Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

戦争準備が進んでいる!全日本海員組合が「民間船員を予備自衛官補とすることに断固反対する声明」を発表!

2016年01月30日 | 安倍政権の戦争法
 
 私は今回の抗議声明が出るまで全く知らなかったのですが、防衛省が民間の船会社の乗組員を予備自衛官補として採用する制度の導入を目指しているのだそうです。
 
 この予備自衛官補とは、一定の期間、訓練を受けると、武力攻撃などの有事の際に召集される予備自衛官になることができる(ならされる)制度です。

 防衛省は海上自衛隊の人員も予算も不足しているとして、民間のフェリーを自衛隊の物資や隊員の輸送手段として活用しようと準備を進めているほか、2017年度には、海上自衛隊が民間の船会社の乗組員を予備自衛官補として採用する制度の導入を目指しているのです。
 
 
 
 
 具体的には、防衛省は今年度中にも民間フェリー2隻を選定し、平時はフェリーなのに有事の際には防衛省が使う仕組みを作り、今年10月にも民間船の有事運航が可能となるというのです。
 
 ところが一方で、操船者が足りないため、民間船員21人を海上自衛隊の予備自衛官とする費用を来年度政府予算案に盛り込み、有事で操船させる方針だのことです。
 
 平時と言いながらもう有事法制そのもので、全く驚きです。
 
 
 
 
 
 この動きに対して、貨物船やフェリーの乗組員などで作る「全日本海員組合」が、2016年1月29日に
 
『このような政府の姿勢は、戦後われわれが「戦争の被害者にも加害者にもならない」を合言葉に海員不戦の誓いを立て、希求してきた恒久的平和を否定するものであり、断じて許されるものではない。』
 
として、末尾の反対の声明を発表しました。
 
 
 
 
 全日本海員組合は29日に東京・港区で記者会見を開きました。このなかで、森田保己組合長は、
 
「戦地に行くために船員になった者はいない。会社や国から見えない圧力がかかるのは容易に予想される」
 
「制度が導入されると、事実上、民間人の徴用につながると言わざるを得ず、断固反対する」
 
と述べました。
 
 
 
 
 
 会見に同席した組合幹部も
 
「船はチームプレーで1人欠けても運航できない。他の船員が予備自衛官になったのに、自らの意思で断れるのか。防衛省は、できるだけ多くの船員が予備自衛官になるようフェリー会社に求めている」
 
と訴えました。
 
 
 

 そのうえで、森田組合長は
 
「太平洋戦争中、物資や人員の輸送のため、徴用された民間の船舶が1万5000隻以上撃沈され、6万人余りの船員が犠牲になった」
 
と指摘し、
 
「同じような悲劇を繰り返してはならない」
 
と訴えました。
 
 
 
 
 

 これに対し、防衛省は
 
「予備自衛官補になることを強制することは制度上ありえず、フェリー会社に対しても、乗組員の希望を尊重するよう求めていく」
 
としていますが、そんな保証はどこにもありません。
 
 さらにもし、憲法が改悪されて緊急事態条項が導入されれば、そんなものは吹っ飛んでしまい、むしろ、海員に対する予備自衛官になるための一定訓練が強制されかねないでしょう。
 
 戦争の準備がひたひたと進められているのです。

 

 

 

安保法案が通ったとたんにこういう動きが顕在化。

まさに戦争法案だったことがよくわかります。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

平成28年1月29日

民間船員を予備自衛官補とすることに断固反対する声明

全日本海員組合

 一昨年からのいわゆる「機動展開構想」に関する一連の報道を受け、全日本海員組合は、民間船員を予備自衛官として活用することに対し断固反対する旨の声明を発し、様々な対応を図ってきた。

 しかしながら、防衛省は平成28年度予算案に、海上自衛隊の予備自衛官補として「21名」を採用できるよう盛り込んだ。われわれ船員の声を全く無視した施策が政府の中で具体的に進められてきたことは誠に遺憾である。

 先の太平洋戦争においては、民間船舶や船員の大半が軍事徴用され物資輸送や兵員の輸送などに従事した結果、1万5518隻の民間船舶が撃沈され、6万609人もの船員が犠牲となった。この犠牲者は軍人の死亡比率を大きく上回り、中には14、15歳で徴用された少年船員も含まれている。

