Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

亡国のカジノ法成立。これがアベノミクスの成長戦略だ。

2018年07月22日 | 安倍自民党の危険性

山本太郎議員のパフォーマンスには賛否両論があるでしょうが、カジノ法についてはこれは意思表示をしないではいられなかったことも十分理解できます。

 

 

 刑法の賭博罪の例外として民営カジノの合法化を目指してきたIR議連の幹部の名前を見たときに、安倍首相と麻生副総理が最高顧問になっていたので、ほんとにどうしようもない内閣だなと呆れたのですが。

 2018年7月20日、カジノを中核に、会議場やホテルなどを設置する統合型リゾート(IR)の実施法が成立しました。

 郷里にいる母親に土曜日に電話した時に、かなり保守的で安倍さん大好きな母親の方から

「あんた、カジノ、どう思う?安倍さんもどうかと思うで」

と言ってきたので、やはり一般国民はカジノに全く期待していないどころか、反対なのだなと実感しました。

2018年7月18日に掲載された朝日新聞世論調査。

 

 

 うちのお袋に言わせても

「カジノに頼った経済なんてあかんやろ」

ということなのですが、まさに我が意を得たり。

 カジノの場合、うまくいけばいくほど、地方と国の経済が何も生産しないギャンブルに頼ることになりますから、日本経済が非常に不健全になります。

 もちろん失敗すれば、多額の税金をどぶに捨てることになります。

 うまく行っても失敗しても日本にとってろくなことがない、それがカジノ法です。

2014年5月30日、シンガポールのカジノを二か所視察して、「IRは成長戦略の目玉になる」と語った安倍首相。あほか。


 

 カジノ法(IR法)では、その運営は民間業者が担い、国と地元自治体への納付金を義務付ける仕組みになっていますが、海外のカジノでは、高額の賭け金が短時間でやり取りされるゲームにはまり、借金を重ねる客が少なくないということです。

 日本でも、大王製紙の井川会長(当時)が106億円を関連会社から借りてカジノでバカラに突っ込んで、特別背任罪で2013年に服役したことが記憶に新しいところです。

 その点では、パチスロや公営による競馬などとは質が異なるリスクの高いギャンブルであるといえます。

 カジノ法では依存症を防ぐため、日本人客について、週3回、月10回までに入場を制限し、1回6000円の入場料を徴収し、家族の申告による利用制限も定めるとしています。

 しかし、これで新たにギャンブル依存症になる人を防いだり、まして、すでに依存症になっている人と家族を守ったりする効果は非常に乏しいと言わざるを得ません。

 また、この法律で非常に問題なのは、事業者から顧客への金銭の貸し付けを認めることです。一定の金額を預託した人が対象とはいえ、貸す側は貸してでもばくちをしてほしくて仕方ないわけで、客を借金漬けにすることは必定と言えるでしょう。

 さらに、巨額のカネが動くカジノの運営には、暴力団などが関与し、その資金源となる恐れがあり、脱税資金や犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)の温床になりかねないという指摘もあるのですが、法案提出者は何らその疑問に答えられていません。

 

 

 カジノ法では内閣府の外局として「カジノ管理委員会」が設置され、業者を監督することになっていますが、カジノは公営ではなく民営で、日本には管理監督のノウハウが全くないのに、2020年にはカジノを始めるというのですから、反社会的勢力の介入を排除し、経営に目を光らせる業務は困難を究めると言えるでしょう。

 今後、政令や省令などで定める項目は少なくとも331にも上るということです。

 たとえば、大阪では維新が創設された当初から、カジノを大阪経済の活性化の柱としており、現在の松井府知事らは2025年の大阪万博誘致に合わせて、外国人観光客をターゲットにカジノも作るとしていますが、すでにマカオ、香港などアジアのカジノ市場は飽和状態で、大阪にカジノを作っても来場客のほとんどは日本人になると言われています。

 まさに、日本を滅ぼすアベノミクス恐るべし、としかいいようがありません。

 

 

上の画像でテレビにコメントしているおじさんもおっしゃってますが、カジノに頼るようになったらいろんな意味で、日本、終わりですよ。

こんな人に首相を続けさせてるうちの国はほんとに恥ずかしい。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

