Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

安倍官邸は、財務省による森友文書の改ざんを知っていた→やらせた。

2018年03月16日 | 安倍自民党の危険性

 

 

 菅義偉官房長官は2018年3月15日の記者会見で、学校法人「森友学園」を巡る財務省の決裁文書について、改ざんの可能性があると国土交通省が3月5日に杉田和博官房副長官へ報告していたことを明らかにしました。

 そして、安倍晋三首相と菅氏は6日に杉田氏から報告を受けたというのですが、首相官邸は公表していませんでした。

  国交省は、文書改ざん問題が2018年3月2日に朝日新聞のスクープにより報道された後、財務省から過去に受け取った文書と国会へ開示された文書の相違に気づき、

「国交省に保存されている文書の一部が書き換え前のものである可能性がある」

と首相官邸に報告したというのです。

 3月5日ないし6日に安倍官邸が文書改ざんについて報告を受けていたのに、3月12日まで一週間も公にしなかった、これはこれで大問題で、これから追及されるべき事柄です。

 この話は国交省からどうせ漏れてしまうので、安倍政権も認めたものだと思うのですが、その3月5日まで安倍官邸が文書改ざんについて知らなかったことが前提の話になってしまっています。

 しかし、それは本当なんでしょうか。これって、安倍政権による目くらましでは?

「森友文書 安倍官邸 3月6日 報告」の画像検索結果

「森友文書 安倍官邸 3月6日 報告」の画像検索結果

「森友文書 安倍官邸 3月6日 報告」の画像検索結果


 そもそも、安倍政権になってから流行っている「忖度」という言葉は、「下」が「上」のことを慮って、「上」の指示がないのに、勝手に「上」のために行動するというニュアンスで使われています。

 つまり、忖度って、「下」がやったことを「上」は知らなかったことだと、「上」を庇うための言い回しなんですよね。

 昨日から報道され始めた上記の報道も、基本的に、安倍官邸は財務省による森友文書改ざんについて知らなかった、近畿財務局ないしせいぜい財務省が安倍首相夫妻を庇うために「忖度」して、文書を改ざんしたというストーリーに乗っかっています。

 でもね。

「森友文書 安倍官邸 3月6日 報告」の画像検索結果

 

 財務省の役人がやった改ざんは、虚偽公文書作成とか、公文書偽造ないし変造というれっきとした犯罪です。

 上から命じられてもいないのに、財務省のエリートが犯罪を犯しますか?

 わたしは、今年の3月よりはるか前、改ざんが行なわれ始めた2017年2月下旬には、財務省に対して上から森友文書を改ざんするように命令が下されていたと考えるのが自然だと思います。

 同月17日には、安倍首相が森友学園の認可に自分たち夫妻が関わっていたら、総理大臣だけでなく国会議員も止めると国会で啖呵を切っています。

 財務省の「上」。

 誰が財務省に命令したかは明らかでしょう。

 

 

なにしろ、財務省は安倍首相と安倍昭恵夫人が出てくるところは全部削除。

それとともに、森友学園問題が「特殊」だというような記載も全部カットしているんですから。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

社会・経済ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ政治社会問題ランキング 

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

背信・森友文書

改ざん疑い、国交省報告 官邸、伏せた事前把握「確定できなかった」

森友学園に関する決裁文書問題で、財務省が調査結果を公表する約1週間前に首相官邸が改ざんの疑いを把握していたことが判明した。官邸は「最終確認できていなかった」と釈明したが、疑いに気づいた国土交通省が5日に改ざん前の文書を財務省へ提供。一方で政府は国会で「調査中」として12日まで説明を避け続けた。16日から国会審議に復帰する野党はさっそく追及する構えで、政府は対応の遅れからさらに傷口を広げそうだ。

 「政府が説明する改ざん公表までの経緯」の画像検索結果

 「よく聞いてください。『可能性』です。(5日の時点では)事実関係が確認できなかったんです」。15日の記者会見で、改ざんの可能性を把握した時点でなぜ公表しなかったのかと問われ、菅義偉官房長官はいらだちを隠さなかった。

 官邸サイドの説明はこうだ。国交省が5日、「文書の一部が国交省に保存されており、書き換え前のものの可能性がある」と、杉田和博官房副長官に電話で報告した。官邸幹部の一人は「その時点ではあやふやな情報だった」と話す。国交省は財務省に対し、実物の写しを提供。杉田氏は翌6日、安倍晋三首相と菅氏に伝えたという。

