英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

Where are you now, Santa?

2020-12-24 | つぶやき
サンタさん

今どこなの?

ここだよ~



コメント

いろんな刺激

2020-05-09 | つぶやき
今週、月曜から金曜まで

夜の時間の公開セッションに

リーチアウト卒業生である大学1年生が

日替わりで登壇してくれました。

「現役生のために、受験の話とかして元気づけてくれないかしら」
とお願いしたら

「わたしでよければ!」

と次々に手を挙げてくれたのです。

彼らも本来でしたら

大学が始まっていて、学業やバイト、サークルに
きっと忙しいはずだったのに

自宅から出られず。

住むはずだったアパートも無人のまま数か月・・・。

彼らのインパクトも大きいはずですが、
こうして後輩のために貢献してくれたのですから

本当に有難い気持ちでいっぱいになります。

しかも

新生活をきちんと始められない彼らにとって、
受験生だった記憶はまだまだ鮮明に残っているので

たくさんの情報をくれましたね。

便利なアプリや

お友達との関わり方

集中力の持続方法

勉強の進め方

英語だけでなく、古典や社会なども。

そうそう、こちらが昨日のお話で
ちらっとお見せした

自分で作ったまとめノート
文化


こういうノートをたくさん作ったそうですよ!

古典の勉強のコツも教えてもらいましたね。

数学も!

やる気が湧いてきませんか?

彼らはこうしてみんなの前でしっかり言えるだけ
勉強しました。

とにかく相当量勉強をしたのを知っています。

やった人だからこそ言えるお話を

たっぷり聴けましたね。

反響もたくさん寄せられました。

モチベーションが上がった~~!

という中高生がたくさんいました。

あなたたちも、いつかこうして自分の通った道を
話してくださいね、

笑顔でね!

今の歩き方が将来につながります。
コメント

トランスフォーム

2020-04-28 | つぶやき
我々にとって正念場の週です。

2日目が過ぎました。

今日もリーチアウトのブログをのぞいてくださいましてありがとうございます。

≪我々は各講師ごとにzoomのミーティングルームを開設しています。それぞれの講師でIDとパスワードが異なります≫

さて、ネット関係IT関係機械関係が苦手なお母様方から、「全くついていけない」というお声をいただいておりますが、

お母様、どうぞどうぞ、我々設定のお手伝いをさせていただきますので、お困りの際はお声をかけてくださいね。

わたくし、3月に各学校が休校になった時点で、リーチアウトは2日間だけお休みをいただきまして、その後はレッスンを続けさせていただいておりましたが、

4月以降のことを考え

「もし、新学期始まって、また休校になってしまったら、いよいよ我々もレッスンは続けられまい」

さあ、どうするか・・・。

そうなったら、ネットの力を借りるしかあるまい・・・。

と思い、

すぐにリサーチを始めました。

オンラインでやるか、映像授業でやるか、その両方か、

以前より高校クラスで使用してきたgoogle classroomはどうやら全クラスに活用できそうだ。

オンラインならばどういう手段を使うべきか。

映像の提供ならば、you tubeで果たしてよいのか。


わたしも決してこういう分野に明るいわけではありませんが、

幸運なことに、

日本多読学会の大学で教えていらっしゃる先生方が、
大学が休みになった際に授業をどう展開していくかという
アイデアを公開してくださったり

なんといっても、うちのOB達がパソコン技や大学の話をしてくれたりして

少しずつ情報が集まり、形が見えてきました。

そして、うちの講師に「今のうちに◎◎しておくように」という指示を出すことができました。

講師も得意な者ばかりではありませんが、全員一丸となって、パソコンスマホと格闘して、どんどん学んでいってくれました。

動画や録音も少しずつ相談しながら、準備を進めることができました。


そして13日から休校に入り、

まずはclassroomをスタートし

続いて、ご希望の方へのeトレネットのご紹介をし、

そして、中高生向けのデジタル多読myOnを予定より前倒しにしてスタート。

そしてzoomの試験運用からの今週のセッション。

めまぐるしくいろんな情報をお出ししましたので、「なんでこんなにいろいろやれって言ってくるの!!」と頭にきてしまった方もいらしたかもしれません。

本当にすみません。

準備は前々からしていたのですが、今は全く先が見えない状態で、いつどうなるかわからず、あらかじめのご連絡がとてもできる状態ではありませんでした。

皆様

今は、まさに非常事態です。

世界中、日本中が混乱し、みんな疲弊しています。

今までよりもいろ~んな作業が増えました。

そんな最中に、自分は今までの生活を守ろうと思ってもだめですよね。

変化を受け入れなくてはいけません。

変化を受け入れて、ひとがんばりすれば、お子さんにとってのよりよい環境がすぐに構築されます。

がんばってください!変わりましょうよ!アナログ人間だとか言ってないで!