20日成立したカジノを含むIR整備法。どんな法律なのでしょうか。

この法律が施行されれば、これまで刑法の賭博罪にあたるとして禁止されてきたカジノの国内での設置が認められます。

ただ、カジノだけを単独で設置することは認められていません。あくまでIRの一部としての設置に限定されています。また、IRには、国際会議場や宿泊施設、それに観光振興につながる施設などを中核施設として設置するよう義務づけています。

さらに、施設の整備区域について当面は全国で3か所までとし、最初の区域認定から7年後に見直すとしているほか、事業者に対しては、カジノの収益の30%を国に納付することを義務づけています。

一方で事業者には、外国人利用者や返済能力があると認められた日本人を対象に、無利子で資金を貸し付けることが認められています。また、カジノによるギャンブル依存症の対策として、整備法では入場料を6000円とし、日本人や日本に住む外国人を対象に、カジノへの入場回数を1週間で最大3回、4週間で10回までに制限しています。

さらに、IRの事業者の調査や監査を行う「カジノ管理委員会」を内閣府の外局として設置し、委員長1人と委員4人が国会同意人事で決められます。「管理委員会」は、カジノの運営が認められると判断した事業者に免許を与え、その後も3年ごとに事業者の審査も行うなどとしています。

一方、整備法には、事業者に対する罰則も盛り込まれています。「管理委員会」の審査を受ける際に、うその申告をするなどして、不正に運営許可を得た場合には5億円以下の罰金を科すとしています。

また、入場制限の上限を超えて客を入場させるなど、規制を守らなかった場合には、従業員に3年以下の懲役または300万円以下の罰金を科すなどとしています。

 

 

 
炎天下の中、カジノ法成立に反対して国会前に集まった人たち=東京都千代田区で2018年7月20日午後0時36分、小川昌宏撮影
 
 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立した20日、反対する弁護士や野党議員、市民団体が東京・永田町の国会議事堂周辺で集会を開き、政府・与党の姿勢に批判の声を上げた。

 集会には、多重債務問題に取り組む弁護士や消費者団体関係者らが参加。「国会審議では、ギャンブルによる家庭の崩壊など『負の影響』の議論が欠けている」「高齢者の退職金など蓄えがカジノ事業者に狙われる」などと問題を指摘し、最後に抗議のシュプレヒコールを上げた。

 主催した「全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会」代表幹事の新里宏二弁護士は「人の不幸を前提とした成長戦略はありえなく、国民の多くがカジノ解禁に疑問に感じているのは明らか。成立後も候補地の自治体で反対を呼びかけたい」と訴えた。【飯田憲】



施設の具体像示さず 政府、準備作業本格化

 
 
カジノを含む「IR」開業までの流れ
 
 
 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が20日の参院本会議で成立したのを受け、政府は2020年代前半のIR開業を視野に準備作業を本格化させる。日本初の「民設民営」賭博で、20年の東京五輪後の景気低迷回避を狙う。「日本を観光先進国に引き上げる原動力」(菅義偉官房長官)と意義を強調するが、施設の具体像は国会審議では示されなかった。

 政府は当面、政令や省令、新設の行政機関「カジノ管理委員会」の規則の策定に取り組む。計331にのぼる項目は、国会審議を経ずに政府内の検討で定める。来夏には国会同意を経て委員を選任し、管理委を本格発足させる。政省令への委任について担当閣僚の石井啓一国土交通相は「いずれも専門的、技術的な事項だ」として問題はないと主張。だがギャンブル依存症対策の根幹にかかわる事項も多く、立憲民主党の蓮舫参院議員が「(国会審議では)何も明らかになっておらず、白紙委任だ」と指摘するなど批判が集中した。

 IRは施設建設を含め数兆円規模の経済効果があるとされ、全国で最大3カ所の枠を巡り自治体の誘致合戦が本格化する見通しだ。 政府は「世界最高水準の規制で、クリーンなカジノ・IRを実現する」とするが、事業者による自治体への不正な働きかけや、反社会勢力の排除など課題は山積。与党議員は「依存症や周辺対策の不備を理由に住民訴訟も起きかねない。スムーズに開業する保証はない」と話した。【浜中慎哉】

