藍こみっ

楽しみな未来へ向けて、昨日と違う明日への一歩

激震

2013年03月30日 01時10分26秒 | TST(たまにはサイエンスちっくで)
たまには、金曜に書いてみようかと思ったけど、日付的にはもう土曜だと気づいた藍色です(笑)。

さて、化学系のブログでは、現在「お祭り騒ぎ」というか、「激震」が走っているかと思います。

http://www.chem-station.com/blog/2013/03/okok.html

http://blog.livedoor.jp/route408/

どちらも、取り上げているのは東大、藤田研が科学の最高峰であるNatureに発表した業績についてです。

http://fujitalab.t.u-tokyo.ac.jp/

化学者が、なにかモノ(化合物)を作った場合、それがどんなモノかを調べために、いろいろな「分析」を行います。

料理の出来栄えは見た目や味見で測りますが、作った化合物を味見するわけにもいかないので(汗)、それがどんな素性のものかを調べるために、化学者はNMRで水素や炭素の断片的な情報を集めたり、IRで官能基や配座を推察したり、MSで質量を分析します。

それぞれの分析で明らかになる情報を「統合」して、これまでの報告にあるモノだったら「同じモノです」と結論づけたり、新しいモノだったら「こんな特徴を持つモノの報告はないので、初めての報告です」と言い切ったりします。

一方で、上記の分析方法はあくまで化合物の情報を断片的に集めているに過ぎず、平たく言えば透かし絵を見て、紙の裏側にあるモノを類推しているような感じです。

ですので、そういった紙を取り除き、化合物を直接視認できれば、そういった「推察」が不要となります。

そんな「化合物を決める最終的な手法」の1つが、単結晶X線構造解析です。

これは小さくて・綺麗な結晶があれば、その写真を取ることで化合物の写真が撮れる、そんな分析です。

写真を撮れれば、精度よく分析できるため非常に強力な分析方法ですが、最大の障壁は「綺麗な結晶が必要」なことです。

身近な結晶と言えば、例えば食塩なんかがそうですが、食塩は白っぽくて、透明ではないですよね?

これは結晶に「スジ」が入っていたりするためで(要は、粗い結晶ということです)、結晶でもそういったモノは単結晶X線構造解析ができません(解析不能)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/塩

↑じゃなくて↓のような食塩が必要です。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/0c/ce61b5d97cea580d8869e32a425444a4.jpg

なので、食卓で使うような食塩は、単結晶X線構造解析に不適であり、そんな結晶を分析しようとする後輩がいると、先輩のため息が聞こえてきたりします(余談ですが)。

さて、ここでお気づきの人がいるかもしれませんが、化学者が作るモノは、かならず結晶になるわけではありません。

水みたいな溶液のモノだってあるし、タンパク質みたいに非常に大きなモノは、そもそも綺麗な結晶を作るのが難関です。

ですので、先のNMR、IRやMSが固体でも、液体でも分析出来るのに対して、より強力な単結晶X線構造解析は、結晶(固体)しか分析できないという、大きなハンデがあるわけです。

ここでようやく話が今回の業績につながりますが(笑)、今回藤田研が報告した研究は、そういったこれまで溶液であったが故に分析できなかったモノを、「本来、結晶(固体)しか分析できない単結晶X線構造解析で分析できるようにしちゃった」というものです。

これは、分析手法を大きく拡張する、大いなる一歩になるかもしれません。

化学を少しかじった人間としては、これまでの仕事をそういった方向に広げ、結果を示したそのパワーに敬意を感じます(詳細は、最初の2つのリンク先をご覧下さい)。

シャープの液晶などで有名なIGZOなんかの研究もそうですが、大学に籍を置く研究者の業績が、一般生活に大きな影響を与える成果になりそうで(要は、その技術が普及するということです)、ドキドキしますね。

(正確には、今回の技術そのものを一般の人が私生活で実感する機会はないと思うので、IGZOほどの余波はないでしょうけど。)

芸能人を見て「カッコイイ」と感じるように、今回の業績を見て「凄い」と思うわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクル

2013年03月25日 22時04分13秒 | You Tube
久々の出張から無事に帰還した藍色です。

滋賀・京都をうろちょろしてきましたが、朝は5~6時に起き、夜は12時までとホテルに戻ったら寝るだけの生活でした。

新幹線などでの移動中は、出張前日にiTunesで買ったサカナクションのアルバム、「sakanaction」をwalkmanでひたすら聞いてました(え?何か?)。









なんかYMOの坂本龍一を思い出したりもしますが、そんなことを書くと年代が伺えますね(笑)。

このアルバムの「映画」とかも良いので、機会があったら聞いてみて下さい。

伝染

気づけば自分もそこそこの歳を重ねてきましたが、それ相応の経験値を積んできたか?と振り返ると、歳の割には洗練されてないなーと実感しています。

そんな中、かつての居場所を見ると、今の自分との距離感が感じられて、「ああ、少しはあれから自分が変わったんだな」と感じられて、それはちょっと新鮮でした。

一方で、あまりに変わっていない(成長していない)人を見かけて、結構辟易したりも。

思わず、「こいつはもうだめだ!捨てていこう」という、もののけ姫の台詞(山犬)を思い出したり(笑)。

本来、自分の進む道には、誰の力添えも、助言もありません。

それは、それが自分の責任で選び・進む、他ならの自分自身の人生だからです。

しかしながら、実社会では身近にいろんな人がいて、その中で少なからず、進もうとしている道を案じてくれたり、一緒に考えてくれる人がたまにいます。

でも、そういった人にも自分の人生があるわけで、そんな風に他人を支えてくれるのは、一瞬のことかもしれません。

それでも、自分にはない価値観や、経験に沿った助言をくれたりするので、その存在は尊いと思っています(本気の助言なら)。

まあ、平たく言えば「頼まれてもいないのに、心配してくれるのは有難いと、自分は思っている。」ということです。

なので、そういった他人からの助言・進言を無にする行為や態度は、「ああ、この人は自分の助けはいらないということだな。」と感じてしまうのです。

(無論、他人が自分の人生を決めるわけではないので、参考にする・しないは自由ですし、それすらも疎いという人もいるでしょうが。)

少し話が逸れますが、PDCAサイクルという考え方があります。

Plan(計画)を練り、Do(行動)をし、その結果をCheck(分析)して、補正してもう一度Action(行動)するというものです。

最初に立てた計画は、予測や分析によるものですが、それを実際に行動に移してみると、いろいろと弊害や相違が出てきます。

そこで、そういった「変化」を分析し、それに応じた対策を計画に組み込み直し、また行動を進めていくというものです。

どんな物事を決めるにでも、自分は特に「目標」と「分析」が欠かせないと感じています。

なりたい自分や、夢があり、それに向けて本当に進む気持ちがあるのら、あとはその到達点と今の自分を測り、距離を探るしかありません。

それが正しく測れれば、次はその不足分をどう補うか、何時までにするか、といった具体的な行動指針が生まれます。

夢と自分との距離感は人それぞれですが、その間を埋めるために必要なこういった行動は共通だと思います。

それが自分で上手く測れないなら、例えば分析に長けている人に助言をもらえば良いし、具体的なアクションが浮かばなければ、その道の経験者に聞くのが良いでしょう。

こう書くと「他力本願」にも見えますが、ちゃんと自分にないものを知り、それを埋めようという行動は、真っ当な努力だと自分は感じます。

たぶん、誰の力も借りないで、1人で生きていくことは無理でしょうし、誰とも関わりがない人生って面白いかな?とも思います。

なので、誰かと関わることを前提に書きますが、それならば友人・知人の幸せは、その周囲の人にとっても喜ばしいことです。

本気で、幸せになりましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迂闊

2013年03月17日 23時53分50秒 | 食事&飲み☆
まさかの3連投、藍色です(笑)。

最近、目元に圧迫感があり、「ああ、いよいよ私の繊細な心が日々のプレッシャーに負け、それが神経麻痺みたいな形で表れたのかな?」とか思っていましたが、よくよく見るとものもらいみたいな状態でした。

花粉などで目を擦る機会も増えたためでしょうが、なるほど理屈が通るなーと関心したこの頃。

地鶏炭火焼専門店 日鶏〆(上野)

http://r.gnavi.co.jp/g960800/











何回か通ったことがある、上野駅前の焼き鳥屋さん。この向かいにも焼き鳥屋さんがあり、お店には困りません(笑)。

つくば時代にはよく食べましたが、久々の焼き鳥で美味しかったです。

ちなみに、自分はササミとレバーが好きだったりします。今日は馬鈴薯チップに、枝豆も良かった☆

さて、こんなことをしていると「独身貴族」とかたまに言われたりもしますが、何気に嫌いな単語の1つです(同じ境遇の人に言われる分には、なんとも思いませんが~)。

反論したくなるのは、まずもって「貴族」ではないという1点に集約されます。

年収が1000万を超えるにも関わらず、ビッツとかフィットとかに乗り、社宅に暮らしているならいざ知らず(誰のことだ?)、せいぜいようやく自立をし、たまに友人・知人とご飯を食べている程度ですよ。

例えば、同じ3万円を使うのでも、月収20万の人と、50万の人とではウェイトが違うという、それだけの話です。

もう一度言いましょう。私が後者だとでも?