リーチアウトがお子さんに無益な情報を発信すると思われますか!!!!
そんなスクールですか?

ちがいますよね?

信じてください。今は信じてついてきてください。

お願いします。


有難いことに、リーチアウトは昨年、NTTの大きなサーバーを入れて、
高性能のwifiも入れ、ネット環境はバッチリ整っておりました。

先日、お付き合いのある会社の営業さんが

「いやあ、リーチアウトさん、先見の明!ああいうことを昨年やっておいて、本当によかったですね。今急にやれっていっても、今の状態はできませんでしたね」

と、言ってくださって、

ああ、そうか!

うわあ、ものごとって繋がっていくんだ!



鳥肌ものでした。

レッスンがいつものようにできないので、

苦しくて苦しくて、

もだえ苦しむような気持ちでおりました。

高3のことを考えると、わたしは気が狂いそうになります。

ですけど、

今、完璧な形とはいきませんが、ネットの力を借りて
なんとか学びの場をご提供できていることと

そして

我々がこうしていろんなことを学んで逞しくなっていることに

感謝して

進み続けなくてはいけませんね。

がんばるのみです。

お母様方も

どうぞ、ひるまず、端末を持ち上げて
わたしがお送りしました「説明ビデオ」などをご覧になりながら

設定をなさってみてください。


お母様がどんなにお忙しいか

想像に難くありません。

ですけど

お母様も変わらないと今この目の前の危機を乗り越えられないと思います。

オンナは強いですぞ!


コメント

世界史の罠

2019-05-18 | つぶやき
高3女子が

世界史ができない、

どうしたらいい?

もうだめ・・・

と言うので

一緒に勉強することにしました。


そういえば、

中3のときも、一緒に受験勉強
がんばったよね。

今度は大学受験の年齢か・・・。

しみじみ・・・。


世界史の罠とは

時代が上がったり下がったり
するところですよね。

中国の9世紀の話をしているかと
思ったら

突然お隣の朝鮮半島の12世紀の話に
なったり

日本の11世紀に飛んだり

モンゴル平原の8世紀に戻ったり

まるでタイムマシーンに乗っている
がごとく

地域だけでなく、時代がぐるぐる
変わるという・・・。

教科書のたった数行で

時代が上がったり下がったりするのです。


歴史が嫌いな子は、

こういうところが嫌なんですよね。

でも

克服せねばならないのです。

今日、さっそく夜9時から

資料集や教科書
(歴代の卒業生が寄付していってくれたので
たくさんあるんですよ、リーチアウトの本棚に)

をひっぱりだして、

コピーをして

年表を中心にして

切り貼りしていたら


あっという間に時間になってしまいました。

9時から10時のあいだに

高校生で私のアシスタントをしてくれている子が
話しにきてくれたり、打ち合わせをしたり

大学生のOBが寄って内定が出た報告をしてくれたり

メールやラインに対応したりと

途中で中断しながらのお勉強だったので

あんまり進まなかった~。

次回はがんばろう。


さて

わたくし、明後日の午後から水曜の朝まで

グアムに行って参ります。

勤務校の中学の修学旅行です。

本来ならば、オットが例年引率するのですが

今回は心臓病のため、断念をしたので

わたしが一番メインの文化交流イベントの
仕切りのために

数日だけ行って参ります。

よろしくお願いいたします。






コメント

そ、その理由・・・

2019-05-08 | つぶやき
中学1年女子。

今日の準2クラスの授業にて。

英作文のお題は

「大学に行くことは大切か」

その理由を2つ考える段階で、
私がまず日本語で言うよう促したら

彼女はこう言いました。

「え~っと、


いい大学に入るのは親が喜ぶから」

わたしがブ~~っと吹き出すと

「え、だってさ

親孝行って大事じゃん。

いい大学に入ったら、親孝行じゃん。

まあ、お金を出してくれるのは親だけど」


こう聞くと、なんかいけすかない感じが
するかもしれませんが、


彼女が言うとなぜだか笑ってしまうのです。


わたしは

「でもさ、いい大学に行っても、引きこもりに
なっちゃったりしたらさ・・・」


「でもね、わたし、全然そういうタイプじゃ
ないでしょ。ぜったいひきこもらない」


うむ、確かに・・・。


予想外の答えに、みんなで笑ってしまいました。


コメント