 

 

 
韓国やマカオのカジノに毎月通っているという男性が示すカジノの入場に必要なカード=東京都内で、飯田憲撮影(画像の一部を加工しています)

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の審議が国会で大詰めを迎える中、数年前から海外のカジノに通う男性(30)が毎日新聞の取材に応じた。高額な賭け金が一瞬で動くスリルにのめりこんだ自身の体験を振り返り、「金銭感覚がまひし、際限のない怖さもある」と中毒の危険性も口にした。

 「勝負に出た時に強烈な快感がある」。今年6月上旬、マカオ最大級のIR施設「ギャラクシーマカオ」のカジノフロア。その一角にあるバカラテーブルで、男性は1枚70万円相当のチップ4枚、有り金280万円分をすべて押し出した。当たれば倍、外れれば全額没収。観衆の歓声が飛ぶ中、めくられたカードは外れ。手元のチップは回収された。

 男性は高校生の時から競馬やパチンコに熱中した。20代半ばで、知人から「1回で1000万円以上勝てる」というカジノの存在を知らされ、他のギャンブルの賭け金とは桁違いの額に血が騒いだ。「カジノで人生逆転を狙おう」と、全財産の100万円を元手に韓国のカジノへ飛んだ。わずか数分で数十万円が浮き沈みするカジノに魅了された。

 以来、カジノ通いを続け、一度に30時間続けてプレーしたこともある。自身を依存症と自覚し、「カジノは金銭感覚を破壊し、金をゴミにする魔法」と話す。家族からもあきれられているが、やめる気はない。

 法案は依存症対策として「7日間で3回」「入場料6000円」といった入場規制を設ける。だが、日本弁護士連合会カジノ・ギャンブル問題検討ワーキンググループ事務局長の三上理弁護士は「連続3日で72時間続けられるギャンブルは24時間営業のカジノだけ。この男性のケースでは有効な対策と言えない」と指摘。カジノ事業者が客に資金を貸し付けできる制度も疑問視し、「自転車操業の資金繰りで依存症に直結する恐れがある」と批判する。【飯田憲】

 

 

 
衆院内閣委員会でカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の採決後も抗議する野党議員ら(奥)。手前は委員会室を後にする自民党議員ら=国会内で2018年6月15日午後3時11分、川田雅浩撮影

▼「熾烈な誘致合戦」永田町で囁かれる有力候補地

 

▼法案は穴だらけ「ギャンブル依存症」対策の形骸

 今国会で「カジノ法案」が審議中だ。衆院の委員会で強行採決までして、政府・与党は早期成立を目指している。なぜ、そんなに急ぐのか。その内幕を探ると、国民そっちのけの“事情”がありそうだ。「ギャンブル依存症対策」にも思わぬ“落とし穴”が見えてきた。

「できるだけ早く、だ。だが、強行採決ばかりだと(こちらに)跳ね返る。結局、会期延長しかなかった」

 公明党幹部は、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の今後の取り扱いについてこう解説した。

 政府と自民党、公明党はこの法案を今国会中に何としても成立させたいと、6月15日の衆院内閣委員会で自民、公明、日本維新の会の賛成多数で強行採決。議論の舞台は参院に移った。

 一体、なぜそんなに急ぐのか。カジノは、激増する海外の旅行客にお金を落としてもらおうと、「観光立国」「成長戦略」として浮上。だが、ギャンブル依存症の問題などもあって、野党だけでなく国民世論からも反対の声が強く、法案は紆余(うよ)曲折を辿(たど)った。そこで地域一帯をリゾート地として整備し、そこにカジノも含むという形に変えたのだ。

「本当は、2020年の東京五輪に間に合わせたかった。また、25年の万博とカジノ誘致をセットで実現したい松井一郎・大阪府知事などは法案を早期成立させたい。関係が良好な安倍政権のうちに誘致を決定的なものにしたい意向だ。東京五輪には間に合わないが、期間中に海外から来た人々に“日本でカジノができる”と宣伝できる。だから今国会で何としても成立させたい」(自民党の推進派議員)

