藍こみっ

楽しみな未来へ向けて、昨日と違う明日への一歩

リニューアル

2012年08月28日 22時53分42秒 | 食事&飲み☆
洗濯機のホースを新しくしてみました(どうでもいい話から、いきなり始めてみた)。

引っ越してから、毎回水が漏れていたのですが、ホースが意外に2000円くらいするので躊躇していたところ(笑)。

取り替えたらピタッと水漏れが収まったので、まあ安い買い物ではありましたが。

エキストラコールド





まあ、どんなもんかと試してみたんですが・・・。

「ちょこっと冷やしたところで、スーパードライは、スーパードライでした(汗)。」

味蕾(舌)は温度が低いほうが鈍いので(ホットよりも、アイスの飲み物を甘くするのに、より砂糖などが必要)、冷しても味は・・・とか思ってはいたのですが、その通りでした(笑)。

個人的には冷やしている温度も中途半端で、これならプレミアムモルツなんかを凍らせたジョッキで出す居酒屋の方が美味しいと思います(エキストラコールドだと、低温の持続力が弱いかなーと)。

パチモンをつかまされたのかもしれませんが(汗)、これなら二度目はないなって、そんな感じ。

少女ファイト

待望の新刊(9巻)。物語はどんどんシビアになり、その分「気軽に読める」感じではなくなってきた。

ニューキャラなんかもでて、物語の収束を願うファンとしては、少し抵抗もある。

でも、歯車が噛み合ってきた感はすごくあって、また次の巻を楽しみにできそうだ。

学の「結果を出すために、修羅になる」という台詞は、忘れていた何かを思い出せそうで、心に触れた。
コメント

視点

2012年08月26日 23時28分40秒 | インポート
久々にマルイで、シャツなんかを買ってみた。

マルイのエポスカードは普段から「ガシガシ」使っているけれど、そのポイントを使うのは本当に久々。

カードを提示して、ポイントの差額分を払おうかな?とか思っていたら、お店の人からポイントを使いますか?と聞かれ、「はい」と答えたら・・・。

お店の人「ポイントでほとんど全額払えますよ?」

藍色「えっ?そんなにありましたっけ?」

ポイントの数字は覚えていたのですが、マルイポイントが5倍になることを忘れてました(爆)。

んで、帰宅してからポイントについて調べてみたのですが・・・。

1000円のお買い物をすると、1ポイント(=5円)になるようです(支払いの仕方などによっては2ポイント(=10円)以上にも)。

伊達に普段の食料品や、携帯の支払いなどを統括しただけのことはあるようでした(笑)。

そのポイントを貯めるために支払った金額は考えたくないですが(遠い目)、一方でその結果気に入ったシャツなどをタダで買えたのは嬉しいものです。

愛国

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120826/chn12082607000002-n1.htm

+++

沖縄県の尖閣諸島(中国名、釣魚島)をめぐり日中間の対立が先鋭化していることが、中国のインターネットで話題を集めている。

議論のきっかけは8月19日の日本人の尖閣上陸などを受け、同日に中国全国25都市で起きた反日デモ。参加した一部の若者が日本製自動車を壊し、日本レストランを襲撃するなど暴徒化した。

翌日付の中国紙、中国青年報は「日本車を壊すことは愛国行為ではない」との趣旨の記事を掲載したが、インターネットにはこれに反発する意見も多く寄せられた。

日本車をめぐる激論が交わされているのは「汽車之家論壇」(自動車の家フォラーム)など複数の大手サイト。他人の財産を壊すことは中国でも違法行為だが、これまでの数々の反日デモの中で、日本車を壊したことなどを理由に処罰された関係者がほとんどいなかったこともあり、議論の参加者からは「法律違反だからやってはいけない」という視点からの意見がほとんどなかったのが特徴だ。

これに対し、反対派は「日本系自動車の工場の多くは中国国内にあり、日本車が売れなくなれば実害を受けるのは中国人労働者だ」「中国人が暴徒化する写真が世界中に配信され、中国全体のイメージが低下する」「壊された自動車はみな日本系の修理工場に回され、最終的に潤うのは日本人だ」といった意見がある。

反対派と賛成派はほぼ6・4の割合でやや反対派が多いが、「一般民衆の自動車を壊してはいけないが、政府の公用車、警察のパトカーが日本製なら壊すべきだ」といった“中間派”の意見もある。

+++

まあ要は、日本に対して怒りが収まらず、その国旗を燃やすだけでは溜飲が下がらず、パトカーなどの他人の所有物でも「日本製」であれば壊しても良いと、そんな議論。

一応それに対して中国国内でも反対意見もあるようだけど、それが「日本車壊しても修理で日系のメーカーに行くから、結果中国には利益がないよ」とかって・・・。

とりあえず感じることは「凄いな、本当にただの暴徒だ」とか、「なんでそんな暴走に熱中できるの?仕事は?他にすることないの?」とか。

あと、そもそも「愛国無罪」ってなに?

http://ja.wikipedia.org/wiki/愛国無罪

日本のwikiには「蛮行」と書いてあるけど、それに関して言いたいことが2つある。

1つは、無罪だからって蛮行をしていいのか?

