Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

ワンセグ付き携帯電話を所有していても、NHKと受信契約を結ぶ義務はないことが裁判所で確認される。

2016年08月26日 | 社会とマスコミ

 

 NHKの調査員が家に来た時に、うちにはテレビがないというと、では携帯にワンセグ機能がありませんかと聞いてきて、見せろとまで言ってくることがあるそうなんですが。。。

 埼玉県朝霞市議の男性が、ワンセグ付きの携帯電話を所有する人はNHK受信料の契約を結ぶ義務があるかどうかを争った訴訟で、さいたま地裁(大野和明裁判長)は2016年8月26日、契約義務がないとの判断を示した。

 大野裁判長は判決理由で、携帯電話の所持は、放送法上、受信契約を締結する義務があると定める受信設備の「設置」には当たらない、との判断を示した。

 訴状などによると、男性は単身赴任生活でテレビがなく、ワンセグ付きの携帯電話を所有しているものの視聴していないのだそうです。

 そこで昨年、NHKに問い合わせたところ、視聴の目的がなくても持っているだけで締結義務があると説明されたため、支払い義務がないことの確認訴訟を起こしたというものです。

 

 放送法の条文を少し詳しく見ると、放送法64条1項本文には、NHKの受信料について

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

となっています。

 そこで、ワンセグ機能のあるスマホなどを「携帯」していることが、受信設備を「設置」したことになるかが争われました。

 しかし、同法2条14号には

「移動受信用地上基幹放送」とは、自動車その他の陸上を移動するものに設置して使用し、又は携帯して使用するための受信設備により受信されることを目的とする基幹放送であつて、衛星基幹放送以外のものをいう。

と規定されており、「設置」と「携帯」が別の概念とされていることなどから、携帯は設置には当たらず、ワンセグ付き携帯を使用していても、NHKの放送受信設備を設置していることにはならないと認められたのです。

 ただし、NHKは最近裁判闘争に熱心で、視聴者との間の勝敗も一進一退しているので、この裁判も控訴してくるかもしれませんから注意しておいてください。

 しかし今のところは、NHKの調査員がワンセグ機能がないか携帯を見せろと言って来たら、この判決を知らないのかとギャフンと言わせましょう。

 

 

NHKの放送って、ここまでして契約成立を無理にでも認めて、受信料をせしめさせてやるほどのもじゃないでしょう。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品


 

 

携帯のワンセグ 受信料、契約義務ない

 
NHK放送センター=東京都渋谷区で、山本晋撮影

さいたま地裁判決 埼玉・朝霞市議の訴え認める

 携帯電話のワンセグ放送でNHKに受信料を払う義務があるかを巡り、埼玉県朝霞市の男性市議が受信契約を結ぶ必要がないことの確認を求めた訴訟の判決が26日、さいたま地裁であった。大野和明裁判長は「携帯電話の所持は放送法上の受信機の設置に当たらない」と判断し、市議側の訴えを認めた。

 NHKはこれまで、ワンセグ機能付きの携帯電話やカーナビを所有していれば、受信料を支払う義務が生じるとの見解を示してきた。

 市議は昨年8月から住み始めた現在の自宅にテレビはなく、NHK側にワンセグ機能付きの携帯電話を所有していれば放送受信契約を結ぶ義務があるか確認。NHK側から「ある」とされたため、義務がないことの確認を求めて提訴していた。【内田幸一】

 

 

ワンセグ受信料不要、NHKと契約義務なし判決

2016年08月26日 14時07分 読売新聞
 
 テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有を理由にNHKから受信料を要求されるのは不当だとして、埼玉県朝霞市議の大橋昌信さん(40)がNHKに受信料契約義務がないことの確認を求めた訴訟があり、さいたま地裁(大野和明裁判長)は26日、契約義務がないことを認める判決を言い渡した。

 訴状によると、大橋さんは自宅にテレビがなく、ワンセグ機能付き携帯電話を所有。NHKの番組は見たことがなかったが、NHKの受信料契約担当者に問い合わせたところ、契約義務があると説明された。

 放送法は、NHK放送を受信できる「受信設備」を設置した者は契約締結義務があると定めているが、大橋さんは、ワンセグ機能付き携帯電話は「受信設備」には当たらず、仮に「受信設備」と認定されても放送受信を目的としておらず、義務の対象外だと主張していた。

 NHK広報部は「ワンセグは受信設備に当たり、契約を結ぶ必要がある。実際に払っている人がいるかは分からない」としている。

2016年08月26日 14時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun




2016年08月26日 13時50分

埼玉県朝霞市の大橋昌信市議(NHKから国民を守る党)が、テレビを設置せず、ワンセグ機能付きの携帯電話を所有しているだけで、NHKの放送受信料を支払う必要があるかどうかの確認を求めていた裁判で、さいたま地裁は8月26日、受信料を払う必要はないとする判決を下した。