 こうした事情に加えて、連立パートナー、公明党の思惑もある。カジノについては最大の支持団体、創価学会の一部にも慎重な意見があるほか、実は党内部でも賛否がある。

「学会の支援者は人権や福祉には敏感。それにカジノには、ギャンブル依存症の問題も深刻だと見ている支援者もいる。厄介なのは、議員間でも賛否が分かれていることだ。有力議員らには絶対反対の意見もあって、執行部も巻き込んで党内推進派とぶつかっていた。このまま法案の扱いが長引くと、党内に深い溝ができてしまう」(公明党の推進派議員)

 もし、今国会で成立せず、来年の通常国会などで再び論議することになると、統一地方選と参院選にもろにぶつかる。法案を巡る支援者らの反感や党内の不協和音は、選挙態勢などに大きな影響が確実に出るのだ。「だから一刻も早く通して、片づけてしまうのがベスト」(同)なのだ。

 ならば参院でさっさと強行採決すればいいのだが、結局、会期延長となった。これも公明党の事情がある。

「IR実施法案の所管は国交省。石井啓一大臣は公明党だ。強行採決など強引な国会運営を進めると、石井大臣の責任問題となり、これまた公明党のマイナスになる。だから、野党の議論も聞き入れて慎重に進めざるを得なかった」(自民党幹部)

 一方、法案が成立すれば、「3カ所」と定められたカジノの誘致合戦は熾烈(しれつ)となるだろう。現在、北海道の釧路市、苫小牧市、留寿都村、愛知県常滑市、大阪府夢洲(ゆめしま)、和歌山市のマリーナシティ、長崎県佐世保市のハウステンボスなどが手を挙げている。自民党ベテラン議員は「正式表明していないところなど、他にも3カ所ほど有力候補地がある」と明かし、こう続ける。

「政府内の動きを見ていると、東京湾岸地区、横浜市、沖縄などの名前が関係者の間で浮上している。東京湾岸と横浜は、地元自治体の首長、政治家、事業者などによる政治的な動きが水面下で続いている。東京は今後、小池百合子都知事が自民党との距離感をはかりながら表明するかどうか。横浜は、地元の一部有力者に反対意見もある中、林文子市長がどう動くかだ。沖縄は、基地問題や今年の県知事選などを見据えて、“経済振興の目玉”として政府は考えているようだ」

 この3カ所に加え、大阪は「安倍首相や菅義偉官房長官などとのルートを駆使して、徹底的に働きかけている」と自民党幹部は話す。

ギャンブル依存症は「病気」です

 また、「佐世保市も有力かもしれない」と言う。

「この地域は珍しく公明党も含めてまとまって誘致運動ができている」(同)

 今後、カジノ誘致合戦は激化しそうな展開だ。ただし、カジノ法案にはいくつもの「欠陥」がある。

 例えば、先述したギャンブル依存症の問題だ。日本人と国内居住の外国人には「6000円の入場料」を徴収し、「週3回かつ28日間で10回」の入場制限を設けるなどとなっている。だが、入場料が何十万円というなら別だが、ギャンブル好きに6000円という金額は、果たして歯止めになり得るのか。また、週3回も通えば、破産者や依存症になる可能性は高い。「実質的に入場規制には程遠い」(立憲民主党幹部)のだ。

 そもそも、ギャンブル依存症の深刻な実態は、国会の議論を通じて、どれだけ国民に理解されているだろうか。ギャンブル依存症をWHO(世界保健機関)は病気と位置づけており、薬の処方もあるが、日本では疾患とは断定されない。また、うつ病などに比べても、ギャンブル依存症は自殺率が断トツに高いといわれる。

 都内の私立大学病院の精神科教授の話によれば、日本では、医療機関によって差はあるものの、依存症の原因の何と8割近くがパチンコとスロットだという。だが、日本ではパチンコやスロットについて「ギャンブルではない」としている。パチンコ依存症になっても、国レベルでギャンブル依存症と見なせないのだ。