2つは、なんで蛮行が無罪なんだよ?

まあそんな中でも日本に来て観光や買い物を楽しんでいる中国人もいるわけで、全部が反日ってわけではないんだろうけど・・・。

コメント

寄り添う

2012年08月25日 15時01分58秒 | インポート
最近、領土問題(などないですが)がニュースで頻繁に取り上げられますが、その際に流れる韓国などの主張やデモなんかを見ると、ちょっと嫌気がさしてきますね・・・。

主張が両国で食い違っていて、ではそれを司法で決着つけましょうか?と提案したら、その新書を突っ返してきて、受理を固辞した日本側へ書留で送るって、凄い対応だな。

司法に「立たない(立てない)」韓国は国家で竹島を不法占拠して、しかも首相が「日本の竹島」へ密?入国したようなものでしょうか。

漁師が「こっちの漁場に魚がいるから、ちょっと領海をはみ出して密漁しちゃった」的なことを、国のトップがしている訳ですか・・・。

そんなに「反日」&「愛国」といった他人の評価が欲しかったのかな?

まあ個人的にはある意味、前回の天皇に対する発言と込みで、そこまで地雷を踏んでくれてありがとう、といった気持ちではありますが。

一方で、中国ではこんな風に「尖閣諸島は日本の領土だ」とする意見が少し広まったようです。

どこまで広がるかは分かりませんが、ニュースが本当なら外交上の礼儀すら果たせない韓国よりは、断然この中国の企業人の方が好感が持てます。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120825/chn12082501150000-n1.htm

+++

中国広東省の民間企業幹部が24日、中国版ツイッター「微博」で「1949年から71年まで中国政府は釣魚島(尖閣諸島)を日本の領土と認めていた」と異例の発言をした。日本領有を示す53年1月の中国共産党機関紙、人民日報の記事や、複数の公式地図など根拠を挙げている。微博では中国国内からの感情的な反論に加え、「知識のない大衆が中国共産党に踊らされたことが分かった」などと賛同する見方も広がっている。

発言をしたのは同省広州の電子サービス企業、広東捷盈電子科技の取締役会副主席との肩書を持つ女性の林凡氏。林氏は微博の運営会社、新浪微博から「実名」の認証を受けており、10万人以上の読者をもつ。

林氏の資料によると、人民日報は53年1月8日付の紙面に掲載した記事で「琉球群島(沖縄)は台湾の東北に点在し、尖閣諸島や先島諸島、沖縄諸島など7組の島嶼からなる」と表記していた。中国当局が監修した53年、58年、60年、67年に発行した地図の画像も示したが、その多くが「尖閣群島」「魚釣島」などと表記。日中境界線も明らかに日本領土を示している。

林氏は冷静に証拠を積み重ねた上で「中国政府はこれでも釣魚島はわれわれの領土だといえるのか」と疑問を投げかけた。中国国内からの反応には、「資料をみて(尖閣諸島が)日本領だったことが明白に分かった」「(当局に)タダで使われて反日デモを行う連中には困る」などと、林氏支持の発言が出ている。

+++

ルーマニアの事件

最近、シリアで戦闘に巻き込まれ亡くなったジャーナリストの女性に関する報道が多いですが、個人的には戦地に赴いて亡くなった方よりも、研修の一貫で普通の国に出かけて亡くなった女子大生の方がより深刻な事件だと思っています。

戦地に取材へ行き、それを生業にしている人は死に対する覚悟も多少はあったと思うのですが、それに対して女子大生はそんな死へのリスクは感じずに出国したと思うので。

ずっと気にはなっていましたが、中高生も含め、最近学生が「人生経験を豊富にするため」だとか「就職に向けた課外活動の一貫」みたいな感じで、海外へ行くことが多いように思います。

今回はNPO法人のアイセックジャパンが仲介だったようですが、個人的にはもっと「若い女性を1人で海外へ行かせる」ことに対して真摯な姿勢で取り組むべきだったと思いますし、またアイセックのメンバーを見ると大学教授や大学生が中心で、本当に十分なサポートができていたのか?と感じてしまいます。

http://www.aiesec.jp/

戦地で亡くなったジャーナリストの山本さんと、そのご家族にはもちろん哀悼の意を持つわけですが、ルーマニアへ日本語の研修をしようとして訪れ、そこで「凄惨な」暴行を受けて亡くなった益野さんとそのご家族には、正直かける言葉など見つかりません(どれくらい凄惨だったかは、少し調べれば分かりますが、とてもここでは書けません)。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120823/k10014472571000.html

