RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) BLOG.

RC-NET STAFFによる、日常の些細な出来事から、お知らせまでいろいろなぶろぐ。

7/28大阪 男性・LGBTIQAに対応する性暴力被害者支援相談員養成講座

2018-07-01 20:04:04 | 映画/小説/ドラマ

待望の大阪開催です!

 

午前中のブログで、間違った日程での情報を流してしまいました。

7/28の開催になります。よろしくお願いいたします。

今回、宝塚大学のご協力により会場提供いただき、参加費も8千円に抑えることが出来ました。関西の方、この機会に、ぜひご参加ください。

2018 年7月 28 日(土) 9:30~17:30

場所:宝塚大学 大阪梅田キャンパス (大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号) 

対象:性暴力被害に関して、相談事業、女性団体、LGBTIQA 当事者団体、医療機関、教育機関、司法、警察等で関わりのある方、また、ご興味のある方。

参加申込み:rc-net@goo.jp にお名前、(ある場合)ご所属、講座に期待する事を記載下さい

参加費:8,000 円(申込みメール受領後、振込先をお伝えさせていただきます)

※参加費の減免を希望される方は「受講理由」を「男性・LGBTIQA レイプサバイバーに対し自分が貢献出来る可能性があること」を踏まえて 1000 字程度で別途メールを下さい。内容について、当会で検討し、半額、もしくは無料で受講いただけます。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同講座をこれまで東京、福岡、熊本で開催してきました。熊本開催の様子が西日本新聞にて掲載されていますのでよろしければご覧ください。

https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/386803/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<内容>

■LGBTQ と性暴力

各国での調査、そしてRC-NETでの相談統計を用いて概要を説明する講座

■性の健康と権利

ジェンダー / セクシュアリティに関する理解と個々への尊重をベースとした、人権課題に関する講座

■ヘイトクライム

ヘイトクライム (憎悪犯罪) について理解し、当事者たちが直面する困難への理解を深める講座

■ジェンダー規範という暴力

「規定された性」の中で、当事者たちは特にどういった困難を抱えることが多いのか、事例を含めて検証する講座

■RTS: レイプトラウマ・シンドローム

性暴力被害にあうということはどういう事か、RTS4段階を使い解説。特にLGBTIQや男性に特化した部分を集中的に学ぶ講座

■法律と性暴力

改正性犯罪、そして残された課題。社会に求められることは何かを解説する講座

■リソース検索スキル

■事例検討

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 語る権利を当事者の手に。 | トップ | セックスワーク・スタディー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画/小説/ドラマ」カテゴリの最新記事