非国民通信

ノーモア・コイズミ

今はまだ平静だけど

2008-05-09 23:17:13 | ニュース

 ペットの医療過誤訴訟が急増している。最近では数百万円単位の賠償金が認められる事例も出始めた。医療過誤が続発する背景には、獣医師のスキル不足やチェック機能の形骸化といった業界固有の構造的問題が深く横たわっている。いまや「家族の一員」として遇されているペットをきちんとケアする体制整備は、遅々として進まない。獣医師たちは戦々恐々だ。

「検査なしで全身麻酔され、急性腎不全に陥った飼いネコが死んでしまった。病院を訴えたいので、弁護士を紹介してほしい」

「メスのハムスターを入院させたら、戻ってきたのはまったく別のオスだった。うちのハムスターは手術の失敗で殺されたに違いない」

 引用は冒頭部分だけに止めます。みなさま、ここから先の展開をどのようにご想像されますでしょうか? どこのメディアが書いた記事であるかなど、判断材料になるでしょうか。朝日新聞だったらこう来る、日経新聞だったらこう来る、そんなパターンもありますから。で、今回はダイヤモンド社の記事です。

 実のところ、この冒頭に続く記事はダイヤモンド社であるにもかかわらず内容はかなりまともなので、超展開を期待している人には肩すかしかも知れません。ペットの医療過誤訴訟が急増している、その背景を普通に解説しているだけです。普通の情報を頭に入れておきたい人はリンク先をどうぞ。
 ペット医療過誤訴訟が続出 知られざる動物病院の荒廃(ダイヤモンド・オンライン)

 引用元はペットの医療過誤訴訟を題材にしているわけですが、比較的マイナーなテーマです。マイナーなテーマであるが故に、そこに注がれる眼差しも至って落ち着いたものです。しかるに、もっとメジャーなテーマ、ホットなテーマだったら展開はどう変わったでしょうか? 例えばそう、ペットではなく人間だったら? ペットではなく、人間の医療過誤訴訟を巡る記事であったら、そこから先の展開は違っていたような気がするのです。

 人間の医療過誤訴訟が急増しているとして、その原因は? 例えば産経新聞でしたら、そこからモラルの崩壊に話を展開させるでしょうか。医療過誤訴訟の増加は、患者及び家族のモンスター化が原因だと、そう主張し始めたとしても何の違和感もありませんし、往々にしてそうした主張は読者の喝采を浴びたりもするものです。現に、医療過誤訴訟の原告側を訴訟ゴロと呼んで憚らない人もいるわけで、そうした声が多数派になる、ペットの医療過誤訴訟を巡っても多数派になる可能性は十分にあるはずです。

 ヒトにしろペットにしろ事故は起きるもので、過酷な勤務環境の中で無理を重ねている医療現場ばかりを責められませんが、とは言え医療過誤に遭遇した身内としては黙ってもいられないもの、それで訴訟にもなるのでしょう。ところが、こうした自ら何かを要求し訴え出る人を昨今は一括して「モンスター~」と呼んでいるわけです。それが親ならモンスター・ペアレンツだし、それが患者ならモンスター・ペイシェントですね。いずれこのペットの医療過誤訴訟の原告がモンスター~と呼ばれ、世間のバッシングを浴び、顧客重視のマスメディアがそれを煽る、そんな日が来ることでしょう。

 モンスター~と呼ばれないための方法論は2つほど頭に浮かぶのですが、一つだけご披露しましょう。それはすなわち、訴える内容を変えることです。補償を求めて訴えるのではなく、純粋に復讐を訴えること、相手を罰することを訴えることです。これを心がけていれば、本村洋氏のようにメディアと世論を味方につけることが出来ます。

 それがどれほど微々たるものであろうとも、受けた損害の償いには決して満たないとしても、金銭などの物質的な補償を受け取ってしまえば、たちまちの内に道徳的な非難に晒されます。初めから金銭が目的だったのだ、カネのために被害者をダシにした、○○にたかる訴訟ゴロだ、そうしてモンスターと呼ばれ断罪されるわけです。我々の社会は個人が私的な利益を得ることを決して許しません。

 一方で我々の社会は、他人を罰することに驚くほど寛大です。ある人が他人を罰せよと要求すれば、その人とは無関係な第三者が応援に駆けつけ、一緒に罰を要求することも珍しくありません。誰かにとってプラスになることは許容できないが、誰かを罰するためであれば協力を惜しまないのが我々の社会の道徳です。犯罪の減少に決して満足せず、刑罰の増大に邁進する国ですから。

 そんなわけで、医療過誤訴訟の原告にはいずれ決断が迫られます。ひたすら関係者の厳重な処罰を訴えて世の共感を味方につけていくか、それとも世間を敵に回してでも罰ではなく補償を求めていくか、です。私的な利益を決して許さないのが我々の道徳であり、罰することには賛成するが補償は渋るのが常です。そしてそれに背けばモンスター誕生、そうしてモンスターを駆逐した後に残るのは罰だけです。

 

 ←応援よろしくお願いします

コメント (5)