非国民通信

ノーモア・コイズミ

とやかく言われる筋合いはない

2008-03-29 23:11:19 | ニュース

「君が代」歌えるように 学習指導要領 道徳目標に愛国心(産経新聞)

 文部科学省は28日付で小中学校の新しい学習指導要領と幼稚園教育要領を官報に告示した。国歌の君が代を「歌えるよう」指導することを指導要領で明記したほか、道徳教育の目標に「愛国心」を加えるなど、今年2月に公表された指導要領案を修正、指導内容をより具体的に示した。

 産経新聞なので色々と突っ込むところはありますが、とりあえず国歌の話に絞りましょう。何でも君が代を「歌えるよう」指導することを指導要領に明記したそうです。ここで疑問に思うのですが、日本で国歌を歌えない人なんているのでしょうか? ロシア人でしたら話は分かります、国歌を歌えない人くらい、あの国には普通にいますから。でも日本のような国で、国歌を歌えない人が実在するとはとても思えないのですが?

 政府与党と産経新聞編集部及びそれと同じような考え方をする人は、国歌を「歌えるよう」指導する必要性を説きます。しかし現状はほぼ100%の人が歌えるわけで、これ以上何を指導する必要性があるのでしょう? 歌えない人がいるならいざ知らず、ですよ。これは、アレでしょうか、治安の悪化や犯罪の凶悪化、救急車のタクシー利用や反日工作wなど、それを信じる人にだけ見える代物なのかも知れませんね。「国歌を歌えない奴がいる、けしからん!」と確信している人にだけ、「国歌を歌えない人」の姿が見えるようです。

 ちなみに国歌を歌えない人が実在している国では、様々な工夫があります。例えばオランダの場合、サッカーの国際試合などどうしても国歌を歌う場面があるわけですが、大抵のオランダ人は国歌なんて歌えません。ではどうするか? ヒントは、国際試合に付きもののTシャツですね、日本ならブルー、オランダならオレンジと、それぞれチームカラーのシャツを着て応援するわけですが、オランダのそれは背中に歌詞が刷り込まれています。ですから前の人の背中を見れば安心して国歌が歌える、覚えていなくても大丈夫なわけです。他にもオランダの外交関係者は不測の事態に備えて歌詞カードを常備しているそうで、これなら一安心ですね。頭の固いジャップには難しいでしょうか? でもまぁ、日本には国歌を歌えない人はいませんからね。

バスで携帯、注意され死なす=10分間暴行、乗客30人止めず-三重・松阪(時事通信)

 バス内で携帯電話の使用を注意した乗客の男性に暴行して死亡させたとして、三重県警松阪署は29日までに、傷害致死容疑で同県大台町佐原、無職中田義一容疑者(58)を津地検に送検した。「腹の立つ言い方をされたため、カッとなった」と供述している。

 バスは松阪競輪場発松阪駅行きの臨時便で、中田容疑者は約10分間暴行を続けたが、乗り合わせた約30人は誰も制止しなかったという。

 犯人は58歳ということで、今時の若い者と違って血の気の多い世代であります。きっと競輪で負けた腹いせでしょう。キレる中年がまず論外ですし、誰も止めないのもアレですが、強いてもう一つ挙げれば携帯電話の使用を注意するのもどうかと。わざわざ目くじらを立てるようなことでもないでしょうに、なぜ敢えて他人の電話にケチをつけるのか、競輪で負けて苛立っていたのでしょうか?

 なんでもペースメーカーの8cm以内で携帯電話を使用すると、ペースメーカー側にノイズが測定されることがあるそうです。専用の測定器なら微細なノイズも感知できるのでしょうけれど、それが人間に意味のある範囲なのかどうかは定かではありません。そもそも、体の中に埋め込まれたペースメーカーまで8cm以内という距離が非現実的です。ペースメーカー云々を理由にした携帯電話の禁止、アレは嘘です。

 ではどうして車内での携帯電話は禁止なのでしょうか? 声を出すことが禁止なら、当然おしゃべりも禁止でなければおかしいはずですが、そんなことはありません。ではどうして?