 このような悲劇を二度と繰り返してはならないということは、われわれ船員に限らず、国民全員が認識を一にするところである。

 政府が当事者の声を全く聞くことなく、民間人である船員を予備自衛官補として活用できる制度を創設することは、「事実上の徴用」につながるものと言わざるを得ない。

 このような政府の姿勢は、戦後われわれが「戦争の被害者にも加害者にもならない」を合言葉に海員不戦の誓いを立て、希求してきた恒久的平和を否定するものであり、断じて許されるものではない。

 全日本海員組合は、民間人である船員を予備自衛官補とすることに断固反対し、今後あらゆる活動を展開していくことを表明する。

以上

 

 

「事実上の徴用」海員組合が反発


 
記者会見する森田保己組合長(左)と田中伸一組合長代行=東京都港区で29日午後4時20分、川上晃弘撮影
 

 民間船員を予備自衛官とし、有事の際に活用する防衛省の計画に対し、全国の船員で作る労組の全日本海員組合が29日、東京都内で記者会見し、「事実上の徴用で断じて許されない」とする声明を発表した。防衛省は「強制はしない」としているが、現場の声を代弁する組合が「見えない圧力がかかる」と批判の声を上げた。

 防衛省は、日本の南西地域での有事を想定し九州・沖縄の防衛を強化する「南西シフト」を進める。だが、武器や隊員を危険地域に運ぶ船も操船者も足りない。同省は今年度中にも民間フェリー2隻を選定し、平時はフェリーだが有事の際には防衛省が使う仕組みを作る。今年10月にも民間船の有事運航が可能となる。一方、操船者が足りないため、民間船員21人を海上自衛隊の予備自衛官とする費用を来年度政府予算案に盛り込み、有事で操船させる方針。

 この動きに海員組合は今月15日、防衛省に反対を申し入れ、29日の会見に臨んだ。森田保己組合長は「我々船員の声はまったく無視されている。反対に向けた動きを活発化させたい」と述べた。

 申し入れでは防衛省幹部から「予備自衛官になるよう船員に強制することはない」と言われたという。だが、森田組合長は「戦地に行くために船員になった者はいない。会社や国から見えない圧力がかかるのは容易に予想される」と強調した。

 会見に同席した組合幹部も「船はチームプレーで1人欠けても運航できない。他の船員が予備自衛官になったのに、自らの意思で断れるのか。防衛省は、できるだけ多くの船員が予備自衛官になるようフェリー会社に求めている」と危惧を表明した。

 太平洋戦争では民間の船や船員の大部分が軍に徴用され、6万人以上の船員が亡くなった。森田組合長は「悲劇を繰り返してはならない」と訴えた。

 有事での民間船員活用計画の背景には、海自の予算や人員の不足がある。有事で民間人を危険地域に送ることはできない。現役自衛官に操船させる余裕はなく、海自OBの予備自衛官を使うことも想定しているが、大型民間船を操舵(そうだ)できるのは10人程度しかいない。

 このため、防衛省は来年度に予備自衛官制度を変更し、自衛隊の勤務経験がなくても10日間の教育訓練などで予備自衛官になれる制度を海上自衛隊にも導入する。

 防衛省の計画について、津軽海峡フェリー(北海道函館市)は昨年末、毎日新聞の取材に対し、2隻を選定する入札に応じたことを認め、「船員から予備自衛官になりたいという申し出は確認していない」と述べた。【川上晃弘、町田徳丈】

 

 

海員組合「事実上 民間人の徴用につながる」と反対

1月30日 6時21分 NHK
 

 
防衛省が一定の訓練を受ければ有事の際に召集される予備自衛官になれる予備自衛官補として、民間の船会社の乗組員を採用する制度の導入を目指していることについて、貨物船の乗組員などで作る「全日本海員組合」が、「事実上、民間人の徴用につながる」として反対の声明を発表しました。
 
防衛省は民間のフェリーを自衛隊の物資や隊員の輸送手段として活用しようと準備を進めているほか、来年度には、海上自衛隊が民間の船会社の乗組員を予備自衛官補として採用する制度の導入を目指しています。