 しかし、12日に財務省が改ざんの事実を公表するまで、官邸がその「疑い」を明かすことはなかった。首相は国会で改ざんについて「全くあずかり知らない」などと否定していた。菅氏によると、同省が検察から改ざん前の文書を提供されたのは10日で、改ざんだと確認したのは翌11日。首相と菅氏に「確定情報」が届いたのもこの日だった、という理屈だ。

 ただし財務省は、地検から提供される前に、国交省から改ざん前の文書を受け取っており、政府が10日に初めて見たかのような説明には疑問符が付く。さらに8日、財務省は参院予算委員会理事会に改ざん後の文書を示し、「現在『近畿財務局にある』コピーはこれで全てだ」と釈明。本省にあるもう1種類の存在を伏せた。民進党の小川敏夫参院会長は「改ざん前の文書があると分かっていながらウソを重ねた」と官邸や財務省を強く批判した。

 「文書が2種類あるのを事前に知っていた」と最初に認めたのは会計検査院だ。検査院は昨年3月、参院の要請で、森友学園への国有地の貸し付けや売却価格が適正だったかなどの検査に着手。同4~5月ごろ、財務省から改ざん後の文書14件の提供を受けた。

 一方、国有地を管理する国交省は、改ざん前の文書を提出。検査院は貸し付け契約に関する文書2件を見比べて、同じ内容のはずなのに記述が違う、と気付いたという。しかし財務省から「国交省の文書は途中段階で、うちのものが最終版だ」と言われ、改ざんを見抜けなかった。

 これが15日の参院予算委理事会でやり玉に挙がり、与野党議員は「検査院の存在意義を疑う」「なぜ国会に説明しなかったのか。財務省と同罪だ」と反発。検査院は「書き換えに思い至らなかった」と陳謝した。改ざん自体は検査に影響しなかったとしているが、検査院幹部は「前例がなく、疑うという発想を持てなかった。力不足だった」と肩を落とした。

 それでも検査院が12日に「事前把握」に言及したことは、芋づる式に国交省へと波及した。石井啓一国交相が翌13日の会見で説明に追われ、野党議員から「国交省も知っていたのに黙っていた」と批判も出た。改ざんの疑いが濃厚だと示す情報が、政権トップまで事前に届いていたことが発覚し、改ざん問題に新たな疑問が加わった格好だ。【朝日弘行、松浦吉剛】

野党に追及材料 国会論戦、紛糾必至

 改ざん当時の理財局長、佐川宣寿前国税庁長官の招致について自民、立憲民主両党が大筋合意し、国会を欠席していた立憲などの野党が16日から衆参両院でほとんどの審議に復帰する。官邸が改ざんの疑いを事前に把握していた問題も浮上し、野党は参院予算委員会などで追及する構え。国会は10日ぶりに正常化したとたんに紛糾が必至だ。

 自民党の関口昌一、民進党の那谷屋正義両参院国対委員長は、首相が出席する予算委集中審議を19日に開くことで合意。与党はその後に佐川氏の証人喚問に応じる見通しだが、時期は未定だ。野党は「喚問が必要だと(国民に)思ってもらえるよう、最大の努力をする」(那谷屋氏)と意欲を隠さない。民進などの野党は16日の参院本会議や予算委への出席を決定。衆院でも立憲、希望など野党6党が、一部の委員会を除いて日程協議に応じる方針だ。

 一方、麻生太郎財務相は15日の参院財政金融委員会で「他の(部)局で同様の事案はないと思うが、再確認する」と、改ざんが発覚した理財局以外の全省内も調査する方針を示した。

 追及材料が次々に加わる中、野党は国会論戦で政権を追及するのが得策とみて「欠席戦術」から方針を転換。立憲の逢坂誠二政調会長代理は「(官房長官の15日の説明は)完全な詭弁(きべん)で、国会への冒とくだ」と反発した。共産党の志位和夫委員長は、首相の妻昭恵氏の証人喚問も「絶対不可欠だ」と要求する考えを示した。

 この日も野党は政府へのヒアリングを開いた。首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、内閣府が愛媛県今治市に公文書を書き換えさせたとする週刊誌報道を挙げ、希望の今井雅人氏は「本当なら大変だ」と指摘。内閣府は「市の責任で作った文書で、指示していない」と否定した。【樋口淳也、真野敏幸】

 

 

