藍こみっ

楽しみな未来へ向けて、昨日と違う明日への一歩

考察/consideration

2014年08月31日 23時07分45秒 | 日記
籠城気味の藍色です☆

今日は、新聞を取りがてら、裏手のドラッグストアに雑貨を買いに行っただけで、終日ぐったりまったりしてます(笑)。

とりあえず、今は課題を終え、夕飯→お風呂→ワイン☆と移行中。

考察

8月31日を迎え、いよいよ夏も終わりでしょうか。

電車には通学する学生の姿も少し戻り、暑さも和らいできた今日この頃。

ビールの爽快感よりも、ワインのほんのり感が楽しめる季節になってきた気がします(笑)。

さて明日から9月な訳ですが、9月&10月は出張もあるし、親戚の披露宴に出席するために帰省したり、大学に行ったりと、なんかイベントが多いような・・・(汗)。

そんな中、不調のPCはメモリクリーナーを軽いものにしてまずは対応してみました。

おかげで?youtubeでは落ちなくなったものの、画面のちらつきや、ディスプレイの停止&回復がまだ起こったり(T_T)。

そこでさらに調べてみると、NVIDIAの設定を変えるとの対応策があったので、それでまた様子を見ようかとは思いますが、今度はリフレッシュレートとか新しい単語が出てきた(笑)。

まあ、PCに無理させるなって、そういうことか(爆)。

さて、ここんとこやんなきゃいけないことが色々出てきて、取りかかる順番やタイムスケジュールが頭からこぼれ落ちそう(笑)。

まあ日ごろ出力を6~7割に抑えているので、もうちょっとはいけますけど(本来それで良いのか?との議論はあるが・・・)。

次に向けて、1つ1つ取りかかりますか。

9月は前半が課題なので、また頑張るとするか☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過度/excess

2014年08月30日 20時37分33秒 | 日記
散髪し、イトーヨーカドーで食材を買いこみ、洗濯も終え、籠城に向けて準備万端な藍色です。

土日とデスクワークがちょこちょこあるので、それに向けてМPを調整中☆

今日の分は既に終わったので、これからワイン片手にワンピースでも眺めてみるつもり。

明日は・・・もうちょっと頑張るか(笑)。

過度

最近、PC画面がちらついたり、停止と回復が起こるようになった。

そこで、NVIDIAを更新したりしてみて、まあ改善された風に感じたのですが・・・。

今度は、youtubeを見ているとPCがシャットダウンし、再起動するように(T_T)。

今までと同じ使い方をしていて落ちるようになったので、いろいろ可能性を検討しているけど、まずはyoutubeを見ないようにして、打開策としています(爆)。

しかし・・・これでおにぎりやPVをチェックする頻度が下がるのは、目は休まるけど残念かな。

さて、だいぶ久々にお米を炊いてみたりして(笑)、少しご飯が定着しつつある今日この頃。

食材をコンスタントに買うようになってきたので、秋だし果物も食べるかと、梨や桃を頂いたりも。

千葉は梨が特産?でもあるので、梨は地元の物を、桃は福島なんかのを買って楽しんでいます☆

これにワカメあたりで、PHを調整したいと思います(笑)。

さて、気付けばもう9月も直前で、気温と共に秋の到来を実感しつつある今日この頃。

自分の場合は、朝夕の日の出、日の入りの時間でも、季節の移り変わりを感じています。

これからいろいろ忙しくなりそうなので、自分は意図的にシャットダウンしていきますかね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

準備/preparation

2014年08月27日 22時12分05秒 | 日記
すっかり秋めいてきたので、長袖のシャツを洗濯してみた藍色です☆

まだ半袖で行けるんだけど、まあ衣替えの準備をしてみた次第。

個人的には半袖よりも長袖が好きだし、季節も夏よりは少し涼しかったり、寒い方が好き。

というわけで、まずは秋の襲来を心待ちにしております(笑)。

さて、日記が少し書けていなかったのですけど、主な理由が2つあります。

1つは、最近晩酌にワインを1杯ほど飲んでいるのですけど、何故かワインだと筆が進まない(というか、書く気になれない)。

というわけで、現在は白ワイン→ビールにスイッチし、ブログに向かっている藍色です(笑)。

白ワインを冷やしたら、気分が出るのかな?明日に向けてちょっと冷やしてみるか☆

もう1つは、何気に朝夕とご飯を用意して食べていて、帰宅してからご飯を食べて、お風呂に入って晩酌したら、さあ寝る時間だ!となってブログに向かえていなかった(汗)。

書きたい題材は幾つかあるんだけど、それがお酒を飲んで、少しまどろんだ状態じゃないとシナプスがつながらず(笑)、納得できずに消したりすることも。

まあ、上手くリラックスして、ストックをぼちぼち入れ変えたいとは思ってますが。

そんな中、仕事では何故か毎週で出張が入ったり(珍しい)、予定に予定がニアミスしたりと、なんだか人気者みたい(笑)。

とりあえず・・・まだ先だけど、日曜に地元で披露宴はなかなかタイトだな~(汗)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休息/rest

2014年08月24日 04時01分17秒 | 日記
朝一で「るろうに剣心」を観てきた藍色です。

e-チケットだったのでさくっと会場に入り、楽しんできました。

京都大火編ということで、剣心が京都に向かい志々雄の計画を止めようとする中、その剣心を更に蒼紫が追う展開。

9月13日からの最終作に向けてのイントロでもあるため、その前哨戦みたいな感じ。

個人的には、コミック(原作)では、左之助が京都に向かう中に敵方の安慈と遭遇して、そこで「二重の極み」を習得するきっかけとなるけど、それが映画ではないまま京都に辿りつく。

二重の極みがなければ、左之助は戦力にならないと思うのだけど、それを次回どうするのかな?

