Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

立民・共産・社民・れいわが市民連合と政策合意に調印!脱原発・消費税減税も言い切り、護憲・辺野古基地反対・核禁条約批准・選択的夫婦別姓など自民党の総裁選候補者の公約の数万倍素晴らしい内容に!

2021年09月08日 | 日本の政治

これからもぜひ毎日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 

 これはめでたいし、なかなかよくできています!

 立憲民主党、共産党、社民党、れいわ新選組の野党4党は2021年9月8日、野党共闘を呼びかけている市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)との政策合意に調印しました。

 市民連合は、2015年の安倍政権の安保法案の成立に反対する国会前デモをきっかけに結成された学者や市民運動家による団体で、2017年衆院選では当時の野党に政策要望をするなどし、野党共闘を呼びかけてきました。

 そして、2019年参院選では当時の立憲、国民民主、共産など野党5会派が市民連合と政策合意をしましたが、政権選択を問う衆院選で野党第1党が加わるのは初めてのことだそうです。

 8日午前に国会内で行われた締結式には立民の枝野代表、共産の志位委員長、社民の福島党首、れいわの山本代表が出席し、協定書に署名しました。

 以下に見るように内容も網羅的で、中身も良く、野党共闘がなかなかできてこなかったれいわも加わっているところがとてもいいですね。

 

 

 さて今回合意された政策の柱は、①憲法②コロナ対策③格差是正④エネルギー⑤ジェンダー平等⑥行政の透明化の6項目です。

 具体的には、

・安保法制、特定秘密保護法、共謀罪法などの違憲部分を廃止し、コロナ禍に乗じた憲法改悪に反対

・核兵器禁止条約の批准を目指し、締約国会議へのオブザーバー参加に向け努力

・沖縄県名護市辺野古での米軍新基地建設を中止

・コロナ禍による倒産、失業などの打撃を受けた人や企業を救うため、万全の財政支援を実施

・所得、法人、資産の税制や社会保険料負担を見直し、消費税減税を実施

・石炭火力から脱却し、原発のない脱炭素社会を追求

・選択的夫婦別姓制度やLGBT平等法などを成立

・森友・加計学園問題、桜を見る会疑惑など安倍・菅政権の下で起きた権力私物化の疑惑について真相究明

・菅政権が任命拒否した日本学術会議の会員候補を任命

・内閣人事局のあり方を見直し、公正な公務員人事を確立

だそうです。

 

 核兵器禁止条約にも触れていますし、辺野古の新基地建設反対など平和的。

 選択的夫婦別姓制度やLGBT平等法など人権にも目配りしていて、脱原発や消費税減税も言い切りました。

 詳しくは後掲の全文を見ていただきたいのですが、ただ網羅的なだけに、市民の一番の関心事であるコロナ対策がいかにも薄いのが難点です。

 このあたりが政治と選挙のプロではない市民が作ったものだなあという感じがしてしまいます。

 今は政権交代の暁には、野党共闘が安倍・菅政権と違うどんな対策をしてくれるのか、を見せていかないと。

 コロナへの経済対策と同時に格差是正も合意項目にあるのですから、個人と企業に対する完全な休業補償を前提にした休業要請ないし命令や移動規制などを入れていないのは非常に残念です。

 この辺りは、事業者については、れいわの言っている粗利保証がとてもいい案だと思います。

 ぜひ、各党でさらに研ぎ澄ましてほしいところです。

 

 

 毎回難しい仲介の労を取ってくださっている市民連合の方々には感謝しかないですね。

 とにかく、原発を容認し男系天皇制にも理解を示した河野太郎氏や、森友事件の再調査はしないと言い出した岸田氏など、自民党総裁選立候補予定者のヘタレたグダグダぶりに比べると、2万倍素敵な公約と言えます。

 久しぶりに野党が一本取って明るい気持ちになりました。

 あとはガンガン発信して、自民党より目立ってほしいものです。

 

発信力のある山本太郎氏が、東京新聞のインタビュー

「私は立民を超応援している」

と言い切ったのには驚きました。素晴らしい。

マスコミが自民党総裁選のことばかり報道するのは初めからわかっていたことです。

そんなことには一喜一憂せず、野党4党の議員・候補者や支持者が全国で発信しまくらないとですね。

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 

 

