケア施設でもありません。本当に欲しい人材しか採用しませんし、採用できないのです。
Unknown (非国民通信管理人)
2010-08-20 10:56:09
>amoさん

 とかく大学も「経営」の面で煩く言われますからね。宣伝材料の獲得と学費の確保という点では、就職留年を増やした方がマシ……勉強する場所は減るばかりです。

>やまださん

 これまた気持ちよいまでの社畜っぷりですね。大学生の増加が問題なら、では高卒の就職難はどうなるのでしょう? それはマクロの問題から目を背けている限り、説明の付かないことのはずです。また落ちるか通るかは求職者の責任というのなら、バブル時代など好況期の新卒者は特別に優秀で、不況期の新卒者は特別に無能なのだということになりますね。これもおかしな話です。マクロの問題から頑なに目を背け、会社をかばい立てする人には直視しづらい現実なのでしょうけれど。
Unknown (OneWord)
2010-08-20 21:56:43
>amoさん
>非国民通信管理人

学費の確保という点では、就職留年を増やした方がマシ

留年者が多いと新入生数を減らさねばなりません。したがって、入学金の分だけ赤字になります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事