森友改ざん前文書 菅氏、6日報告受ける 原本の「確認できず」

2018年3月15日 東京新聞夕刊

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は十五日の記者会見で、学校法人「森友学園」を巡る文書改ざんに関し、五日に杉田和博官房副長官が国土交通省から、同省の保管文書と、財務省が国会議員に提示した文書が異なる可能性があるとの報告を受け、自身は六日に杉田氏から説明を受けたと明らかにした。

 菅氏は「杉田氏は報告を受けた後、国交省に対し『財務省の調査に全面的に協力するように』と指示した」と述べた。

 報告直後に、こうした経緯を発表しなかった理由について、菅氏は「書き換え前の文書の可能性があるとの報告だった。報告を受けた時点では文書(原本)の確認ができていなかった」と説明した。

 菅氏は、財務省からの改ざんについての正式な報告は十一日だったとした。安倍晋三首相は十四日の参院予算委員会で、改ざんの報告を受けた時期は、十一日だったと答弁している。

 
 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

社会・経済ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ政治社会問題ランキング 

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (71)   この記事についてブログを書く
« 3月15日(木)のつぶやき その2 | トップ | 3月16日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

71 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (篝)
2018-03-16 10:19:33
毎日新聞より
https://mainichi.jp/articles/20180316/ddm/001/040/169000c
値下げの根拠が崩れました。
ゴミ以外に値下げする理由なんか安倍夫妻に対する忖度或いは安倍夫妻の指示しか考えられません。
まあ忖度の場合は自身が具体的に何かした訳じゃ無いから議員辞職まではいかないが首相退陣位はすべきでしょうね。
Unknown (宇治金時)
2018-03-16 12:30:30
座右の銘が「面従腹背」(表向きは従ったふりをしていても、心の中は真逆である事)の官僚もいるくらいです。増してや東大卒の中でもエリート中のエリートの財務官僚がたかが一政治家のいうなりになるでしょうか。固定資産税を下げないために安い土地の価格操作をし、これはおかしいと世間が騒ぎ出したら、政治家や政治家夫人が疑われている事をこれ幸いととぼけ逃げ切るつもりだったのでしょう。官僚は民主的に選ばれた訳でもありません。子供の頃から勉強は出来るが友達が出来ない、或いは友達を心の中で蔑むような「半人間」的な、情緒に欠ける、自分さえ良ければそれで良いという。「冷酷」という言葉が頭をめぐります。冷酷な人間は、自分以外のものに興味を持ちません。何の罪もないお人好しの昭恵さんが世間から不当なバッシングを受けても一切無視です。テレビマスコミの勘違い報道により、万が一現政権が倒れたりしたら、本当の陰の権力である官僚は生き残り、おつむの弱い、勉強の出来ないアホな国民(と官僚達が馬鹿にする)から、自由自在に税は取り放題、土地売買し放題、官僚天国が続くわけです。
戦後最大の疑獄事件 (kei)
2018-03-16 22:56:40
米国では公文書改竄は最悪で終身刑だそうですね。
それほどに重い犯罪だと言うことを理解しているからこそ、手を染めた職員が自殺するほど苦しむのでしょう。
そのようなことを官僚が自発的にやる訳が有りません。

また、改竄した部分が数人の政治家と総理夫妻の名前ということは、宇治金時さんが書いているような理由では無いでしょう。疑いを総理夫妻に向けたいのなら名前を残すはずですから。

今回の件では、官僚達の正義感の薄さや上昇志向に抗えない弱さや、情勢が変わると手の平を返して官僚に罪を押し付ける政治家合など、政治の世界の負の側面がこれでもか可視化され、国民に晒されたのが良かった事かもしれません。

国の根幹が滅茶苦茶にされているので、もしかしたらもうやり直すには遅いのかもしれませんが、それでも悪事はバレるし、歪んだものを正す方向に人間は動きたいものなのだということを子供達には見て欲しいので。
「夫人付秘書の問合せ迄は」財務省は適正に国有財産を管理していた (わたくチに拍手を送ろうではありませんか)
2018-03-16 23:55:43
以下は、籠池氏の勝手な言い分を
田原総一郎氏が録取した記事に基づき要約した。経緯としてはほぼ事実だろう。