ご遺族の意向や配慮もあるでしょうが、これら事件をきちん捉え、こういった悲しく・苦しい事件が起こらないようにするのが、メディアの仕事だと思います。

そういった意味では、山本さんは死して尚、戦争の酷さを投げかけてくれているわけですが、益野さんの死も、簡単に忘れ去ってはいけない痛みだと、そう思います。
コメント

リベンジ

2012年08月19日 16時21分07秒 | 食事&飲み☆
お盆休みの最終日とあって、籠城を決め込み疲労回復に務める藍色です。

お休みの後半では、いろいろお出かけしていたので、その総決算をしたいと思います。

浅草今半(浅草)

http://www.asakusaimahan.co.jp/index.html





まあどんなもんかと思って、お昼にランチ(すき焼き昼膳)を試してみました。

出来上がったものが運ばれてくるのかな?と思いきや、女中さんが最初はお肉を焼いてくれたり、野菜などを敷き詰めたりしてくれます。

お店に入ると、靴を脱いで座敷に上がって食べる形式で少し面を喰らいましたが、味・雰囲気ともに楽しめました。

キルフェボン(ソラマチ)

http://www.quil-fait-bon.com/





桃とチーズのタルト、クリームチーズとバナナのタルトをそれぞれ食べてみました。

たまには果物がいっぱい乗ったケーキを食べてみるのも良かったです。

ソラマチ自体がまだまだ混雑しているため、品切れになるケーキも幾つかあったので、「これが食べたい」というお目当てがある場合は、早めに足を運ぶことをオススメします。

寿し常(ソラマチ)

http://www.sushitsune.co.jp/auto/tenpo68.php



苦手なものが入っていない握りもの、というコンセプトで(笑)、マグロ中心のセットを頼んでみました。

端っこの席からはスカイツリーも見えるため、夜だとライトアップされてて少しお得な気分かも。

東京都美術館(上野)

http://www.asahi.com/mauritshuis2012/?utm_source=google&utm_medium=listing&utm_campaign=mauritshuis2012

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を見てきました。

同公園内で行われているエジプト展は盛況で並んでいましたが、フェルメールの方は10分くらいの待ち時間で楽しめるので意外でした。

フェルメールの作品は、以前にも同美術館に来日しましたが、その時はこの「耳飾りの少女」が修繕の関係でドタキャンになってます(爆)。

なので、今回はようやく実現した「ご対面」となりました。

意外にも絵は小さくて、額を入れてもA3に満たない程度でしょうか。

他にもレンブラントなどの作品が展示されていましたが、コントラストとフォーカスが決まっていると、手や首元などが妙に生々しく描かれているのが印象的でした(それ以外の小難しいことは分かりませんっ)。

自分としては、お土産に「真珠の耳飾りバージョンのミッフィー」が買えて、ご満悦です(笑)。

http://www.asahi.com/mauritshuis2012/goods/

コメント

私にも敵が見える

2012年08月15日 21時05分00秒 | 食事&飲み☆
メガネを新調しました。

度数などは前のままなんですが、数年経ったレンズと新品とでは、その差は歴然ですね。

「見えるぞ・・・私にも敵が見える!!」

視野がクリアで、世界が一新されたようです。

アロハカフェ カウカウ(千葉・新鎌ヶ谷)

http://r.gnavi.co.jp/ga9u901/



ハンバーガーに、コロナビール片手に楽しむ感じのお店。自分はハンバーガーだけをまず楽しみましたが。

まったりするなら、良い感じ。飲兵衛にはちと物足りないかもしれないが(笑)。

カフェ misty(仙台)

http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4002057/



シフォンケーキとドリンクのセットを頼んでみました。シフォンケーキは、ラムレーズン(レモンもあったけどね)。

ラムの香りがとても良かった。クリスロードにずっとあるお店。とても懐かしいけど、雰囲気は変わらずに良かった。

味太助(仙台)

http://www.aji-tasuke.co.jp/

写真は撮ったけど、イマイチだったので紹介のみ。

遂に牛たん発祥の地とされる太助に行ってみました。本店は国分町なので、仙台駅からはちょっと歩く(私は平気だが)。

お肉は他店のように、短冊状に切ってなくて、1枚ずつ。十分噛み切れるので問題ないけど、お肉は厚めで、テールスープのボリュームあり。

値段は他店よりも、少しお得だと思う。店舗は宮城以外には、つくばと水道橋などにあるようです。

ガンディー(千葉・船橋)

http://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12000107/



ランチがお得だと思う。自分はBセット(カレー2種類、ナン・ライスに、お肉のセット)がお気に入りで、これで750円☆

もう少し辛口でも良いけど、カレーが2種類楽しめるのがグット。駅からも近くて便利。

BB

気づいたらイベント戦してました。
コメント