予備自衛官補は、一定の期間、訓練を受けると、武力攻撃などの有事の際に召集される予備自衛官になることができる制度です。これについて貨物船やフェリーの乗組員などで作る「全日本海員組合」は29日、東京・港区で記者会見を開きました。このなかで、森田保己組合長は、「制度が導入されると、事実上、民間人の徴用につながると言わざるを得ず、断固反対する」と述べました。

そのうえで、太平洋戦争中、物資や人員の輸送のため、徴用された民間の船舶が1万5000隻以上撃沈され、6万人余りの船員が犠牲になったと指摘し、同じような悲劇を繰り返してはならないと訴えました。

これに対し、防衛省は「予備自衛官補になることを強制することは制度上ありえず、フェリー会社に対しても、乗組員の希望を尊重するよう求めていく」と話しています。
 
 
 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 


コメント (29)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | おおさか維新、甘利大臣辞任... »
最新の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
海ゆかば (海彦)
2016-01-30 22:02:51
メモ
今上天皇も言葉を詰まらせた徴用船員の戦死
集団的自衛権行使で兵站を担う(担わされる)
ああ
『殺せ、さもなければ死刑だ』 (むう)
2016-01-30 22:48:51
軍靴の音が大きく響いてきました。
みんなにもどうか聞こえて欲しいです。
甘利大臣辞任の影に隠れ粛々と組み込まれる予算。

法律で。
条約で。
予算で。
様々な方法でいつのまにか
私たちから自由や意思が奪われていきますね。

船員の他にも以下のニュースもありました。


予備自衛官雇用で法人税控除案 自民党部会
2015年11月17日

予備自衛官採用企業を優遇、防衛省、7月の工事発注から
2015年6月10日

石破幹事長の軍法会議設置発言
2013年7月16日
冗談じゃない! (タカニシ)
2016-01-31 00:35:16
要するに、船乗りさんというだけで自衛官にされちゃうってことでしょ?あ・ほ・か!何の権利があってこんなことを!?そりゃ反対声明が出るのが当然だ。というより、全日本海員組合には反対を貫いてほしい。こんな他人事みたいな言い方もよくないとは思うけど。

もっとも、他人事ではないよね。いわゆる国家総動員体制への入り口としか考えられないもん。
reisann daijoubu doraiba-kasouka? (sannkakusikaku)
2016-01-31 04:50:32
hugou ga アルソック 頼んでも何にも云われないのに
姉ー

人権マシンガンのおむつ じゃなかった おつむ の構造

どーなってるの 解明したら ノーベル賞(得)ダネ
先の大戦で (masaki)
2016-01-31 08:15:28
直接の関係はないですけど、先の大戦で、ある離島のみなさんが小舟で軍のために日に何度も食料を運んでいたということを伺って驚いたことを思い出しました。その事実と同じくらい、そのようなことが広く知られていなかったこともショックでした。とても危険な作業でいつ死ぬかわからなかった、よく生きているなあと。

海員組合さん、声をあげてくださってよかった!です。
皆で声を上げ続けましょう。 (からしだね)
2016-01-31 08:36:54
「全日本会員組合」さんの声明を断固支持します。
本当に他人事ではありません。
ひとりでも多くの人にこういった事実を広めて行かなければ。
海の中では、息、出来ません (バードストライク)
2016-01-31 08:55:50
防衛省の奴、こっそりとこんなことを進めていたのか・・・

以前、いかにも育ちのよい綺麗なおじいさま、天皇が工場見学におわしました筋目正しい上場企業の二代目(経営権は一族の手を離れていたが)の方が、ポツリポツリと徴用された時の話をした。

慶應の学生だったが、商船に乗せられた由。警護の軍艦なんか、つかなかった。補給用の物資を運ぶ民間船警護に回す軍艦などなく、攻撃されれば即、海の藻屑となる運命。同じ船団の船が攻撃され、死者多数。今まで生きてこれたのは、たまたま自分の船が無事だったためで、運が良かっただけ。