【2015年10月27日:籠池氏が、昭恵夫人に以下を電話依頼】
   ・10年の定期借地権を50年に延長
   ・国有地売却価格の値引き
だが昭恵夫人は外遊中で連絡取れず。用件を留守電へ
 → 夫人付職員・谷氏から確認の折返し
    籠池氏、改めて依頼詳細を手紙にて郵送
【手紙を受けた谷氏から連絡】
   「ご期待に添えず申訳ない。昭恵夫人にも報告済み」
後日、二度目のFAQ連絡が谷氏より届く――
   「今年度はご期待に添えず。来年度、またやってみます」
◇以下より田原氏の本文引用
  僕は籠池氏に
 「では、翌年度はどうだったのですか」と聞くと、彼は
 「(国有地売却価格の値下げについて)満額回答だった」と言った。
  さらに続けて、
 「これは安倍昭恵夫人のご尽力のお陰だ。私は、心から感謝したい」と述べた。
  しかし、テレビ番組では、なぜかこの部分は、放送されなかった。

   『マスコミが安倍政権への忖度を続ける不思議』
   田原総一朗 :「日経ビジネスオンライン」2018年3月15日
ttp://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/031400061/?P=2


そもそも、役人の慇懃な物言いや書類上の文言、
持って回った特殊な言い回しは、どれもこれも権力から身を守る役所の
知恵の中で継承され、洗練されてきたものなのは言うまでもない。
つまり「役所の外部の人間が一見しただけでは」尻尾が掴まれぬよう書かれている。

ところが、そうした公然の秘密である役所特有のしきたりばかりか、
決裁文書の行間にある意図までを無視して、
字面の上の建前だけを恣意的に取り出し、夫人付職員に示された満額回答を
”ゼロ回答”と言換え、また省庁間の通常の問い合わせルールでは
ありえないキャリア室長のFAQ回答を”一般的な問い合せ”と言換える――
それが、この決裁文書改竄が「露見するまでの」菅官房長官の説明だった。

ひょっとすると、政府は安倍首相の脳ミソの具合を基準にしているのかもしれないが、
だが、行政文書の改竄を”書き換え”と言換えたり、また”政局として”扱うことで
与党の責任を軽減して、野党批判に誘導する、そんな事で騙されるほど
一般の国民は愚かではない。甘く見るのも程々にすることだ。

>経産省のノンキャリの課長補佐クラスの
>当時の昭恵夫人秘書・谷査恵子氏からの問い合わせに、
財務省のキャリアの管理職が丁寧に文書で回答するのは異例中の異例。
>昭恵夫人案件だったからそれが可能になったことは
>霞が関の官僚100人に聞けばほぼ全員がそうだというはずだ。
>そして、その後は、「忖度の連鎖」で、
>最後はこの改ざんという不正に行きついた。そう考えれば、
>改ざん行為はそれだけを独立の不祥事として扱うのではなく、
>森友疑惑の一環として位置付けるべきである。

   『森友文書“改ざん”で白旗 霞が関崩壊を止めるには安倍総理退陣しかない』
   古賀茂明:2018.3.12 07:00dot.
ttps://dot.asahi.com/dot/2018031100015.html?page=4

>役所には国会議員や大臣の秘書から様々な問い合わせがあるのは
>特別なことではありません。役所は秘書からの問い合わせがあると
>「政治家案件」(「まる政」案件といいます)として、上司に報告し、回答内容を相談して、
>最終的にかなり上の人のクリアをとってから回答します。
(中略)
>普通、経済産業省の補佐が問い合わせても、担当係長は電話かメールで
>回答して終わりです。あるいは、回答さえしてくれないかもしれません。
>しかし、田村室長が回答していることから、担当係長は
>谷さんからの問い合わせを「政治家案件」として扱ったことになります。
>そうすると、田村室長だけでなく、もっと上のレベルまで、
>この森友学園の土地購入が安倍首相夫人が関係する「政治家案件」だと考えても
>不思議ではありません。
(中略)
>そして、今回の財務省が公表した決裁文書には土地取得時の経緯が
>詳細に記載されているのに、この「神風」が吹く最も重要な瞬間となった、
>谷さんによる財務省への働きかけが、一切文書に登場しないのは余りに不自然です。
>(全経済産業労働組合副委員長・飯塚盛康)

  『財務省は安倍昭恵氏付職員からの財務省への働きかけ(森友問題の核心)の記録文書を隠している』
   国家公務員一般労働組合 :BLOGOS 2018年03月14日 17:23
ttp://blogos.com/article/283768/
千三つ政権 (アベの脱税疑惑)
2018-03-17 09:13:58
「ぶら下がり」や「記者会見」での発言だけでなく、国会での資料・答弁まででたらめ。政策、公表資料までもその正当性が疑われるものばかり。
これではもう「千三つ政権」、いや「兆三つ政権」だ。