 精神科教授が話す。

「医学的な立場で言えば、ギャンブルであるとかないとかいう建前論はやめてほしい。ギャンブルと認めたうえで、パチンコやスロットにも一定の規制をする。同時に、ギャンブル依存症という病気を国が疾患として位置付け、薬の処方もする。カジノ法案の論議で、ギャンブルの定義や法整備、医学的な問題の解決などを真剣にやってほしい」

 カジノ法案にはまだまだ問題点が多い。そんなに急ぐ必要があるのか。

(ジャーナリスト・鈴木哲夫)


すずき・てつお

 1958年生まれ。ジャーナリスト。テレビ西日本、フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリー。豊富な政治家人脈で永田町の舞台裏を描く。テレビ・ラジオのコメンテーターとしても活躍。近著『戦争を知っている最後の政治家 中曽根康弘の言葉』『石破茂の「頭の中」』

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

ジャンル:
経済
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 7月21日(土)のつぶやき | トップ | 7月22日(日)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明治天皇の (時々拝見)
2018-07-22 19:42:02
逆鱗に触れるでしょうね。世が世なら、不敬罪の適用もありです。

なーんて書くと、日頃、天皇は日本人の心の拠り所とか何とか言って、天皇を政治利用している売国系の人が「天皇の政治利用」とか言いだしたりして。
心ある行動 (アベの脱税疑惑)
2018-07-22 22:24:44
今日も、被災地で、酷暑のために命を落とされた方がおられます。

「全力で」「可及的速やかに」「善処します」って口で言うのは簡単。さすがは自民・公明・維新の皆さんは政治のフロ。そう、プロじゃなくってフロ。風呂、言う(湯)だけ。

この三人の議員さん、政権をとっていたら被災地のための施策を実行したい、そういう思いでいっぱいなんでしょう。言うだけの安倍晋三に対する怒りを、私たち国民と一緒に表してくれたんだと思います。

負けるな、ガンバレ、糸数慶子さん、森ゆうこさん、山本太郎さん。心ある議員、市民は彼らに続け。
関口さんのため息に思う理想と厳しい現実…私たちが成すべきこととは (諦めぬ理屈屋)
2018-07-23 06:42:02
宮武さんの解説にある
(引用)
また、この法律で非常に問題なのは、事業者から顧客への金銭の貸し付けを認めることです。一定の金額を預託した人が対象とはいえ、貸す側は貸してでもばくちをしてほしくて仕方ないわけで、客を借金漬けにすることは必定と言えるでしょう。
(引終わり)
これって水戸黄門の『お約束』シーンじゃん!
江戸のカジノ、丁半博打場所で胴元のヤクザが
オケラになった相手に「どうです、旦那?もうちょっとやりませんか(笑)」とそそのかすあのお約束シーンそのまんまじゃん。
狂ってますな💢
『公営ギャンブル大国日本』なんて表現でカジノ法案の危険性を過小評価しようとするかのような声もあるが、この宮武さんの解説を読んだらどう感じるのだろうか?
スッテンテンになった(なりそうな)客に金の融通を仕掛けてくる公営ギャンブルってはたしてこの国に存在するのだろうか?
ギャンブルなんて無縁な私、そこも不勉強なので認識違いならごめんあそばせ(笑)。

カジノでおもてなしだって?
安倍晋三の著作『美しい国日本』ってタイトルにメチャ矛盾してる。
カジノ法案推進する安倍自民党はカジノで外国人観光客におもてなしをするって触れ込みだったぞ。『美しい国日本』にわざわざ観光する外国人たちは自分たちの日常にありなちなカジノ云々とは無縁な日本でリフレッシュしたいから
来るんじゃないの?
現実問題としてもカジノ開設する側も主たるターゲットは外国人観光客よりも日本人とみなしているような話もあるではないか?
こんなものを担当大臣だからと言って西日本の水害よりも優先して強行突破させた公明党の罪は計り知れない。
公明党の信者たちはカジノに出入りをするような不心得者はいないのだろうから(笑)他人事で
済ませるのだろう。恐ろしい宗教政党だ。
こんなのが小選挙区で雨が降ろうが嵐になろうが確実に投票して自民党の接戦選挙区で貢献する。己の権力(利権)のために結党以来のヒューマニズム云々まで平然と投げ棄てる。