静かな方だったが、口調に深い怒りがあった。しかし、大バカ者のバードは、ちょっと面倒くさかったので、表面的には相槌を打って同調する姿勢を見せたものの、あまり真面目に聞いていなかった。
そういう態度は何とはなしに伝わって、おじいさまは寂しい思いをしただろう。

もう一人、親族で志願兵となり、戦艦「信濃」?に乗った者がおります。
当時、十代。撃沈されたのか、自分で沈んだのか不明だが、船は沈没し、乗組員に多数の被害が出た中、九死に一生を得た。

会うと必ずその時の話をしたな。生き残りの戦友会文集に載せた作文も読まされた。「沈没と共に冷たい海水が押し寄せてきて、柵を掴む手が痺れ、感覚がなくなる・・・もうだめだー、もうだめだー・・・」というくだりが印象に残っています。実際に実演してみせたし。しかし爺さん本人のあまりに強烈なキャラのため、むしろこの悲惨な戦争体験もギャグになっていまい、
「もうだめだー、もうだめだー」
と、家に帰って来てから、爺さんの真似をして遊んでしまう、大バカなバードでした。

今はあちらの世界に引っ越ししたお二人にお詫び申し上げます。
そして「全日本海員組合」の勇気ある表明に賛同し、熱く支持したいと思います。
Unknown (京葉淳一)
2016-01-31 13:15:01
むう様へ
軍靴の足音は間違いなく日本の外側から聞こえて来るんですよね?

それに簡単に戦争に結びつけていますけど、国際社会では常識の国防の強化に近づけようとしているのであって、自分を含めた安保法制賛成派は、我が国がどこかの国と戦争することなど望んでいませんよ。安倍晋三が戦争を望んでも、憲法上の問題で簡単に戦争など出来るはずがないと思うのですが。
Unknown (とら猫イーチ)
2016-01-31 14:51:56
 日本殉職船員顕彰会の記録では、戦没者は、漁船・機帆船を含めて60.608名、戦没船の数は、7.240隻と公表されています。

 大日本帝国海軍は、輸送船の警備が満足に出来ず、自国の勢力圏内でも、潜水艦に依って民間船が撃沈され、占領下の海外に物資輸送も出来ず、物資どころか兵力の輸送中にも多くの輸送船が撃沈されました。

 また、悲惨なのは、哨戒任務で敵前に展開した民間船が殆ど撃沈されたことです。 

 自軍の空母の警護も不十分で、ミッドウェイ海戦では艦隊全ての空母四隻もが、全艦を撃沈されるていたらくですから仕方がありませんけれどね。

 因みに、バードストラク様が言及されておられた「信濃」ですが、建造予定では、戦艦でしたが、航空母艦に変更されました。 

 この艦は、竣工後の試航海で、米潜水艦に依って撃沈されました。 当時の日本には有効な対潜水艦索敵・攻撃能力が無かったので、米潜水艦の跳梁には為す術がありませんでした。 

 英海軍が、空母を活用してドイツ海軍Uボート撃滅に有効な手法を確立したのとは対照的です。 

 この国は、またまた、同じ過ちをするのでしょうかね。 
イーチ様 (バードストライク)
2016-01-31 18:07:08
「信濃」についてご教示いただき、ありがとうございます。
竣工即攻撃・沈没だったのですか・・・。 昔、羽化したての蝶を捕まえて即、毒薬注入、標本にしました(懺悔)。むごいことをした。それと似ているような・・・。

爺さんの作文は、最後、
「荒々しく激しい青春であった。」
と結んでありました。私に会うたびにこの話をしたのは、どういう心境だったのだろう。自慢? そうじゃないな。
何か強迫観念だろうか。自身、嵐のように騒々しくマイペースで、憎めないところもあるが、そばに来られると迷惑な人だった。

常に何かに追われるように、何かをせずにはいられない人だった。仕事もすごくしたが、食べるのもすごかった。糖尿病で入院中でも抜け出しておはぎを10個食べたとか、焼肉◯人前食べたなどと、自慢しておったな。女も好きなご様子で、後年、奥さんに捨てられた。

爺さんは、あの日の記憶から逃れようとして、こんな無茶苦茶な生き方をして、自滅したのだろうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。