市民連合と立憲野党の政策合意にあたっての声明

 9月8日、市民連合が要請した、衆議院選挙を戦う際の基本的な政策について、立憲民主党、日本共産党、社会民主党、れいわ新選組の各党首がこれを受け入れ、本格的な野党協力の体制を確立することができた。このことは日本の民主主義を回復するための貴重な一歩であり、関係各位の努力と英断に深い謝意を表したい。また、各地の運動を通して野党に対して、小異を残して大同につくよう倦まずたゆまず働きかけを重ねてきた多くの市民にも心より感謝したい。また、国民民主党には、野党と市民の協力に結集することを引き続き求めたい。

 菅義偉首相は、自民党総裁選挙での再選が難しいと見るや、いち早く退陣を表明し、自民党総裁選挙を華々しく行うことで、菅政権に対する国民の不満、不信をそらそうとしている。新型コロナウイルスの危機をここまで深刻化させ、有効な政策を打てていないことは、菅首相個人の能力の問題だけでなく、安倍晋三前首相以来の政権及び自民党の体質の帰結である。情報を隠蔽し国民に虚偽を流布する、科学的知見を軽視し国民の声明よりも権力者のメンツや利権を優先させる、建設的な対話を拒否し議会政治を無意味化する。これらの安倍、菅政治こそが、今日の政治空白を作り出した。それゆえ、だれが首相になっても、これまでの自民党政治の厳しい総括なしには、有効な政策を実行することはできない。

 政策合意を機に、野党は政治の転換のために緊密に協力し、地域において市民もそれを支えていくことを求めたい。安倍、菅政治が続いたために、死ななくてもよい人が何人亡くなったのか、適切な医療を受けられないまま自宅で亡くなった人がどれだけ無念だったのかをかみしめることから、衆議院選挙の戦いを始めたい。

 この衆議院選挙は、野党側も政党ブロックを作り、小選挙区で政府与党対野党という二者択一の構図を全面展開する初めての選挙となる。この政策合意は、国民本位の政治を実現するための第一歩である。我々が生命と生活を守るために、さらに、個人が尊重され、自由に生きられる伸びやかな社会を作るために、我々は全力を挙げてこの選挙を戦い抜きたい。

 

2021年 9月 8日

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合

●市民連合「2021衆議院選挙に向けた声明」(2021年9月)賛同一覧はこちら

 

衆議院総選挙における野党共通政策の提言

――― 命を守るために政治の転換を―――

 

 新型コロナウイルスの感染の急拡大の中で、自公政権の統治能力の喪失は明らかとなっている。政策の破綻は、安倍、菅政権の9年間で情報を隠蔽し、理性的な対話を拒絶してきたことの帰結である。この秋に行われる衆議院総選挙で野党協力を広げ、自公政権を倒し、新しい政治を実現することは、日本の世の中に道理と正義を回復するとともに、市民の命を守るために不可欠である。

 市民連合は、野党各党に次の諸政策を共有して戦い、下記の政策を実行する政権の実現をめざすことを求める。

 

1 憲法に基づく政治の回復

・安保法制、特定秘密保護法、共謀罪法などの法律の違憲部分を廃止し、コロナ禍に乗じた憲法改悪に反対する。

・平和憲法の精神に基づき、総合的な安全保障の手段を追求し、アジアにおける平和の創出のためにあらゆる外交努力を行う。

・核兵器禁止条約の批准をめざし、まずは締約国会議へのオブザーバー参加に向け努力する。

・地元合意もなく、環境を破壊する沖縄辺野古での新基地建設を中止する。

 

2 科学的知見に基づく新型コロナウイルス対策の強化

・従来の医療費削減政策を転換し、医療・公衆衛生の整備を迅速に進める。

・医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカーの待遇改善を急ぐ。

・コロナ禍による倒産、失業などの打撃を受けた人や企業を救うため、万全の財政支援を行う。

 

3 格差と貧困を是正する

・最低賃金の引き上げや非正規雇用・フリーランスの処遇改善により、ワーキングプアをなくす。

・誰もが人間らしい生活を送れるよう、住宅、教育、医療、保育、介護について公的支援を拡充し、子育て世代や若者への社会的投資の充実を図る。

・所得、法人、資産の税制、および社会保険料負担を見直し、消費税減税を行い、富裕層の負担を強化するなど公平な税制を実現し、また低所得層や中間層への再分配を強化する。

 

4 地球環境を守るエネルギー転換と地域分散型経済システムへの移行

・再生可能エネルギーの拡充により、石炭火力から脱却し、原発のない脱炭素社会を追求する。

・エネルギー転換を軸としたイノベーションと地域における新たな産業を育成する。

・自然災害から命とくらしを守る政治の実現。

・農林水産業への支援を強め、食料安全保障を確保する。

 