昨日サンデーモーニングで関口さんが吐き捨てるかのごときため息をついたのが私の心に突き刺さった。国民の多数派の声なんてはじめから
無視して政治をしているのだというコメントへのリアクションだった。例の『民主主義を鍛え直すため』の決め台詞の寺島実郎氏もかつてなら言い放っていたその続きを『封印していた』のは思わず笑ってしまったが(死票だらけで現実には過半数の賛同すらなくても投票しまくれるのが小選挙区制度であり事実、安倍自民党は創価パワーという強力なブースター付きでこれでやりたい放題している)ラストに控えるコメンテーター氏も相当にまっとうな分析を語っていたと思う。
私が関口さんのため息に感じ入ったのは実は別の感覚も働いてでもある。つまり、このシステムが続く限り(ていうか、それで当選し続けて選挙区関係を構築してきた当事者たちがワザワザ小選挙区を手放すなんて阿呆なリスクを践む訳がないからだ。故;石川真澄さんが細川を操っていた小沢一郎たちの政治改革法案に反対論陣を張っていた時のこの解説は的を射ている)悪の権化たるアベ政治をぶちのめすには同様な手法でしか勝ち目を期待できないだろうという
『やらざるを得ないが本質論としてはまっとうではない』必要悪の極みだなあというため息。
でも、安倍一味みたいなやつらに手段は選べまい(笑)。
かくて民意を圧殺する小選挙区制度はますます隆盛をってことになるわけか…。だいぶ前にだが
『好むと好まざるにかかわらず』と記したのも
たぶん、こんな思いもあってのことだ。

極悪非道なアベ政治に鉄槌をくらわすためには
野党が自民党どもが「野合だ」と大衆をたぶらかしづらいようなぶれないモノをどっしりとこさえないとダメだ。
そのこさえ方は国民民主党と(もはや党派を問わずサンクコストの類いでしかないw)細野豪志などのようなものは論外である。
彼らがいるだけで自民党どもにはシテヤッタリな野合材料である!
やはり共産党的な政策協定路線がベストだ。
はじめからできること・やる予定でないことを
しっかり明示して『政権争いではない』参議院選挙でのアベ政治への批判票の集約なのだと知らしめることである。
昭和時代ならいざ知らず(笑)反共宣伝よりも自民党と大差のない勢力との野合批判というアプローチの方がはるかに効果があるだろう。
国民民主党は来年までにどっしりと存在する政党ではないだろう。立憲民主党党首が乱暴な電話対応をしたなんてくだらない批判記事もあるようだが(笑)かえって政権批判、不安側には素晴らしい宣伝である。彼らが一丸となって大塚党首を支えるよりは立憲民主党側に接近する確率の方がうんと高かろう。接近できない人々が次の選挙で左右両極からの『草狩り場』になっていくように仕向けていく。野党支持者の心を踏みにじった輩のある意味では報いだ。

そして何よりも『焦点を定める』ことだ。
参議院で自公維新の過半数割れに追い込むつもりで憲法改悪を確実に阻止できるたしかな野党勢力の構築できれば右傾化の固定化みたいになっている現状からみれば御の字だろう。
自民党に厳しい審判が下る時は『生活問題』で
大衆が荒れる時ってのが相場だ。
当事者意識を刺激するのは来年の消費税増税問題だろうが、そこに『幸いにして』ギリギリ参議院でストップと相成った例の水道民営化法案だと思う。
社会の右傾化の固定化といった要素を加味しても2007年、ましてや『山が動いた』のようなことはあまり期待できないかもと先日の投稿から考え直したところでもあるが(笑)実はまだまだ
諦めてはならぬものはあるのではと思う。
山本太郎議員たちについて (諦めぬ理屈屋)
2018-07-23 07:18:42
これを支持しなくていつ支持するんだって彼らに(アベ政治は嫌いだけどの)否定的な人たちには言いたいね。
山本太郎も実際に演説も見たこともあるが、芝居気あるキャラなので私もそんなに好きではない。てかなんでことここに至らしめた張本人(天下の悪法;政治改革法案の仕掛け人)小沢一郎のところよって呆れたのも第一印象だ。でも、ここまでやりたい放題の安倍晋三たちに粛粛と青票を入れるだけではダメでしょ?
森ゆう子さんも自由党以来のあの小沢一郎の一の郎党的な印象しかないが、彼らがここ数年やっていることは明らかにコチラ側で汗をかいているということだ。そこは評価しないとならんだろう。よく頑張っていると私も思う。