答え:車内での携帯電話は禁止と決められているから。

 他人が電話していようが、別に気にするようなことではありませんが、「車内での携帯電話は悪いことなんだ!」との根拠なき信念を抱いていると、隣で携帯電話を使っている人が「悪い奴」に見えてくるわけです。こうして人は自ら苛立つ理由を作り出し、他人を咎め始める、そして不当に咎められた側が逆ギレして蛮行に及ぶ……

 本来、気に留めるようなことでもない、どうでも良いようなこと、些細なことに苛立ちを募らせる人も多いわけです。よくそんなことを思いついたな、と感心させられるような理由で怒り出す人もいます。他人が携帯電話を使っていようがいまいがどうでもいいことですし、他人が国歌を歌っていようがいまいが、そんなことはどうだっていいでしょう? わざわざ目くじらを立てるようなことじゃありません。それなのに自ら腹を立てる理由を作り出し、他人を咎め立てする、そんな生き方をしてもつまらないだろうに、と私は思うわけです。それでも敢えてそうするのは、それだけ他人を咎めることが好きだから、でしょうか?

 

 ←応援よろしくお願いします


コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 採用試験 | トップ | 影響はないと言いたいけれど »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Bill McCreary)
2008-03-29 23:30:51
私は君が代なんか歌う人間ではありませんが、たしかに「歌えるように」って、かなり妙な言い草です。これ、「歌うように」のことなんでしょうね、きっと。

>中田容疑者は約10分間暴行を続けたが、乗り合わせた約30人は誰も制止しなかったという。

事情がわからないのでなんとも論評しにくいんですけど、私がわからないのは、なんで運転手はそのまま運転を続けたかです。携帯で警察に連絡するか、派出所や警察署その他にとめるか、あるいは仲裁に入るか、いくらでもできることはあったと思うのですけどねえ。この運転手も、会社から何がしかの処分はまぬがれません。
Unknown (siegmund)
2008-03-29 23:47:53
「君が代」については推進している側も「歌えない=知らない日本人は存在しない」ことは当然分かっていると思います。特に反対している人ほど、その歌詞の内容まで詳しく知っているのですから。なので今回の学習指導要領は「反対する者を徹底的に根絶するため」とみて間違いないと思います。いくら理由を付けても「君が代」とは天皇の歌なわけで、推進側が反対する教員を処分してまで強制するのは「天皇の歌に反対する者(天皇に反対する者)は存在してはならない」のが本音でしょう。実際に戦前は学校教育を通して絶対的な天皇制が形成できた(「君が代」についても教科書で天皇の歌であることを記載していた)のですから、推進する文科省も子供を洗脳するのが一番早くて確実だということは分かっているのでしょう。
Unknown (非国民通信管理人)
2008-03-30 00:17:58
>Bill McCrearyさん

 きっと「(強制されるがままに)歌える」ことなのでしょうね。さすがに括弧の中を明示的に書く人はいませんが、要は御上に従順な人を育てたいようです。

 一方でバスの事件ですが、携帯を注意する人はいるのに暴行を止める人がいないという不思議な事件です。仲裁に入るのも勇気の要ることですが、だからと言って何事もなかったかのように運転を続けたのは何とも。終点の駅まで到着してから通報したらしいのですが、まさか「車内での携帯電話は禁止」を忠実に守ったつもりでもないでしょうに……

>siegmundさん

 当の天皇が強制への反対をほのめかしているわけでもありますが、天皇を擁立する人々はそうではありませんからね。かの石原慎太郎自身は君が代が嫌いだそうで、それにもかかわらず歌わせようとするのは歌そのものではなく強制することに意味がある、強制されることを当然のことと受け止める人々を育てたいからでしょうか。
いつも拝見しています (小春)
2008-03-30 02:12:23
 はじめてコメントします!いつも読ませていただいて正論を正論だと信じてやまない人達に物申せる姿にとっても共感しています。特に今回のバスで携帯電話を使う事は私も以前から

 「どうして悪いのだろう」

 と思っていました。と言うか

 「どーーでもいいじゃん」

 ぐらいの勢いで感じておりました。私と似た考えを持っていて理論的に文章にできるなんて凄いです。
 私には他にも

 「意味ねーーな」

 と思う事があっても周りが怖くて言葉にできないでいる小心者です。いつから周りとこんなに考えが違ってしまったのか正直、生き辛いです……。
 記事に対してうまいコメントができなくてスイマセン!管理人さんのブログはいつも新聞なんか読まない私にある意味、親しみやすい観点で事件を教えてくれています。