まあそんなに貴族がぽんぽんいても困りますけどね。そこまでチープな存在でもないでしょうに(笑)。

何に重きを置いているか、それだけのことですよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空隙

2013年03月17日 13時59分40秒 | インポート
先日、広島の牡蠣加工場で、殺傷事件がありました。

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130315-OYO1T00267.htm?from=top

概要は、中国人実習生(30歳)が経営者や作業員を暴行したというもので、原因は人間関係のトラブルのようです。

http://news.livedoor.com/article/detail/7505363/

重軽傷を負った従業員の男女6人(64~72歳)の年齢を見ればわかるように、非常に高齢化が進んでいる職場です。

初めの記事にもあるように、日本語がほぼ話せず、職場には同様の境遇を持つ中国人もいない。そんなところで仕事のことでも罵倒されれば、自暴自棄になるかもしれません。

もちろん30歳であれば分別を持ち合わせ、トラブルになりそうだったら自分から仕事を変えるとかそんなこともできたわけで、事件を肯定するつもりはありません。

こういった産業の高齢化は漁業でも起こっていて、後継者が不足することで操業する漁船そのものが減り、そのため排他的経済水域付近が中国船に荒らされているというニュースが以前ありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130306-00000015-xinhua-cn

操業する船が減れば、それだけ水域を見つめる監視の目が減るため、こんなことも起こるようです。

さて、話はここからTPPに移ります。

最近発表された試算だと、TPPに入ることでの経済効果が3兆2000億円/2兆9000億円だそうです。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1520130315qtkf.html

この数字が正しいとすると、TPPに入るとプラス2~3000億円(GDP 0.66%up)となります。

?これだけ騒いで、医療や農業などの聖域は守りますとか言って、それだけなの?というのが私の率直な感想。

民主党がダメダメ過ぎたので政権は自民になりますけど、安倍政権で気になるのはTPPとか憲法改正への動きです。

農業も前述の漁業と同じように高齢化を辿っています。牛肉と同じようにブランド開発(松阪牛とか)に活路を見出すかもしれませんが、なんだかどんどん国内産業が希薄になっていくような・・・。

まあ(日本という枠を超えて)本当にグローバルになるのかもしれませんが、どんな風に進むのかなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選択

2013年03月17日 12時25分34秒 | 食事&飲み☆
知事選だったので、投票してきました。

期日前投票は、引越し後初めてかな?

立候補者は3名のはずなんですけど、街頭のポスターにはずっと2名しか張り出されていない。

「3名は気のせいだったか?」とも思ったが、投票所には3人の氏名があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130316-00000088-mailo-l12

まあ、ノイズみたいなものですか。

銀座舟形

http://www.funakata.com/

「ご飯食べよう」と誘われたので、気になってたお店にトライしてみた。

銀座に系列店の魚ばかがあるけど、そちらは料理がコースしかないようで、こちらの船形になりました。

どちらも有楽町とか銀座一丁目(メトロ)あたりから近い。


入港料(990円)で出てくるお刺身。ちょっと高いけど、いろいろ食べれてまあ悪くない。


卵焼き。アツアツで美味しかったです。


新ジャガ唐揚げ。こちらも良かった。


鯖焼き(ハーフ)。みんなでガツガツ食べました。


鯵の胡麻茶漬け。出汁が美味しい。


鰤照り。箸休め&お酒の肴に。


棒寿司。


スルメイカの刺身。裁く前の水槽から生け捕ったイカを見せてもらえます。

銀座の割には、手軽なお店でした。

スルメイカの刺身は、醤油をさすとゲソが動いたりと面白かったけど、ちょっと割高ですね。

(なぜ天日干しするかを考えれば、想像に難くないのかもしれませんが・・・)

3DS

トイザラスに行き、現物を確かめてきました。

PS関連も気になるので、さてどうしたもんか・・・(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加