今の議会には(都知事になって没落したが)青島さんみたいな『誰にでも分かる』ご意見番殿のような存在が欠けている。
『金・竹・小』どもが佐川事件などで国民を小バカにしたような(小沢一郎に至っては自分は隣の部屋で水割り作ったり珈琲用意してたりして話を全く聞いてません等とほざいていた!)
時でも芝居気かかっていることは間違いないが
分かりやすく『ダメなものはダメ』と表現していた。
タレントひとつでもそんなように感じているが
社会が小粒化しているようなので天下の意地悪婆さんと山本太郎では格が何桁か違うのだろうが、同様に一般的な職業政治家もスケールがどんどん劣化していることを思えば(笑)相対的なんだろう。
皮肉を言えば新宿の紀伊国屋前で大手を振って歩行者たちにアピールしていた社民党議員(今はなんと党首になられたそうな)なんかよりは
百倍威力はありましょうな。
理性の枝野率いる立憲民主党
たしかな野党;日本共産党
そして分かりやすく悪政を批判できる山本太郎議員たちで野党側の主導権を固めて国民民主党の中で『局地的な政策面』でより妥協できそうな層を切り崩すこと。そんなエグさも勝負事には肝要ですな。なお、小沢一郎の選挙戦略テクは単純なゲーム論としては面白いし傾聴にも値するところもあるが、彼のバアイついこの間の選挙ですら前原をそそのかしながらよその政党の金庫にまで手を突っ込んできた『排除の論理』小池百合子みたいなファシストおばさんから日本共産党まで一丸とさせようとかとち狂ったことでも平然と仕掛けてしまうので相変わらず『取扱い注意』と見なさざるを得ない(笑)。
山本太郎議員たちも、それぞれキャラ立っているのだからいずれは代替りかねて独立したほうがスッキリしてよいだろうに。
何で? (茶碗を洗う人)
2018-07-23 21:50:19
カジノ候補地の和歌山市長選がきょう告示。共産、社民推薦の島さんの応援弁士には共産宮本さん、社民福島さんに、にゃんと山本太郎さんも来られてました。が、京都のときと同様、立憲民主党がいないと思ったら、自民公明、国民民主推薦の対立候補を、にゃんと連合も推薦してたのですね。
枝野さん、国会ではすばらしいのに。
bakuti jigoku, mitakotoruke? (1jAP)
2018-07-25 13:03:55
 新聞奨学生から金をせびる
”1カ月の賄い食費や”…ってな
 新聞の集金に行かせ”金を銀玉屋に持って来い”と
銀玉狂いの先輩専業員がそれを引っ手繰り銀玉に
 ”俺が倍にしたる”
そしてバレテ”アイツが集金の金、とっろってん”と
 当方は銀玉など関係ないのに犯罪者扱い
銀玉狂いの専業員はそれでも金をせびり取った
 これがギャンブル依存の糞野郎や
十分そいつの関係するもんにも暴力加えとる
 可視・不可視の暴力や、分かるけ?
統治暴力すら見えへん政治屋には分からんわ
 我らのええ金づる見つけたのぉ
我ら一門の栄華のほかは総て犠牲にして売却
 撃ーちまひょ!
パン!
 呪ーぉて3度!
パン、パン、パン!!
 代議制なんぞ、何もええことせんぞ
下しもんの”民主主義”の土俵にのるな
 今すぐ居る場で叫び場外乱闘や
統治アディクツと博打アディクツ
 馬からは落馬や
船は沈め
 自転車は転倒や
銀玉もコインも消え失せろ
 そしてオマエラも大気圏外に消え失せろ
チョウかハンかの統治狂いも博打狂いもイラン
 公認賭場の議会もや
Unknown (大阪在住)
2018-07-25 20:50:07
ここまでパチンコが浸透した国で今更いくつかのカジノが出来たところで如何程の影響があるもんでしょうね?
そもそもギャンブルなんて使いきれない金を持った暇人から金をむしり取ることにしか存在意義がないんですから今の庶民向けギャンブルしかない日本の現状の方が歪な気もします。