 これからも頑張って言葉にしてね!
Unknown (ノエルザブレイヴ)
2008-03-30 17:08:53
ちょうど今日イングランド代表の主力フォワードであるところのウェイン・ルーニー選手が実は国歌を歌えない、というニュースがありました。

私などは「ルーニー選手クラスでも国歌を歌えないんだ…。じゃあ日本の君が代認知率の高さは優秀だなあ。(まあ簡単な歌で覚えやすいということもありましょうが)」などと思ったのですが、ある種の人々は記事中の「国歌を歌うことはすべてのイングランド人の義務だ。」という記事に目が行って君が代を歌いたがらない人をサヨクだの何だのと罵っていました。

この種(歌う歌わないに付いて)の論議が起こるのは国歌について考えている証であるとも考えられるような気もするのですがね…。「歌わない、歌いたくない」というのは「知らない、歌えない」よりは国歌に対する認識が深いと思うのですが。
Unknown (非国民通信管理人)
2008-03-30 19:18:09
>小春さん

 コメントありがとうございます。私自身、思っていることを言葉にするのに苦慮することも多いのですが、まぁ地道にやっております。

>ノエルザブレイヴさん

 さすが日本の教育行政がその轍を踏もうとしている国だけあって、イギリスは日本に近いところがあるようですね(島国根性の本家ですし)。国歌を歌えない人が当たり前に存在する国では起こりえない騒動ですが、国歌の認知率が高いと歌えないことが異常になる、そして国歌の認知率がほぼ100%の国では、今度は歌わないことが処罰の対象になる、そんなところでしょうか。
楽しい強制 (往楽斎)
2008-03-30 20:05:30
結局の所は、国歌強制の風潮を作り出し最終的には互いに互いを見張らせようという嘗ての特別高等警察みたいな物を作り出そうとしているのでしょうか?

国歌を、公式の場で求められた場合に唄えぬ輩をリンチする事を最終的には容認し、個人の尊厳なぞ焼却炉に叩き込むつもりなのでしょう。

思想の自由?人権?そんなものを自然に閉め出す風潮を叩き出すつもりがありそうです。

Unknown (Gl17)
2008-03-30 22:39:44
‌君が代の件は、最近常用されつつある、汚い官僚言語と思って間違いないでしょう。

もし、歌う能力はあっても歌わない児童が出れば「歌える(思想や内心を備える)ように指導しなかった」と処分されます。
しかし、もし「思想や内心の自由を侵している」と突っ込まれたら、ただ、国歌の知識を与えるだけで、思想とか内心は関係ない、と突っぱねます。

学習指導要領が本番で不意打ち的に変更されるのは今までに無かったことだそうですが。
官僚ってのは、いつの間に国民を騙すのが本職になったんですかね。
Unknown (非国民通信管理人)
2008-03-30 23:42:15
>往楽斎さん

 例えば携帯電話の場合は、「車内で携帯電話を使ってはダメなんだ」と刷り込むことで互いに携帯電話の使用を監視するようになったように、国歌の場合もそれが目標でしょうかね。「国歌は歌わなくてはいけないものなんだ」と刷り込むことで、最終的には生徒や教員だけでも相互に監視し合うようにする、その辺が狙いなのかも知れません。

>Gl17さん

 官僚とはその国のconstitutionに仕えるものだと思っていますが、日本の場合はconstitutionの指すところが不変の政府与党になっているような気がします。本来のconstitutionである憲法に仕えるのであれば、こうした「不意打ち」は不可能だったはずなのですが、それがそうはならないわけでして……
新年度なので (ノエルザブレイヴ)
2008-04-01 12:20:43
マナーについてセチガライと思うのは本来マナーは人々が互いを尊重し快適に過ごすための知恵であるはずだと思うのにいつしか「正解」を守ることに熱心になってそれから逸脱した人を攻撃する楽しみを覚えてしまうことですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

愛されない国ほど愛させようとする...暴力的手段を使ってでも。 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「新しい」学習指導要領について、メモ。まず、碧猫お姉さまがいろいろな報道をまとめてくれました。 ●Gazing at the Celestial Blue 小細工まで...
そっと押し込む愛国心。 (花・髪切と思考の浮游空間)
新しい学習指導要領を告示した文科省が、小学校音楽で君が代を「歌えるよう指導する」と特記するなど愛国心教育をより強調する修正を加えた。中教審審議をへた改定案が発表されたあとで、修正するという意図は悪質ではないか。今朝のNHKニュースでも伝えていたが、賛否...