5 ジェンダー視点に基づいた自由で公平な社会の実現

・ジェンダー、人種、年齢、障がいなどによる差別を許さないために選択的夫婦別姓制度やLGBT平等法などを成立させるとともに、女性に対する性暴力根絶に向けた法整備を進める。

・ジェンダー平等をめざす視点から家族制度、雇用制度などに関する法律を見直すとともに、保育、教育、介護などの対人サービスへの公的支援を拡充する。

・政治をはじめとした意思決定の場における女性の過少代表を解消するため、議員間男女同数化(パリテ)を推進する。

 

6 権力の私物化を許さず、公平で透明な行政を実現する

・森友・加計問題、桜を見る会疑惑など、安倍、菅政権の下で起きた権力私物化の疑惑について、真相究明を行う。

・日本学術会議の会員を同会議の推薦通りに任命する。

・内閣人事局のあり方を見直し、公正な公務員人事を確立する。

 

2021年9月8日

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合

 

上記政策を共有し、その実現に全力を尽くします。

  

 


 

市民連合と立憲野党との政策合意

野党共闘で「命を守るために政治の転換を」

(9月8日、参議院議員会館)

市民連合と野党四党(立憲民主党、日本共産党、社会民主党、れいわ新選組)は9月8日、参議院議員会館で「衆議院総選挙における野党共通政策の提言-命を守るために政治の転換を-」を「政策合意」しました。国民民主党は、今日は不参加となりましたが、引き続き政策合意を求めていきます。

 「政策合意」には立憲民主党から枝野幸男代表、福山哲郎幹事長、日本共産党から志位和夫委員長、小池晃書記局長、社会民主党から福島瑞穂党首、服部良一幹事長、れいわ新選組から山本太郎代表などが参加しました。市民連合から福山真劫、山口二郎運営委員、川原茂雄運営委員(北海道)、磯貝潤子運営委員(新潟・オンライン)、町田ひろみ運営委員(安保関連法に反対するママの会)、高田健運営委員(総がかり行動実行委員会)、中野晃一運営委員(立憲デモクラシーの会)、広瀬清吾運営委員(安全保障関連法に反対する学者の会・オンライン)などが参加しました。

 市民連合「要望主旨」について、運営委員の山口二郎(法政大学教授)は「政策合意について野党四党が受け入れ、本格的な野党協力の態勢を確立することができた。このことは日本の民主主義を回復するための貴重な一歩だ。この政策を旗印に掲げ与党過半数割れを実現し、野党連立政権をめざしていきたい」と提案しました。

 立憲民主党・枝野代表は「市民連合の政策事項で、危機的な今日的な状況の中で、根本から立て直していくために重要な政策テーマを各党の皆さんと共有できた」と強調しました。日本共産党・志位委員長は「日本共産党としては提言の内容に全面的に賛同し、その実現のために全力を尽くす」と決意を述べました。社会民主党・福島党首は「市民連合が政治を変えてほしいという多くの市民の皆さんに、野党が力を合わせてどういう政権をつくるのかを提示してくれたことに感謝する」と連帯のあいさつ。れいわ新選組・山本代表は「野党はまとまってくれ、このひどい政治を終わらせてくれという声が届いていた。みんなでまとまっていけるスタートラインをきることができた。市民連合の提言に賛同する。野党が塊になって闘っていきたい」と訴えました。

 市民連合が呼びかけたネット署名「立憲野党は新しい政治の『選択肢』を示してください!」には急な取り組みにも関わらず2,398筆集約しました。また、市民連合「2021衆議院選挙に向けた声明」には45都道府県・140団体からご賛同(9月7日現在)を頂き、各政党に手交しました。

私たち市民連合は、本日の政策合意を旗印に全国の市民連合、地域の皆さまと一緒に野党共闘をすすめ、衆議院総選挙に勝利するために全力を尽くします。

●20210908【市民連合】衆議院総選挙における野党共通政策の提言はこちら

 

 

「原発ない社会」など6項目 野党4党と「市民連合」が共通政策合意

「市民連合」の関係者から政策提言を受け取る(奥中央左から)立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首、れいわ新選組の山本太郎代表=参院議員会館で2021年9月8日午前8時53分、竹内幹撮影拡大
「市民連合」の関係者から政策提言を受け取る(奥中央左から)立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首、れいわ新選組の山本太郎代表=参院議員会館で2021年9月8日午前8時53分、竹内幹撮影