裁判では、「受信設備を設置した者」に受信契約の義務があると記した「放送法64条1項」の解釈などが争われていた。大橋市議は、携帯電話のワンセグは「設置」ではなく、「携帯」だと主張。対するNHKは「設置」とは「受信設備を使用できる状態に置くこと」と反論していた。

判決文では、マルチメディア放送(サービスが終了したNOTTVなど)の定義を定めた放送法2条14号で「設置」と「携帯」が分けられていることから、ワンセグも「設置」とするNHKの主張を「文理解釈上、相当の無理がある」とした。

判決後、大橋市議は「多くの国民が疑問に思っていたことなので、主張が認められて喜ばしい。NHKには間違って契約させられていた方に真摯に対応していただきたい」と話している。

(弁護士ドットコムニュース)



よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品



コメント (9)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今度はテロ等組織犯罪準備罪... | トップ | 福島県小児科医会が甲状腺が... »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
受信料は弱者いじめ (K)
2016-08-26 17:39:26
定額で徴収すれば、低所得者ほど負担率が上がってしまい、消費が落ち込んでしまう事は必至。
いい加減、税方式(国営)に切り替えるか、民営化するかハッキリさせたほうが良いと思う。

NHKの受信料に反感を覚える国民は多いのだから、民進党はこういう国民的指示が取れそうな分野で、自民党よりも前に改革案を提出してほしいと切に願う。
ドコモに限ればだけど (Unknown)
2016-08-26 19:19:53
AUなど知らないので何とも言えないけど、
1、2ヶ月ほど前に、
ドコモの店員さんに聞いたら「今、作られている最新のスマホは全てワンセグ付けられてる」と教えていただいた事ありますね。
これはメーカー側の問題にもなるでしょうが、
ワンセグで受信料を徴収するのなら、
ワンセグ機能のついていないスマホも作らなければ不公平ですよね。
当ブログへのコメントには素敵な固定ハンドルネームのご使用をお願いしています (ray miyatake)
2016-08-26 19:32:17
当ブログへのコメント注意書きから
あまりお答えできませんがコメントを歓迎しています。 記事に批判的でも一向にかまいませんが、必ず記事を読んでからコメントしてください(笑)。 名誉毀損・プライバシー侵害・差別的・わいせつなど違法なもの、人を不愉快にする・品が悪いもの、感情的なもののみ承認しません(URLがある場合、そのリンク先を含む)。  

コメントにはお一人お一つ必ず固定ハンドルネームをつけてください(このブログ限りの物でも結構です)。   「通行人」とか「通りすがり」とか「名無し」とか「匿名希望」などの無個性なものではなく、必ず個性的な素敵なのをお願いします。  
以上のようなハンドルネームのないコメントは原則として承認いたしませんので、よろしくお願いいたします。  

とはいえ、堅苦しいことは言いませんので、どんどんコメントをお願いいたします!
TVがあるなら (リベラ・メ(本物の))
2016-08-26 20:44:33
TVがあるならまだしも、無いのに徴収するなんて…。時代劇に登場する金貸しみたい…。
政府の介入を無くせばどんなもんJARO (一国民)
2016-08-26 22:07:17
NHKの問題点は色々あるが、政府の介入を無くせば少しはましになるのでは。もっとも、公共放送(実質的な国営放送)自体を無くして全て民間放送とするという事も選択肢としては否定しないが。

公共放送として維持するのを前提とすれば、
・放送免許の停止及び剥奪が無いよう担保する。
・経営は受信料と、広告放送(いわゆるCM)以外の商業活動を認めて、それらの収益のみで行う。ちなみに、衛星放送受信料は無くし、総合的な受信料として一本化する。
・NHK予算の政府関与、つまり国会審議は廃止する。
・NHKへの税金投入を絶対しない、経営委員会への政府関与を無くす。

政府の関与を一切無くすことで、政府批判を堂々と行えるように担保するのが要点。一方で、経営委員会は全国から選挙により選出し、経営の透明化を維持することで腐敗を無くすなどなど・・・。

書きながら思いついたことを羅列してみたが、どうだろうか。ま、やっぱり、こんなんでもだめだろうな。

控訴すんのか~い (茶碗を洗う人)
2016-08-26 22:23:24
きょうラジオニュースを聞いて、早速NHKに電話しましたよ。裁判で判決が出たんだから、今度こそ大手を振って受信料払わなくていいですねと言ったら、「まだ一審で、判決が確定していないから、契約義務はある(んじゃ、あほんだら=多分腹ン中ではこう言った)」と言われました。じゃ、確定したら即解約ですねと聞いたら、「それは将来的な観測でしょう」との仰せでした。控訴する気まんまんみたいです。
どっちみち、NHkusoは強制人頭徴収を企んでるんでしょう、上から目線官僚的対応にはいつもながら、最上級の怒りがこみ上げてきます。

