gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

《 リアル 芸能 ルポ 》 えっ!「ちびまる子ちゃん」の作者、まだ53歳の若さで、死去!? 生まれ育った、清水市に行って、知った驚きの秘話、今こそ書こうか

2018-08-27 21:54:21 | 旅行

 いやあ!いささか、驚いた。

 フジテレビの、「サザエさん」と競い合う、長寿アニメ番組、「ちびまる子ちゃん」の、作画家、「さくら ももこ」が、まだ53歳で、この終戦の日に、亡くなっていたとは・・・・・・。

 それも、乳がんで。

 実は、わたし・・・・この番組の、隠れファン。

 絵というより、そのしゃべり、キャラクターに、「昭和」が見え隠れもし、録画しておいて、楽しんでいた。

  それがこうじて、このような、コップまで購入。今も、使っているほど。

 その作者の実像を求めて、旧・静岡県清水市にも行ってきたことがある。

 とはいえ、当時、関わっていたのは、アニメ雑誌ではないため、メインの取材のついでに、ということで数日間、取材探訪。

 清水市といえば、なんといっても、清水の次郎長。

 実在の人物だ。

 なんと、身長、150センチ足らずの、小柄な男だったことに、びっくり。それで、親分だったということは、信頼感と、威圧する何か、を持ち合わせていたのであろう。

 同じ名前の女性と、3人ほど結婚。

 晩年は、その最期の妻が切り盛りする「船宿」で、ひも同然の身で、死亡。

 あれだけ、映画、ドラマで、知られている「次郎長」であるはずなのに、地元、清水市では、人気無いのには、驚いた。

 ヤクザというより、地元の発展に尽くした人物なのになあ・・・・。

 育った家や、次郎長一家の家を訪ねる人は、ホントに少ない。

 清水で、大人気なのは、サッカー。

 もう、幼稚園児から、空き地、公園で、ボールを追っていた。どこでも、だ。

 そして・・・・・

 市内の入江地区では、「ちびまる子」を、知らない人は皆無と言い切って良いほど、人気ものだったこと。

  本名は、三浦美紀。昭和40年5月6日、産まれ。

  自分が撮影した当時は、車置いてなかったけれど、この家が、実家。

 赤い小型車が駐車されているスペースは、三浦家の家族が暮らしていたときには、実は野菜や果物を売っていた個人商店だった。

 

 さらに、漫画や、アニメにあるような、平屋建ての、小さな家では無く、二階建ての、奥に長い、大きな木造の家だった。

 売ったのか、借家にしていたか、別の家族が住んでいた。

  近所にある、「みつや」は、ホントにあったし、アニメに出てくる人達。

 父の「ひろし」や、祖父の「友蔵」など、家族の名前は、すべて実名だったし、同級生の、「たまちゃん」こと、穂波たまえも、「はなわクン」こと、花輪和彦も、「まるおクン」こと、丸尾末男も、「ながさわクン」こと、永沢君男も、「プー太郎」こと、富田太郎も、「はまじ」こと、浜崎憲孝も、「藤木」こと、藤木茂も、「野口さん」こと、野口笑子も、

 ぜ~んぶ、実名だったことには、驚きっぱなし。

 通っていた、「入江小学校」も、あった。

  「たまちゃん」の、当時住んでいた家を探し訪ねたが、とうに家族ごと、引っ越していた。

 他の登場人物も、引っ越していて・・・・・。

 でも、実名に近い名前を使用したのは、承諾を獲ったものらしいことも、判明。

 近所では、有名な「ちびまる子」。町の人達は、誇りに、どこか、感じているようだった。

 さらに、清水港の前に立つ建物のなかにある、

  「ちびまる子ちゃん ランド」にも、行って見た。

 もう、ファンなら、一度は行ってみるべき!

 なにしろ、実物大の部屋、教室が、

   

 このように、ふんだんに造られているんだから。

 これで、おとな、600円の入場料。

 にしても・・・・・まだ、53歳。

 この5月、姉の「さきこ」がホントに大ファンだった、西城秀樹が他界した。 

 そのファン無視の葬儀の記事を打ち込む際に、連絡をとって、企画・作画プロダクションの指揮をとっている、その姉に、行くのか、止めるのか、聞こうかなあ・・・・と想いつつ、やめてしまった。

 もう、その時、三浦美紀は、重度の乳ガンに犯されて居たのか、と想うと・・・・・

 なお、彼女、再婚しているが、初婚の際に産まれた長男は、すでに24歳にもなっている。

 一度は、お逢いしてみたかったなあ・・・・、

 視聴率も良いこともあり、番組は、まだまだ続く・・・・・・

 早過ぎる死に、合掌を・・・・・ 

 


な~んにも考えずに、この「紅葉」の景色を見て、気分を「高揚」させるのも、一興です

2013-11-20 23:18:45 | 旅行

 全国的に、秋を一気にすっ飛ばして、初冬迫りくる日々ですが、関東も、紅葉前線が、訪れております。

 見ごろは、来週との予想ですが、まあ、一足早く、お楽しみください。

 撮影日は、11月20日です。

 Dscf9340

 Dscf9363
Dscf9381

Dscf9384

Dscf9396

Dscf9397

Dscf9401

Dscf9409