とりあえず大王製紙の社長にしても日本にカジノがあれば億単位の金の何割かは国庫に回収できたかも知れませんし、アラブの金持ちみたいなのが金を落としてくれるならそれはそれで良いんじゃないかな?
全てが国庫に入ることはないでしょうけど何割かでも回収出来るなら御の字だと思いますよ。

まぁこれを機会にパチンコもはっきりとギャンブルと認めて、カジノと同じく入場料を取るくらいの依存症対策はした方が良いでしょう。
今回のIR法案はさておき、庶民向けのギャンブルをここまで浸透させた点では戦後の自民党はもっと責められても良いと思いますね。

ギャンブルなんて暇と金を持て余した人間から金を毟るためだけにあればそれで十分なんですから。
Unknown (茶碗を洗う人)
2018-07-26 16:54:09
なるほど、自民公明維新国民民主の人らがどんどんカジノに行って、すってんてんになるのは喜ばしいかも。

でも、カジノそのものの性格はどうあれ、政府が経済政策として必死のぱっちで血眼になっているのはおかしいという意味で皆怒っているのかと。
農林水産業、地元商業を壊して、物づくりを壊した成れの果てであって、働き者の日本人にはそぐわない経済のあり方だと思います。

株もひどいものだと思います。今まで、これと思う企業を応援して育てるために投資するのが株と思っていました。が、売り買いで我がが儲けることしか考えていない輩に、政府が国民年金を自分の金のようにつぎこんで、そやつらのぼろ儲けに回すようなやり方はイカサマ博打としか思えません。しかも儲けのためなら武器兵器製造企業に出資するなんて信じられない。
株のことは全く分からないけれども、GPIFは儲けたなら、国民年金払っている人に配当するのが筋じゃないんでしょうか。
もっとも武器兵器製造企業からの配当なんて、おぞましくて、受け取りたくもないですけど。

あら (Chroma)
2018-07-30 14:08:09
大阪在住さんじゃないの。久しぶりだね。地震とか大雨とか、西の方が大変なことになってるみたいだから心配してたよ。書き込めてるということは被害は免れたのかな。それならいいけども。ところで台風12号の方はどうだったの。被害状況とか気になるんで、よかったら関西方面がどんな様子か教えてくれないかな。マスコミが全然当てにならないんでね。我儘言うようで申し訳ないけど、時間があればよろしく。
Chromaさんへ (大阪在住)
2018-08-01 19:42:27
お気遣いありがとうございます。

こちらは大阪北部地震から記録的な大雨警報、台風12号とそれなりの規模の災害に見舞われましたが幸いにも親族知人は被害にあいませんでした。
強いて言えば私の通勤時に大雨警報で電車が止まり会社に行くのに難儀したと言うのが一番大きな影響だったかも知れません。
確かに滅多にない規模の災害ではありましたが、体感的には報道されているほどの実感がなかったのは確かです。

その報道ですが西日本に限ればこれらの災害報道は数十年に一度のそれに相応しいくらいに十分されていたと思います。
ただ当然ながらマスコミは視聴率を気にする傾向がありますので、被災現場から離れた地域ではそれほど報道されなかった可能性はあるかもしれません。
これはマスコミが頼りないというより、地域的な情報量の偏りに近いのかも知れません。

何はともあれ夏はまだ半ば、台風シーズンもこれからとまだまだ用心が必要な時期が続きます。
こちらのブログを見られている方が大きな被害に遭わないようお祈り申し上げて、今回の書き込みを終わります。

お心遣いありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍自民党の危険性」カテゴリの最新記事