安倍晋三は信用できない。政治の舞台から引きずり降ろせ。
この政権を支えている自民党・公明党も同罪。ちょうちん持ちの維新も同じ。
自公、維新は信用できない。騙される者が悪いのではなく、騙すやつが悪いのだ。
よく、悪政を有権者の責任に転嫁する不届き者がいるが、それは「悪政でも有権者の責任だから黙って受け入れろ」と言うようなもの。
悪政権なら、有権者の手で引きずりおろせ。
そのために、いざ、街頭へ。

Unknown (宇治金時)
2018-03-17 11:48:15
昭恵さん関与の根拠は籠池さんの供述から判断されていますね。籠池さんは自身、天皇陛下とも面識があると言い放つような「とんでも」人間です。皆さんもおそらく解っておられるのではないでしょうか。つまりこれら一連の騒動は、憲法改正阻止運動ですね。皆さんがどうしても憲法改正を阻止したいのであれば、正々堂々と改正論議をするべきです。のほほんとした一人の夫人を証拠も示さずバッシングするのは、子どものイジメそのもの、皆さんが常に主張する「人権侵害」そのものではないですか?私も憲法改正には一抹の不安を感じる部分もあります。アメリカの金魚のフンにならないためにも、今こそ国民的議論が必要なのでは?姑息な手を使わず、真正面から向かい合う事です。
宇治金時さんへ (kei)
2018-03-17 14:35:34
憲法改正が国にとって必要なものであれば、総理夫妻が犯罪者であろうとも関係無く行われるでしょう。

総理夫人のバッシング=憲法改正阻止
になるということは、あなた自身が憲法改正=「総理の意向」を認めるということ。
語るに落ちています。

昭恵さん関与の根拠は、夫人付き秘書の経産相官僚谷査恵子氏と籠池氏とのFAXのやりとりです。
ここに嘘が有るということをまだ誰も証明しておりません。承認喚問を受けた籠池氏が偽証罪に問われることもされていません。
ということは夫人の関与はまだ否定されていないということになります。
籠池氏は入園者を増やす為に嘘を言う「とんでも」人間ですが、昭恵氏も「籠池氏を総理に会わせた」という嘘(総理は「会っていない」とおっしゃっています)を言い放つ方ですので、総理がいくら「妻は関与していない」と言っても、それを鵜呑みにする訳にはいかないのですよ。

まずは佐川氏、そして昭恵氏関与当事の責任者である迫田氏、次に谷査恵子氏からの昭恵氏まで証人喚問せずに真相は解明出来ないと思います。
Unknown (宇治金時)
2018-03-17 16:38:39
まだ証拠がはっきりしていないというなら、尚更個人攻撃は控えるべきではないでしょうか。昭恵夫人が籠池さんとまったく関わっていなかったとは言いませんが、お嬢様育ちの昭恵さんの事です、人を簡単に信じ、最初はうまく乗せられて応援したりもしたでしょう。詐欺師というものは有名人をつかまえたらとことん利用しようとするものです。それに、もし不正と思われるものは追求するべきというなら、なぜ辻元清美議員の関西建築組合からの献金、玉木議員の獣医師会からの献金などについて追求されないのですか?献金そのものが不正ではないとしても、忖度という意味でははるかに強烈でしょう。
宇治金時さんへ (kei)
2018-03-17 17:42:10
そもそもお嬢様育ちですぐ騙されるような人が学校設立のような政治案件に首を突っ込むことが問題だと言っているのです。
騙されたから罪が無いとは言わせません。
木村市議が気付かずにいたら、詐欺師が作った学校が、無いゴミの処理に8億円もの税金を投入したあげくに今頃開校していたのですよ?
不正でも無い献金ネタが強烈と感じるあなたが何故この不正行為を助長した可能性を放置するのでしょう?

辻元氏玉木氏の件は今のところ「便所の落書き」レベルの話でしょう?そんなに気になるなら、御自分がお調べになって、不正が明らかになってから報告願います。

鳩山由紀夫氏に嘘の情報を流したのは誰でしたっけ? (cooooookun)
2018-03-17 19:44:42
官僚も嘘付くと思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍自民党の危険性」カテゴリの最新記事