 立憲民主、共産、社民、れいわ新選組の野党4党と共闘を支援する「市民連合」は8日、国会内で消費税減税や「原発のない脱炭素社会の追求」など衆院選に向けた6項目の政策に合意した。衆院選での事実上の共通政策になる。各党は共通政策を土台に候補者一本化を加速させたい考えだが、国民民主が共通政策を拒否して参加しないなど、足並みの乱れも見える。

 共通政策は、政策提言に4党党首が署名する形で結んだ。新型コロナウイルスの感染拡大のなか「自公政権の統治能力の喪失は明らか」だとして「衆院選で野党協力を広げ、自公政権を倒し、新しい政治を実現することは市民の命を守るために不可欠だ」と主張。「コロナ禍に乗じた憲法改悪」への反対や消費税減税を掲げ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画は中止を求めた。

 2019年参院選では、政策合意を経て、全国32の「1人区」で候補者一本化につなげた。立憲と共産は70弱の小選挙区で候補者が競合しているが、今後の一本化が期待されている。立憲の枝野幸男代表は記者団に「事実上一本化が進んでいるところは加速し、それ以外も努力を重ねていきたい」と述べ、候補者調整の加速に意欲を示した。共産が求めている政権構想を含めた政党間合意についても「選挙が始まるまでには必ず皆さんに安心してもらえる形をお示しできる」と自信を見せた。

 一方、調印式の場に国民民主党の玉木雄一郎代表の姿はなかった。国民は8日、党会合を開いたが、市民連合の政策提言に署名しない方針を決定した。共通政策の「原発ゼロ」や普天間飛行場の移設中止などに対して難色が示されたという。

  国民の榛葉賀津也幹事長は会合後の記者会見で「非現実的な野党統一的な訴えではなくて、現実的な政策で自公内閣を代えていきたい」と話し、野党4党の共通政策を皮肉った。

 国民は既に立憲との候補者調整がほぼ終了し、立憲との競合選挙区は、千葉5区と静岡1区にとどまる。共通政策に加わるメリットが少ないことも不参加の一因となったとみられる。国民幹部は「市民連合との協力は必要だが、こんな踏み絵みたいなものをつくらないでほしい」とぼやいた。【佐野格、宮原健太】

野党4党と「市民連合」共通政策の骨子

・安保法制、特定秘密保護法、共謀罪法などの違憲部分を廃止し、コロナ禍に乗じた憲法改悪に反対

・核兵器禁止条約の批准を目指し、締約国会議へのオブザーバー参加に向け努力

・沖縄県名護市辺野古での米軍新基地建設を中止

・コロナ禍による倒産、失業などの打撃を受けた人や企業を救うため、万全の財政支援を実施

・所得、法人、資産の税制や社会保険料負担を見直し、消費税減税を実施

・石炭火力から脱却し、原発のない脱炭素社会を追求

・選択的夫婦別姓制度やLGBT平等法などを成立

・森友・加計学園問題、桜を見る会疑惑など安倍・菅政権の下で起きた権力私物化の疑惑について真相究明

・菅政権が任命拒否した日本学術会議の会員候補を任命

・内閣人事局のあり方を見直し、公正な公務員人事を確立

 

 

立憲民主党など野党4党は8日、衆議院選挙で訴える共通政策を市民グループと締結しました。
新型コロナウイルス対策の強化のほか、消費税の減税や原発のない脱炭素社会を追求することなどを盛り込んでいます。

共通政策は有識者や市民団体でつくるグループ「市民連合」の呼びかけでまとめられ、立憲民主党、共産党、社民党、れいわ新選組の野党4党の党首らと「市民連合」の代表者が8日、国会内で顔を合わせ締結しました。

共通政策では、政府の新型コロナウイルス対策を通じて医療提供体制のぜい弱さが浮き彫りになったとして医療費削減の流れにある路線を転換し、病院や保健所などの整備を迅速に進めていくとしています。

また、格差や貧困を是正するため最低賃金を引き上げ、消費税の減税と富裕層の負担強化によって公平な税制に改めるとしているほか、原発のない脱炭素社会を追求することや選択的夫婦別姓の実現なども盛り込まれています。