謎の男、として福山が最後に出てきたけど(笑)、比古とのシーンが加わる次回は、かなり盛りだくさんなのだろうか?

翁屋襲撃に不二が出てくるのか、そこで不二vs比古があるのか。九頭龍閃が出るのかどうか、それが楽しみ。

九頭龍閃そのものを、映画から外してくる気もしてますけど・・・(汗)。

そのままお昼を食べて、今度はマッサージをしてもらってきました☆

ネットで割引予約をして、かなりリーズナブルなプランにご満悦です(笑)。

首・肩・背中あたりの凝り(張り)を感じていましたが、いざマッサージしてもらうと、お尻や太ももあたりもかなりくる(汗)。

それ以外も「目の疲れから来ているのか、頭皮も硬いですね~」と言われたり(頭が硬いんじゃないよ?)。

頭皮はなかなか実感したことがないけど、とりあえず帰りの靴は左右共にゆるゆるで、足のむくみが軽減されたことは実感したし、背筋(腰~背中)も伸びました☆

途中イトーヨーカドーに寄って食材を買い、家でまったり夕飯を食べたら、睡魔に襲われ、仮眠のつもりが2時まで爆睡してしまった(T_T)。

とりあえず、お風呂に入り、洗濯をし、梨を食べて水分補給。

数日ぶりのビールを飲みながらブログを書き、またちょっと寝るとしますか(笑)。

皆さまも、良い週末を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

協調/collaboration

2014年08月20日 21時32分44秒 | 日記
某ブログを読んで、そろそろ観に行こうかと思っている「るろ剣」の情報を得た藍色です。

そうですか・・・我が敬愛する斎藤一は、あまり活躍しませんか(笑)。

予想通り福山が比古役をするようですけど、3部作の2話目ですから、概ね予想通りの進展具合なんだろうな。

それでもまあ、今週あたり観に行くつもりですけどね☆

協調

伊集院静だったか忘れてしまいましたが、作家を生業とすると父親に告げたところ、「一人仕事か、なんとつまらない」という趣旨の言葉を掛けられたというエピソードを、ふと思い出した。

いや、仮に作家だって一人きりですべてを行うことは難しく、秘書だったり、編集者だったり、表紙や塗装を手掛けるデザイナーと連動し、初めて本が世に出ているとは思う。

なので作家と言えども、完全には一人仕事という訳ではないんだろうけど、まあここでその父親が言わんとしたいことは、そうではないだろう。

時には煩わしさもあるだろうけど、人と議論したり、連動したりして、結果として1人ではできないことを形にする。

もちろん、エースはどこにでも大なり小なりいて、青写真を描く人、それに肉付けする人、細かな修正を施す人など、多くの人が関わって、ようやくそれが生まれるんだと思う。

最初にデザインする人がいなければ、それはそもそもアイデアベースですら存在しないわけだけど、それを実際の物にしようと働く人がいて、それが少しずつ形になる。

組織で働くとなった時、強烈に感じたことは「ああ、仕事のすべてを自分が手掛けなくてもいいんだ。協力して世に出せるんだ。」ということだった。

もちろん、大学でも会社でも、自分が負うべき責任はあるし、また他人に任せられるところや、協力を仰げるところもある。

でもこれまでに比べれば、今の方が人から支援を受けやすい環境だと思っている。

そうやって多くの助力を受けて世に出ると、それが今度は市場に曝されて、良くも悪くも大きく変化を受けていく。

先日、東京オリンピックの際に、急ピッチで勧められた住宅(ホテル)の建築にお風呂の生産が間に合わないため、それをどうにか達成するためにユニットバスが生まれたというニュースがあった。

要は、建築現場でお風呂を組み立てていては手が足りないため、それを事前に工場で作り、現場でははめ込むだけと簡易化することで、納期に間に合わせるという設計指針だったわけだ。

当時の設計士はそういった納期に間に合わせるために開発したユニットバスが、今のように標準化されるほど普及するとは思ってもいなかった、とコメントしていた。

すべてを当時から思い描いていた訳ではなくとも、時代の潮流に乗り、今に至る製品を生み出したという軌跡は、なかなか興味深く感じだ。

ユニットバスが世に出てからも、その進化や開拓を継続してきた人々がいて、今へと至るのだろう。

さて、我々はどうしますかね?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加