英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

お知らせ

2021-06-30 | お知らせ
ご好評をいただいております、土曜日開催のワンコインレッスンですが、

今週は英検二次対策練習がございますので、お休みとさせていただきます。

7月の2週目からの予定は、改めてお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

英検合格が与える成功体験

2021-06-26 | 講師N
小学4年のボーイ。

クラスの中では、一番最後に入会してくれた彼。

本人は全くわからない、初めての英語の世界で、

たった数ヶ月とはいえ、先に入った子達がバンバン習った英語を繰り出すので、

最初からちょっと引き気味だった彼。

自信がなくて、

よく涙も出てしまいました。

数回は、英語がいやになってしまってお休みしたり・・・。

(でも、その都度お母様がお家でフォローしてくださっていました)

それでも自信は付かず、テキストの読みもつかえつかえで、途中で嫌になってしまうこともよくありました。

彼には自信を付けてもらう以外に、この状況から脱却することはできないな

と思い、常にポジティブな言葉だけをたくさんかけてきたつもりです。

でも、毎回その言葉は彼に突き刺さることはなく

嫌だな、嫌だな、という表情が漂っていることがよくありました。


4年になって、英検5級へのチャレンジステージに立った彼。

彼を不合格にさせるわけにはいきません。

お母様にもお願いして、お家でのフォローをしていただきました。

レッスンでは、自信のなさが邪魔をして、思うように進みません。

つまりはビビッてしまっていたのです。

問題を前にして、取り組む以前に既に白旗を上げてしまっているのです。


なんとか、なんとか、なんとか頑張らせなければ・・・。

休校時の振替として、来れる日は来てもらい、追加でお勉強指導しました。



そして試験本番。

そして合格発表。

はい、

彼は合格したんです。

「合格したい」という本人の気持ちと

「合格させたい」と望むお母様の気持ちと私の気持ちが

最後の2週間で彼の点数をうなぎ登りさせることができたのだと思います。

まさに三位一体。


さて、それから彼はどうなったかと申しますと。

んもう

やる気が止まらない、やる気ノンストップ少年に

変貌してしまったのだからたまりません。


張り切って教室に入り、張り切って英語を言い、
張り切って読み、張り切って書き、

英語4技能張り切りボーイ。

になってしまったのです。


英検合格が与えたこの変化。

成功体験を得て、自己肯定感が高まり、

素直な彼は

よ~し、どんどんがんばるぞ。

とスイッチが入ってしまったのですね。


私は目が細くなって細くなって、しまいには閉じています。

「あ、せんせ、黒板消しましょうか?」

なんて敬語も出てきているんです。


もちろんこれからだって、いろいろ壁にはぶつかることだと思いますが、

がんばれば乗り越えられるという体感は

そんじょそこらの壁はぶち抜いてくれる原動力になるのですね。

これだから、こどもと接する仕事はやめられません。

ありがとう!

コメント

くじける・くじけない

2021-06-22 | 講師N
くじけてしまう子と

くじけない子。

親御さんにしてみたら、当然くじけない子に育って欲しいと思いますよね。

我々のような立場でも同じです。


英検が合格できなかったから、もういやだ、やりたくない。
もう英語いや・・・。

英語やめる・・・。

とくじけてしまう子がいます。

反対に

「く~~~悔しい!次こそがんばるぞ」

と闘志を燃やす子もいます。

この違いってなんでしょうか。

どうしたらくじけない子になるのでしょうか。


ワタクシ、僭越ながら、こう思います。

くじけない子というのは

「辛いことがあっても、それは長く続きはしない」

ということを、本能と経験で分かっている子なのではないでしょうかと。


さらに僭越ながら、ワタクシの場合はこうです。


すご~く辛いことがあったとします。

例えばですね、思いもかけずに心無い言葉を言われたとか、

大きなミスをしてしまったとか、

自分の失言に自己嫌悪に陥ってしまったとか。

ワタクシ、いつもへらへらしているので、毎日楽しそう、幸せそう、と思われるかもしれませんが、

嫌なことはしょっちゅう起きます。

そして、そういうときは当然落ち込みます。

胸がドキドキして、呼吸も浅くなり、頭痛も起き、ずっとその嫌な瞬間が繰り返し心の中に思い出されて

ああああああ!と頭を掻きむしりたくなるくらいです。

ですが、そういうとき、私の本能は言うのです。

「だいじょうぶ、長く続かないよ。この辛い気持ちは、数日すれば和らぐよ」

そうして、実際本当に、数日で気持ちは和らぐのです。

このサイクルが経験となって蓄積されます。


つまり

辛い気持ちはずっとは続かないのだよ。

ということです。


くじけてしまう子は


辛い気持ちが一生続いてしまうのだと

思ってしまっているのではないかしらん。


ああ、もうだめだ・・・。

と一旦思うと

ず~~~~っとだめだ、

になってしまうのではないでしょうかね。


では、

どうすればいいのか、

それが問題です、私にだってわかりません。


わかりませんけど、

壁にぶつかって、乗り越える

という経験をさせてあげるしかない、のですよね。

それをどうやって?

わかりません!!


ワタクシ、またまた僭越ながら、自分の経験を偉そうに語りますが

時間は嫌な気持ちを忘れさせてくれる

つまり、時間が経つと、人って忘れるものなんですよね。


これをしっかりわかっているか、が大事ですよね。


と思うのです。

それと、

周りの人からの愛情。

これも大事。

わたしは有難いことに、なにかあるとド~ンと落ち込むのですけど

そんなときに、必ずOBや現役生や、保護者の方から

嬉しい一言をいただけるので

びょびょ~んと壁を飛び越えることができているのです。


親御さんは

先頭を切って解決しようとしないで、

温かくそっと見守る

のがいいのではないかとも思います。


踏ん張る力って

そんな簡単にはつきませんけど

つかないわけではないのです。

つけることは絶対できると思うんです。





コメント

安心 不具合

2021-06-22 | お知らせ
入退室確認アプリ

安心でんしょばとが

なにか不具合が生じているようで、今日の午後から使えなくなってしまいました。

復旧作業をしている、とのことですので

明日までには使えるようになるといいのですが

googleの不具合と関係があるのでしょうか。


ともかく

ご迷惑をおかけしております。

申し訳ございません。
コメント

ワンコイン

2021-06-21 | 講師N
19日土曜日のワンコインレッスン。

国語の授業を行いました。

ワンコインでは初めての試みでした。

国語ができない子は、英語もできなくなります。

だからしっかり国語、言葉の力を学んで欲しいなと思います。

初回は「昔ばなし」を使って、

単純ではありますが、

いつ

どこで

だれが

なにをする

という読解の根幹を楽しく学んでもらいました。

ついでに、私から質問をして、昔ばなしの内容を広げてみました。

例えば

・浦島太郎は、なぜ玉手箱を開けてしまったんだと思う?

・どうして乙姫さまは、恩人の浦島太郎にあんな玉手箱をあげたんだと思う?

いろんな楽しい意見が出ました。


またやろうと思います。

そして、少しずつ難易度を上げていこうと考えています。

よろしくお願いいたします。
コメント