野党4党は共通政策を踏まえ、衆議院選挙での野党連携を前進させたい考えです。

一方、8日の締結に国民民主党は加わっていませんが「市民連合」では、より幅広い連携の実現が必要だとして引き続き、参加を呼びかけていく考えです。

立民 枝野代表「総選挙に向け さらにギアを加速」

 
立憲民主党の枝野代表は記者団に対し「『市民連合』に尽力いただき野党4党で共通政策を作れたことは大変よかった。それぞれの党の違いは認め合いながらも『自公政権』の問題点への対応を一致して進めていかなければならない。総選挙に向けさらにギアを加速し、しっかり結果につなげていきたい」と述べました。

共産 志位委員長「『政権協力』協議を」

 
共産党の志位委員長は記者団に対し「野党共闘の基本はできた。次のステップとして今度は政党間の協議で、政権交代後に共産党がどう関わるかという『政権協力』の在り方や選挙協力の合意をつくっていきたい。衆議院選挙は政権選択の場になるので『政権協力』の合意は不可欠だ。協議を加速して合意点を見いだしたい」と述べました。

社民 福島党首「希望のパッケージを示すことができる」

 
社民党の福島党首は記者会見で「本当に高いレベルのものができた。この政策合意により希望のパッケージを有権者に示すことができることは大きい。『今の政権に代わって野党がどういう社会を作ってくれるの』という問いに対する回答といえ、ひとりでも多くの人に賛同し応援してもらいたい」と述べました。

れ新 山本代表「選挙区調整に入っていける」

 
れいわ新選組の山本代表は記者団に対し「野党のかたまりを作るため政党間で話し合いをスタートさせるきっかけとなった。これにより野党第1党のリーダーシップと交通整理で、与野党の候補が1対1で対決する構図を作るための選挙区調整に入っていけると思う」と述べました。

国民 榛葉幹事長「このペーパーに署名することない」

国民民主党の榛葉幹事長は記者会見で「わが党は、きょうの締結には参加しなかったし、後日このペーパーに署名することもない。選挙の敵は自民・公明両党だが、非現実的な野党統一的な訴えやスローガンではなく現実的な政策を訴えていきたい」と述べました。
 
 
 

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 自民党議員7人だけを候補に... | トップ | 【カジノ担当副大臣だった秋... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
[これは良い] (バードストライク)
2021-09-09 13:20:36

これは良い!
そして強力な選択肢ができてめでたい!

主さん、まとめ記事ありがとうございます😊

・・・んだけど、長年野党共闘が出来なかった原因は、立民にある。
「共産党とは共闘できない!」「財政再建ガー!」「原発は必要」
と、共闘を壊しにかかっていた
・連合
・党内右?派(トロイ)
・国民民主党
とどう決着をつけたのか、よくわからない。
大丈夫なんですかね?
今までさんざん裏切られたので、疑心暗鬼。
山口二郎さんだって、早速
「閣内には絶対、野田さんと岡田さんに入ってもらいたい」
とかツイートしてるしさ。
それを見ただけで、ズンと冷める。

ともあれ、野党共闘が正式に成立したこと自体は嬉しいし、応援したい。
難はあるかもしれないが、今の日本には彼らしかいないのだ。
そしてここで巻き返さなかったら、もう今までの日本は無くなるのだから。
[連合会長が決まらない] (バードストライク)
2021-09-09 20:31:50

【連合次期会長選、候補者いない異例の事態…定期大会まで1か月切っても固辞相次ぐ 】
読売新聞オンライン https://yomiuri.co.jp/politics/20210908-OYT1T50265/

連合は神津里季生会長の任期満了により次の会長選挙を行わなければならないが、産別組合の「UAゼンセン」会長と運輸労連会長に立候補を打診しているものの、断られているとのこと。

これと立民の変容と、関係あるのかなあ?
Unknown (ペリドット)
2021-09-10 17:26:04
💞日本共産党が頑張ってほしいです。今年(2021年)の秋に行われる次期衆議院議員・総選挙で、日本共産党の衆議院議員が増えて、日本共産党が「躍進」するように。特に比例ブロックで、日本共産党の議席が増えるように。 🙏🙏🙏
今年(2021年)のあらゆる選挙で、日本共産党はオンライン・リモート💻で応援📣してきました。最も安全な選挙活動です。筆者は勇気づけられました。「ありがとう。」💞
筆者は、次の総選挙で感謝を込めて日本共産党を応援📣します。必ず選挙にいって投票します。これからも宜しくお願いします。
私もよいと思います。 (suterakuso)
2021-09-10 23:59:57
少なくとも自民を政権から追い落とし、「やっぱり自民じゃないと」など神話でしかないことが広く実感されるまでは、粘り強く議論をしながら協力して進んでほしいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。