※怒りのレベルを表す神フレーズというの、検索してみると、すごくおもしろいです。
取り立て屋 (1jAP)
2016-08-27 01:18:33
 払わへんヤツは許さん、などと言うのなら、ニホン・プロパガンダ・狂会(NPK)の垂れ流し方針を徹底的に改めよ。
 始まりと終わりに勝手な日章旗やスメラギ弥栄の歌なんぞ当たり前のように垂れ流すな。
 当方は、テレビ放送・ラジオ放送というものをチデジ同時多発テロが発生した後、デジアナ変換停止テロが発生した後、完全に視聴していない故、見る気さえない故に、支払えと言われる覚えはない。
 視聴の可能性が残っていたチデジ同時多発テロ以前でさえ、ブラウン管テレビで細工をし、ニホンプロパガンダ狂会・関テレ・読売は受像させないよう徹底しておりました。見る場合も天気とニュース番組、硬派なドキュメントのみと選び抜いておりました。
 奴らが払えというなら、”偏向”プログラムも流し、はじめと最後の日章旗とスメラギ弥栄の歌を廃して然るべき。
 統治機構とそれに従順な9割のためのプロパガンダなんぞ、何処まで行っても拒否。
 視聴する価値一切なし!
裁判の裏に、あの男がいた! (バードストライク)
2016-08-30 08:25:03
この裁判の原告である朝霞市市議、弁護士を付けずに闘っていたが、その裏では「NHKから国民を守る会」会長の立花孝志氏がサポートしていたのだった。

立花氏は、先の都知事選に立候補し、爆笑モンの政見放送をやった人物である。

http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/19641

「健康になるためのブログ」

【爆笑&痛快】
都知事選「NHKから国民を守る党」立花孝志氏の政見放送がNHKで放送!「NHKをぶっ壊す」「NHK男女アナの不倫カーセックス」など(動画6分)
(公開日: 2016/07/21 )


東京都知事選(31日投開票)でテレビは小池、鳥越、増田の3候補ばかりを取り上げ、他の候補者は泡沫扱いになっている。そんな中、唯一平等な機会が与えられるのが、NHKや日本テレビで放送される政見放送だが、NHK関係者が青ざめる政見放送が話題になっている。

 約5分間の政見放送で「NHKをぶっ壊す」と連呼しているのが、都知事選に政治団体「NHKから国民を守る党」から出馬している元千葉・船橋市議の立花孝志氏(48)だ。

 元NHK職員の立花氏は在局時にNHKの不正経理を内部告発し、ジャーナリストに転身。昨年、船橋市議に当選していたが辞職し、NHK問題の追及一点のみを公約に掲げ、都知事選にチャレンジしている。テレビでほとんど取り扱われることはないが、公職選挙法に基づいて行われる政見放送だけは、対等に戦うことができる舞台だ。

 政見放送はNHKのテレビ、ラジオ、民放テレビ(今回は日本テレビ)などで期間中、1候補者につき、2~3度ずつ放送される。公序良俗に反しない言葉、内容であれば、基本的には無編集が原則とされる。

 ここで立花氏は「NHKをぶっ壊す」と宣言し、NHK職員の平均年収が1800万円で高額過ぎる問題から、相次ぐ職員の不祥事、恐喝まがいの受信料取りたての問題などに言及。不祥事ではNHK男女アナの「不倫カーセックス」問題までもがオンエアされる。

 男性アナと契約女子アナが番組出演後に車内不倫していた写真が今月、フライデーに掲載され、2人は番組を降板していたが、「NHKからは何の説明もない。隠蔽そのもの」(立花氏)とNHK問題の象徴として、取り上げたという。

 立花氏の政見放送はNHKでは21日(午後10時25分~)と25日(午前6時~)に放送される予定。NHKの政見放送でNHKが糾弾されるのも前代未聞で、立花氏は「NHKは問題だらけなことを知ってほしい」と訴えた。//


動画はさらに面白い。

また、「受信料は受信装置設置義務者が支払う」という原則を巡り、あらかじめテレビが備え付けられている「レオパレス」の入居者がNHK相手に起こした裁判もこれからなので、今後の判決が注目です。しかも、あともう一件裁判がある模様。

(都知事選の政見放送では、他に男性器の俗称を連呼する候補もおり、カオスだったぜい。もちろん音は消されていたが)
高市早苗という馬鹿 (一国民)
2016-09-02 23:55:30
高市早苗という馬鹿な女が、ワンセグチューナー付き携帯電話もNHK受信料支払い義務が在る、などとほざいたそうな。行政府の大臣がそんな事を言うとは呆れた。三権分立という言葉を知らないのだろう。

高市も本当に馬鹿な女だ。そんな事を言い出したら、ワンセグチューナー付きの携帯電話など、どこのメーカーも生産撤退するのではないか。そんな大して使いもしない機能にお金を払うほど一般国民は馬鹿では無いから、チューナー付きの機種などパタリと売れなくなるのは容易に想像が出来る。むしろ、携帯電話を生産しているメーカーと携帯電話会社から政府に非難の声が上がるのではないか。

金づるから金をもらえなくなるよ、高市のオバハンよ。そんな傲慢な態度をしていると、お前のアメリカ時代の経歴詐称が暴かれるぞ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。